映画「ビューティフル・マインド」鑑賞からの統合失調症というやつ

 これも「いいよ」と推薦されてお借りしたDVD。なにやらパッケージに「全世界から絶賛された2001年度最高傑作」とか「アカデミー賞4部門」と書いてあるので、一般多数から評判がいい映画なのだろうね。で、オマエはどうなんだ、と聞かれれば、よかったです、と答えます。ただ「ビューティフル・マインド」というタイトルがまったくピンと来ないのだから、映画の意図とちがうところで「よかったです」と感じているのかもしれない。
 ネタバレエントリーですのでお気をつけて。
 まず映画を基本的に信用するとして、「統合失調症」というのはこういう風な世界を生きているんだと、可視化して観せてくれる。他の一般多数が見えないものが見える。見えてしまう。それが人物であったり、数式であったり。実際に天才数学者の半生をベースに描かれていて、一般多数が見えたり感じたりできないものを見ることから画期的な「理論」を導きだしノーベル賞まで受賞している。ただ一方で一般多数がみえていない人物が実在するかのように見えて、対峙して自分だけの物語を紡ぎ出す。その物語がゆえに他者の社会生活に危害を及ぼすことがあるので社会問題になる。
 特に学者としての実在の同僚や結婚した女性は実在の女性で、物語と現実の狭間がなくなる「統合失調症」から実害をうけることになる。
 で、「治療」させられることになるのだが、治療やクスリにより「幻覚の人物」や「紡ぎ出された物語」がみえなくなると、みえていた数式の向こうの世界観もみえなくなる、と描かれる。つまり普通の一般多数と同じような凡才になるわけだ。クスリを飲むのを止めると元の妄想が戻ってくる。つまりいろいろなものが見えてきて、物語が綴られるわけだ。でも本人にとってはその物語が現実であり、見えていない一般多数のほうが「おかしい」んだけど。

 なんかさ、子どもの頃って誰もが実在しないいろいろなものが本当に見えている、ってのを思い出すよ。それとか、あたまに浮かぶ物語と現実の狭間がなくて物語が現実って感じってのも想像つく。かすかな記憶かもしれないが、あ、それ解る、って感じ。そんな幻覚や物語が成長するにしたがって見えなくなっていくらしい。それが大人になることなんだってさ。大人になるってことは「折り合い」がついたりして社会人になるってことらしい。まるでクスリを飲まされ「統合失調症」から「普通」になったかのように。
 でも、誰もがもっていただろう子どものときの才能を失うことなく持ち続ける人がいるよね。アーティストっていわれている人や哲学する人なんかもそうかもしれない。ちょっと我がつよいって言われたり、社会性がないって思われる人もそんな感じの人かもしれない。
 でもね、じゃあ逆に普通の「社会性」ってなにかと言われれば、これはこれで一般多数がきめた物語、つまり「国家」とか「貨幣」とかetc、実在しない物語にのっかって共同幻想を見ているだけで、根本的には「統合失調症」の個人的な幻想となにもかわらない。
 いや、他者が捏造った物語に乗って共同幻想をみるか、個の子どもっぽいピュアな物語を大切にするかみたいな言い方をすればずっと後者のほうが好ましく感じるし、何かを「発見」することができるのはやはり後者のような気がするわけだ。まあ実際は「妄想」により「統合失調症」本人に不安があり恐怖に怯えているわけだから単純に後者のほうがいいなんて言えないのだけど。
 残念ながらボク自身は前者のように「成長」してしまったのだけど、たまに浮かぶ「物語」を失わずに見つめていたい、もしかしたらそこになにかしら発見があるかもしれない、と感じさせる映画だった、、という意味で「いい映画だったよ」とこたえよう、笑。

 ああそうか、わかった!?
 天才的な理論を発見できる「統合失調症」で社会性のない夫を支えた妻のマインドが「ビューティフル」と言いたいわけだなww。なんか「ビューティフル」ってのこそ他者が賞賛する妄想のようにみえて、しかも「天才的な理論の発見」という紐付きだから「ビューティフル」といっているようで、じゃあなんの発見もできない「変わり者」に寄り添っている人が「ビューティフル」と言われるかといえば、世間一般は、、、だから違和感を感じるのだが、、、まあどうでもいいけどww

"映画「ビューティフル・マインド」鑑賞からの統合失調症というやつ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント