「高橋哲哉は冷静に激怒する」(2)……洗脳装置の再始動

 理論武装されていないピーターパンは「ブログを捨てきれずに街にでた」。その出た先が「2.11愛知県民のつどい」である(爆)。今年の集会は高橋哲哉の講演が用意されていて、そこで昨年の11月以来ひさびさに高橋哲哉と再会することなる。もちろん面識は一方通行で高橋哲哉にとっては再会とは言わないのだろう。
 高橋哲哉は相変わらず「冷静に激怒」していたが、ピーターパンの方がダウナー気味で、前回のように毒によって、はじけることはない。期待されていた方、申し訳ない。

 高橋哲哉の講演のほうは今回も実に内容が深く、いつものように要約してギャグを織り交ぜ紹介したいのだが、まったく力がでない。dr.スランプである。ということで、取り敢えず講演会での資料の一枚を紹介しよう。これは前回の講演会でも配布された資料で、高橋哲哉も相当お気に入り?なのかもしれない。主婦之友(昭和十四年 六月號)の巻頭言である。

画像


■以下引用■
最も大きな愛
 靖国神社の英霊となつて、天皇陛下の御拜を辱うするほど、日本國民としての栄誉があらうか。これといふのも、愛する祖国のために命を捧げて尽したお陰である。─愛するもののために命を捨てるほど大きな愛はない─ほんとうに人間としてこれほど尊い愛の行為があるだらうか。
 命を惜しまず尽すことは、祖国の急に赴く場合ばかりでないない。愛する家庭のためにも、愛する肉親のためにも、愛する友のためにも、命を捨て、尽さねばならぬ場合は必ずあるべき筈である。
 さういふ場合に、喜んで命を捨てて惜しまぬ人となりたいものである。大きい責任のために命を捨て得る人こそ、命の完うし得る人である。大きい義務のために死に就き得る人こそ、永遠に生き得る人である。
 靖国神社の神事は、人として永久に生きる道を、教ふるものである。(記者)
■引用終わり■


 これは、「主婦の友という一雑誌の巻頭言で一記者が書いたものに過ぎない」とは言えないのではないか。国家によって繰り広げられた侵略戦争を行うためのキャンペーンで、雑誌さえも利用し(これを書いた記者は本気だっただろう)、天皇とお国のために死ぬのは名誉であり、靖国を道具として「英霊になることが永遠の命を得るのだ」という洗脳をしている。当時はこの誤りを止めれなかった時代であり、その後、敗戦により一応「反省」することになる。もちろん未だに反省しない奴もいるのだが。
 この「最も大きな愛」という過去の記事が、ワタシには前のエントリーのSさんの今の言葉と行動に重なってしまうのだ。また今のニポンの空気がこの巻頭言と重なって感じてしまうのである。
 前のエントリーでコメントを貰ったように、Sさんは素直なのかもしれない。また確かに「いろいろな考えの人がいていい」と思う。しかし、本当にSさん自身の思索した結果なのだろうか? こういう言い方をすると「ではあなたは、誰か、何か、の影響を受けずに思索できるのか?」と言われそうだが、国家(権力)のキャンペーンに乗せられ洗脳されている人がいてもいい、とはワタシには言えない。また「いろいろな考えの人がいていい」とは思うが、Sさんが多数になったとき戦争をしようとしている権力を止めることはできずに歴史は繰り返される。あまりに愚かしいとは言えないのだろうか。もちろん責めるべきは当時の民衆やSさんではなく、国家権力であるのだろうが………。

 高橋哲哉は「主婦之友」は資料の宝庫であると言い、別の記事も資料として配布された。「主婦之友 1944年1月号:軍国の母を訪ねて」という記事である。

■以下引用■
 長男は戦死す、と悲報が到達したのは、開戦間もない昭和12年の初秋であつた。
 「丁度、川向こうの桑畑で、葉っぱ摘んぢよる最中でした。役場の人に知らされて、ああさよですか、すぐ帰宅にますけん…と答えたまま…桑の茂みにへたりこんだきり、日暮れまでじっと空を睨んじょりましたつけ……」
 次いで同年の10月には、次男が、これまた壮絶の戦死。
 「むごいことよの、悲しいことよの…と、その時分はまだ、こっちの性根も充分に定まらず、時折めそめそ考えたりしちょりましたが、しんそこから、わが子でかしたと思うたのは、2人の合祀祭りに、靖国神社へ参らせて頂いたときからでございます。勿体なくも恐れ多くも、天皇陛下さまがあの社頭に御親杯あそばさらるる御姿を伏しをがんだ時、うちらみたいな百姓の、賎しい山家の子供らが、たとへ70、80まで生きたにせよ。病気なんどで死んでみい、山の狸も泣くもんか。──それじゃのに、お国のために死んでくれたばっかりに、陛下さままでが御詣りあそばしてくださるのじゃ、嬉しいことよ、有難いことよと、電気にうたれたように悟らせて頂いたのでございました。それからというもの、辛い気分は根っから失せて、子供は永久に生きているのじゃと、晴れ晴れしてしまうたのでございます。
■引用終わり■


 じっと空を眺めていたり、めそめそ考えていた息子の戦死が「お国のためで喜ばしいことと」天皇と靖国を装置として、電気にうたれたように洗脳されていく、こう思わさせられていくことが、まさにむごいことよの、悲しいことよの、である。どこかこの軍国の母の陰にSさんが見え隠れする。

 今、悔しいかな教育基本法は捏造され、愛国教育が強要されようとしている。軍は省に格上げされ、海外派兵を可能とする。永らく出なかった「靖国国営化」論が再浮上し、国家管理によって洗脳装置を強化しようと言い出す政治家がいる。議論などいらぬと国民投票法案がごり押しされ、憲法が変えられようとしている。ただただ戦争ができる国めざしている。

 高橋哲哉は言う。アメリカの国益のための侵略戦争に追従して戦争をするニポンが見える、と。

冗談じゃない!!  ワタシは言うぞ!!!


「高橋哲哉は冷静に激怒する」(1)……この糞ガキゃ、ワシらの労作を!! byナンバラ
「高橋哲哉は冷静に激怒する」(2)……洗脳装置の再始動
「高橋哲哉は冷静に激怒する」(3)…こら、戦争を感じとったらんかい!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ごん
2007年02月14日 05:14
dr.stoneflyさま
おはようございます。これはピーターパンの出る幕じゃないですね。こちらの星の王子もへたりこんでいます。

♪ニューヨークから流れてきた
淋し気なエンジェル
今夜も愛をさがして

心の隙間を埋めるものを探し続けてどこへ行くのでしょうか。今の日本は。アメリカに郷愁を感じるんですかね。アメリカンドリームなんてものでなく、かつての軍国主義の。
非戦
2007年02月14日 10:08
dr.stoneflyさん、
dr.stoneflyさんが、私と感性が似ているのではないか、と嬉しい事を書いてくださいましたが、私もそう思っていましたよ。(笑)
私も、今回、dr.stoneflyさんが紹介してくださった2つの記事を、去年、高橋氏の岐阜講演でもらって何度も何度も読み返し、大切に保存しています。戦争中の考え方が本当によくわかる記事です。
高橋さん、ほかのページも今度持ってきてくれないかな~。
私もSさんの考え方に危険なにおいを感じたのは、
自分では正しいことを、国や家族のためと思ってやっていることでも、実は、すでにSさんは国家主義的思想に洗脳されていることに気が付いておられない、自分の意思で国を守っていると思っておられる
、それがどんな結果をもたらすか、ということです。「愛国心」が国にうまく利用されてしまう恐ろしさです。
アキラ
2007年02月14日 17:55
すみません、コメントが遅れました。
あちらでのdr.stoneflyさんのコメント、
「誤解なきよう、言っときますがワタシだって殺されるまえに取り敢えず逃げますよ(笑)。ただたとえ防衛でも相手を殺してまで生きていたいのだろうか?、と考えてしまうわけですね。」
というようなことを、わたしもずっと考えたりしていたんです。
その延長線上で、日本人の潜在感性とか天皇制問題とか気になってしょうがなくなったということがあるものですから、dr.stoneflyさんの思ってらっしゃる感じは多分いくらか理解できているつもりでいます。

結局のところ(例えばSさんを)何がそうさせるのか、そこを浮き彫りにしなければならないんじゃないかと思っている今日この頃です。
太郎
2007年02月14日 22:49
自己の生命の危機に戦わずに身を捧げるという
理屈は私は理解出来ないです…
近代の戦争は国家の総力戦でしたから戦時体制下の非常事態に戦争遂行を最優先し全てを利用するのは当然ですし別に日本だけではないはずです。で、その平常ではない異常事態時代の雑誌をみて、この時代の日本人は大変だったんだな…戦争とは惨い物だな。と、しか私には言えないですね。
dr.stonefly
2007年02月14日 23:54
ごんさん、本土の人間より沖縄の方がずっと戦争の予感を感じるのではないでしょうか? 平良夏芽が言っていた「生まれ故郷が人殺しのための基地になることは、どうしても許せない」という言葉を思い出しやるせない気持ちに沈んでいます。


非戦さん、今回は高橋哲哉の講演会のエントリーをもう少しつづけたいと思います。2.11集会は500の席が満席でした。ただ何故だか若い人の姿が少ない。一番コントロールされやすい年齢層が極端に少ないのがなにかを物語ってますね。

dr.stonefly
2007年02月14日 23:55
アキラさん、何度も言いますがTB感謝です。それとどうかコメントの遅い早いなど気にしないでくださいね。「空気」の1と2もじっくりと拝読させていただきます。それから本を買うかどうか決めたいと思います。
>延長線上 の話なんですが、ワタシは>日本人の潜在感性 ではなく「人間とは」とか「生とは」「死とは」ということを考えていました。特に「善いとは?」ということにひっかかり考えてました。出た答えが「逃げる」ということでお笑いなんですが……。Sさんに何がそうさせる、というのは一つの答えになりそうですね。是非知りたいとこです。
dr.stonefly
2007年02月14日 23:56
太郎さん、今回太郎さんにコメントを頂き本当に感謝してます。思索のきっかけを頂いた。その前に、えっと、生命の危機には、身を捧げるのではなくとりあえず逃げるんですが……(笑)。アキラさんへのコメントで書いたのですが、ワタシにとっては「防衛でも相手を殺して生きていたいだろうか」というのが出発点ですが、万人に強要するものではありません。孤高なおバカかもしれません。また実際にその場に立ったときを想像し、自分に自信がなく言い聞かせているのかもしれません。
表面的には感性の相違があっても、太郎さんと「軍事力なしが素晴らしい」という点で一致をみました。また、「戦争とは惨い物」と感じる点も一緒です。これがワタシにはこの上もなく嬉しかった。本当です。最初頂いたコメントでは滅茶苦茶凹んでいたのですから。
dr.stonefly
2007年02月14日 23:56
>近代の戦争は国家の総力戦でしたから戦時体制下の非常事態に戦争遂行を最優先し全てを利用するのは当然ですし別に日本だけではない
現実でしょう。ワタシが「国家」やらが嫌いな理由でもあります。
現実をみずに「イマジン」を真剣に想像しているバカもいるってことで、許容してやってください。今後ともよろしくお願いいたします。
ごん
2007年02月15日 05:59
dr.stoneflyさま
戦時ですよ、沖縄は。沸騰した海兵隊がこれからどこへ行くのか。行かされるのか。そこは、もしかしたら地獄のようなところかもしれない。そんな空気に包まれています。間違った選択だったことは誰の目にも明らかなのに、そこに派遣される兵士たちの気持ちはどんなものなのでしょう。ベトナムともまた違う。そんな気がします。きっと何年か後にアメリカは彼らのレクイエムを歌い始めるのでしょう。いつものように。
ごん
2007年02月15日 06:01
日本がさせられようとしているのはアメリカの若者を異常事態の中に追い立てる後押しと、そして日本の若者をそこに放り込む準備です。異常事態を創出して軍を維持し、莫大な戦費を要求する。そんなアメリカに取り憑いている悪魔の片棒を担ぐことです。アメリカは今必死で祓おうとしている。いったんは成功するでしょう。お祓い。次ですね。我々がここで勝利しなければ、そして勝ち続けなければ、日本人もそこへ行くことになります。捨てるべきは憲法なですか。それともアメリカが根絶させたいと願っている身中の虫ですか。日本国民はそこを問われているのだと思います。
dr.stonefly
2007年02月15日 18:29
ごんさん、どうも「本土」にいるワタシはリアリティに欠けているようです。全てを沖縄に押しつけ、本土には危機感を持たさず「ことを進める」というのでしょうか。なんやかんや言いながら、ヤツラの策略にまんまと嵌まっているのかもしれません。
TB頂いたの記事には背中が寒くなりました。それなのに真のリアリティが持てない。ワタシ自身の意識改革が必要かもしれません。見せかけの平和などいらない!! ごんさん、沖縄の空気をどんどん発信してください。よろしくお願いします。
ところで、「本土」という表記は拙いのでしょうか? ワタシ自身は自虐の意味を込めているのですが……。
ごん
2007年02月15日 21:23
dr.stoneflyさま
ここでの私のコメントやトラックバックする記事にstoneflyさまへの批判的な意図はありません。そのような印象をお持ちでしたらこちらの拙さによるものです。むしろ、沖縄の空気こそ緩かったりするのですよ、私自身も含めて。だから記事を書きながら、これは異常事態だぞというふうに確認しながらやっています。「主婦の友」記事の方が余程恐ろしく見えるのですよ私には。どこか現実を察知する能力が弱っているのかもしれません。それで書いている部分があります。自身に知らしめるために。
「本土」という言葉は私にとってはプレーンなものです。「ナイチャー」とか「ヤマトゥー」というのには嫌味が含まれるような気がしますが、私は滅多に使いません。あくまでも私の場合ですが。
そまん
2007年02月15日 22:36
「アメリカの国益のための侵略戦争に追従
して、戦争するニホン」
勿論それもとんでもない話しで、許されるこ
とではないですが。
私が真に恐れているのは、その「宗主国」
にさえも反抗して、現在の韓半島北部の
「国」のように世界から孤立して、自暴自棄になって世界中を敵に回して、自滅していく
・・ニホンという国の体質から言って、そう
いう最悪の状況も考えられるわけです。
そうなれば、食料もエネルギーもほとんどを
国外に依存しているこの国は、ひとたまりも
ありません。国民の大多数は野垂れ死にして
いくしかないでしょう。
でも仮にそうなっても、皆さんが言及されて
いるように「洗脳」されて正常な思考も持て
なくなっていれば、「野垂れ死」にも喜びと
充実感を持つのでしょうかね。
ただそこまで行く前に、ニホンのみならず
この世界自体が滅びてしまう可能性も大いに
あります。
これ以上の事態の悪化を防ぐために、出来る
だけの努力も必要ですが、同時にこの世界が
滅びる時に備えて、個々人が今から準備を
始める必要も強く感じます。
太郎
2007年02月16日 00:05
先の沖縄知事選挙では「基地のない平和な沖縄」を目指して野党五党による推薦・連携応援が行われてもなお糸数慶子氏は当選できませんでした。とにもかくにも「平和主義陣営」も、理想論だけでなく、もっと現実をみてもちっと現実に対応できるようにして頂きたい物です。
沖縄でのPAC-3の配備反対にはあきれて物が言えませんでした。
太郎
2007年02月16日 00:06
確かにアメリカはジャイアンですね…
逆説的ですが日本には日本を守るだけの自前の武力がない。だからアメリカに追従する選択しか出来ないとも取れます。
日本国憲法発布後60年、日本は平和な時間を過ごして来ましたが隣国中国ではどうだったでしょうか?旧ソ連は崩壊し一旦は西側と同じ価値観を共有するかと思われましたが現在のロシアはどうでしょうか?核をちらつかせ脅しをかける北朝鮮は…
声高にアメリカを非難するのも犬の用に付き従う日本政府を非難するのもよいとは思います。
しかし日本の平和を維持し守り続けるのにどのような選択がベストでしょうか?
今、極東アジアの平和は微妙なバランスの上に何とか保たれているのではないでしょうか?
日本国憲法の理念は素晴らしいがですが発布運用されて60年、何故世界に広がらないんでしょうか?
太郎
2007年02月16日 00:07
そまんさんのおっしゃるとおり「孤立」が一番恐ろしいです。
そして、この極東アジアで自由と民主主義という同じ価値観を共有し
信頼のできる同盟国は残念ながらアメリカしかない…ここが悲しい所ですね。
太郎
2007年02月16日 00:19
しかし最近は…
大国の経済優先による地球規模の環境破壊を発端にした争いが一番怖かったりします。
エコしましょう(笑
ごん
2007年02月16日 00:46
>沖縄でのPAC-3の配備反対にはあきれて物が言えませんでした。

なんでこんな言い方ができるのかがわからないなあ。本当にそう思うの。現実路線をうたうならまずは、「こうこうこうだからお願いしますよ」っていう言い方になると思うのですが。
あきれて物が言えないですか。すごいですね。ありがとう。あなたの言葉を聞かなくてすみました。その姿勢を貫いてください。これからもずっと。
太郎
2007年02月16日 01:06
しかしPAC-3は弾道ミサイルを迎撃するためのシステムですよ?
コレ迎撃できなければ日本国民が何万人も死ぬことになるわけで…
しかし振り返って文章見ると
居高な書き方でした
それは申し訳ないです。

ごん
2007年02月16日 07:02
太郎さま

>居高な書き方でした

そこじゃないです。私が言っているのは。「国家に取り憑く身中の虫を祓おうとしているアメリカ」から「ジャイアン」って言うのがわからないんです。そのつながりが。そのアメリカに取り憑いている悪魔が、いよいよ日本に矛先を向けてきたわけです。「60年も待ってるよん。そろそろねんごろになりましょ」って。その吸血鬼のやり口は自国の比ではありません。イラクやベトナムをあげるまでもない。何を燃料に何を搭載しているのかわからない最新鋭の戦闘機の試験運用。劣化ウラン弾をはじめとする重火器の貯蔵庫。県民のダムに使用済みの兵器を棄てる。民間と隣り合わせの基地。アメリカ本国どころか、世界中のどの地域でも考えられない、平時における沖縄の現状です。毎年たくさんの自殺者を出すこの沖縄で。レクイエムを奏でてくれるものなどいません。
ごん
2007年02月16日 07:02
 ここで日本が身体を預けたら、骨までしゃぶり尽くされます。ジャイアンなものですか。そもそも誰もそんな話などしていない。アメリカの病巣の話をしているのに。ジャイアンに守ってもらうしかないって。大丈夫ですか。むしろジャイアンを守ってやれよ、病気なんだから。憲法を紹介して。これは効きますよ、あんたらが10年おきに戦争やってる間に日本はものすごい発展を遂げましたよ。
dr.stonefly
2007年02月16日 17:24
ごんさん、沖縄の空気ありがとうございます。 ごんさんのコメントが批判的だなんて全然思ってませんよ。むしろ自己を省みる機会を与えてくれて感謝しているくらいです。


そまんさん、なんとなくありそうなシナリオですね。依怙地になってやせ我慢して飢え死にするまえに「死に際がうつくしいのが武士道よ」なんて美しきニポンの伝統ってやつですか? ああ、危機はニポンだけの話じゃないんですね。確かに人類滅亡もそれほど遠くないかも。


太郎さんは、多分大多数の典型的なニポン人の代表なんですよね。正直にいってワタシとは相容れそうもない。でも、ワタシにアンチの思索を与えてくれる。それ以上にワタシのなかにあるかもしれない太郎さんを認識させてくれる。感謝です。すこしの間エントリーに登場してもらうかもしれませんが、了承してください。

この記事へのトラックバック

  • 山本七平氏の『「空気」の研究』 その3

    Excerpt: 『この臨在感的把握の絶対化に基づく対象による被支配が、もっとも明確に出てくるのが、「死の臨在による」支配なのである。 帝国陸軍の絶対的支配の基本がこれであったことは『一下級将校の見た帝国陸軍』(朝日.. Weblog: 光るナス racked: 2007-02-14 08:57
  • 天からのアイスクリーム

    Excerpt: 第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。 第30条 国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。 まず、我々が人間であることの意味を問うてみよう 通説に 象は自ら死地に赴くとい.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2007-02-14 18:17
  • 振込み手数料をゼロに!

    Excerpt: インターネットを通じて人間関係が広がるとともに、小額(数百円??数万円程度)のおカネをやりとりする機会が増えました。 佐藤優支援会にカンパ。 戸倉多香子さんに政治献金(まだしていませんが.. Weblog: 喜八ログ racked: 2007-02-14 20:13
  • 所得税消費税を30%に!教育費医療費をタダに!!

    Excerpt: 住んだことはもちろん、行ったこともありませんが。 伝え聞くところによると、北欧の国々は、所得税も消費税も30% なんだそうな。その代わり、教育費も医療費もタダなんだそうな。 何でも、彼の国々では.. Weblog: BLOG BLUES racked: 2007-02-14 21:54
  • 麗しき隣人愛

    Excerpt: 「米兵、村の抗議後 県民に銃口」 QAB琉球朝日放送 報道を見ただけでは何のことかよくわかりませんが… ええ、いちいち驚きませんよ どんなデタラメが起こっても不思議はないので この沖縄では でも これ.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2007-02-15 06:06
  • 天木直人氏は「左」か?

    Excerpt: それは違うでしょう。って、いきなり結論ですが(笑)。 少なくとも、私(喜八)から見た天木直人(あまき・なおと)元レバノン大使は「左」ではありません。伝統保守の立場から政権批判・米国追従批判を.. Weblog: 喜八ログ racked: 2007-02-15 12:52
  • 学びほぐす(unlearn)・教え返す(unteach)

    Excerpt:  長々と「マグロ消費と環境」について書いてきた。この中で最も大きな収穫はコメント交流であった。また、コメントによる実体験をわが物として次の記事への導入とさせて頂いた。このことが結局、長い連載となり読み.. Weblog: 関係性 racked: 2007-02-15 15:47
  • 多数の国民が反対する法案の通し方(政府与党・自公政権に捧ぐ)

    Excerpt: 改憲手続加速法(いわゆる「国民投票法」)を5月3日の憲法記念日までに与党の単独採決ででも成立させたいと自民党の二階俊博国会対策委員長が語ったと報道されました。 障害者の生活を追い詰める「障害者自.. Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室 racked: 2007-02-15 17:43
  • 預金に利息が付く不思議:近代的預金と「信用創造」 2

    Excerpt: ● 預金に利息が付く不思議 預金しているのだから利息が付くのは当たり前だと考えるのは、近代人の証拠である。 文字通りを考えればわかるように、金を預けるのだから、コインロッカーに物を預けるときに通貨.. Weblog: 晴耕雨読 racked: 2007-02-15 22:45