ルール無設定ということ

 このブログは、開設以来コメント欄のルールを設定したことがない。管理者がもともとルール嫌いということもあるが、コメント欄のルール無設定はルール嫌いが決定的な理由ではない。最初に設定せずルール無しでもやってこれたのだ。困難な状況は幾度もあったが、その時々でブログ運営が崩壊することなく行ってきた。トラブルが発生する多くは議論・主張がすれ違う状況にあり、いずれもゲストがここを去った。そも逆はあり得ない。ワタシが去ればコメ欄が放置されたときであり、ゲストも留まる意味がなくなる。そうした意味では常にワタシがルールであり、ルール無しというルールだったといえる。
 それでも、一応体裁としてルール無しとしたかった、いくつかの思いがある。
 ひとつは「議論の次元」が違いをどうしても解ってもらえなかったごん氏にコメ禁を言い渡した後味の悪さをひっぱている。判断の可否が尾を引いている。ワタシのその判断が良かったのかどうか、まだ解らないでいる。彼とて曲はあるが、基本的にはイイ人であり、本当に彼の主張の次元に立つやり方はなかったのか、と考えると自信がない。だからそれ以降はウヨピーだろうが、ブサヨだろうが落ち着きゆっくり話すことでコメ禁にはしない、と決めいていた。
 また、秘書室のように、コメントを一旦保留し、偏ったブログ運営を潤滑に進めるやり方に何か違和感があったということもある。また秘書室のネトウヨを切り捨てるやり方にもイラツキを感じていた。
 さらには一番の理由なのだが、カンタティモールのように、どこまでも人間を信用したかった、ということもある。すれ違いもいつか必ず解り合える、を自分に課した。たかがブログのコメ欄にルールで縛るのは逃げだと感じた。
 結局はルールを設定しない、という檻に囚われていたのかもしれない、が、挙句の果て発狂で話にならない。

 いずれにしろ、「エントリー」に対しての双方ひくことのない議論か、エントリーから発展した絶対に譲れない信念か、それを解り合えるか、刺し違えるか、離別するか、、、この辺りが、これまでの決着だった。それに対してルール設定なしで、どこまで解り合えるか、、という意味でのルール設定なしだった。

 そんななか彼女は登場した。
 すぐに彼女の傍若無人(だと普通には判断される)書き込みに戸惑った。ワタシはゆっくり「真面目に」、コメントを交わせばいつか解り合えると考えた。つまりここまでのルール設定をしない、を継続した。ところがいつまでたっても変わることはなかった。やがて常連のコメンテーターが彼女に興味をもった。また、不信感をもった。エントリーの議論もされたが、彼女の扱いもまた中心近くに添えられコメントされるようになった。一人は後に謝罪コメントに書いているように彼女に興味を持ち彼女に語りかけた(彼女に対しての興味は善意にもとづいたものなのでホッとしている)、一人は自分の手の届く範囲外には責任はないとばかりに自分の興味の赴くままに面白がり利用した。また一人は彼女の振る舞いに違和感を発し、従来の議論の場として、本来あるべきコメ欄への復帰を願った。そんな周囲をまったく意に介さず彼女は縦横無尽にやりたい放題やり続けた。
 愚痴ではない。ルールを設定しないということは、こういうことも全てアリなのだ。誰がどのような目的で何を書き込んでもいいのだ。それがルール無しなのだから。ワタシは全てを受け入れようと考えた、、、どう考えても無理なのだが・・・。
 従来のトラブルとは全く違うトラブル、その修正プランがないままにルールの設定をしない、にこだわった。こだわれば収集がつかなくなり破滅するしかない、と予想したが、それでもこだわった。どうしても全て許容したかったのだ。だが、実際は許容が放置となりすぐに発狂となった。
 ただ、今考えても、議論が暗黙の前提というコメ欄でなくなった時からルールの設定のしようがなかったのだろう。
 また中途半端なルールを設定し、彼女が利用される状況が継続されなかったのはよかった、と思っている。異常な利用に終止符は打たれるべきで、発狂も必然だったのだ、きっとそれが流れであり「機」ww、、、だったのだろう。ルールの設定なしというのは、ある道理を導き出すのかもしれない。が、その都度発狂するのも能がないな。

 さて、今後どうするか、この経験を生かし以後どうするかに繋げなければならない。は、このブログに関してはもうそれほど考えなくてもいいだろう。
 ただ、「ルール」そのものの把握はしなければならない。
 必ずしも良識や善意、当然の責任が前提にはならなく、彼女のような人が存在することを知った以上、ルールは必要なのか? いや何度裏切られても「信じる」は継続すべきなのではないか? 常に他者とオノレを警戒しつつ存在するなんてできるわけない。・・・ん?オレはまだ気が狂れているのか?
 あぁ。こんな小さな世界なのに、どこまで病なのだ、人間というやつは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

アキラ
2014年06月10日 20:23
こんにちは。

「一人は自分の手の届く範囲外には責任はないとばかりに自分の興味の赴くままに面白がり利用した」

というのは僕のことなんでしょうね。
そのように見えるのですね。
かなりかなり残念です。
人の理解は様々ですから、しょうがないですけど。

差し支えなかったら教えてください。
「彼女が利用される状況」ってどういうことですか?
毒多
2014年06月11日 08:40
そうですか、やはり自覚はないのですね。
もっともワタシの一方的な失望の可能性が高いのでしょう。、、、それにしても、
かなり残念です。

>差し支えなければ・・・・

何度書きなおしても延々と罵詈雑言がつづきます。
気狂いの振れ幅が広がりそうですので、やめておきます。
毒多
2014年06月11日 08:41
ガッツの気持玉を表示してくれた方、ありがとう。
愚樵
2014年06月11日 10:29
毒多さん

>さらには一番の理由なのだが、カンタティモールのように、どこまでも人間を信用したかった

ティモールの人たちがどこまでも人間を信用することができたのは、彼らが自分自身をどこまでも信用しているからなのですよ。

それが出来るから、闘って、なおかつ赦すことができる。ティモールの人たちとて、全く無条件で敵を許容したわけではない。そんなことをしたら今頃ティモール全滅していて、『カンタ・ティモール』という作品もなかったでしょう。

一方、『ドッグウィル』のトムがやったのは、自分自身の信用を他者に委ねた、ということ。要するに、試したのです。信用するといいながら、実のところは試していた。本当に試されていたのは自分自身だったのに。

ルールを設定する責を担う権力者は孤独です。依って立つのは自身の「良心」しかない。

周囲は、その責を担う者が孤独と闘う様をみて、権力者だと認定する。

我慢をするのは失敗を怖れるからですが、それは逃避です。失敗の時にもこそ良心が試されてます。
毒多
2014年06月12日 08:57
相変わらずのエラソーで、思索好きで、マイペースで、一直線なコメントはブレませんね。
このブレのなさは、感心します。また、キチガイ相手にコメントして頂けることには感謝するべきでしょう。

コメントに関して「失敗」と断じきるのはどうか、と思いますが、仰ることは中心は「正しく」感じます。

次に気が狂れる機会がいつになるか解らず、せっかくなので、エントリー「ドッグウィルになった瞬間」として内心を書こうと思っていましたが、、いつまでも甘えてばかりもいられませんし、続けることでワタシ自身が本当にキチガイに乗っ取られることを多少恐れています。よって一旦この流れは終了します。

そろそろ「生狂いピエロ」を終わらせ、正気に戻ることにします。

愚樵
2014年06月12日 12:16
エラソーなのは、治りません。
いえ、本気で治す気がありません ^^; 申しわけありません。

一方、気狂いだろうがなんだろうが、毒多さんと付き合う気はあります。こちらは多分本気です。

映画『オアシス』を是非ご覧になってください。得るところは大きいと思います。
毒多
2014年06月13日 05:59
>エラソー
何故治す気がないのか?
これまでも、それで人間関係が崩れたこともあったと思うのだが。
まあいい、大体の想像はつく。

ワタシに関しては、前にも書いた通り、正気に戻ることにしたので安心したまえ。ワタシと付き合う気がある、ということでワタシも安心している。
「戯れ言」村において、グレースと化したとき、グレースのように皆殺しにして村を焼き払わなかったは、恐らく「こごみ」を思い出したからにほかならない。

まえに書いたように、今リアル充実しすぎのうえにワールドカップもはじまってしまうので、ご推奨の映画は一段落したのちに観ることにしよう。
実は「気狂いピエロ」を再度みようと思っていたのだが、そっちのベクトルの映画は当分辞めた方がいいと思っている。
平行連晶
2014年06月13日 21:58
『オアシス』とはイ・チャンドン監督の、でしょうか。
何年か前に観ましたよ。
ヒロイン視点から見た光の描き方に工夫があって、面白い映画でした。
「光」「光線」の描写に対するこだわりは、イアン・ソフトリーの『K-PAX』に一脈通じるものがあります。

自分の場合は元々キム・ギドクやパク・チャヌクの監督作が好きで、いわゆる韓国映画の「呵責の無さ」に耐性が出来てしまっているため、物語のインパクトはさほど無かったです。それを差し引いても、十分に面白いロマンス映画でした。
私にとっては『マンダレイ』と同じく、とても楽しい娯楽映画です。
平行連晶
2014年06月14日 02:29
誤字訂正。
「呵責の無さ」→「仮借の無さ」
です。ここを誤変換すると文意が全く変わってしまう。
愚樵
2014年06月14日 07:36
平行連晶さん

そう、イ・チャンドン監督です。

韓国映画の特徴までよく把握しているわけではなくですがね。その「仮借の無さ」が効いている作品ですね。

>とても楽しい娯楽映画

ははは、なるほど。こういう感想を聞くと、平行連晶さんがご自身を「悪意の人」だというのが腑に落ちますね。 (^_^)
平行連晶
2014年06月14日 10:33
>愚樵さん

以前書いたように、私には少年時代に夭折した従兄がいましてね。彼は小学2年の頃から重度身体障碍で学校行ってなかったんで勉強も全然してなかったんですけど、とにかく地アタマが良く面白い子で、私と異常に気が合って一日中一緒にいて全然退屈しなかった。

『オアシス』、彼が生きていたら一緒に観たかったなあと思いますね。
二人して、腹抱えて笑うと思いますよ。ヒロインが男の家族と会食するシーンとか。
「なんか凄ぇアウェイなんだけど」「針の筵だら」「女のとこだけ別の宇宙だよね」「連れてきたら、おえんに」「女、どこ見てんだよ」「早く隔離しろ」「熊のぬいぐるみと取り替えろ」「いひひひ」「うはははは♪」

いや、実際皮肉でも何でもなく娯楽映画として良く出来てると思います。サービス精神旺盛だし。
仮借の無さとサービス精神が均衡を保ちつつ高い次元で両立しているところが、“作家性の強い”韓国映画の凄みで、ちょっと敵わないなと思います。
愚樵
2014年06月14日 11:37
平行連晶さん

なんだか2chみたいですね?

粟島にいる頃に非常に気分が荒んでいたことがありましてね。2chのまとめサイトで気を紛らわせていたことがあったのですよ。

そのように、当事者性のない、まあ、罵倒ですね。けれど、不思議なことに、浸っていると暖かみがあるような気がするんです。罵倒であっても共有すると、何かが生まれる。娯楽にはそういう力がありますね。
平行連晶
2014年06月14日 11:42
>罵倒

それは、違いますよ。
私は、従兄が教師や友人たちから、どんな風に見捨てられて、忘れ去られていったかを今でもよく覚えていますから。
私は彼の傍で、黙ってそれを見続けてきましたから。
人がどのように人を見捨て、消去するかをね。

己の肉を斬らせてこその、娯楽ですよ。
愚樵
2014年06月14日 11:51
マーラーという作曲家が、たしか交響曲『大地の歌』だったと思うけど、作曲してから非常に心配をしたのだそうです。

この音楽を聴いたら自殺する者が続出するのではないか?

どういたしまして。立派な娯楽作品として、クラシック好きで深刻ぶりたい人々に受け入れられています。

マイケル・ジャクソンなんかもそうなんだよな。マジメに聴いてみれば、そうとうに深刻な音楽です。一方でサービス精神満点。おかげさまをもちまして、キング・オブ・ポップス。

そういうものなのでしょう、表現というやつは。「戯れ言」だからといって、内容が空疎だとは限らない。逆に、“芸術”や“哲学”の名の下に、中身はあるかもしれないが、自己満足でしかない表現もある。

娯楽でなくては伝わらない。
娯楽は、当事者性がなくても楽しめてしまう。
だから伝わらない。

本当に伝わらないんでしょうか?
愚樵
2014年06月14日 11:55
平行連晶さん

違うんですか? それは失礼しました。


>己の肉を斬らせてこその、娯楽ですよ。

ああ、なるほど。『マンダレイ』もそういうふうに観ておられたんだ。

ちゃんと伝わってますね。(^^)/
愚樵
2014年06月14日 11:55
平行連晶さん

違うんですか? それは失礼しました。


>己の肉を斬らせてこその、娯楽ですよ。

ああ、なるほど。『マンダレイ』もそういうふうに観ておられたんだ。

ちゃんと伝わってますね。(^^)/
平行連晶
2014年06月14日 12:15
>愚樵さん

止めましょう。
「彼女」の逸脱が忌避されて、今ここで起きている私と愚樵さんの逸脱が(なし崩し的に)追認されるのであれば、私は「彼女」に対してなんら申し開きが出来ません。

私は本来なら「彼女」と共に追放されるべきであった存在です。本来ならね。
「彼女」の「追放」を経験した、その空間で、今こうして逸脱しているのはもはや傲岸不遜ですらあると思います。かかる行いは毒多さんへの侮辱でもあろうと思います。

>毒多さん

逸脱して、申し訳ありませんでした。
あの「追放」の前と後とでは、すべてが変わりました。
もう以前には、戻りません。変わったんですよね。
平行連晶
2014年06月14日 13:44
>毒多さん

詫びを入れるという体裁で毒多さんを責める意図など毛ほどもありませんので、どうか見誤らないでください。「追放」が苦渋の選択であったことは、私にはよくわかっているつもりです。

そして、私も含めたコメンターとブログの主が総出で、「追放」へと至る道を敷いたことは、否定しようのない事実です。決して「彼女」が単独で道を拓いたわけではない。ひょっとしたら、後知恵でこうすればああすれば回避できたと思う方もおいでかも知れませんが、現実は今この形に至っているのです。
これが現実です。こ・れ・が・現・実。

さらに、道は彼女がいなくなった時点で終端となったのではありません。終わったのではなく、今も続いているのです。この先へと続いている。私がたとえ毒多さんのブログから離れたとしても、道は私の前に伸びている。そこを歩いて行かないといけません。

ノールール。
ある空間にルールが設定されていないということは、各自が自らを律するルールを持たねばなりません。
追放の前後で何が変わったのかというと、各人が自らを律するルール相互の断絶が、明瞭に可視化されたのだと私は見ます。
そのルールは、コメント欄に参加する上での行儀に相当するものではなく、他者に対する関わり方についてのルールだった。これが事態に決定的な悪影響を齎したと思います。

終わった、と思う方にとっては、元に戻る道が見えているのかも知れません。でも、それは錯覚です。
少なくとも、私は元の道には既にいないもの。もちろん、最初からその道に私がいなかったのなら、元の道に戻ることになるでしょう。
NAN
2014年09月18日 00:09
ルールっていうより「親しき仲にも礼儀あり」ってだけなんでしょうね。

kuronekoさんの所で毒多さんにちょこっと触れましたが…愚樵さんから自分に別記事米欄で「ここは、毒多さんの提示した区分けに乗っかって対話が為されているのだと私は理解しています。もっとも、その理解でないと対話に入る資格がないと毒多さんは制約しているわけではなさそうですが、実際、そうでないと対話が成立しないことは、おわかりになると思います。」と指摘されました。

確かにその言葉自体は正しいのかもしれない(泣)
が…それをblog主から言われたなら納得するけど、自分が直接呼び掛けてもいない人間に言われて正直「何様」と思った(嘘です。あんまり心に響かなかったので気にならなかった)し、毒多さんへは「自分の気持ちを代弁されたことに気持ち悪くないのかな? 」とも思った(こっちはめっちゃ気になったので毒多さんに言いましたw)。

で…こういった記事を読むと「やっぱりな」と。

さて!毒多さんはリアル活動に力を入れられるとのことですが…お体に気をつけて頑張って下さい(敵ではありますが近況報告があれば「こそっと」読みます♪)

この記事へのトラックバック

  • 権力が生まれるところ

    Excerpt: 前回、前々回と提示したのは、 コミュニケーションは失敗する。 コミュニケーションの失敗に備える必要性から、責任と秩序が生まれる。 今回、提示するのは、 秩序が曖昧なら責任も.. Weblog: 愚樵空論 racked: 2014-06-10 20:12