「嘘つき狐議員たち」…とにかく資質を見破れ!!

 昔、む~かし、この地方には「末広まきこ」という狐がおったとさ。
 この狐、ずいぶん人を騙すのがうまくてのぉ、あんときは「愛知万博ハンターイ」と叫んで村人を騙したんだ。
 1995年のある日、狐は「オラ都へ行ってよぉ、万博を止めるよう言ってくるからよぉ、みんな協力してくれ」と言いだした。
 そんじゃあ、ってことで、村人は力を合わせ、狐をたてて都へ担ぎ出したんだ。担ぎ出した衆は「オラ達の分まで頼むぞ~!! こっちも頑張るからなぁ!!」って応援して送りだしたんだ。
 それから3年ほどたったある日のことだ。どうやら都のほうから妙な噂が聞こえてくる。
 なんでも、末広狐が「やっぱ、万博には反対の反対だぎゃ、オラ自民に鞍替えするがや、万博バンザーイ!!」って赤いベロさ出してるってことだ。村人は驚いたのなんのって、みんな狐につままれた顔して、カンカンに怒ったんだ。
 「なんだ、あの嘘つき狐は!! すぐ辞めさせるだ!! あのタワケを辞めさせるんだぎゃ!!」
 すると、耳をたてて古里からの声を聞いていた末広狐はいったとさ。
 「オラ、公約違反はしてないべ、自然との共生を実現したし、海上の森(会場予定地)も残したんぎゃ。でゃーてゃぁー、都に出てきたのもの、オラ誰の力も借りてないがや。一人の力で出てきたんだでよぉ」
 そんな狐の言葉をきき、村の衆もさぞかし怒ったさ。
 「一体どこが自然と共生だ。しかも万博反対の理由はそれだけじゃない。結局、あの狐はことの本質が分かってないんだがや。しかも一人で都へ出ただとぉ!! たいがいにせんといかんでよ!! ターケが!!」と怒鳴ったが後の祭り、狐はちゃっかり6年ものあいだ都で暮らしたんだ。
 村の衆も「本質の見えなく、資質のない狐を担ぎ出した」ことに反省しきりだったとさ。

 えっ、その後、狐はどうなったかって?
 そうさな、最後に見かけたのはいつじゃったかなぁ。2001年の参議院選のときかもしれぬのぉ。
 みちの端にポツリとたって、ニコニコ笑いながら、「末広まきこをお願いします」と叫んでおったとさ。
 行き交う村人に「嘘つき!! カス!! ターケ!! なに息しとんじゃ!! 声出すな、息止めろ!! 鬱陶しいんじゃ!! 村から出てゆけ!!」と罵倒され、空き缶を投げられ、唾を吐きかけられても、
 「ありがとうございます」「よろしくお願いします」「末広まきこをお願いします」と笑顔でお辞儀をしていたそうな。そんでな、結局一人の力どころか、コイズミって張り子の虎の威を借る狐になっても、もう都へ出ることは出来なかったそうな。
 ちなみに狐の広告板にある「長所・短所」は、
 直球一本勝負。変化球は投げられません。なそうな(笑)。

 そんなことがあっても、いまだに都にはいろんな狐や狸が現れての、その度にいいわけを言いよる。
 「郵政民営化そのものに反対だったわけじゃありません」なんてなぁ。

 てなことを語り継いでいると、今、まさに「東京中野区」に狐がいるって話をきいた。
 どうやら「佐藤ひろこ」という議員ということだ。

 (残念ながら現在進行中の事項なので、「昔話」はここで終わり)

 もともと拙ブログにTBを頂いたので、「業務日誌」(しいの木法律法律事務所)へ訪問したことから始まる。そこで記事より先に目についてしまったのがリンクしてある「中野区保育争議団」である。
 いいですか、「争議団」ですよ。争議団。争議団といえば「山谷争議団」しか浮かばないワタシにとっては、超強烈!! しかも「保育」ときている。このインパクトのあるネーミングにぶっ飛んだワタシは、「業務日誌」さんの記事も読まずに飛んでしまったのだ(業務日誌さん、ごめん)。
 で、この保育争議団の記事は「保育園民営化による非常勤保育士の全員解雇、撤回闘争」で裁判闘争をしているという記事。
 これは保育園民営化を考える上で非常に重要な記事なので是非読んでみてくださいね。
 →「はじめての高裁」

 で、この裁判闘争を担当されている業務日誌さんに戻りコメントを残したわけです。
 すると拙ブログにコメントを頂きました。

 
◇以下コメントより
中野区では、一部の「市民派」議員が「官から民へのワークシェアリングを推進する」(?)と言って、行革担当課長としてリストラをすすめていた区役所職員を区長選挙に担ぎ出し、非常勤保育士全員の解雇を伴う区立保育園の民間委託等が起きました。かつて革新陣営に居たはずの人が「新自由主義とたたかう」と言いながら、地方自治体レベルでの新自由主義的な政策とイデオロギーの宣伝役を買って出ているのです。 このような誤った潮流が、今年の参議院選挙の頃までには、克服できるといいのですが。

 「克服」というのは、誤りを認めさせるか、誤りを認めなければ選挙で落とすか、といった意味ですが、今のところ中野区の「市民派」(佐藤ひろこさん)は誤りを認めなさそうなのが残念です。

佐藤さんは革新区政だった頃からの中野区議で、無所属議員の「虹とみどり」のネットワークにも長くかかわっているので、全国でも名が知られています。 佐藤さんの政治的スタンスは、かつて「構造改革派」と評価されていた共産主義労働者党(全国協議会)・機関紙名『統一』→「自治・連帯・エコロジーをめざす政治グループ蒼生」・機関紙名『グローカル』(1996年から)の組織メンバーかそれにかなり近い立場ではないかと思います。但し、本人に聞いてみたことはありません。 グローカルのホームページから『グローカル』とは↓ http://www2s.biglobe.ne.jp/~mmr/glocal/what's/f1.htm#kyorou

ここまで、コメント



 ワタシにとって「佐藤ひろこ」という人は、初めて聞く名前で、現在に至るまでのリアリティがないのだが、佐藤ひろこのHPにとび非常に許し難い記事を目にした。「保育園の民間委託を考える」である。
 ほんとは細かくツッコミたいのだが、このエントリーの主旨からはずれるので、約5万2400字分を泣く泣く省略する。しかーし、今、保育園民営化で闘っている人が読めば、この「本質が見えてない、または本質を隠して民営化を押し進めようとする」ハッタリ議員のあまりにも稚拙でお粗末な言説が、手にとるように分かるだろう。
 この子ども切捨ての、新自由主義のショッカーとして働いている議員が、革新系、市民派に推されて議員になっていたのなら、末広狐と同類の詐欺議員である。


 ただ、末広狐にしても、この狐にしても選んだのは選挙民なのだ。しかもマスコミに乗せられてコイズミやアパ壷を支持する無意識の悪人幇助ではなく、一程、意識をもった選挙民だと思う。
 選挙とは、本当に難しいものだと感じる。騙されたと分かっても狐が何かを進めてしまえばそれ迄なのだ。
 これから重要な選挙を迎えるにあたって、もう一度、人(政党)を見る目を養わなければならないのかもしれない。




画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

siinoki-law
2006年12月19日 21:00
業務日誌の記事から議論が発展してうれしいです。佐藤ひろこさん的な政治的見解を持つ人が革新の立場に戻ってくれることを強く期待したいです。
非戦
2006年12月19日 22:00
末広狐さんのことは、よく覚えていますよ。
郵政民営化うそぱっち選挙から今回の復党騒ぎにかけても、たくさんの狐や狸が発生しましたね。佐藤ひろこさんのことは、初めて聞きました。
2006年12月19日 23:06
お邪魔します。
末広まきこは関西にいた芸人だったと記憶しています。狐を移出して、えらいすんまへん。
情けないですね。
 保育所と幼稚園を一体化してさらに民営化する:その狙いは、国による幼児教育??
一部末広が広末になってますよ。広末涼子もお嫌いですか。
dr.stonefly
2006年12月20日 11:52
siinoki-lawさん、遅れましてすみません。
佐藤ひろこのHPなんかを読んでいると、勉強不足のうえに意志の貧弱さを感じずにいられません。あまりよく知らない人なのでなんとも言えませんが、言い聞かせれば「革新」に戻るかもしれませんね。ただ、こういう人が政治家であることの是非は別ですが……。
dr.stonefly
2006年12月20日 11:55
非戦さん、こんにちは。
知らないだけで、地方議員にも狐、狸がうようよいるようですね。12/22狂気法施行、ほんとうに気を締めていかなければならないです。
dr.stonefly
2006年12月20日 12:02
飯大蔵さん、こんにちは。
幼保一元化、総合園化し、民間へ売り飛ばすことは、公権力でもって幼児時から洗脳とは矛盾するかもしれません。どちらかというと、切捨てでしょう。しかし、逆に民間ゆえに幼児から「教育勅語」を教えても手を出せないという部分もありますね。
広末、またやってしまった。直しました。しかし、広末涼子もどこへいったんでしょうねぇ。
siinoki-law
2006年12月29日 15:15
 佐藤ひろこさんのHPに意志の貧弱さを感じると書かれていたので私も少し読んでみました。意志の貧弱さというよりも、自分を支持しない者に対する批判の陰湿さを感じました。
 たとえば、格差社会のことを議会で質問したと触れながら、そのことはまったくHPにはかかれていなくて、共産党の予算組み替え動議の住宅リフォームや卒業アルバム代の補助などが「バラマキだ」という野党批判が妙に詳しい。11月議会での区長の医療費無料化の表明に触れて、自分の賛否表明は避けつつ、「経費を保育園民営化で生み出す」という区の説明だけを強調するとか。
 これには、佐藤ひろこさんの支持者が共産党などの批判を歓迎するといった事情もあるのかもしれませんね。
 障害者自立支援法の問題や憲法改悪反対など、国政レベルの課題では、いくつか一致できる主張もありますが、ホームページがあるのに教育基本法や雇用政策についてまったくコメントできない政治家が、今の情勢のもとで、本当に憲法を守り、障害者自立支援法を見直す運動を広げていくようなことはできないだろうと思います。
 「こういう人が政治家であることの是非は別」というコメントに同感です。
dr.stonefly
2006年12月31日 01:33
siinoki-lawさん、コメントありがとうございます。
いずれにしても、全ての問題において、選ぶ市民がいて、市民が分かっているかどうかが大きな問題になりそうですね。
ワタシも微力ですが、ブログで訴えていきたいと思ってます。
新自由主義と保育園民営化の本質もしかり。またエントリーしたいと考えてます。
今後共よろしくお願いします。
siinoki-law
2010年04月30日 10:37
お久しぶりです。トラックバックありがとうございました。中野区長選挙では、反現職の統一候補はなりませんでしたが、それぞれが競い合って、1人でも多くの区民に投票所に足を運んでもらい、超低投票率を克服することを期待したいです。
dr.stonefly
2010年04月30日 11:59

siinoki-law様
お久しぶりです。TB・コメありがとうございます。
なかなか、最新情報を網羅できないでいるなかTBを頂けるとありがたいです。

この記事へのトラックバック

  • 「国民経済主義」について

    Excerpt:  利潤のない世界が、必ずしも貧しい暮らしでも不幸な暮らしでもないと、あたしも思います。 「利潤のない世界」とは、生産性の上昇を促進する誘因がゼロになり、誰かが利潤を得れば、他の誰かがその分損を被る.. Weblog: 晴耕雨読 racked: 2006-12-19 19:31
  • 中野区ホームページへのしいの木法律事務所の広告掲載を中野区が拒否?(12月18日現在)

    Excerpt:  中野区は公式ホームページへのバナー広告の掲載を募集しています。  しいの木法律事務所は広告の掲載を申し込んでいますが、12月18日午前、広報課の担当職員から電話で、「しいの木法律事務所のホームページ.. Weblog: 業務日誌 racked: 2006-12-19 20:47
  • 公契約条例・公契約に対する民主的な規制とは(12月10日追記)

    Excerpt:  民営化推進の中野区やその他の地方自治体には、公契約に対する民主的な規制の視点が足りません。この問題は、民営化に賛成するか否かの立場を超えて必要な課題です。  「公契約条例」「公契約法」とは、自治体.. Weblog: 業務日誌 racked: 2006-12-19 20:48
  • 中野区保育争議で、労働委員会が和解による解決を労使双方に求める

    Excerpt:  今日は中野区保育争議の労働委員会での調査期日がありました。  森戸英幸公益委員は、中野区と組合の双方に対して、「労働委員会としては、この事件については、円満な解決の道を探るべきだと考えています」と.. Weblog: 業務日誌 racked: 2006-12-19 20:50
  • 国会閉会し、決意を新たに

    Excerpt: 心配していた「共謀罪」は審議入りせず継続になった。最低最悪の国会で唯一の救いだった。参院選や統一地方選を控えた来年の通常国会では、共謀罪法案の審議は困難との見方もあるそうだが、あくまでも継続扱いであっ.. Weblog: 競艇場から見た風景 racked: 2006-12-20 17:50
  • 東村山市議会で大規模開発の見直しを求める住民投票条例案が「市民自治」市議の反対で否決される

    Excerpt:  12月21日付けのしんぶん赤旗の首都圏欄の記事によると、東村山市議会に住民17000人以上の直接請求署名により提案された住民投票条例が可否同数のため議長採決となり、否決されました。住民投票条例は、総.. Weblog: 業務日誌 racked: 2006-12-21 20:51
  • 2010.5.23 中野区長選挙に大畑きぬ代さんが立候補表明

    Excerpt: 「にんげんのまち中野・みんなの会」(私も参加しています)は、5月23日投票の中野区長選挙に、大畑きぬ代さんを擁立することを発表しました。 (以下、東京新聞4月29日付東京版の報道) 大畑氏が出.. Weblog: 業務日誌 しいの木法律事務所 八坂玄功 racked: 2010-04-30 05:53