毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「文部省採用の靖国DVD」…ハードでもソフトでも

<<   作成日時 : 2007/05/19 07:00   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 13 / コメント 5

 昨日の「気が狂いそうだ」から「マジで狂っちまう5秒前」って感じの朝だ。
 まだ暗い土曜日の夜明けから無理に目をあけrssで辺野古の情報中心に見ようと思うのだがなかなか目が覚めない。ところがであるデザイン夜話さんのエントリーで一気に目が覚めた。というか実際にはハードもソフトもコンタクトなんか入らない小さな目がまさに点になってしまった。

しんぶん赤旗 侵略正当化へ“洗脳” 文科省採用の“靖国DVD”である。

 「日本は自国を守るためにやむをえず戦争した」「アジアを解放するための戦争だった」という戦争美化の無思索で自己中でナルシーなネトウヨの言説をそのまま丸ごとに焼き込んだらしい「誇り」というDVDが、活用研究の教材としてワタシたちの税金がつかわれているのだ。
 この戦争美化DVDをつくったのは青年会議所で、
同会議所はさっそく「協働運動が文部科学省の研究事業に採択」と宣伝。学校の総合学習などの時間に、青年会議所のメンバーが教室に「誇り」のDVDを持ち込んで実践するよう全国的に呼びかけている
 らしい。さらに
「新教育システム開発プログラム」は、「あるべき新しい教育システムを提言するための調査研究をおこなう」として文科省が二〇〇六年度から実施。研究内容を公募し、採択された団体に委託費を提供します。今年度は青年会議所のほか地方教育委員会や大学などの七十六件が採択され、計約十五億円の予算が計上されています
 って、あのなぁ、ふざけるなよ。

 で、その内容は

 ■以下引用■

「アジア解放が戦争の目的」/植民地支配 一切触れず DVDが語る主な内容

 DVDアニメ「誇り」は、過去の戦争をめぐって高校生「こころ」が、過去から来た青年「雄太」から話を聞くかたちで進行します。2人は靖国神社へも出かけます。雄太が語る戦争の歴史とは―。

【日露戦争】
 「領土拡大戦略として南下してきたロシアと、そのロシアから自分たちの国を守りたかった日本。その後、それぞれの思惑とは別に周囲を巻き込みながら、その後の大東亜戦争にまで発展していくんだ」

【日中戦争】
 「ロシアは、中国大陸における覇権争いをしていた国民党や共産党をたくみに操り、さまざまな謀略を日本にしかけはじめた。そうとは知らない日本は中国大陸で抜けるに抜け出せない、泥沼のような戦いを繰り広げていくことになっていく」

【対米戦争】
 「日本対アメリカを含む連合国軍との戦いを、当時、日本では東アジアの白人からの解放を大義目的にそう(大東亜戦争と)呼んでいたんだ」
 「日本は亡国の道を歩むか、戦争に突入するか―二つに一つの決断を迫られ、アメリカをはじめとする連合国軍との戦争という苦渋の決断を強いられた」

【東京裁判・GHQ(連合国軍総司令部)】
 「東京裁判は勝った国が負けた国を一方的に裁く復しゅう裁判だった」
 「(GHQは)戦争で残虐行為を働いた凶悪な日本兵というイメージを日本国民に植え付け、洗脳していった」
 靖国神社で、雄太は「愛する自分の国を守りたい、そしてアジアの人々を白人から解放したい―日本の戦いには、いつも、その気持ちが根底にあったような気がする」と語ります。

 雄太の話を聞いた、こころはつぶやきます。

 「私が今ここにいるのは、過去に日本という礎を築いてくれたたくさんの人たちがいたから…。そして大事なことは、正しい事実をきちんと知ること」

■以上引用おわり■


 実際に「洗脳」された中学生の感想は「デザイン夜話」さんのエントリーに書かれているので伺ってほしい。
 辺野古では殺戮基地が違法におしすすめられ、教育現場では、戦争美化で子どもたちを洗脳していく。ハードとしての命の崩壊が辺野古であるなら、ソフトとしての命の崩壊が九条改憲であり、こうした子どもたちへの「洗脳」のための教育改革だろう。
 「改憲を望むメンタリティ」の続編も書くつもりだが、国を守るための軍隊などと信じ込まされている者は現実に目をむけるべきではないのか!! このDVDを受け取ったアベ壷は「教育再生の参考にぜひ拝見させていただきましょう」と抜かしているのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「いいこともあるんだと思いました。」
続けざまのエントリーアップはなんだか興奮してるみたいで恥ずかしいけど、あんまりすごいことが教育現場で起きていたことを知ってしまったので思わず。お子様をお持ちの方々、覚悟して下さい。 ...続きを見る
デザイン夜話
2007/05/19 07:26
洗脳DVDだって。
 靖国カルト教・洗脳DVD”で授業  青年会議所作製 文科省が採用だって 詳しくはやっしゃんさんが書かれている。 アジア開放のための戦争だって? もしこんな事をほかのアジア諸国で発言したら笑い者です。 再度アジア各 ...続きを見る
米国からの便り
2007/05/19 10:56
安倍晋三氏は「権力」をコントロールしていけるのか?
 愛知県長久手町の立てこもり事件が昨夜9時頃に漸く解決した。交番から駆けつけた警官が撃たれたまま5時間以上も放置されていたり、SAT隊員が ...続きを見る
ちょっと一言
2007/05/19 14:52
「子どもの権利条約」に立ち返る (教育における管理と厳罰化への疑問)
審議中の教育関連三法案(学校教育法,地方教育行政法,教育職員免許法)が本当に子どもの自律的な成長をうながす教育を保証するとは思えないのです。 ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2007/05/19 23:43
「靖国DVD」という困ったもの
 「「文部省採用の靖国DVD」…ハードでもソフトでも」 dr.stoneflyの戯れ言で見た靖国DVDははっきり言って度肝を抜かれた代物だ。ここで紹介されていたブログは「いいこともあるんだと思いました。」デザイン夜話です。赤旗でも紹介されている。 侵略正当化へ“洗脳”文科省採用の“靖国DVD” しんぶん赤旗  そして現物はこれだ。 「近現代史教育プログラム(※PDFファイル)」 ...続きを見る
飯大蔵の言いたい事
2007/05/20 00:35
教育関連法改正&自民党で、日教組つぶし、ジャマ者排除を? ・・・日本の教育がアブナイ!
 前記事で、教育再生に関連して、トンデモないと思われる情報を得たという話を 書いたのだが。大きなものを挙げると・・・。 ...続きを見る
日本がアブナイ!
2007/05/20 04:46
「新教育システム開発プログラム」が公教育に採用したDVDと、選定に関わったメンバーの顔ぶれ
『◆ 美しい壺日記 ◆ 』さんと、『アフガン・イラク・北朝鮮と日本 』さんより、弊ブログの1/17のエントリー『日本青年会議所と教育「再生」 』で書かせていただいた内容の続報を伝えるトラックバックをいただきました。 ...続きを見る
Like a rolling bean ...
2007/05/20 13:29
アニメで愛国教育? 負けた国の名誉なんかどうでもいい
敗北の歴史って、ものすごく痛いんだ。それを受けとめられない弱虫くんのままじゃ、「国を守る」役に立つわけない。子供らに甘い夢に浸らせるような教育じゃいけない。 ...続きを見る
戦争を語るブログ
2007/05/21 01:58
文科省公認・洗脳ビデオ
出たー! 「文科省公認・皇国臣民少年少女・洗脳ビデオ」第1弾。 「修行するぞ、修行するぞ・・・」 国は日本青年会議所にDVDアニメ「誇り」っていう教材を作らせた。 これを公立学校で授業に使うよう、正式に予算も付いた。 sivaprodさんのブログ「デザイン夜話」(070519).. ...続きを見る
Saudadeな日々
2007/05/21 02:31
憲法九条、負の遺産なればこそ
「戦前の日本はつまり、イラクや北朝鮮もかくやの危ない国 だった。日本を十二歳の少年にたとえたマッカーサーにならえ ば、刃物をぶんまわして兇悪犯罪を犯した少年だった。そして 社会復帰にあたり『私は一生刃物を持ちません』と念書を書か されたのである。」 ↑の文.. ...続きを見る
サブカル雑食手帳
2007/05/22 01:29
中野区の空襲を語るつどい 2007.5.30
 主催者の「5.25中野区の空襲を語り継ぐ会」のチラシから、つどいの案内を紹介します。  アメリカ軍による東京大空襲として1945年3月10日がよく知られていますが、中野区の空襲被害は1945年5月25日・26日の空襲が最大規模のものでした。今もイラク戦争等で無防備な非.. ...続きを見る
業務日誌
2007/05/27 15:57
青年会議所という仮名の「飲酒淫行団体」に教育語る資格なし
あのボンボン集団、日本青年会議所が「戦前は正しかった」と反動DVDを作成。 俺が昔、青年会議所のメンバーだったことは以前書いたが、 http://anarchist.seesaa.net/article/11416032.html 俺がメンバーだったころは、「地球市民」を謳い、環境問題を訴えていた。 それ.. ...続きを見る
反米嫌日戦線「狼」(醜敵殲滅)
2007/06/02 11:25
「洗脳DVD」が観られる(^_^)
日本青年会議所は、会員にメールマガジンを配信しているらしい。最新のメールマガジン(12 ...続きを見る
土佐高知の雑記帳
2007/06/14 14:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
拙ブログをご紹介いただきありがとうございます。

もうシュール過ぎて笑うことしか出来ません。
「美しい国」派の方々のビジョンって、彼らが罵る中国や北朝鮮とどこが違うのかさっぱり判りません。
辺野古で起きていることと天安門事件や光州事件が同じであることを一人でも多くの人に気が付いて欲しいですね。
SIVA
2007/05/19 07:24
>一人でも多くの人に気が付いて欲しいですね。

これにつきます。
でも、資金も宣伝力もあるのが、国ですから、、、。

DVDは、洗脳マシーンとなって、戦争ロボットを大量生産するつもりなのでしょう。国民を物と思っている国にこそ、できることですね。
非戦
2007/05/19 10:19
SIVA様、目覚ましエントリーをありがとうございました。
シュールすぎてムンクの叫びのなかにいる気分です。
それにしても辺野古の事実は知らない人が多すぎるような気がします。マスコミが口を封鎖されているせいでしょう。
ワタシの地元でもある愛知の篭城事件を生で実況しているのをみてイライラしてました。


非戦さん、辺野古もこのDVDも良識とか常識とか表向きとか本音とかいう世界じゃない気がします。
久間といいアベ壷といい、自分たちに考えがなく適当にやっていることを明言して憚らない。というか、如何にいい馬鹿やってるか気づいていない。死ななきゃ直らないとは言いたくないのですが……、思えて仕方ありません。
dr.stonefly
2007/05/19 16:41
dr.stoneflyさん、こちらのブログにコメントをお送りするのは初めてかと思います(TBが届きませんがわたしのほうの要因のようにも思います)。

DVDの内容を今年のはじめに知り、正直呆れておりました。皆様のエントリーなどから文科省に採用されていることに大変驚いて調べてみたら、「新教育システム開発プログラム」の選定に日本青年会議所の会頭を筆頭にそちらサイドの方がたが名を連ねていることを知りました。

http://ameblo.jp/garbanzo04/entry-10034122162.html
内容だけでなく、プロセス(手続き)にも問題があります。そしてそのプロセスの問題我田引水という生易しいものでないことは明らかです。
Rolling Bean
2007/05/20 13:37
Rolling Beanさん、ワタシも既に「はじめまして」かどうか解りません。一時期スパムTBが多かったこともあり、現在は中途半端なTB規制がかけてあります。迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
しかし、メンバーは酷いものですね。
今のアベ壷が集めた憲法なんちゃら委員会とかいうのも、ウヨ一色のようだし、結局こいつら己のやってること、言ってることに自信がないことを、宣言しているようなもの。
しかし、それでことが進められてはたまったものではありません。
dr.stonefly
2007/05/21 05:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
「文部省採用の靖国DVD」…ハードでもソフトでも 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる