毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サピエンス全史」 on the desk

<<   作成日時 : 2017/02/24 11:29   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 13

 「ヤバイ」って言葉の意味の第一感が、危ない、危険って世代の人間なのだが、最近の若い衆は「カッコイイ」という意味で使うらしい。この本を読んでいると危ないという意味で「ヤバイ」と感じるのだが、かなりカッコイイとも感じるので笑えてくる。そうヤバイのだ。
 結局はなにもかもが、そも「人間」であることが「虚構」で「物語」である、と、ユヴァルにこれでもか、というほど言われるので、思わずニヒリズムに走りそうになるのだが、現実にはそれほど純でもないし自己があるわけでもない。おそらく、このまま暮らしていくのだろうし、見た目上たいして変わらぬ生活をしていくと思う。
 ただ、内面は、、、、たとえば、戯れ言としてあげてきたエントリーの数々は「虚構」であり「物語」を綴ってきたにすぎず、「物語」を信じることにおいて「正しい」だけで、もとを言えば「物語」なのだ。よくもまぁ、今まで唾を飛ばしながらイライラしながら、論戦をしてきたものだ。我ながら呆れる。
 そうだな、「憲法9条」は「物語」だし、それを否定する「国家」もまた「物語」・・・虚構なのだ。それぞれの「虚構」を「物語」に仕立てて「正しさ」論争をする。滑稽である。
 人権もまた「物語」で、堕胎が殺人であることは事実なのだが、その「正しい」「間違い」にムキになった自分が笑える。どちらもそれぞれが創りあげた「物語」で、ワタシはその片方の物語を信じていただけにすぎない。
 毎日テレビや新聞を賑わせる何もかもが「物語」をベースにジャッジしているにすぎず、すべては虚構なのだ。そう考えてみていると何もかもがアホくさくて嗤えてくる。すべての「物語」これすなわち「虚構」なのである。物語是即虚構。
 ほんと、「だって人間だもの」、、、が染み入る。
 仕方がないのだ。だってただの動物が「虚構」から「物語」を捏造りあげることで「人間」になったんだもの。「物語」の否定は、そのまま「人間」の否定であり、「人間」であるワタシがそれを否定するということは、自らを否定するということにほかならず、自らが存在しなければ「正しい」も「間違い」もない。
 つい、「物語」なしで存在しえない「人間」を否定したくなる。つまり、このヤバさなのだ。これを告発してしまう、危なさとカッコよさ。

 さてでは、どうしましょう? 解ってしまってアホらしいの自殺でもしますか?しませんよ。見た目上かわりなく生きていきます。「物語」を信じて踊る多数のなかで、というか「物語」であることも気づかない多数のなかで生きていきます。識ってしまったのだから、識ってしまったように穏やかに生きていきましょう。
 思えば、「この世界の・・・」のすずも「物語」に振り回されずに生きていたのかもしれない。響かなかったワタシだけが「物語」に縛られ、響いた多数の「人間」は実は感じていたのか、、、?とすると、アホはワタシだけだったのかw
 子どもの頃は捏造された「物語」に振り回されることなかったのに、いつのまにか「物語」を信じて、信念をもつ。それが「大人」つまり「人間」になるということなんだろうなぁ。信じた「正しさ」を身につけ人間世界を渡り歩く。しかたないかな、、、「だって人間だもの」、、、
 いや、識ってしまったのだから、識ったものとしての生き方がきっとあるはず。という「物語」をつくって生きていきましょう。・・だって人間だもの、笑

以下引用

人々が創作して語り合う物語の外に存在しているものは一つもない。宇宙には神は一人もおらず、人類の共通の創造のなか以外には、国民も、お金も、人権も、法律も、正義も存在しない。

難しいの物語を語ること自体ではなく、あらゆる人を納得さしせ、誰からも信じてもらうことだ。歴史の大半は…特定の物語を彼らに信じてもらうかという問題を軸に展開してきた。…この試みが成功すると、サピエンスは途方もない力を得る。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
やっとコメントできそう。 (^^)

人間というのは、「虚構」なしには成り立たないので、結局どういう「虚構」を共有するのか・・というだけの話なのだと思いますよ。

人間の「虚構」のスゴいところというか オソロシイところというか そういうところは、己の感覚すら この「虚構」に強く影響されてしまうということです。
その意味で、自分の感覚って、あんまりアテにならないんですよね。

僕は自分の感覚を、あんまり信用していないんです。 (^_^;)
だから とりあえず「保留にする」わけですが♪
アキラ
2017/02/24 12:46
>やっとコメントできそう

がはははは、ごめんごめん。
やっとのコメントありがとう。
まぁ、なんちゅうか、あれですわ。やっと解りました。
解らないと、ホント
>感覚すら「虚構」に強く影響されてしまい
ますね。
まあ、アタマで解っても影響されないということは困難でしょうが。
でも、解った今はけっこう心安らかです。
モヤモヤの正体みたり物語、といった感じです。

さてさて、どういう「虚構」→「物語」を共有しましょうねぇ?
どんな「物語」であっても「虚構」であるということは、常に忘れずにいたいと思います。
とうぶんはアレもコレも物語なんだなぁ、という不思議な感覚を楽しみます。
毒多
2017/02/24 13:36
ぼくは、すずとピダハンを同じに捉えているんですけどね。

それもまた

ぼくの「物語」

ではあるんですけど、
物語は全て不正解というわけではありませんしね。

まあ、正解不正解は関係ないか。
納得するかしないか。

愚慫
2017/02/24 14:40
愚慫さん

男女のヒエラルキーのあたりまで読み進めています。
かなり説得力があります。

すずとピダハンは「物語」に影響をうけない、という面で似ているとおもいます。(なぜピダハンに感銘して、すずにはなかったんだろう???????)

>ぼくの「物語」、、、とはいうのはどうなんでしょう?
150人以上に信用納得させて、統一とかなんとかの目的がなければ、、笑

目的をもって「物語」=「神話」をつくる者は、その物語を「正解」として自ら信じ込むことが必要でしょうね。という意味では「正解・不正解」がありますが、もともとが虚構なんでねぇ、、、おそらく、著者のユヴァルは「正解・不正解」以前に「物語」そのものをかなり批判をもっているように読み取れます。まだ途中なのでなんとも言えませんが。

というユヴァルも「物語」のなかに生きるしかない「人間」ですね。
毒多
2017/02/24 15:15
>著者のユヴァルは「正解・不正解」以前に「物語」そのものをかなり批判をもっているように

同感!
愚慫
2017/02/24 15:23
『ピダハン』、読んでます。
面白いです、あと1/5くらい。

でも、どうやら愚慫さんや毒多さんのような感触は持っていません。
ピダハンもまた、彼らなりに共有された「虚構」(文化、物語)を持っているなぁ、その形が面白いなぁ・・と思っています。

彼らなりに排除するものは 排除するし。
僕らとあまり変わらない気がしています。

でも 面白いです。 (^^)
ありがとうございます♪
アキラ
2017/02/24 18:35
>面白いです。

よかった。やや無理やり送りつけた感があったので安心しました。

ホモ・サピエンスであるピダハンも当然、彼らの「物語」をもっていますよね。それはそう思いますし、本からも読み取れると思います。

エントリーの「サピエンス全史」で書かれていた、直接認知できる150人以上の人間をまとめあげるための【物語】(あえて【】を使いますが、善悪は別途とします)、つまり抜粋した箇所にあるような「国家」「貨幣」「人権」「法律」「正義」みたいな【物語】がピダハンにはないと、思うんです。そこが決定的にワタシ達とは違う、とワタシは感じています。むしろ【物語】を拒否するがごとく頑として排除しているような、、、気がする。狩猟採取民であることが大きな条件のようです。
という意味では、すずはちょっと違うのかなぁ、、、そこはよく解りません。

ネタバレですが、前にも書きましたが、ワタシの感動のひとつはダンが転んだことです。^^
【物語】からの解放、、、喜びのあまり泣けてきました。

毒多
2017/02/25 14:32
ダンの棄教を「転び」と呼ぶのは、ふさわしくないですよね(^o^)
愚慫
2017/02/25 16:26
そうそう、そうです。ワタシはそちら側の人ではありませんでした、笑
「回帰」? むしろ「進化」かな、^^
毒多
2017/02/25 16:56
「回帰」「進化」
そう言いたいですね。

見方によっては「堕落」でしょうけど。
愚慫
2017/02/25 18:10
「回帰」「進化」といいたいそれも「物語」かもしれないのだけど。仕方ないよね、だってホモ・サピエンスだもの、笑
毒多
2017/02/26 07:13
あいや、それは「物語」ですよ。
その自覚がないと、ヤバイ。


ふと、ジョナサンの最終章を思い出しました。

あれは「物語」だという自覚をなくしていく顛末の寓話なんだな、と。
愚慫
2017/02/26 08:25
おそらく「物語」の自覚がない人が多数をしめているから【社会】はヤバイのですね。
このヤバイにカッコイイの意味はありません。

いかんジョナサンの最終章のデテイルをなんとなくしか覚えていない。
健忘症が進んでいます。繋がりません。最終章だけ読み直してみます。
ところで昨夜、NHKのダーウィンが来た、で、ローマ市街に進出したカモメが猛禽類のようにネズミやハトを狩りしていました。ジョナサンよりすごいかも、、、笑
毒多
2017/02/27 06:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
「サピエンス全史」 on the desk 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる