「派遣村批判ってさぁ」…義務とか権利とか政治的とか

 ほんと、廃村になってから記事を重ねるのはどうかと思うんだけど、やっぱり書かずにいられないな。だって、いっぱい見ちゃったんだもの、派遣村批判。
 kuronekoのアニさんのとこの「義務を棚上げして権利ばかり言う派遣村」みたいなコメントから、池田信夫blogとかいうどっかで聞いた事のある知名度のたかそうなおっさんとかさ。このおっさんに言わせるとプロ市民(笑)が政治運動目的で派遣難民を利用し、村を利用したから云々らしい。確かにそういう安易なレベル(土俵)に乗っちゃえば聞くところがあるんだろうけど、視野狭すぎ!! ってかケツの穴ちっちゃちゅぎ。
 だから何?って思っちゃうよね。アンタは、そんなことで威張ってコメントしたりエントリーしちゃうのね、って感じなのさ。
 たとえばね、100%派遣切り難民が悪くて、自己責任で、ホームレスは自己責任の当然の帰結で、義務を果たしてない(?)からその辺の路上で死んでも当然だ!! って言えちゃうの? この世的な義務とか権利とかにそんな絶対的価値をおいているオノレの感性を疑ってみたり、小ぃちゃちゃを省みたらどうなのさ、なんて思っちまう。あ、如何、こういう言い方すると語弊があるかもね。別に責めてるわけじゃないからね、もっと大局的な視野をもった大きな人間になろうよ、っていう提案でちゅよ。……え、ふざけんな!! ですって? ……仕方がないなぁ、じゃあ、仮に「義務」とか「権利」とかいうレベルで話をしてみる。

 個人の「義務、権利」っていうけどさ、もともと大企業の「権利」というか「利権」を優先させ労働者に対する義務を棚上げする目的で派遣法をつくったわけで、これは国は全ての国民の最低限の生活を保障する義務を放棄しちゃったようにも見える。前にも書いたけど「イス取りゲーム」の要素を強化したわけで、誰かが必ずイスからあぶれる。実際にイスからあぶれた人に「義務、権利」っていえないでしょ。だって、必ずだれかが溢れるシステムを法律で認めちまったんだから。それに力をもっている大企業や国が「義務」を放棄しといて一個人に「義務」ってのも酷じゃないの。「イス取りゲーム」ってとこで言えば、「自己責任」ってのも詭弁だよ。絶対に誰かが溢れる「イス取り社会」なんだから。
 ちなみに、ワタシは義務をはたしているつもりです。今後も果たせるうちは果たしますよ。誰かを蹴落としてイスに座っていることを申し訳なく思いながらね。だからというわけじゃなく、自分の権利は声高には主張しないけど、誰かの「生きさせてくれ~」という声(権利)には呼応したいと思う。

 あとね、批判には政治的発言ってのもあったけど、派遣村を開村してほんとに急場凌ぎの「越冬」的対処療法だけしていては意味がない。とうぜん政治的に働きかけなければ根本療法はできやしない。「自分の納めた税金を派遣切り難民のためにつかうな」ってコメントやエントリー(意見表明)もあるけれど、これも政治的発言でしょ。内容には賛成できないけど、こういう政治的発言はあっていいと思うの。派遣村に「九条を守ろう」みたいな垂れ幕(?)があるのもおかしいってカキコミもあったけどさ、赤木君の「このまま派遣で殺されるなら戦争を希望する」って政治的発言が、世間に関心をもたれたように、結構密接に関係しているでしょ。やっぱり平和あっての労働なんだからさ。
 派遣村が政治的になるのは当然のことだね。


 ちょっとタイトルから離れるかもしれないんだけど、言わせて欲しい。
 今、派遣切り難民に追い込まれた人も既存のホームレスを批判(バカに)していた人もいると思う。だけどそれは「こういうことなんだよ」ってのは分かってもらえたと思うし、この冬にホームレスになるプロセス(社会のシステム)がリアルに見えて怒りを表明した人々にも、これまでに「怠け者、社会のゴミ」と言われつづけた既存のホームレスが生成されたプロセス(社会のシステム)も同じなんだよ、ということは言いたい。
 今後、派遣切り難民からホームレスになる人が常態化し、「怠け者、社会のゴミ」と言われない事を望みつつ、既存のホームレスと今ホームレスに追い込まれようとしている人が共に生活の保障がされることを望みます。


この記事へのコメント

2009年01月09日 11:58
へそ曲がり愚樵がちょっと新自由主義者擁護。この金融崩壊でダメってレッテル貼られたからね。だから擁護します(笑)

オサ~ンは、あれはあれで首尾一貫したことを言ってます。オサ~ンが批判したのは、派遣村の村民じゃなくて、派遣村の構造。オサーンは市場原理主義だから、村民が生まれるのは派遣切りは仕方ないって立場だけど、村民が生まれてしまうことには反対しているわけ。どういうことかというと、「負の所得税」ってのを導入して、所得の低い人には国がカネを配れと言ってる。それが実現してれば、派遣切りはあっても村民は生まれない。

オサーンの派遣村批判・批判はそこを踏まえてないと、オサーンにバカにされるだけ。オサーンがいうのは、そんなパフォーマンスをしたって何かを勝ち取ったって、その場だけだよ、と言ってるのね。そんなことをやってると、フランスみたいに失業率上がるぞ、ってね。これはたぶん正しいと思う。
愚樵
2009年01月09日 12:03
けれども、だからといって湯浅村長をはじめとする皆さんの努力の価値が意味ないものかというと、それは全然違う。オサーンがそこを認識しているかどうかは知らないけど、あの書き方じゃ、知らないと思われても仕方がない。

続きにして字幅に余裕が出来たので、ちと私の意見を。

オサーンのいうことが正しいとしても、その正しさは人間を幸福にしない。一握りの人間は幸せにするし、落ちこぼれにセーフティーネットは張られるかもしれないけど、ダメ。不幸になる人間の方が圧倒的に多い。いくら正しくても、そんな正しさは意味ないし、必要ない。それなら、多少間違えてても、よりたくさんの人が幸せになる方がいい。
dr.stonefly
2009年01月09日 17:32
尊敬する愚礁さんが言うのならば、ということでオサーンの記事を再読しました。と、そのまえにワタシはオサーンのことは全く知らず、今回たまたま件の記事を読みました。他の記事は読んでいません。市場原理主義ってんでたとえ一貫してようと、再読しても皮膚が拒否反応を起こすかな、と思いましたが案の定、蕁麻疹が吹き出しました(笑)。このオサーンにバカにされても痛くも痒くもありません、もとい、吹き出した蕁麻疹が痒い。爆!! 嘘です。肌感覚が論理に負けるならワタシはずっと負けっぱなしのバカにされっぱなし、と開き直ってみます。

>そんなパフォーマンスをしたって何かを勝ち取ったって、その場だけだよ
対処療法が目的ならばそうかもしれませんが、実際に可視化された意味はでかい。可視化されなければ議論にもなりません。政治的パフォーマンスでも、政治家をはじめ多くの人間を動かし、多くの人間に思考させた。この意味はでかい。オサーンでさえエントリーを挙げているわけですからね。
dr.stonefly
2009年01月09日 17:35
>オサーンのいうことが正しいとしても、その正しさは人間を幸福にしない。
ワタシは、根本的に「生きること」=正しさを、それぞれの「生」のなかで追求することにおいては「自己責任」はあると思う。それと身体を維持するための方法(「負の所得税」にしても「派遣村」にしても)は、別に考えなければならない、と思っている。ただね、派遣切りされた人々が、難民になったことで「真に生きること」が思索できたならそれはそれで幸せかな、とも思ったりします。そしてね、難民になり一人で途方に暮れているよりも、村のなかで助け合って過ごす時間のほうが、思索しやすいような気がします。この辺りも肌感覚でなんとなくなんですが……。

そうそう、再読したら、オサーンがこんなコメントを残していました。

>左翼の限界�(池田信夫) 2009-01-07 11:28:23
わずか500人しか集まらなかった(しかも大部分はただのホームレス)というのが、左翼の限界をみせています。昔の学生運動なら、こんなしょぼい集会では大失敗です。

いくら愚樵さんが擁護しても、今後、ワタシがこいつを信用することはないでしょう。

2009年01月09日 18:47
>いくら愚樵さんが擁護しても、今後、ワタシがこいつを信用することはないでしょう。

はい。それが正解だと思います。私とても、オサーンを敵だと思いはすれ、信用などこれっぽっちもしていません。

ですが、敵だからといって言い分が間違えているとは限らないですよね。私が懸念することはこういうことです。

オサーンの予言が成就したとします。その可能性は少なくないと思います。そして、そうなればオサーンは多くの者の信用を獲得するでしょう。となると、オサーンを信用しない者の信用はどうなるか? 派遣村を実現した人たちの信用はどうなるか? 

派遣村への支持を、単に自己満足だけでなく、貫きたいのであれば、信用しない者の言い分も、正しい部分は正しいと認めて評価しておかなければなりません。それは、ブログにも出来ることだと思います。
愚樵
2009年01月09日 19:13
すみません。もう少しコメントさせてください。

オサーンの言い分がどの程度正しいか? それは、全てのリンゴが地面に落ちるほどには正しくはない。しかし、例えば隣り合って2軒のガススタがあったとして、右がリットル100円左が150円だとしたら、ほとんどの者は右に行くだろう、という程度には正しい。
オサーンの批判は、左でも買いなさいと言って規制を設けても、そんなの上手くいかないよ、と予言しています。

実は、オサーンの予言を成就させているのは、私たち自身なのです。村民ですら、予言成就の一翼を担っています。村長も同じです。私たちが貨幣経済のなかで生きている以上、その予言は成就してしまいます。
(断っておきますが、この話には少し誇張があります。)
2009年01月09日 19:44
お話の腰を折りそうで心配ですが、明けましておめでとうございます。ガザが気になって今年は年末年始にあまりコメントしませんでした。ヘンリーオーツさん、喜八さん、大津留公彦さんなどブロガーも参加され、保坂展人議員も「派遣村は政治と時代を動かした 」と書いており喜ばしいことです。一方、副島隆彦氏が【「年越し派遣村」は官製やらせなのだ、とどうしてすぐに気づかないのですか。】と異色な副島氏らしい文を書いています。今年も宜しくお願い致します。
2009年01月09日 23:53
ふーん。

オサーンって人は昔の駿左翼なの? 
これからみんなで新左翼認定をして言及しましょう。
しかし、かわいい奴だな。ふふ。
sutehun
2009年01月10日 14:42
セーフティネットが確立していれば、という前提で『派遣切りはしかたない』というのならば、セーフティネットが確立していない現状において『派遣切りは間違っている』のですよね。だったら、『派遣切りはしかたない』なんて言えないはずです。たった一つ言えるのは、『セーフティネットを整備しろ、それまで首を切るな』ということだけのはずです。
『派遣切りはしかたない』なんて言葉は、まだまだ登場できないんですよ。唯一、『金のないやつは死ね』と考えない限りは。

多くの論において、不利益を被る人間を救うための方策ほど、後になってから講じられるのはどういうことか。
dr.stonefly
2009年01月11日 08:54
愚礁さん、オサーンは敵ですか?
ほんとうに偶然辿り着いて偶然批判返ししただけで、オサーンの主張は知らないんです。かといって「ただのホームレス」なんて言えてしまうアホの主張を知りたいとも思いません。愚礁さんの説明の範疇ですが、フランスなみの失業率になるというオサーンの予想があたる可能性が高い、というのは不勉強なワタシには否定できません。愚樵さんがいうならばなるのかなぁ、と思います。
で、? 結局オサーンのやり方が正しいけれど幸福にしない、と言うんですよね。そんなオサーンが多くの人の信用を獲得するでしょうか? …するだろうなぁ。コイズミでさえ獲得したんだからなぁ。よわったな。でも仕方ないか。
> 派遣村への支持を、単に自己満足だけでなく、貫きたいのであれば
完全に一点の曇りもなく貫きたいわけではありません。というのは貴ブログにコメントした通りです。

dr.stonefly
2009年01月11日 08:55


すてはんさん、今年も宜しくお願い致し候。
解説ありがとうございます。その通りだと思います。
オサーンは「負の所得税」とセットで言っているようですから、整備の後先の問題かもしれませんが、現実には先に首切りが行われたわけですから……。
大半の批判者は、『金のないやつは死ね』と直接はいわず、同意の表明をしてますね。

>不利益を被る人間を救うための方策ほど、後になってから講じられるのはどういうことか。
企業=金優先ってことでしょうけど、何もいわなければ「後になっても講じられない」ような気がします。


dr.stonefly
2009年01月11日 08:59

散策さん、今年もよろしく。
>副島隆彦氏が【「年越し派遣村」は官製やらせなのだ、とどうしてすぐに気づかないのですか。】
副島隆彦というオサーン2も知らないです。「官製やらせ」の意味が解りません。もしかしたら野党政治家が与党を引き落とすためだけに作製した、ということでしょうか。ご紹介の記事に辿り着けませんでした。



kuronekoさんに言われて、オサーンの経歴をwikiで調べてみました。
1978 東大卒 NHK入社
2001 独立行政法人経済産業研究所上席研究員
2006 上武大学大学院客員教授
2008 SBI大学院大学客員教授
※数千億円の受信料と税金を投じたにもかかわらず、結果として失敗に終わったアナログハイビジョンのプロジェクトメンバー

うーん78東大卒かぁ、新左翼、、、微妙ですね。仮に新左翼だったとしても元新左翼で転向でしょう。
え、「かわいい奴」って? かわいくないです、ルックスも!!爆
愚樵
2009年01月11日 10:27
敵です。

もっとも、象とアリンコみたいなものですが。

新たにTBさせていただいた記事を見ていただけばわかりますが、私の戦い...って別に妥当しようとかはぜんぜん思ってないんですけど、ハイエクとかフリードマンとか、そんなエライ人を相手にしたものでもある。樵風情が大それたことを、と思うかもしれませんし、私もそう思うのですが、でも、樵だからこそやらなきゃならないってのもあるんですよね。その感じは、毒多さんにもわかってもらえるというか、きっと同じ部分はあるだろうと思っているんですが。樵としてでもなんでもいい、同じ生きている人間として。
散策
2009年01月11日 21:11
記事にたどりつけなかったとのことで、リンクだけ。
本日は、お酒を飲んでしまったので、私見は後日機会があれば。

http://www.asyura2.com/09/senkyo57/msg/381.html
散策
2009年01月12日 13:21
上記のスレに「外野」というかたが、レスを書いています。以下です。【僕も繰り返される「派遣村」のニュースを見ていて、ちょっと違和感をもった。 そこに居る「離職した派遣社員」は全国のごく一部にしかすぎず、ほとんどの離職派遣社員はそことは無関係に存在している。しかし、その「派遣村」のクローズアップは、全体からみればごく少数の集合の点でしかない箇所で、たとえば政府がそれなりの対応をすれば、それで「派遣切り」の問題が一段落したかのような印象も全国のTV視聴者に与えるという点で、政府の思惑に沿っているという感も否めないものである。】(続く)
散策
2009年01月12日 13:32
私は、竹中さんがテレビで「派遣社員が恵まれないのではなく、正社員が恵まれすぎているためそう思えるのだと」述べていると言われているのが気になっています。正社員切りの序章としての派遣社員の悲惨さのクローズアップというみかたです。私は、ウオーリーを探せのように、ニュースに映るヘンリーオーツさんを探していましたし、現場にいたかたに何の疑問も持ちませんが、突っ込んだ背後関係やこれを利用しようとする思惑はわかりません。(以上です)
dr.stonefly
2009年01月12日 15:31
愚樵さん、わかりました。
今年はワタシも肌感覚(識る)だけにたよらず、ちゃんと勉強(知り)たいと思います。よろしくご教授お願いします。
ところで、イソップだったけ、ゾウが恐れているのはアリっていう寓話があったような気がしましたが、たいしたゾウじゃなさそうなので、倒しましょう。
dr.stonefly
2009年01月12日 15:43
散策さん、リンク先を教えてくれてありがとう。
なんか、副島ってオサーン2もよくわかりませんね。
机上で粋がっているガキみたいだなぁ。

>私たちの学問道場は、部落、在日、朝鮮人、どもり、めっかち、いざり の最下層の人間たちと同じところにいて、言論をやっている。

アタシャ知らないけど、最下層に本当に接していてこういう言い方できるのは、相当ナニですよ。洌さんが言う分にはインパクトあるんだけど、オサーン2は粋がっているようにしか見えません。
dr.stonefly
2009年01月12日 15:44

「外野」っての人のコメントも、穿った見方をすればいくらでも出来る例でしょ。可視化されなければ、闇から闇ですよ。
で、湯浅さんが派遣村の処理だけで終わらせますか? 仮にたとえ官製で利用されたとしても、派遣村にきた人間の行政の対応だけで「お茶を濁す」ことで終わらせるわけないでしょ(多分)。
それと、マスコミで見たでも、派遣村に入ったでも、応援したでも、批判したでも、知った人すべての責任が問われるてくるわけですよ。あの可視化はスタート地点。きっかけです。
応援して終わりか、批判して終わりか、見て終わりか、………終わらせて誤摩化せ通せる時代じゃなくなっています。

竹中は、今度遭ったら殴っておきますので心配しないでください。あ、如何、、非暴力主義だった。
2009年01月12日 16:03
 こんにちは。岩手の伊東です。
 2009年もよろしくおねがいします。

 この年越し派遣村に関しては、私も記事にはしましたが…どうにも批判も多くて。困った時はお互い様って言う言葉もなくなってきたのでしょうか。怒り通り越して寂しいものです。

 この記事を私の記事で紹介したいのですが宜しいでしょうか。ご検討お願いします。
 いきなりのお邪魔で失礼しました。
dr.stonefly
2009年01月12日 16:06
あ、伊東さん、どうも、今年もよろしく。早レスでしょ(笑)。
どうぞ、紹介してやってください。よろしくお願い致します。
ノッポのMASA
2009年01月12日 17:04
はじめまして
ネットサーフィン(死語?)をしてたらこちらへ辿り着きました
僕は56歳で派遣で働いている呼吸器に一級の障害がある男です
ちなみに派遣は今月いっぱいで契約が切れ2月からは失業者です(派遣の中途切りではないですよ)
そんな僕ですが、あの派遣村の存在は否定してしまいます 
政党、マスコミ、政治家が雇用問題を「派遣村」という言葉に矮小化させてしまっているように思います
さらに生活保護を受給させ援助するというのはギリギリでがんばっている人に対する冒涜のような気もします
 
かといって「援助」はすべきではないというのではありません
空腹で動けない人に働くことの大切さを説くような安物の宗教家のようなことは言いません
すごい矛盾が僕の心の中に存在します
人の心配をしてる場合ではないのですが・・・ 


2009年01月13日 04:46
ごめんなさ。また、敵=オサーンについて。

「ソーシャル・キャピタル」って新しい記事、やっぱり正しいんですよね。頭のいい人は、そうだ、その通りだ、と思ってしまうでしょうね。

そんなのと闘うってのは、つまり「頭のいい人(頭だけいい人)」と闘うことなんですよ。

“近代社会が原子的な個人に分解される傾向は不可逆なのかもしれない。それによって日本社会の同質性が失われることは、イノベーションの源泉になる一方で、製造業の高い効率を支えてきた信頼ネットワークの「資本価値」を低下させるだろう。”

ここまでわかっていても、まだ近代社会を支持するんだから。これこそが“正しいけど不幸な社会”の根源なのに。
dr.stonefly
2009年01月13日 08:26
ノッポのMASさん、はじめまして。コメント有難うございます。
社会の先輩ですね。しかもワタシなんかより派遣村に近いところに居る。再度考える機会を与えて頂き感謝です。

ワタシが考えていたのは、もし仮に
>政党、マスコミ、政治家が雇用問題を「派遣村」という言葉に矮小化
させているとするならば、それを打破しなければならない。連帯だと思うのです。「派遣村」は象徴でしかない。ということの確認です。自ら「矮小化」に乗ってしまって「派遣村否定」するのは、ヤツラの思うツボ、だと思っています。
なぜ貧困で喘ぐ者が、貧困度合いの多少の差によって自ら分断しなければならないのか、ということを考えてしまいます。
dr.stonefly
2009年01月13日 08:33
愚樵さん、
オサーンの最新エントリーにも飛びましたが、まだちょっと私の「知」ではついていけません。今年は形而上に逃げる事なく、ほんとに知的勉強をしようと思っています。
で、知的に向上したときに、識的に劣化していくってことはないでしょうね。常に意識しながらお勉強しなくちゃ。
alice
2009年01月13日 23:27
「新自由主義」という論理のもとでは正しいかもしれませんが、新自由主義が意義を問われている今、池田氏を言論として正しいと言い切るのには違和感を感じます。
視野狭窄に陥っている言論を、その狭い視野の中では正しいといっているようなものですから。
dr.stonefly
2009年01月14日 15:08
正しい、間違い、ってのはよく解りませんよね。
「新自由主義として正しい」は「正しくない」ってことだよね。
普遍的な真理を掴む事ができれば、事象の相対性に誤摩化されることはなくなるのかな。

この記事へのトラックバック

  • 迷走国会でしたねぇ、、、

    Excerpt: 昨日から今日にかけて家事の合間に国会を見ています。 新聞やテレビで報道されている Weblog: 瀬戸智子の枕草子 racked: 2009-01-09 13:26
  • ただ衆生の餓えを救ふべし

    Excerpt:  高校生の時、岩波文庫の『歎異抄』と『正法眼蔵随聞記』を読んだ。どちらも薄い本なので持って歩いて折りにふれて読んだと思う。現代の日本の文章語も基本的には和漢混淆文だし、二つの書籍は高僧の言行録であって.. Weblog: みんななかよく racked: 2009-01-09 14:36
  • 一人の2級視覚障害者として糾弾する!

    Excerpt: 目不自由な人を「襲う」 ネット書き込み容疑、書類送検(朝日新聞) - goo ニュースについて  私は糖尿病の合併症による緑内障にて「障害等級2級」を受けており,写真に示した通り,赤い身体障害者手.. Weblog: Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen racked: 2009-01-09 18:20
  • 「泡瀬干潟で餅つき大会」&デモ協力&署名のお願い

    Excerpt: 泡瀬干潟の保護を求める署名は紙媒体、ウェブ(日本語、英語)版全てが泡瀬干潟を守る連絡会に集められ集計中です。ご協力ありがとうございました。さて沖縄関連のいくつかのイベントのご案内です。ミュージシャンの.. Weblog: リーフチェッカーさめの日記 racked: 2009-01-09 22:06
  • 派遣村は正しいか否か

    Excerpt: 5日以降の衣食住を 「年越し派遣村」が厚労省に要望 by NIKKEI NET 国の対応がおそいとか先を考えなかった自分自身の責任なのに文句をいう人が たくさんいる。アリとキ... Weblog: 暇人短剣符 racked: 2009-01-09 23:07
  • 「デュエル・マスターズ」カードの功罪

    Excerpt:  郵便物を出す必要があって,近所のローソンへ行くと,駐車場に何やらぴかぴか光るものがたくさん落ちている.何だろうと思って拾い上げてみると,Duel Masters という メンコの包み紙 だったので.. Weblog: Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen racked: 2009-01-10 17:11
  • 甘えるな!派遣社員! ~働きたければ努力と自己アピールが大事

    Excerpt: ●契約不更新は粛々とした企業活動雇用者vs被雇用者という構図に、正規職員で働く人も含めた国民の肩入れも見られる。だが、派遣社員はそもそも本質的に調整要員。継続雇用を前提とした正社員とは存在意義が違う。.. Weblog: 眞鍋かとりのココだけの話 racked: 2009-01-10 20:04
  • 仕事の報酬(1)

    Excerpt: 本日も仕事は休みだ~ ヾ(T▽T)ノ繰り返し書きますが、私は日雇い労働者です。ですので、雇用主に1日労働力を提供して、報酬を受け取ります�... Weblog: 愚樵空論 racked: 2009-01-11 10:16
  • しぶとく生きてたバッタ

    Excerpt:  教会の帰り,ふと駅前のバス停でバスを待っていると,足もとに何かがうごめいている.何だろう……と,ポケットからルーペを持ち出して見ると,何と!この雪の降る中,バッタがまだ生きている!  当然,死に.. Weblog: Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen racked: 2009-01-11 16:43
  • 本当に改革すべきことを見誤ってはならない(再び渡辺氏に関して)

    Excerpt: 本日(1月11日)の毎日新聞の発言席という欄に渡辺喜美氏が「政界再編伴う危機管理内閣を」とのタイトルの文章を書いている。内容は、100年に1度の経済危機を乗り越えるためには、100年に1度の政治体制を.. Weblog: バロメータ racked: 2009-01-11 17:50
  • ずるしてデモ参加

    Excerpt:  追記 (ってのっけに書くか?フツー。)えー、なんの何の話かというと1月10日に行われた、「ガザに光を!即時停戦を求めるピースパレード&シンポジウム」の報告です。 前に用があって出発地には間に合.. Weblog: みんななかよく racked: 2009-01-11 22:33
  • 2008年扱いその210(ラスト) 2008年は私にとってどんなものだっ...

    Excerpt:  今晩は。伊東です。 今日の記事で「2008年扱い」の記事は全部終わります。 2009年も始まっているというのに、いつまでも2008年の事ばかり書いているわけには行きませんからね。という事で「社会人野.. Weblog: 「ちょっと、よってけらっせん。」-伊東勉のページ。 racked: 2009-01-12 15:59
  • 【ガザ】ピースパレード、1月11日 The Japan Timesは、一面、写真入りでした

    Excerpt: 1月10日(土)は、「ガザに光を!即時停戦を求めるピースパレード」に参加してきました。この種のパレードに参加したのは、初めてだと思っていましたが、昨日寝ながら、ふと、小学生のころ、沖縄海洋博で闘牛をや.. Weblog: 散策 racked: 2009-01-12 17:41
  • 『反貧困』の「溜め」

    Excerpt: 本日は前置きなし。いきなり本題に入ります。反貧困―「すべり台社会」からの脱出湯浅 誠商品詳細を見る話題の「派遣村」村長を務めた湯浅誠�... Weblog: 愚樵空論 racked: 2009-01-13 10:01
  • 共産党比例区名簿トップは湯浅誠

    Excerpt: それは、まごうかたなき革命的ゲリラ戦だった。 彼らは、先ず砦を築いた。場所は、花の都のど真ん中、 日比谷公園に定めた。恐るべき慧眼と言わねばなるまい。 要所に砦を築けば、自ずと人は押し寄せる.. Weblog: BLOG BLUES racked: 2009-01-13 15:44