「第一幕終演」…サンタクロースは存在するか

 さて「対話」と言われている以上レスがしなければならないんだよなぁ。
 レスとして、「降参です、ごめんなさい」と言わなければならないのか、、、と、思いつつ、、、そんな言葉は誰も求めていないんだよなぁ、とは解るんだけどね。なんとなくそんな気分。で、ダウナー系に陥っています。まるで、サンタクロースはいないと薄々気づきながら、「いないんだ」とダメを押された子どものよう、、、「八百長」を知って知らぬフリをしていたのに、「八百長やんけぇ」と責め立てられる相撲ファンのような、、、、と同じ気持ちなのかもしれません。
 となると、ワタシの言うとこの「普遍」はサンタクロースだったのか、それとも八百長だったのか(笑)、、となるのですが、八百長はともかく、実際にいなくてもサンタクロースは認識されているんだろ、と言うと悪あがきになるのでしょうか。

 どうも科学や法律ってのがワタシの感覚と合わないようで、それが普遍なんだ、と言われても承服したくない「気持ち」になるのは、法律はご都合主義の決まりごとで、その時々のの都合により揺れ動くものだし、科学ってのも限界がある。たとえば「人が生きているメカニズム」は科学で解き明かされるのかもしれませんが、「何故、人が在るのか」は科学で解き明かされない。さらには法律ときたら、おそらく科学でも解らない「死」を法律では「脳死」を「死」とするという。しかも「臓器移植」する場合のみ「人の死」を規定するというご都合主義で、その賛否は述べませんがなんとなく腑に落ちない、という気持ちもあります。まあこのあたりが言われるとことの「契約」であり「虚構」なのかもしれませんね。

 いろいろ考えているうちに、やはり「何故人が在るのか」というとこに戻り、何か全部を包括した「普遍」があるのではないか、例えば「宇宙意志」のようなものがあるのではないか、と考えてしまうのですが、ここまでくるとやはり「宗教」なのでしょうね。「宗教」嫌いなワタシもこれは宗教なんだろうなぁ、と感じます。ただ無心で信じることができないのも性分で、かといって「宇宙意志」など考えても解らないことであり、つまり「普遍」も「解らないこと」となり、表現することが無理になるでしょう。ここのあたりがワタシの言う「普遍」の「矛盾」であり「限界」なのかもしれまんせん。
 
 ワタシにしても「よく解らない」ことを主張し続ける気もありませんし、「矛盾」「限界」を無理押しする気もありません。愚樵さんが解説された、この世的な普遍ってのは面白く読まさせて頂きました。(ちょっと今は「対話」を続ける気持ちにならないので、またの機会にさせてもらいます。期待されていたのであれば申し訳ありませ)。とりあえず、ワタシはサンタクロースを、生かすか、殺すか、解らないものと自覚するか、やはり虚構なのか、でもみんな「サンタクロース」を知っているんだよなぁ、、、ということもふくめて、どうにかしないと混乱しそうです。

 話は変わりますが、2006年3月24日に始めたこのブログもそろそろ5周年を迎えます。タイトルもデザインも変えずやってきました。多くの(といってもコアな人が多くwwww、コアな人が好きなので有難いのですが)読者に支えられてやってこれたことに感謝します。とはいえ、思えば、最初からずっと「普遍」で混乱しながら続けてきたのかもしれません。「よく解らない」ことを解ろうとしたり、時に強弁したりしてやってきましたが、ちょっと「無理」ですね、疲れました。ということでほぼ満5年ということで第一部の幕を下ろしたいと思います。みなさま、ご観覧とご出演ありがとうございました。

 第二幕で「何かが変わるのか(なんも変わらない気もします)」全然わかりませんが、「解らない」ことを「解ったようなふり」「強弁」をしないように、「解らないこと」の自覚は意識しようかな、と思っています(ついつい忘れてしまうのだけど)。
 ということで、いつか開く第二幕もご観覧、ご出演、ヨロシク哀愁。
 (同じアドレスで予定しています。)
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

お疲れ様でした。
2011年02月20日 17:09
先ずはお疲れ様でした。私のブログ界への本格デビュー?はこのブログでした。いろいろありがとうございました。結局同じ名古屋に住んでいながら実際お会いすることもありませんでしたが、毒たさんからは学ぶこともたくさんあり、とても感謝しています。
去る者は追いたくないですが、パワーアップしての再登場を心待ちにしてます。
引き摺りそうなのでレス不要です。
すぺーすのいど
2011年02月20日 17:10
上のコメントは私でした。最後にやっちゃった。(^^ゞ
愚樵
2011年02月20日 19:02
私もレス不要で。

お疲れ気味だとは感じていました。その一因が私のコメントにあるのだろうということも(苦笑)

かくいう私も最近、疲れ気味。だもので、自分のブログは放りっぱなし。こちらへお邪魔することで辛うじて繋がっていた、という感じでした。

疲れたときは休むに限ります。そして休むと決めたのなら、ゆっくりと充電しましょう。しばらくネットからは離れて本にでも浸ってみるのもいいかも、です。

第2幕が開演したら、またお邪魔させてもらいます。それまで、しばしのお別れ。(^o^)/~~~
ニケ
2011年02月21日 20:43
お疲れ様でした。心からお礼を述べたいと思います。
最近は以前ほどあちこちを読みに行っていません。もう見切りをつけたところがあまりにも多くなっていても、毒多さんのところはその中での数少ない訪問先でした。その数少ないところもしばらくは読めないことになるのかと・・・。
ま、時代と言うか時の流れかもしれません。

私のコメントはおそらくは毒多さんにはまったく受け入れられないだろうと勝手に思いコメントを控えていましたが、ことが最終(?第二幕がある)なので挨拶に参りました。

一言だけ伝えさせていただくとしたら、
最後のこの記事まですべてがすばらしい内容の記事でした。
第二幕を期待しております。

ではまた、いつの日にか。^^
なめぴょん
2011年02月25日 21:11
お疲れ様でした。
いろんなとこで言ってきたのですが、
・ロックバンドの解散
・プロレスラーの引退
・ブログの閉鎖または休止

以上は「覆してなんぼ」ですw
また会える日まで、

Keep on Rockin'
ちろ@携帯
2011年02月26日 22:58
ちょっと沖縄で宝探ししてるあいだに、こうゆう事とは つゆ知らず…。
えっと、待ってますね。
わからんちん ながらも、もっと読みたいでし。
どくたさん、またね!
退屈したら ちろんとこにおしゃべりにきてくらさい!
毒多
2011年02月28日 08:39
 なんだか「やめるやめる詐欺」のようで、もしくは「おおかみ中年」のうようで、申し訳ないので「幕間コメント」を入れておきます。

 紛らわしい書き方をして申し訳ありませんでした。
 普通にブログ構成上の「第一幕」「第二幕」ととってください。ワタシは居なくなりもしないし、去りもせず、皆さんのブログをは読んでますので見捨てないでちょ。
 それに「言葉の国の住人」(爆×2)が言葉を綴らなくなっちゃマズイでしょ(爆×3)

 またね、とか、また会う日まで~、とか、会えるときまで~二人で名前消して~(とそこまでいってないか)、とか言われると、騙しているような罪悪感と、妙なプレッシャーから第二幕を開けにくくなります。

 すぐに幕を開けるつもりなので、RSSは消さないでね。お願いします。
armedlovepower
2011年03月02日 17:01
おひさしぶりでございます。

>科学や法律

人間の知的財産の一つで、とはいっても単なる過去の事例集であり、その目的は未来に向かう人の自由度をアップするためにあります。目的が違うので「人が生きているメカニズム」を解明することは永遠にありません。(私が個人的におもうそれは、たんに生きようと努力した結果実現している現象です)なので必要以上にたたえたり卑下したりするものでもありません。たんなるツールです。ハサミみたいなもんです。ハサミに切れる切れにくいはあっても、人が自由となるためにハサミが必要となる場面はいくらでもありますよね?(ハサミで殺人事件がおきたのでハサミ発売禁止とかいいだしそうな人もメディアでもよく見かけるので、あなたの同意を得られるかすこし自信ないですが・・・)

いずれにせよ人間はより大きな自由を獲得して人生を楽しむことを、過去は変えようがない事と、未来に規定が無いという事実から、確信してもいいのではないでしょうか。サンタクロースがいなければ、もしそれが必要であれば自分でやればいいだけです。

変えられない過去を変えようと思うことは疲れます。よね?

この記事へのトラックバック