「イデオロギー映画は否だ」…稲田朋美の検閲劇場

 ワタクシが稲田朋美よぉ、文句あって?
 靖国-YASUKUNIって映画ですって? 
 ワタクシの靖国ちゃんを映画にするんですって? 大丈夫なんでしょうね。
 最近、ちょっと日の目をみない靖国ちゃんがスポットライトを浴びるのは嬉しいんだけど、……でも監督が中国人ってことじゃないの? 怪しいわ、 非常識だわぁ。 
 ちゃんとワタクシの私感とマッチする映画になってるんでしょうねぇ?
 ワタクシの靖国ちゃんを撮るならワタクシの史観に合わなければ許さなくてよ。
 最近ワタクシの靖国ちゃんを歪曲して、史観をジギャグする非国民が多いから心配で、心配で…、中国人監督ってことはもともと非国民だし。どうやらワタクシのイヤな予感の通り「反日」映画だって聞こえてくるし。
 え、なんですって? 文化庁が助成金を出しているって?
 それは、いいこと聞いたわ。潰すチャンスね。試写会を開かせるわ。
 「ほれ、試写会開け、ほれほれ、試写会、試写会、どらどら、試写会、ひらけー、開かんかいワレ~、稲田が言ってんのよ、開きなさい。おらおらぁ試写会開きなさいっていってんのよぉ」
 え、なんですって検閲の臭いがするから開けないですって? 冗談じゃないわよ、検閲なんてするわけないでしょ。ちゃんとワタクシの史観と合っているか確認するだけよ。だいたいねぇ、金、出してんのよぉ、試写会を否定できるわけないでしょ。この稲田がいってんだよぉ、否だ、なんて言わせないわよ。

 干渉中……、あ、いや鑑賞中、……

 ほらやっぱり、思った通りだわ、反日イデオロギーだったじゃない。実は観てもわかんなかったけど、観る前から解っていたのよ!! もう許さないわよ。 キィィィィィィ。
 え、島村が「一貫したストーリーを見せるというよりは、様々な場面をつなげた映画。自虐的な歴史観に観客を無理やり引っ張り込むものではなかった」ですって、どこ見てるのよ。何がなんでも反日イデオロギーでしょうが。え、様々な場面をつなげただけで「反日イデオロギー」を感じる方がおかしいって!! キィィィィーーー。何言っての、ワタクシの感性が変だっていうの!! 冗談じゃないわよ。ワタクシは稲田よ。国会議員なのよ。だいたい観るまえから解っているのよ。中国人監督が撮る横文字のysukuniなんて、反日じゃないわけがないじゃないの。え、今度はなんなのよおっ!! 民主の横光が「戦争の悲惨さを考えさせる映画だが、むしろ靖国賛美6割、批判4割という印象を受けた」ですってぇ~!! 冗談じゃないわよ。稲田の目が節穴だっていうの。どのへんが賛美6割なのよ。ワタクシの愛する靖国ちゃんに失礼じゃないの。え、誰よ!! そこの陰でぼそぼそ言ってんの!! 何?、なによ? 靖国自体がイデオロギーですってぇぇぇ。キィィィー、イデオロギーそのものを撮ってイデオロギーを排除できるわけない、ですって。ふざけんじゃないわよ。靖国ちゃんのどこがイデオロギーなのよ、どこが愛国イデオロギーで、国粋イデオロギーで、戦争賛美イデオロギーなのよぉぉぉぉ!!! だれがそんなこと言ってのよぉぉぉぉ、キィィィー!!
 え、なに、なんなの、……だいたいイデオロギーのないドキュメント映画なんてない、ですってぇぇぇぇ。えーい、だまらっしゃい!!もう怒ったわ、「政治的中立」じゃない映画に、なんでワタクシが金、払わなければならないのよ、キィキィ。政治的中立のワタクシが言うんだから間違いないのよ。この中立の稲田は、こんな「中立じゃない映画」ぜーったい許さないわ。冗談じゃないわよ。もうぜぇぇぇぇーーたいに許してあげないんだから。ワタクシにはそれだけの力があるのよ。見てらっしゃい。文化庁にこのワタクシがもの言って、押さえつけてやるのよ。
 えええええ、検閲するな、ですってぇ。
 もう、だから試写会なの。検閲なんてやってないでしょ。試写会を観て、クレームを言って、文化庁に圧力をかけるだけなんですから。どこに検閲が入っているっての!!? いいこと、ワタクシがやることは検閲でも越権でもないのよぉ。だってワタクシは国会議員なんですもの。国家のためには映画の一本や日本、潰せないでどうするっていうのよ。ちがうのよ、間違えたじゃないのぉ、日本を潰してどうすんのぉ。二本よ、ニホン。もういいわ、お話にならないわ。でも、最後にいっときますからね。
 ワタクシは稲田、国家の稲田、靖国の稲田、愛国の稲田、映画は否だ、自由は否だ、別姓も否だ……、キィィィィィィィィイィィィ。


■以下引用■

国会議員横ヤリの「靖国」試写会に80人 偏向指摘も

2008年03月12日23時16分

 靖国神社を題材にした中国人監督のドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」の国会議員向け試写会が12日夜、都内で開かれ、約80人の議員らが出席した。試写を求めていた自民党の稲田朋美衆院議員は「偏ったメッセージがある」と話し、映画に政府出資法人から助成金が出されたことの是非を、さらに検証し続ける姿勢を示した。

 会場となった都内のホールには、黒塗りの車が次々と乗り付け、議員らが試写室に入っていった。主催した配給・宣伝会社「アルゴ・ピクチャーズ」(東京)によると、自民、民主、公明、社民の各党派の議員40人と、代理出席で自民、民主、共産、国民新党秘書約40人が出席。計約80人のうち、自民が50人以上を占めた。稲田議員も10分前に会場入りした。入り口には約40人の報道陣が構え、私服警官による警備態勢が敷かれた。

 2時間の試写終了後、報道陣に囲まれた稲田議員は「助成金にふさわしい政治的に中立な作品かどうかという一点で見た」としたうえで、「靖国神社が、侵略戦争に国民を駆り立てる装置だったというイデオロギー的メッセージを感じた」と語った。

 ただ、試写を見た自民党の島村宜伸衆院議員は「一貫したストーリーを見せるというよりは、様々な場面をつなげた映画。自虐的な歴史観に観客を無理やり引っ張り込むものではなかった」とした。また、民主党の横光克彦衆院議員は「戦争の悲惨さを考えさせる映画だが、むしろ靖国賛美6割、批判4割という印象を受けた」と話した。

 映画は4月12日から都内と大阪の計5館で公開予定で、昨年12月からマスコミ向け試写が始まっていた。映画の中で南京事件の写真が使われていることなどから、週刊誌などが「客観性を欠く」「反日映画」などと報道。政府出資の基金から助成金が出ていたことも問題視した。これを受け稲田議員は「助成が適切だったかどうか、議員として検証したい」とし、同議員が会長を務める自民若手議員の勉強会「伝統と創造の会」と、同じく同党議員でつくる「平和靖国議連」との合同の試写会を、文化庁を通じて要請していた。

 監督側とアルゴ社は「検閲のような試写には応じられない」として、逆に全議員を対象に、今回の異例の試写会を開くかたちになった。

 稲田議員は製作会社が出していた助成の申請書類一式も文化庁を通じて取り寄せており、「助成金の要綱なども確認し、適切だったかどうかまた検討したい」としている。13日午前には、自民党本部で文化庁の職員を交え、伝統と創造の会と平和靖国議連との合同で「勉強会」を開く。
 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

×第二迷信
2008年03月13日 21:22
紅林刑事に捜査に入ってもらいましょうか。

二谷さんと大滝さんも呼んで…。
ひとのことはいいんだよ
2008年03月14日 11:06
ハハハハハ、すげー面白い、良く書けてますね♪
って言うか、ご本人の気持ちが良くわかってらっしゃる(笑
是非参考にさせていただきます。
すみません巡回していたTB先からたどり着きました。
初めてなのに失礼しました<(_ _)>
dr.stonefly
2008年03月14日 15:25
×第二迷信さん、え、紅林刑事ってなんですか?わかりましぇーん。残念。


ひとのことはいいんだよさん、いらっしゃいませ。
笑って頂きありがとうございます。
実は御本人のことは知らないんですが、ネット界隈にいる同じようなメンタリティを参考にしました。
×第二迷信
2008年03月15日 00:58
「紅林刑事」

いや、横光克彦氏の名前があったもんで、つい…。

(やっぱり、ジーパン刑事のほうが派手やったねー。)
ぷろぱがんだ
2008年04月09日 10:35
この映画のメイン「キャスト」とされている刀匠の刈谷直治さんについて。
刈谷直治さんは「自分の出ている場面を全てカットしてほしい」と言っています。

出演依頼の段階では「純粋な美術品としての『靖国刀』の刀匠のドキュメンタリーを撮りたい」と言う監督の話でした、しかし編集段階で試写したところ、全く意図しない政治的な映画になっており、靖国神社の騒動や明らかに右翼と解る人々のカットを、刈谷さんの出演部分とカットバックさせるカタチで編集しており、明らかにドキュメント(記録)とは言え無い、煽情的な手法を用いてこの刀匠自身を貶めています。

この事から映画から自分の出演部分を全てカットしてくれとおっしゃっています。
自分の名前を外してくれとおっしゃっています。
これをドキュメンタリー映画(記録映画)と言えるでしょうか。

チラシに大写しになっている人物はメインビジュアルになる事を承諾していません。者承諾や、歴史素材考証はしません。

私はこれを記録映画とは呼べません。

この記事へのトラックバック

  • 「検閲」の意図はないそうだが

    Excerpt: 「脅し」ではあるな。 映画「靖国」自民国会議員向けに試写(産経新聞) 試写を求めた自民党の稲田朋美衆院議員は終了後「検閲の意図は全くないが、政治的に中立な映画かどうかは若干の疑問を感じた。イデ.. Weblog: かめ? racked: 2008-03-13 15:39
  • 本の反骨 03142008

    Excerpt:  マスコミ報道が毎日、どう選別基準をもってなされるのか、さまざまな切り口で大小まぜこぜに事実、事件が流される。いまなら通常国会での政党間の駆け引き、これも参議院で民主党など野党が過半数を制しているから.. Weblog: つき指の読書日記 racked: 2008-03-13 19:37
  • 「利敵行為」についてのささやかな考察

    Excerpt: 先日、またいつもの如くエラソーに「社民共産はあてにならない」等と書いたが 実は「反社民・反共産」な立場の人たちにとってもオウンゴーラーと言うか 「コイツはホントにあてにならん(*o*)(*o*)(.. Weblog: 迎春閣之風波 racked: 2008-03-14 14:34
  • 大阪府知事橋本のサービス残業強要発言に対し労働者が反撃

    Excerpt:  一昨日は早朝から夜遅くまで尼崎事案の公平審に参加したため、結構疲れていた。昨日 Weblog: アッテンボローの雑記帳 racked: 2008-03-15 00:45
  • 国旗、国歌の意味と使い方を考えてみました

    Excerpt: いつもそうなのですが、「国旗・国歌の強制」問題について取り上げると、「規則や職務命令に従わないのはけしからん、公務員、社会人とし�... Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室 racked: 2008-03-16 13:40
  • 日本の保守メディアによる‘セカンド・レイプ’

    Excerpt: 日本の保守メディアによる‘セカンド・レイプ’/高橋哲哉 今さらのように、私が嘆かずにいられないのは沖縄の米軍基地問題だ。先月11日、沖縄駐屯米軍の海兵隊員が女子中学生(14)を強姦した容疑で沖縄.. Weblog: 薫のハムニダ日記 racked: 2008-03-17 17:56
  • 韓国でも話題になっています。映画『靖国』、来月上映。

    Excerpt: 日本在住の中国人監督が撮影したドキュメンタリー映画『靖国 YASUKUNI』が、4月から日本で公開されるそうですね。 私がこのニュース(産経新聞2008.2.8)に初めて接したのは3月9日(日).. Weblog: 薫のハムニダ日記 racked: 2008-03-19 17:52
  • 映画「靖国」上映妨害問題

    Excerpt:  来月公開予定のドキュメンタリー映画「靖国 YASUKUNI」(李纓監督)をめぐっては、以前から保守系メディアが観もせずに「反日」とのレッテルをはったり、自民党の稲田朋美衆院議員ら歴史修正主義派の国会.. Weblog: 世界の片隅でニュースを読む racked: 2008-03-20 10:20
  • 日本で映画『靖国 YASUKUNI』上映中止

    Excerpt: 映画『靖国 YASUKUNI』が日本で上映中止になったというニュースが、昨日から韓国メディアでも報道されています。 映画館側が‘自粛’したんですか。しかも5館そろいもそろって。 へぇ~。ほ.. Weblog: 薫のハムニダ日記 racked: 2008-04-02 13:18
  • 映画『靖国』と表現の自由

    Excerpt: 映画『靖国』と表現の自由/高橋哲哉 日本で‘靖国問題’が再燃している。中国人の李纓(リ・イン)監督が制作した映画『靖国 YASUKUNI』が上映中止に追い込まれた件だ。山東省出身のこの中国人監督.. Weblog: 薫のハムニダ日記 racked: 2008-04-21 17:29