佐藤ママの「魂の殺人」講演@朝日新聞主催

今朝、朝日新聞の片隅にありました。
4人の子どもを東大医学部に入れました。
講演のテーマは「受験は母親が9割」
講演の内容は「子どもは基本的に勉強嫌いで怠け者なのだから、勉強をする環境づくりが必要」
勉強を習慣化させるため、リビングルームで勉強させたり、キッチンタイマーを使って時間を管理したり……
この講演に165人の親が参加しました。

こうして子どもたちの魂は殺されていきます。
親の9割の意志により子どもの自我は殺されます。
固い親の意志から外れた子どもは魂の屍。
遅かれ早かれ、一人闇のなかを彷徨います。
消え入るような声さえ発することができずに……

こうした「魂の殺人」に続こうとする殺人予備軍165人
よいこととして主催する新聞社……
魂を殺された行く末である官僚は叩き殺すくせに……
まさかのマッチポンプですか?

子どもは勉強は嫌いです。でも学習は好きなんです。
そんなことも解らない殺人者たち……
涙しかでません。

"佐藤ママの「魂の殺人」講演@朝日新聞主催" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント