「ホームレス襲撃がイタズラでなく」…掃除のためだとしたら

 ちょっと前のエントリー 「学校で野宿者問題の授業を」のコメント欄で、親しくさせていただいている愚樵さんと水葉さんから青カン(ホームレス)襲撃の激白を頂きました。もっとも水葉さんのほうは弟のイタズラのチクリなんですけど(笑)。で、「子どもの青カン襲撃」について考えていたら、どんどんヘビイで暗くなってしまいました。子どものイタズラはありかな、どうかな、やっぱりダメかな? などと考えています。どこまでイタズラで、こんなのはイタズラでも許されるのか?とか、「青カン襲撃」の実際はイタズラというどこかスリルや罪悪感が伴ったものでなく、確信になっているとしたら……、とか。
 どうも最近暗くヘビイなエントリーになっちまいます。そんなこんなでこの前も公開した暗いエントリーを1本抹殺してしまいました。どうもすみません。その中の報告も抹殺されてしまったのですが、皆様のおかげでブログ3年目に突入することができました。感謝です。でも、くれぐれも暗い記事ですみません。





愚樵少年が青カンを襲撃した。
爆竹を放り投げて逃げた。
水葉ちゃんちの弟が青カンを襲撃した。
イタズラだった。
弟は叱られた。
なんて言って叱られたんだろう?
人権かな? おまわりさんに捕まるよかな?
水葉ちゃんは青カンが怖かったっていってた。
愚樵少年も弟君も怖かったのかな?
恐いもの見たさだったのかな?
悪い事したと思って逃げたのかな?
スリルを味わいたかったのかな?
ピンポンダッシュ……。

毒多君は青カンを襲撃したことがない。
だって周りに青カンはいなかったんだもの。
田舎だったから。
でも、ヘビやカエルやカメや虫はいた。
そいつらを襲撃した。
クソガキだ。
ヘビを投げ飛ばし、カエルに石を投げ、
カメに爆竹を仕掛け、虫の足を引きちぎった。
ヘビやカエルや虫たちは死んだ。
酷い、ひどすぎる、なんてクソガキなんだ。
殺意があったのか。
恐怖もあったのだろうか。
殺してはダメだと思った。
殺したら死んでしまうと思った。
殺したら死んでしまう?
なんてこったい。
知っていた。確かに知っていた。
おかあさんに叱られることも知っていた。
でも殺してしまったのだ。
なぜだ?
虫けらだからか?
何かが怖かったのだろうか?
死への恐怖だったのだろうか?
生きてることを確認したかったのか?
ただ殺していた。
残虐なクソガキだった。
こんなクソガキでも「カルピス子供劇場」で泣いていた。
ネロとパトラッシュが死んで泣いていた。
近くに青カンがいたらどうしただろう?

ダメだと分かっていても、スリルを味わってしまう。
いけないと思ってもやらずにいられないかった。
これは子どもの性なのだろうか?
残虐性は子どもにとって普遍なのだろうか?
それとも愚樵少年や弟君や毒多君が特別なのだろうか?
いけないことって分かってたのだけど……。


こんな子どもの残虐性を煽る社会だったら……
こんな子どもにけしかける大人だったら…
スリルでもなく罪悪感もなかったら……
いけないことって思わなかったら……
いいことだって思ったら……

町で青カンが殺される。
スリルじゃない。
罪悪感もない。
いいことだ、って殺される。
子どもたちが青カンを殺す。
社会のゴミをなくす、といいながら殺す。



ボクらは社会のためいいことをしてるのさ。
だってゴミを掃除するんだもん。
汚いものを片付けるんだもの。
町の大人も言ってるよ。
汚くて邪魔よね、って。
消えてくれないかしら、って。
みすぼらしい乞食!!
町の役人も追い出してるよ。
小屋掛け禁止ってさ。
学校でもならったよ、美しいものを愛でなさい。
奇麗なものに感動しなさい、って。
だから汚いものは排除しなくちゃ。
あんな汚くて町を汚すヤツラは人間じゃないんだ。
ヘビさ、カエルさ、虫けらさ。
気色悪い。
怠け者で自己責任で、自業自得さ。
だから殺してもいいんだ。
ボクらが町のために掃除をするのさ。
美しい町を愛でなくちゃ。
あの町もこの町も
この国から汚いものを排除しなくちゃ。
ボクらは美しい日本を愛してるんだもん。
奇麗に感動しなくちゃ
ボクたちにできることをやらなくちゃ。
やろうぜ、やろう、…殺ろうよ
ボクたちが殺ってやるのさ




♪……掃除が必要なのさ 
この町はいつでも、人並みに生きていく働き者たちの
ためにあるのだから……


小さな子でさえ私のことを知っていて呼び掛けるの
「バイタ」

ごらんよ子供たち、ああなっちゃおわりさ
奔放なくらしの末路をみるがいい
近づくんじゃないよ 病気かもしれない
耳を貸すんじゃないよ 呪いをかけられるよ



小さな子でさえ私のことを知っていて呼び掛けるの
「バイタ」

(ふたりは/中島みゆき より)





なぜ、そこに追いやられているのか?
だれがそこに追いつめているのか?
何も知らないまま、追いつめるヤツラの手先になり
抹殺してまわる。
それが子どもたちだとしたら、
この美しい国に救いはあるのだろうか?




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

すぺーすのいど
2008年03月26日 23:09
子どもたちは真似、もしくは大人から学んだことをストレートに表現するだけです。まさしく大人の鏡なのですね。
dr.stonefly
2008年03月27日 10:05
大人の鏡というのは、まずその通りでしょう。
それとは別(一緒か?)に、最近の「理由が分かり難い」殺人事件と社会の関係も考えてしまいます。
BLOG BLUES
2008年03月27日 17:10
こんにちは。デオドラント市民社会がアカン。大大大っ嫌いだあ!気色わるいったりゃないね。小綺麗で小洒落ててって、何なんだ。カッコわるいっすよ、センスないっしょ。真物はつねに、ラディカルなものなんだ。大体、市民ってえのが気に食わん。庶民でわるいかよ。僕は、あれはまだ十九だったかな、真夜中の歌舞伎町をサングラス掛けて歩いていたら、いきなりヤクザに殴られた。そうゆうことも含めて、歌舞伎町の魅力なんだ。悪場所でしか生きられない人間もいれば、悪場所でしか発散できない鬱屈もあるんだ。悪人を悪場所を駆逐して、人間が人間足り得るものか。ここは、やっぱ、宮崎組長でしょう。旧稿ですが、TB送ります。
dr.stonefly
2008年03月28日 09:22
そういえばアレ歌舞伎町でしたっけ? 前にテレビでみました。街の自警団と名乗るオッサンらが、たむろする少年少女にむかって「座るな」「立ち止まるな」といちいち指導するってのは。
あれ見てて、普段はむかつくクソガキどもに、頑張れと応援してしまいましたよ。
あー嫌だ嫌だ。つまんねーです。
ほんと世間は、っていうか「美しい日本」には、歌舞伎町もそうだろうけど、昔の山谷とかね、釜とかディープでなにかしら臭ってくる世界が面白いって感覚がわからないかなぁ。
ホームレス支援って、「支援」なんて気取ってますけどね、あの面白さから抜け出せないヤツ多いだろうな。
愚樵
2008年03月30日 07:27
青カンのオッサンたちが怖かったか? さあ、どうだったんだろ。ホントに怖かったら襲撃なんかしなかったろうし。でも、怖くなかったわけではない。ビミョー。

大人たちからは叱れました。でも、危ないことはやめなさい、みたいな叱られ方だったような。青カンの人にも人権がある、なんてことを言われた記憶はゼンゼンありません。

ん~、でも。心のどこかで青カンの人たちだって人間だと思ってのは間違いないんですよね。けっして掃除してしまえばいい、なんて思わなかった。汚くて臭いし、目の前には居て欲しくないんだけど、居てはいけない存在だなんて思ってなかった。人権なんて言わなかった大人たちも、言わなかったけど、青カンを掃除してもいいとは思ってなかったはず。そんなこと、言うまでもないことだった。

愚樵
2008年03月30日 07:52
今の社会はどうなってるんでしょうね。言わなくてもよかったことを言わなきゃならなくなってる。方向性は違うけど、国旗国歌の問題も同質の問題だと思う。私の受けた教育では国旗にも国家にも敬意は払わなかったけど、でも、愛国心(言葉は嫌だけど)フツーに持っていたと思う。何かがおかしい、今の日本社会。言葉で言い表せない部分からおかしくなってます。

そんな社会で子供たちはどうなってるんだろうと思っていたら、悲しいニュースに少しホッとさせられました。大阪、大和川で生き埋めになってしまった子供の悲報。あれ、私も子供の頃に同じことをして遊んでた。穴掘って、秘密基地なんて。場所もほぼ同じ。
残念で悲しい知らせだけど、子供のやることは変わらないんだなぁ、とどこかで安心した。TVゲームばかりやってるわけでもないんだ。

dr.stonefly
2008年03月31日 11:03
>言わなくてことを言わなきゃなくなってる。
うーん、この辺が微妙ですね。たしかにそういう部分もあるけれど、青カンの問題などほんとうは疑問に持つべき問題だとおもうのですが、不問にされていた部分、庶民は知らなくて言いと隠されていた部分、見てみぬ振りをしていた部分。ってあるような気がします。確かに国旗国歌のように、どっちでもいいじゃん、ってのが言われるようになったみたいな部分もあるんですけどね。

今の子どもも基本的に身体をつかって遊ぶのが好きです。ただ街では滅茶苦茶に身体を使える環境を大人が潰しまくり、金のためのゲームに守銭奴企業が洗脳しまくり、ゲームをやらせとけば静かにしていると親が手を抜き、、、、キィキィ。といったとこかな。

kaetzchen
2008年04月02日 12:22
手許の資料に面白いものがありましてね.大人いじめに走る子供の親には,創価学会や自民党系列の新興宗教などの,カルトに染まってる事例が非常に多いということです.それにゲーム漬けが加われば,何をしても自分は救われると思ってるんだからどうしようもない.
dr.stonefly
2008年04月02日 18:28
>創価学会や自民党系列の新興宗教などの,カルトに染まってる事例が非常に多いということです.
なんとなく、さもありなん、って感じですかね。

この記事へのトラックバック

  • 自公政権に見る公の私化

    Excerpt: 国家の最高責任者、小泉純一郎や安倍晋三。自分勝手な公と私の使い分けで、小泉首相の靖国公式参拝は私事で済ませ、首相の私的で特殊な歴史観教育観(内心)が私事ですまされず、教育の憲法ともいえる『教育基本法』.. Weblog: 逝きし世の面影 racked: 2008-03-26 13:11
  • 突破者宮崎学の近著を読む

    Excerpt: 過日、電脳キツネ目組のアジトでもある オヤジ系呑み屋「檸檬屋新宿」を訪ねた折、 宮崎組長の義兄弟とも言うべき 店主、住枝清高氏より寄贈された。 「僕のような者が頂いていいのですか」 「読んで.. Weblog: BLOG BLUES racked: 2008-03-27 17:13
  • JR岡山駅での突き落とし殺人事件について

    Excerpt:  JR岡山駅で少年が列車待ちの人を線路に突き落して殺した事件。  今や若者の犯罪に関する報道は大衆ののぞき見趣味を満たし、日常の鬱憤を晴らせる「公認の敵」を提供するための「娯楽」になっているのが現状.. Weblog: 世界の片隅でニュースを読む racked: 2008-03-27 22:34
  • 一番悪いのは公明党=創価学会だ!潰してしまえ!

    Excerpt: 値下げスタンドに車の列 店頭価格は“まだら”状態(共同通信) - goo ニュースについて.  道路特定財源の暫定税率期限の件で,ここ数日は悲喜こもごもの事態が続くだろう.なぜなら,ガソリンスタン.. Weblog: Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen racked: 2008-04-02 12:19