「沈黙」(遠藤周作)読了

 正直にいえば読むことを躊躇していた。
 理由は「サピエンス全史」の語る「虚構」にかなりひっぱられていて、キリスト教ベースの物語って、“所詮”虚構のなかの虚構の話だよなぁ、て思ってしまうことがひとつ。
 たぶんワタシのなかでは、「虚構」を「空虚」として感じているものがあり、いまひとつのりが悪くなっている。まあこれを言ってしまったら人間であるかぎり全てが「空虚」であり、「虚構」を受け止めなければ「楽しい」ことなど何もないのではないかとは感じている。
 もうひとつの理由は、「キリスト教」である。これ、ワタシの人生のなかで少なからず因縁があり、かなりアンチの「感情」がある。なんでいまさら「キリスト教」主題の小説なんぞ読む気になろうぞ、と思っていた。
 にもかかわらず、読んだのはブログ「光るナス」のほうで同小説の映画版がこれでもか、というほどエントリーされていたうえに、ついには小説のエントリーもアップされたためである。ブログ主のアキラさんには、自分が読んだ本がよかったから「よければ読んでね」とかなり勝手に何冊も押し付けたこともあり、そのアキラさんが「いい」と言うものを読まないのは「人間」として拙いだろ、という気持ちがあったこと。映画をみることなく、小説を読むこともなくエントリーを読もうと思わなかったエントリーを読みたくなったこと。なんかが理由として挙げられる。
 「虚構」に意識過剰に反応し、アンチキリスト教という前提で読み始めたわけで、読む前から楽しい読書になんかになりえないという思い込みでのスタート。前途多難である。にも関わらずけっこう「面白い(interesting)」と感じたのは、かなり普遍的な小説だと感じたからだろうか。最初からキリスト教(宗教)も「虚構」であることをかなり意識して読み進めたため、「人間」がほぼ普遍的に背負う「虚構」についての物語として読めたことにある。

 「人間」はそれぞれ、個はなにがしかの虚構を信じて生きるしかない。それがなんであるかは個々の体質によるのだろうけど、宗教であれば信仰となり、イデオロギーであれば信念、国家でも金でも文化でも風習でもなにがしらを拠り所にしているように見られる。信仰や信念が深いほど「強い人間」となり信仰や信念があさければ「根無し草」など呼ばれたりする。
 物語のなかではヒエラルキーという虚構とキリスト教という虚構の対立構図が描かれる。ヒエラルキーにとってキリスト教は有害であり邪魔な虚構であるとされた。日本のその時代にとってということで、必ずしもキリスト教とヒエラルキーが反発し合うものでもないということは「時」と「場所」次第でどのようにでもあることは周知としていい思う。だからこそ「虚構」なのだ。ただキリスト教とは「虚構」である、でかたずけていいのか、というも作者(遠藤周作)はかなり踏み込んで描いている。そうではなく真理とはなにか、を追求した物語だと感じられる。
 
 物語登場人物中、「虚構」にふりまわされなかったのはキチジローで個人的にはシンパシーを感じている。強い「虚構」にふりまされずに、それでも貪欲に「虚構」を追いかけた。「人間」を追いかけた。「虚構」に束縛され殉死することもなく、弱さを自覚し、葛藤をうけいれどこまでも「人間」を追いかける。たとえ追いかけているものから蔑まされようがだ。誰も裏切らず、誰にも迷惑をかけず、おのが道を進んだ。(小説中「裏切られた」「迷惑かけた」「みすぼらしい」は、言う側の主観でしかなく虚構でしかない。)
 主人公?ロドリゴが、虚構と虚構のはざまで、執着、落胆、葛藤、転び、、、のちに、小説としては最後に「>今までとはもっと違った形であの人を愛している。私がその愛を知るためには、今日までのすべてが必要だったのだ。……あの人は沈黙していたのではなかった。たとえあの人は沈黙していたとしても、私の今日までの人生があの人について語っていた」と言った。
 ロドリゴは【虚構】から脱却した後に、私の人生にしてキリストが物言った、と思ったようだ。「キリスト」からは離れられないのは、とやかく言わない、として、そんなもんかもしれない。と思う。

 【虚構】への執着、落胆、葛藤、(落胆、)転び、、のちに〈虚構〉を識る。とワタシがかってにした解釈がこの本から読んだこと。

 さて、光るナスの当該エントリーを読みにいこうかな、楽しみだ、笑。 

"「沈黙」(遠藤周作)読了" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント