彼女の悩みは

彼女は悩んでいた。 彼は悩みを相談された。 それはちっぽけでつまらない悩みだと感じた。 まったく悩む必要もないことだと、彼は思った。 彼にはすぐにアドバイスが浮かぶ。 それは的確で素晴らしいアドバイスだった。 彼は優しく親身になってアドバイスを伝える。 ありがとう、と言った彼女の言葉は乾いていた。 彼女はアドバイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「いのちの深呼吸」

これは何かが違う、というのが第一感。 でも、オフィシャルサイトでは絶賛されている。 ぼくが解ってないのか? どうも世間とズレる。 まあ、こういうことがままある。 ほんと仕方ないな、笑 その僧侶は自殺予防のアレコレを一人でやっている。 電話で応え、メールで応え、朝から晩まで死にたい者に会いに走りまくる。 一人で抱え込ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アドバイスと自己満足 追記あり

悩む人がいる。 悩む人に、他者からのアドバイスははたして意味があるのか? たとえばピアノのレッスンとかテニスのコーチとか書の指導とかではなく、人生とか生きるとか存在とかに「アドバイス」など意味がないどころか害悪ではないだろうか? そも自分の「生きる」は、自己の納得でしか充実しない。 得られた納得は自己にとっては「正しい」。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「幸せになる勇気」@ 傾聴

 「幸せになる勇気」は前出「嫌われる勇気」の続編です。これもワタシにとっては再読です。  「嫌われる勇気」の再読のときも思ったのですが、以前読んだときよりもずっとずっと響いています。  以前はベストセラーという看板にひかれて、この続編も知識の蓄積とかたんに興味とかいう動機で読んだのですが、今回は「傾聴」への興味と重なって絡んで本が訴…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「嫌われる勇気」と傾聴

最初に読んだのはいつだろう? 奥付に2014年6月11日の第13刷とあるから4年近く前のことだ。 「かなりいい本」というイメージがあったのだが、詳細は忘れていた。 今回、友人に貸すと約束したので、ホントに「いい本」だったけと読み直してみた。 本は「悩める青年」と「哲人」の対話という形式をとっていて、アドラー心理学を哲人が青年に伝…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」内山節著

先週末のこと、仲間と森のなかを歩いていた。 ボクが先頭を歩いていたのだが、通り過ぎた土手にヒキガエルがいるよ、鳥の巣があるよ、と教えられるということがあった。 教えられて過ぎた土手に戻り見直したのだが、それらは土と同化していたのだ。 ボクにはまったく見えていなかったものが、観ることができる人には見えていた。 家に帰り、その出来事…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「子育て指南書 ウンコのおじさん」宮台真司他共著

 正直に言おう、ワタシは宮台真司が嫌いだった。嫌いだった理由はなんとなくなのだけど、笑。ホントのところ好き嫌いと言うほど宮台真司のこと知らない。おそらく佇まいとか物言いとか雰囲気とか、それともたまたま耳にした台詞が気に入らなかったのかもしれない。知らないのになんとなく嫌い、というは良くないな。反省しよう^^;。もっとも宮台のほうはボクな…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

濁流のなかのホームレスはなぜ救助を拒否したか?(再掲)

10年前(2007年9月)のエントリーです。ワタシ自身忘れていましたが某所で思い出させてもらいました。今、自分で読み直してみても、イメージはあまり変わっていません。過日「野垂れ死に」のことを語りあったりしたこともあり、興味のある方に読んでいただけたらと思い加筆再掲することにしました、笑。 台風9号はすっかり消去ったけど、ワタシ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

佐藤ママの「魂の殺人」講演@朝日新聞主催

今朝、朝日新聞の片隅にありました。 4人の子どもを東大医学部に入れました。 講演のテーマは「受験は母親が9割」 講演の内容は「子どもは基本的に勉強嫌いで怠け者なのだから、勉強をする環境づくりが必要」 勉強を習慣化させるため、リビングルームで勉強させたり、キッチンタイマーを使って時間を管理したり…… この講演に165人の親が参加…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

「誰が星の王子さまを殺したのか」安冨歩著

 「星の王子さま」を最初に読んだのは最近、ここ1-2年だったと思う。と、そのときことさらとりたててブログには書かなかったし、自らの別のブログ記事のコメ欄に特に何かを感じたことはなかったと書いてあったので、その時はそうだったんだろう。  正直にいえば、よく解らなかった。そのときは。  で、今回表題の安冨さんの本を興味深く読み、再度「星…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

映画「カミハテ商店」……誰かの役にたっているという実感

この映画を「いいよ」といって紹介してくれた友人が長い旅から生還したので記念エントリーをばひとつ、笑。 どうだろう?誰にとっても「いいよ」なのかどうかはわからない。 少なくとも紹介してくれた友人と紹介された友人たちにとっては「良い」映画だとは思う。 画面に目を移すと、やたら暗い映画でゆったりとゆっくりと時間が進む。どころか、そこへ訪…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「セカンド・ハラスメント」についての覚え書

今、「誰が星の王子さまを殺したのか -モラルハラスメントの罠-」という安冨歩さんの本を読んでいます。 そのなかに「セカンドハラスメント」という言葉がでてきて、いまのワタシは気をつけなければならないことと感じたため覚書として打ち直しました。 折角打ち直したのでシェアしたく公開します。特に友人たちにはシェアしたいと思います。 セカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コンビニ人間」村田沙耶香 @折り合い

 吾ながらクドいと思いますが、まだ「折り合い」を引きずっています。  とある友人の「社会はみなが折り合っていきている」に反発して「みなは社会に折られ合わせられている」としてみたものの、もちろんオールオアナッシングではないことは解っているので、かなり譲って「99は折り合うので、1つの折り合えないが合った場合は折り合いません」とし、その「…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

『「みんなの学校」が教えてくれたこと(木村泰子著)』から「折り合い」を考える

 まだ読書途中です。なかなか読み進めることができません。  容易な文章でつづられていてさほど分量もないので、その気になれば2〜3時間で読み終わりそうな本です。でも、ページごとで立ち止まってしまうから進まない。つまりいい本です。エピソードごとで立ち止まって考え込んでしまうのは……  やはり「折り合い」のこと。  もしこ…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

映画「ビューティフル・マインド」鑑賞からの統合失調症というやつ

 これも「いいよ」と推薦されてお借りしたDVD。なにやらパッケージに「全世界から絶賛された2001年度最高傑作」とか「アカデミー賞4部門」と書いてあるので、一般多数から評判がいい映画なのだろうね。で、オマエはどうなんだ、と聞かれれば、よかったです、と答えます。ただ「ビューティフル・マインド」というタイトルがまったくピンと来ないのだから、…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

「晴天の迷いクジラ」窪美澄 読了

 多分なのだけどほとんどの人は社会と、つまり他者と折り合いをつけて生きている。折り合いをつけるよう教育されたゆえなのか、人はもとより折り合いをつける性を持ち合わせているのか、これまで折り合いをつけるほどの摩擦に出くわさなかったのか?  いずれにしろ、ほとんどの人は、そんなもんとしてそうして生きている。  それでも折り合いをつけること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「よるのばけもの」(by住野よる)からの真の自己、偽りの自己

 住野よるの「君の膵臓を食べたい」を読んで面白いといったツレアイが買ってきた本を読み終えた。ツレアイは「君の膵臓」ほど感動しなかったようだが、ボクには「君の膵臓」よりずっと秀作だと感じる。上手いなぁ〜と。  というもの、なんともタイムリーに「真の自己」と「偽りの自己」を物語として表現していて、物語として表現できるのが羨ま…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

共依存からの「真の自己」からの「偽りの自己」?

そも「真の自己」とはなんぞや?ということを考えているのは、「共依存の倫理」という本を読んでいてそこから触発されたからである。 じゃ、なんでそんな本を読んでいるかというと、「読んでみなはれ」といってお貸しして頂いたからで、お借りして積極的に読もうとしたのは、青カン(ホームレス)支援をはじめ、何支援でもいいのだが「支援活動」というのはそも…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

映画「むかしMattoな町があった」に心乱されて

観終わりました。いい映画です。 なんだろうこの感じ。心が揺さぶられる。 精神病院の改革をおこなったイタリア人医師フランコ・バザーリアのドキュメント風のドラマ。 ボクが子どもの頃だから40年以上前かな? 母親が言う「キチガイ病院」という言葉がずっと残っていた。青カン支援時代、アル中の青カンが福祉にかかると必ずおくられたW病院。軟禁、…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

「ダブスタ批判」を蹴り飛ばせ、笑

青カン支援なんて、なんとなく昔を思い出してエントリーしてしまったから「ダブスタ」なんてのを思い出してしまった。 今ではネットで議論なんかになると「ダブスタ」といって批判するやつなんかを見るんだけど、ボクが最初に「ダブスタ」と批判されたのはかれこれ20年以上前のリアル市民運動でのこと。 と、話しに入る前に「ダブスタ」って何だ?という話…
トラックバック:1
コメント:17

続きを読むread more

「Leaving Las Vegas(リービング・ラスベガス)」鑑賞

 哀しき恋の物語を描いた映画である。  これを「哀しき恋」とするか「究極の恋」とするか、はたまた「純粋な恋」とするか、それとも「退廃的な恋」とするか人によって違うだろう。ただお互いに必要とし好きだと感じるのだから「恋の物語」には違いない。  映画をみていると、世良公則の「あんたのバラード」が脳内でリフレインしていた。  ♪酔いどれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「よるのふくらみ」窪美澄 読了

 「ふがいない僕は空を見た」の衝撃再び! という帯に釣られて買いました。  って、ふがいない…がそれほど衝撃を受けたかと言えば、そうかなァ?と頭をかしげるのだけど、でもね、なんだろう?つい癖になって読みたくなるんだよね。理由はよく分からないのだけどさ。  例えば上橋菜穂子のように特に印象的なストーリー展開とか、何かをすごく暗示してい…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「9条の会」と「システム」と「村上春樹」と

一端代表をクビになった某9条の会の新しい事務局からまた代表をやってほしいと連絡があった。正直に困惑する。若い子たちをまとめる能力のなさの自覚もさることながら、「9条の会」という「組織」に疑惑をだいているからなのだと、思う。 ボク自身はまだ9条護憲という立場ではあるのだけど、正直にいえば9条の真意にどこまで添えるか自信がない。街角で「9…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「遺言。」 養老孟司著

かの養老孟司大先生の「遺言。」なのです。死んでないけど。 これは読まずにはいられません。ということで、読みました。 単純なボクはすぐにインスパイアされ、「青いインクの赤」という短文を書いたのですが、興奮しすぎて流石にちょっとあれやこれや詰め込み過ぎたかな、と自嘲しています。後ろのほうにおまけとして載せておこうかな? 「遺言。」をざ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

「人生フルーツ」と「ヤクザと憲法」

正月に東海テレビ制作のドキュメント映画のいくつかが地上波で放送された。 いずれも劇場公開されたもので、ボクも映画館に観に行こうと思っていて行き損ねた2本も放送されました。この際なのでテレビ(録画)で観ました。 当然べつべつのドキュメンタリーなんですが、たまたま2本連続して観たものだからなんともギャップが…^^; 双方ともこの社会の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然淘汰と助産と傾聴と…

やはり誰かと話をすることは大切なことだと思う。 自分ひとりだけではどうしても自らの気づきに限界がある。 他者の言葉からハッと気づくことはあれば幸せである。 誰かに話をしてもらうためには自分をさらけ出すことから始まる。 さらけ出すことは、ちょっと勇気のいることかもしれない。 だって、もしかしたら100人に解ってもらえないかもしれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「君の膵臓をたべたい」住野よる著より@2018年のはじめに

とりあえず2018年になりました。あけましたおめでとう。 歌合戦や除夜の鐘を聞くわけでなく、初詣とか初日の出とかを拝みにいくわけでなく、どういうわけか表題の本を読んで年を越しました。 普段と変わらないかというと、普段は夜中に本を読むことはないので、やはり年を越すというだけで少しは特別な夜だったのかもしません。物語に浸るという特別な感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サイコパス」中野信子著(追記あり)

これもフレンズ間での「回し読み」で借りた本ね。 「回し読み」といっても、ボクが最初に持ち主の姐御から借りたので、まだ余り回りきってないかもしれないけど。 で、最近ちょくちょく耳にするサイコパスである。 どう耳にするかってぇと、ヤバイやつだよぉ〜。まあ、ありきたりの先入観で読み始めようとしたのだが、ちょっとまった!! …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ふがいない僕は空をみた」窪美澄著

これは新しい友人達の間で「エロい本」といって笑いながら回し読みされている本。 他に読みたい本が山積みになっていることもあり最初は借りることを遠慮していた。 でも「エロい」と茶化すものの読み終わった皆が否定しないどころか「よかったよ」というので読んでみることにした。 というボクは、皆の感性を信用しているのだろう。 噂どおり確かにエ…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

恋心 ちょっぴり、マチネの終わりに^^

壊れかけのラジオからユーミンの歌声が聴こえる…… ♪魔法の鏡を持ってたら、あなたの暮らし覗いてみたい…♫ 抑揚のない歌声をかすめつつ、あ、瞳が、、、部屋の隅に置かれたサイドボード兼タンス代わりのダンボールの上にある小さな鏡に浮かんだ物悲しげな瞳と目が会ってしまった。万年床のうえにあぐらをかき、小汚いグレーのスウェットのま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報

昨日一通のメールが届いた。 カンタティモールのアレックスが死んだとのこと。 例えばマーク・ボランやジョン・レノン、尾崎豊が死んだと聞いたときとは全く違う感情が少しだけ浮かんで消えた。 何十年も会っていない懐かしい友人が風の便りに死んだと聞いたときのような・・・ずっと遠いのに割りにリアルな寂しさ。 追悼集会とか手紙があまりに場違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「甘える」こと「信頼」ゆえに

これはちょっと盲点だった。 誰かに甘えることができるというのは信頼しているからかな。 うん、確かにそうだ。こんな簡単なことに今頃気付かされたのは迂闊だった。 でも今気付かされたのは僥倖だったかもしれない。 ワタシはいままでずっと「甘えるんじゃない」、と言われ続けて生きてきた。 そう言われ続けてそれが正しいと思い込んでいた。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

選定委員

障害者というのは、この社会基準の、つまり多数であり、普通の、と自称する定型発達者がきめた基準にたいする「障害」のある者で、障害者などと称するのは多数で普通の傲慢である、と言ってみたところで、現実には障害者には生活しにくい世界がひろがっている。 多数で、普通と、カテゴライズされる定型発達でさえ、ちょっと気を抜けば生活しにくくなるのだ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

物語

 あ、コイツまたやっちまったな、と私が上から嘲笑う。  コイツがやっちまった理由がわかっていて、やっちまったことをちょっぴり認めたくなくてささやかにブルーズなことも、私は知っている。    そのときコイツは物語を綴っていた。  もちろん物語が虚構であることは識っているのだが、物語を綴るときはその世界にのめり込むのである。  そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「マインドフルネス認知療法」これはぜんぶ治ってしまうよなww

 つづいては「認知行動療法」についてなんだけど、はじめて聞く言葉のうえに、ワタシなんぞに「障害」をもった他者の「治療」など行えるわけもない(違法だしw)わけで、もうメモを残す意味もないなと思っていたわけ。それでも、書き始めちゃったのは、タイトルの「マインドフルネス」という言葉がでてきたからなのさ・・・^^  とりあえずこのセミナー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おとなの発達障害

 新聞の片隅にのっていたセミナーの案内にツレアイが反応し、ワタシも受講したいなも、と事情がマッチしたということで申し込んだ。デパートへの強制連行ではなくこういふデートができるから気楽なのかもしれない。  ところが、当日はタイフーンだった。やめとこか、という話もでたから、まあ、まだ雨風はさほど強くないのでいったわけだが、なんとも駆け足の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

悩む人

よくよく考えればワタシはあまり悩んだことがない。アタマが悪いか、感性が鈍いせいかもしれない。 はたして良いことなのか、残念なことなのか、良いとか残念とかでない他のなにかなのか、解らない。 イメージとしては流されるままにきたという感じ。 何かをやりたいということもなく、だらだらと学校へいき、成り行きで就職し辞職し、自分で金をかせぎは…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

『子は親を救うために「心の病」になる』 其の1

 本を読み進めるなかで、あるセンテンスに目が釘付けになり、無意識に目線は言葉から外れ宙の一点に止まり、かといって目線の先を見るわけでなく、脳内が急に回転しはじめてあることが思いが浮かんでは消え、また別の出来事が浮かんでは消え、さらにまた別の記憶が浮かんでは消え、それぞれが釘付けになったセンテンスのイメージと繋がり、それらをまた言葉に還元…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「心の穴」って何? (追記あり)(追追記在り)

とある夜、とある部屋、とある「ほぼ女子会」の片隅に座っていた。 「ほぼ」という言葉に誤解なきよう一応説明しておくと、ほぼ女子、ということではなく、圧倒多数の女子による圧倒多数の女子会話の会という意味。 途中なんとか口を挟んでみたのだけど、会話のスピードに圧倒され、雰囲気に圧倒され、さらにまずいことに酒と睡魔にも圧倒されてついに脳波が…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

だから死んではいけないのだ

♪ドゥン ドゥン ドゥドゥンドゥん・・・♪ いつまでも【システム】を自覚せずに隷従しますか? もとい、いつまでも【システム】の下僕として無自覚に他者を追い込みますか? ダメ人間! では質問です。 日本で【毒】に犯されて自殺する人は何人いるかしってますか? 35億・・・・ ウソ、、、21,987人・・・ 2016年調べ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ある誕生をみつめながら

知らなかったが8月11日は休日のようである。さて、 読みかけの本を読むか、ここのとこ考え込んでいる思索をテキストに表すか、たまっているビデオをみるか、、、 雨が降っていればそれらのどれかでいいと思うのだろうが、晴れた休日ではどれもいまひとつだと感じる。 そんなときは森へ足が向いてしまう。癖である。細胞の聲の形かもしれない。 森へ…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

ボラと自己満

 ボランティアをやるかどうか悩んでいる、の理由のひとつが「自己満足」やら「偽善」ではないかと感じる、という言葉を聞いて、なにか白い気持ちになった。手でつかめない霧のごとし意味が感じ取れない。とはいえ同時に記憶の靄の向こうにうっすらと見える懐かしさもあった。そういえば、大昔青カン支援をする前だか、してすぐだかにそんな言葉とすれ違ったことが…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ジタバタのなかの一コマ

 なんとか社会にしがみつくためのジタバタの一つは、ちょっと面白かったのでメモをしておこう。  社会を見限ったところで生きていなければ意味がない。生活するためには金がいるわけで、最低の生活をするための稼ぎをどうするか?ということでのジタバタ。  やりたくないことはやりたくない。何ならできるか?と、思案しているときに、ふとテレビに目がい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

どうでもいいことなので、スルーでOK

私的なことなので特に書くつもりはなかった。 はっきり言ってしまえば、他者の行動や心情をもとに生成される言葉などどうでもいいことなのだろう。とはいえ他者の言葉による自己の思索とそれによる行動や心情が自己にとっては重要であれば話しは別である。 ここにいま書くことが他者にとって重要かどうか?  とても重要には思えない。よってブログで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「死後が不安」といふ老人たち

今朝、NHKで「自分の死後」が不安だ、という老人たちのプチ特集をしていた。 これまでちょくちょく聞いた「老後が不安」とうのは解らないでもないのだけど、「死後が不安」とはどういうことなのだろう? 本当に意味が解らなかったので聞き耳をたててしまった。 どうやら「看取り」とか「葬式」とか「墓」とか「遺産」の心配をしているようだった。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「たたかう植物 ―仁義なき生存戦略」(稲垣栄洋)読了

 もちろん「たたかう」も「仁義なき」も虚構である。物語である。  いいだせば、「植物」も「生存競争」も虚構であり、物語である。  その「たたかい」を人間に還元するのも虚構であり、物語である。  うん、それでいいではないか、物語として認知できるから面白いのであり、「虚構を楽しむ」ことが人間が獲得した「生きる」の意義なのだから(ニヤぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「一九八四年」(ジョージ・オーウェル)読了

 まったく読書などしなかった小学生6年の頃、星新一の短いヤツに出会って本を読み始め、お決まりの筒井康隆や小松左京などに移行したおバカ系のよくあるヤツなわけで、SF系のながれで当然ジョージ・オーウェルの名は知っている。知ってはいたが読んではいなかった。いや中学校のころ読み始めたがすぐにやめた気がする。また仮に読み切ったとしては当時のワタシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「沈黙」(遠藤周作)読了

 正直にいえば読むことを躊躇していた。  理由は「サピエンス全史」の語る「虚構」にかなりひっぱられていて、キリスト教ベースの物語って、“所詮”虚構のなかの虚構の話だよなぁ、て思ってしまうことがひとつ。  たぶんワタシのなかでは、「虚構」を「空虚」として感じているものがあり、いまひとつのりが悪くなっている。まあこれを言ってしまったら人…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「発達障害児の偏食」からおもうこと

 今朝、NHKで「発達障害児の偏食」についてのミニコーナーをやっていて見入ってしまった。  15人に1人ぐらいの割合でいるという「発達障害」もその一言で一括できないのは当然なのだけど、どうやら「知覚過敏」であることが多く特に口内の知覚過敏の場合、食材に対して多数と違う感覚をもつという。たといえばフライのころもがトゲトゲの剣山を食べてい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「屈することなき絶望」 ノーマ・フィールド氏講演会

 知人のなんちゃって教授から「いいよ」という言葉とともに講演会のチラシをもらった。  チラシによると、講演者ノーマ・フィールド氏はシカゴ大の元教授で「虐げられた人々」とともに「徹底的に現地に身をおく」文学者と書いてあった。  正直にいえばサピエンス全史を読了したすぐ後で、余韻にしたっているいま、当分こういう市民運動系の講演会に行かな…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more