毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「新大久保辺りのヘイトデモ」・・・悲しく思う理由

<<   作成日時 : 2013/04/09 10:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 59

大勢の「人間」が酷く醜い言葉を大声で発し練り歩いている。
老若男女の罵声。
顔を引き攣らせて叫んでいる。
苦しみを顕にして「韓国人は出てけ」と叫ぶ。
耳を塞ぎたくなるような言葉の連呼。吐き気がする。
なぜ耳を塞ぎたくなるのか?
なぜ吐き気がするのか?
なぜだ?
あれはワタシだから、
そこに自分が見えるから。
醜悪な自分が映し出されているから、
あれは自分だと、自覚できるから。

嫌いなものは嫌いである。
嫌いだから排除したい。これは普通にあるのだろう。
自分の周りにいてほしくない、こんなことはワタシにとっては普通。
嫌いで、鬱陶しいから、消えてくれ、ワタシの周辺に来るな、と思うことなど結構ある。
誰とでも仲良くなんてできないし、しょうもないことで嫌いになれる。
サヨっちは博愛主義っぽい言葉を言うけど、サヨっちが博愛主義なわけがない。
眉をひそめるサヨっちは胸に手を当てて自分を振り返ればいい。
ネットなどリアル実害がないところでさえ、如実に現れる。
「自分の正しさ」と違うだけで、否定する。積極的に排除する。
思うだけじゃない。言葉にして排除する。
罵声を上げ練り歩くあの人たちと何も変わりはしない。
だから吐き気がしても、耳を閉じても、
自分を棚上げしたまま、あれを非難することはできない。

ワタシには「日本人」という自覚が欠如している。
国家観の欠如である。ただの人間である。
だから、「韓国人でてけ」も「日本人として恥」も「韓国嫌い」も「韓国人と仲良くしよう」もピンとこない。
国家基準のこれらの言葉にピンとこないのだ。
こいつは好き。あいつは嫌い、、である。
好きなこいつの国籍は関係なし、嫌いなあいつの性別も職業も関係ない。全ての属性は関係ない。
この女が嫌いだから、女全部が嫌いにならず、この教師が嫌いだから教師すべてが嫌いにならない。
このアメリカ人が好きだから、アメリカ人全てが好きにならず、この中国人が好きだから、中国人全てを好きになれない。
この人は好き、あの人は嫌い、である。
「属性が嫌い」にはならない。
「属性が嫌い」は、誰かを嫌っているわけではない。
「属性を嫌ら」っていることに「本当」の理由はない。
「属性」で好んでいることもしかり。

属性ではなく、あいつが嫌い、、、
、、、あいつは嫌い、なのだけど、
卑怯なワタシは、「嫌い」だと言えない。
言ってはいけないと、内なる何かに止められる。
嫌い、だと発声する自分は、嫌われるからか。
人に嫌われるのはイヤだ、と感じているのか?
言うことの哀しさを知っているからか?
自分の正しさの差異を根拠に、誰かを否定すること、排除することは
結局自分を否定すること排除することに繋がる。
なんとなくそれが解っているから、「嫌い」と発声することを恐れているのか?
嫌いなヤツでも、人権があるとアタマで理解しているからなのか?
叫んで排除してしまったあとの自己嫌悪を知っているからなのか?
誰かを嫌う哀しさを自覚しているからか、
言葉にすることで哀しさを確定させるのが嫌なのか?
ただ哀しくなりたくない、のか?
あの人たちはどうなのだ?
言葉にすることで哀しくなりはしないのか?
「属性が嫌い」という理由もないことと判って言っているのか?
あれは、言葉を発する自分に哀しくて顔を歪めているのじゃないのか?
苦しくて、苦して仕方ないんじゃないのか?
悲しい自分がここにいる!! 誰か助けてくれ、と叫んでいるようにさえ聞こえてくる。
悲痛な顔をして、助けてくれ、と。

誰かを排除することで自分を排除していることに気づけば、少しは道が開けるかもしれないのだけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(59件)

内 容 ニックネーム/日時
ヘイトデモのコールやプラカードから受ける印象は「俺に向かって怒れ! 俺を憎め! 怒りと憎悪に染まって同じ暗い心に到れ」という深い呪詛です。
憎しみを招き寄せ、皆に感染させたいのだと思います。そのために自分自身を憎むべきものとして差し出している。

他方、ヘイトデモという活動により得た支持を繋ぎとめるために、活動そのものが先鋭化している面も窺えます。
ツイッターで、アンチ・ヘイトデモ活動をしている人が在特会の桜井某は女を抱きまくりだと呟いていましたが、しかしそれは市橋達也被告・加藤智大被告・木嶋佳苗被告らに「ファン」が付くのと同じ状況ですよね。古くは上祐に追っかけがいたように…。
そういう「ファン」は自分が実行できないような特異な行動を起こすトリックスターに憑依しているのないのでしょうか。
取り憑かれた方は期待に応えるためにさらなる怪物と化していくほかない。そこには慈しみに支えられた共感は、たぶん存在しないでしょう。

でも、憎しみを放散することの根底には、助けて欲しい・救って欲しいという願いがあると私も感じています。
でなければ、コールなどしないでしょう。憎悪と敵意を介して「会」「デモ」に加わろうなどとせず、己のパーソナルな憎悪を、誰にも預けようの無い憎悪を、そっと心の裡で結晶化させていくだけなんじゃないでしょうか。

他者と怒り・憎悪で繋がることは、難しくはないでしょうね。憎悪の対象が個人ではなく「在日韓国・朝鮮人」のような属性になるのには、それなりに根拠がありますね。繋がるための条件としての、一種の普遍性を持っています。

でも、私は憎悪というものは、あくまで「個」のものでなくてはならないと考えます。容易く他者に委ねてはならない。委ねてしまえば、憎悪の救い難さと真摯に向き合う機会をも、失ってしまうからです。
平行連晶
2013/04/09 22:24
追記。
私は一時期、アンチ・ヘイトデモ活動に参加しようかと考えていました。でも結局新大久保には行きませんでした。

ヘイターの方々に向かって、「慈悲を以て叱る」だけの器が今の自分には備わっていないから。
彼らには「己の憎悪にもっと誠実に向き合いなさい」と諭したいのですけれどね。
「在日韓国・朝鮮人」という、おそらくはリアルな身体性を伴わない抽象的な存在が、ヘイターにとっての、真の憎悪の対象であるはずがないもの。本当に絶望してるのは、そんなものに対してではないでしょう?と。
平行連晶
2013/04/09 22:38
おはようございます。

ワタシの場合は、机上でyoutubeでみたので、リアルその場に居合わせす精神的負担はキツいでしょうね。
それにしても憎悪の感染ですか。自らを憎悪と化身させ他者に感染させる。やはり吐き気がします。
で、アンチ・ヘイトデモの原動力は理性でしょうか?
別ベクトルの憎悪に感染しているような気もする。「憎悪」だけをみれば感染に成功していると言えるのか?
アンチ・デモは、対象がヘイトデモへ向かうのだけど、やはり排除が目的になるのか? やはり考えてしまいます。

そもデモとは何か?を考えざる得ません。
デモをして、何か主張を伝えようというのは、どんな主張でさえデモに遭遇した人に伝えることができるのか? 否。 怒りを伝えることはできないでしょう。経験上そう感じます。
世間に埋もれているなかに「これこれこんなことで怒っている人間がいるんだぞ」という存在のアピールになるのでしょう。
つまり、自分という存在のアピール。もしよかったら同意して欲しい、ぐらいになる。ほぼスルーされますが、存在を覚えていてくれればいい。いつか解ってくれるかもしれない、、これは今回のヘイトデモも同じなのか?
何かが違う気がします。ただ、憎悪しか感じない。
毒多
2013/04/10 08:19
ワタシの経験では、多くのデモはシステムの権力へ向かう。
権力行使にむかって、その行使でこんな酷い目にあっていることに怒り心頭である、という主張。
ところが、このヘイトデモは、システムのなかの在日韓国人という弱者に向って行われる。おそらく行なっている人もシステムによって虐げられている人のような気がします。
働き最低賃金でギリギリの生活をおくっている人が、生活保護でギリギリの生活をおくっている人を敵視するような、そんな構図を感じます。
もう、そうしたシステムだから仕方ない、システムが悪いのだ、とはいいません。自ら気づき「自立」しなければ、自ら憎悪に潰されることになるのでしょう。

毒多
2013/04/10 08:19
在特会=憎悪で動く団体

違いますね…憎悪で動いているのは『レイシストしばき隊』などの方で→
何故なら…在特会はデモのルールを頑なに遵守し、言葉の暴力以外は決して行わないことに対し→
レイシストしばき隊は…実際に桜井へ暴行を行い→逮捕者を出しています

この手口は…自分の正義に酔いしれているサヨっち系blogで、blog主に丁寧な言葉でツッコミを入れ、相手の汚い言葉を引き出すのとそっくりで→
狙いは…相手の偽善性を晒し、橋下市長の言葉を借りるなら「お前に正義面する資格なし」って→周りにアピールすること

【在特会は何に憤り、社会に何を訴えたいの?】

それは、日本のマスコミなどに顕著なことだが…
現在の北朝鮮問題を例にすれば、北朝鮮の暴力行為や言動に対しては「北朝鮮の主張をよく聞き、日本や米国から行動しなければ…」と語り、逆に沖縄基地問題で日本や米国が沖縄市民に丁寧な言葉や行動で説得しようとしても、意図を分析すらせず高飛車に否定する→
ヤクザが正義で警察が悪と拡大解釈したくなるw

要は…日本人の「臭いものには蓋をする」精神と中国と南北朝鮮の声高な主張には「ご無理ごもっとも」と言いながら、日本の主張には「日本が主張することは許さない!」と日本人が言うことに憤りを感じているだけで→在日コリアンは後付け

解決策は…サヨっちが日頃語っている「相手の立場になって考える」という形で在特会に接するか
ルールを変えて解決しようとするなら→デモを法で縛るだけではなく、『近隣諸国条項』を撤廃すれば自然と下火になる♪

ところで…「しばき」とか→暴力を表現する場合、なぜ関西弁を使うんやろ
NAN
2013/04/10 13:11
NANさん、コメントありがとうございます。

在特会という属性を憎悪で括ろうとは思いません。あのデモを見ていて憎悪で溢れているとワタシが感じたことを書いています。
あのデモの言葉に嫌悪感を感じませんか?
ワタシの感じた嫌悪感の分析が今回のエントリーのテーマであり、もしあれらの言葉を聞いていて嫌悪感を感じないとなると、会話が相当困難なものになります。エントリーにも書きましたが、叫ぶ人々の苦痛を想像すると痛ましく感じます。ワタシには、「主張」ではなく、やはり助けを求めている絶叫にしか聞こえません。あれほど憎悪の感情を露呈している人々を助ける能力はワタシにはなく、いずれにしろ根本的な解決は自分に向かわなくてならないでしょう。
アンチ・ヘイトデモが暴力で逮捕者を出しているということですが、、その暴力もまた支持をしませんが、、、その比較は別の問題で、あの言葉の露呈があっていいとは思いません。またそれを理由に憎悪を顕にする悲哀が払拭されるとは思いません。

エントリーには書いていませんが、憎悪を露呈する標的となってしまった、(たまたま在日韓国・朝鮮という属性である)人々の心情を察すると居た堪れないことも書いておきます。

毒多
2013/04/10 15:26
普通の大人は、何かことがおきたとき、まず自分を振り返り、自分の落ち度を真摯に考える。かりに他者に問題があったとしても、出来る限り許容しようとする。まさに相手の立場にたって考える、ですね。
お互いそれができれば妥協点がみつかりますが、たとえば北朝鮮の指導者のようにもしそれができないとき、自分のほうがさらに大人になって考えなければならない。では、ないでしょうか?
ワタシは自分にサヨっち的部分がありますから、わざわざ「サヨっち」と指定して厳しく意見を出しますが、それによってウヨピーのやり方の正当性を支持することにはなりません。またワタシがサヨっちよりだから、波が立つことが解っているウヨピーに否定的なことは言わないようにしています。
正直にどちらも冷静さを欠いているとは思いますが・・・、サヨっちには身内的に落ち着け!!と言いたい。
属性を否定しているワタシにサヨっちもウヨピーもないですね。

米軍基地にたいして沖縄市民に対して「丁寧な言葉」で説明しようとしている、といいますが、、、「丁寧な言葉」を使いながら首を締める、というのは、どうかと思ってしまいますよ。

毒多
2013/04/10 15:26
>NANさん

>狙いは…相手の偽善性を晒し、橋下市長の言葉を借りるなら「お前に正義面する資格なし」って→周りにアピールすること

これは、アンチ・ヘイトデモという反応が生じ、そのアクションが怒りと憎悪を露にした時、初めて目的が叶うものです。
と言うことは、NANさんの指摘がそのまま

>怒りと憎悪に染まって同じ暗い心に到れ」という深い呪詛

という私の指摘を裏付けることとなるでしょう。違いますか?
他者の《偽善者の仮面》を剥ぎ、怒りや憎悪を剥き出しにさせようとする意志に、憎悪や呪詛以外のどんな動機がありうるでしょうか?

私は在特会の活動目的について今ここで忖度する意思はありません。繰り返しますが、私のコメントはあくまで「ヘイトデモのコールやプラカードから受ける印象」であり、私はそこに明瞭な憎悪と呪詛を感知します。

もしも在特会の中心人物たちが何らかの意図を以て、ヘイトデモに集散する方々の憎悪を単に「利用」しているという話であれば、かかる行為を私はこう見做します。

邪悪である、と。
平行連晶
2013/04/10 22:12
>毒多さん

ハマスのメンバーがインタヴューを受けている映像を見たことがあります。
「何故あなた方は自爆テロをするのですか?」こう問われて、ハマスのメンバーはこう答えました。

「自爆しなければ、誰も私達の存在に気付いてはくれないから」

この言葉が発する絶望の深さに、私は未だに答える言葉を持てずにいます。彼らは命を代償に呪詛をかけるのです。
誰も自分たちの声を聴こうとしないから。誰も手を差し伸べてくれないから。だから、自爆する。

無関心な第三者である人間の冷酷さは、そんな命がけの呪詛すら、「ま〜た自爆ですか?」と馴れていってしまう。
そんな風に麻痺してしまうことが、恐ろしい。

私は毒多さんに対しても、ヘイターの方々に対しても、「答え」「正解」を持っていません。
毒多さんとは、共に考え続けていけば良いと思っています。そしてヘイターの方々には、己の憎悪の姿形を見定めて欲しいと、願うばかりです。
平行連晶
2013/04/10 22:30
自爆テロとヘイトデモを俯瞰すると、そこに至る理由は違うかもしれないが絶望という意味では同根かもしれない。
いずれもシステムに基軸をおき、呪縛されている気がします。

ん? 自爆テロと自殺というのはどうなんだろう?
年間3万人が自殺しているというが、彼らは存在を知ってほしいと思い自殺するのだろうか? ああ、また自殺か、、、、と、スルーされているのが現実。

ヘイトデモ、自爆テロ、自殺、、、いずれも普段の生活に幸せを感じていないと想像します。幸せを感じていれば多少の不満はスルーできるでしょうし、他者の行為にたとえズルいと感じてもやはり、スルーできるでしょう。
幸せを感じられない理由が「存在を認められていない」「繋がることができない」であるのでしょうか。

その理由を自分のこととして振り返るか、システムのせいにするかは分かれ道かもしれませんね。いずれにしろ、
憎悪によって存在を認められようとする、憎悪によって繋がろうとする、これは何か矛盾を感じます。
毒多
2013/04/12 08:34
>幸せを感じられない理由が「存在を認められていない」「繋がることができない」であるのでしょうか

これは、わかりませんねえ。
一例を挙げますが、それらが満たされれば憎悪が生じないともいいきれないのです。

かつてH・P・ラヴクラフトという米国人作家がおりましてね。この人がまた大層なレイシストでして。
奥さんは富裕なユダヤ人、ラヴクラフトの文学的才能と豊かな教養、人格に惚れて結婚。彼は奥さんという強力な理解者・援助者を得て経済的な憂いもなくなり、安心して創作業に打ち込むことが出来ました。
存在を認められていなかったわけでも、繋がりがなかったわけでもない。

ところが、奥さんの言うには、彼はNYの往来を黒人や黄色人種が行き来するのに出くわすと、憤怒のあまり顔色が変わったそうですよ。しかも彼はユダヤ人を差別する一方、奥さんが「私は貴方が差別しているユダヤ人ですよ」と問うと「あなたはH・P・ラヴクラフトの妻です」と平然と答えたそうですから、わけが判りません。
平行連晶
2013/04/14 00:05
私はこのエピソードを、高校の頃に買った国書刊行会の『定本ラヴクラフト全集』に収録された奥さん(その後離婚)の随想録で知ったのですが、自分の好きな作家がレイシストだったことよりも、このような矛盾を当たり前のように同居させている作家の不可解さに戸惑いました(個人的には、創作者はレイシストだろうが犯罪者だろうが、才能さえあればどうでもいいのです。子供の頃から)。

あくまで一例に過ぎませんけれども、彼に見られるレイシズムは強い怒り(恐らくは憎悪も)を惹起するもので、しかもそれらは無教養で粗野な人格ゆえに生じたものではないのです。
私はこのような憤怒がどこからやってくるのか、想像もつきません。ただ、言えることは、憎悪も(そして愛も)努力して己の中に生ぜしめるようなものではなく、気がついたら己の中に在るものですよね。
あとは各人が各人の中に「在るもの」と対峙するしかないのじゃなかろうかということです。
平行連晶
2013/04/14 00:06
なるほど。おもしろいエピソードの紹介ありがとうございます。

「存在を認め合うこと」「繋がること」が人間の原始的な欲望で遺伝子レベル。満たされれば幸せです。スムーズに満たそうとするのが「社会」であると同時に、新たな憎悪を産むのも「社会」でしょう。憎悪が生じさせる「教育」「学習」となるのかな?
社会による「教育」、環境による「学習」ですね。

この矛盾はわざと生み出されているのか、社会により埋め込まれているのか、、、
>無教養で粗野な人格
であるよりも、むしろ教育を従順に受け入れた、教育により環境を改善をしようとする人でなければ、(社会的)憎悪も持たないとなりますか。
とすると、デモの人々も教養もあり教育もうけた人々となりますね。
>気づいたら己の中にある
のは、「教育」によってと考えられ、ポイントは教育されたこと、また矛盾を検証することもなくそのまま受け入れ増幅させるか、仰るように再度「対峙」するか、、、が、分かれ道になる、ということですね。
毒多
2013/04/15 16:48
「わたしの友だちに手をだすな!」

東京、新大久保駅などで行われている差別デモとカウンターの抗議行動を、IWJは最近、重点的に取材し、報じている。
同様のデモは、大阪・鶴橋などでも行われていた。
2013年4月20日、京都の烏丸御池、四条河原町で、「在特会による街宣と、それに対するカウンターの抗議行動」が行われたことに合わせ、
IWJは東京から記者を派遣し、生中継でお伝えした。

20日正午、在特会約4?5名が烏丸御池の交差点に集まり、「ヨシフらの言論弾圧を許すな!街宣 in 京都」と題した街宣を行った。
向かい側の歩道には、これに反対するための市民、約30?40名が集結した。警官や公安らしき人多数、盾を持った機動隊、機動隊車両二台といった物々しい警備だった。

3月31日、東京ではデモ隊を遥かに上回るカウンター勢力が集まったが、
大阪でも、差別デモ参加者が30?40人程であるのに対し、200?300人のカウンター参加者が集結したという。

在特会が「我々が許せないのは在日特権である!」と叫ぶ。するとカウンターの市民の一人はすかさず「ネトウヨ特権で電気代踏み倒してたん誰や!」

(続きに興味がある人は→自分で調べて下さい)

【個人的感想】

やっぱり…コント展開になって…何が問題か関係なくなってきたね(呆)
NAN
2013/04/21 15:58
NANさん、おはようございまます。

その後の展開ですね。
ワタシは大阪で子どもがヘイトスピーチをしている動画をチラ見してから、気分が悪くなりすぎ、其の後のいきさつを追っかけていません。
で、「続き」に興味が無いわけではないのですが、時間を掛けて追っかける気にならないので、NANさんのコメントのみを足がかりにレスしてみたいと思います。

ヘイトスピーチが大声で叫ばれることに陰鬱な気持ちになること、標的になった「属性」を背負わされた人々の気持ちを察すると居た堪れない、と感じることは前までのコメント通りです。
恐らくですが、カウンターデモもその辺りを是正したくて行動していると思うのですが、そのデモでヘイトスピーチが叫ばれると自己矛盾になりますし、「属性」が標的になっても自己矛盾になります。カウンターデモを行うのであれば、「ヘイトスピーチを発しない」、「属性で口撃しない」を徹底しなければならない。これができていないから、NANさんが>コント展開、と感じる理由でしょう。
また、もし、カウンタースピーチが「在日韓国朝鮮人」をネタとして、つまり普段から在日韓国朝鮮人の人々となんの関わりあいももっていないのに、元のヘイトスピーチが、嫌・在日韓国朝鮮人だからという理由で、親・在日韓国朝鮮人を装っているとするなら、欺瞞的だと感じますし、問題を自己追求しないまま行動しているとも感じ、元のヘイトスピーチを行う人々と同じだ、と感じます。

>何が問題か・・・
社会的問題とともに自己の問題として真摯に思索してから行動しないと、何が問題か解らなくなる、ということでしょうか。
毒多
2013/04/22 08:54
自分の言いたい事を毒多さんに綺麗な文章でまとめられてしまった(泣)

締めの文章に同意します
NAN
2013/04/22 21:30
NANさん、同意して頂きありがとうございます。

ただ少しの確認をするならば、エントリーにも書いた通り、ワタシ自身が元のヘイトスピーチと同じ過ちを容易に起こしますし、またカウンターデモと同じ行動を安易に行う可能性はある、と、あえて追記したいと思います。

それとさらに追記するなら「ネタとして親・在日となりすますのは欺瞞」と書きましたが、これを機に在日韓国朝鮮人という属性にちゃんと向きあおうというスタートならば、ワタシは欺瞞とも思いませんし、批判もしません。
いや、「属性にちゃんと向き合う」というのは、ここまで言ってきたことと、なにかしら矛盾を感じますね。
社会的問題として向き合う、ことと、個として交わることは別問題ですね。・・・いや、どうなんだろう? 個別ケースがありそうで、ややこしいな。
また考えます。
毒多
2013/04/24 08:22
今日、民主党鈴木の提案により安倍総理は自身のFBにおいて日本人に対し差別的な言動を慎もうという内容のコメントを…(民主党さん♪今の事象は安倍総理のせいと?)

別の米欄で『ネオナチ』について触れたけれど…ネオナチの過激化する行動に対しコメントせざるをおえなくなったドイツ首相メルケルのようだね

今後は法による規制等によって、『在特会』の活動はドイツのように地下に潜るかもしれないが…そうすると活動がより凄惨化するかもしれないね(ある意味、在特会の狙い通りになったのかも)

在特会について間違った知識かもしれないけど…在日コリアンが「日本に帰化する」ことは否定してなかったと思うので→個人的に在特会デモを本気のヘイトとは捉えておらず、基本的には「スルー気味」だったけれど…本気で調べてみようかな

【「属性?」について】

毒多さんは、この米欄において在日コリアンを『システムにおいて弱者』と位置付けされましたが…何故そう思われます?(単純に、デモをされているから弱者ですか?)
NAN
2013/05/08 02:26
NANさん、こんにちは

NANさんのコメントで安倍さんのFBにかんする部分は、ちょっと意味が解りませんでした。日本人に対しての差別発言を慎もう、って誰に向かって言ってるの??、、って読めてしまった(笑;すみません)。新聞にも載っていて読むことができたので内容は解りました。新聞にのっていた安倍さんの発言は、いいと思いましたよ。たしか「日本人として謹み、節度のある言動をしよう」みたいなことが書いてあった気がします。ただ、「日本人」じゃなくて「人として」のほうが良かったのになぁ、とは思いますが。それと「差別を慎もう」ってのも第一感では、何か変ですよね。はたして「差別」というのは「慎しむ」ものなのか?、「慎め」ば「差別」してもいいのか?、あいや人間が差別するのは必然で仕方ないので、だから慎もうとするのか?
この辺りはずっと未解決のテーマなんですが、、、

で、ご質問へのレスですが、ワタシの考える日本国のシステムのなかに暮らす強者(強い属性)は、「日本国籍」「成人(高齢者は除く)」「男」「健常者」「有職者(非正規は除く)」「家に住んでいる」「一定の財産をもっている」etc.ってな感じですね。この辺が中心にシステムが構築されていて、それ以外は「弱者(弱者度合いはあるでしょうが)」として法律によって「特別」になんらかの施しをしようとしている。「強者」であれば「普通」として法律による「特別」な保護がないのですから、なんらかの法律で保護されているのは「弱者」と言えるのではないでしょうか?
在日コリアンも日本国のシステムのなかの「弱者」という位置づけゆえに「特別」な「法律」によって保護etcされているのではないのでしょうか?
毒多
2013/05/08 12:56
お返事有難うございます…国語の教科書、まだどっかにあったはず(泣)

【在日コリアンが弱者?】

日本国内における『強者の基本属性』について、「国籍」「成人」「男」「健常者」「有職者」「家に住んでいる」「一定の財産を持っている」等を挙げて頂きましたが…間違いなく在日コリアンに属する方々の中にも、個人では「国籍」以外は強者属性に該当されている方が多いと思います→政治家の橋下市長やハクシンクン氏に企業家の孫会長やスポーツ選手の金本氏や芸能人や大学教授などの有名人でなくとも(帰化をされてるかどうかはわかりませんが…)

そもそも自分の力で変えられる事を属性と捉え、それを「ある集団?」に当て嵌めて『弱者』という立場に属させる事は→逆差別をしているのではないかと自分は考えます(例に挙げられた属性は自分は個性と捉えます)

【護られる弱者とは?】

「集団」としてならば…

ジプシーやアーミッシュのように、民族としての営みや信仰を周りの人々が理解して尊重せねば生きていけないような集団

「個人」としてならば…

障害者の方々のように、自分では何ともしがたく、人生を歩む上で他人の協力が必要な人々には、弱者に位置付けて保護する事は正しいと思います

※上記の個性で問題があるのなら、弱者と位置付け保護するのではなく→自力で改善できるよう…協力するというスタンスであるべきと考えます!
NAN
2013/05/10 02:36
【在日特権?について】
【在特会の活動の是非】

自分の思うところを書き込もうかと思ったけど…丁寧に語るべきだと思いますので→また今度にw
※不快なら止めますので遠慮なく言って下さい!
NAN
2013/05/10 03:28
おはようございます。

NANさん、なんだかいい感じですね。
(>逆差別という部分・・・良い感じです)
仰られていることに、概ね同意しますよ。
ワタシ自身、サヨっち時代は、システムが強いる属性によって不利を被っている人々に関心をもち、そうした活動も行って来ました。「支援」としてですね。結果的にシステムそのものや自分の位置を確認できたとは思います。で、そうしたことを経て、プラス本を読んだりブログを書いたりして、いまは「基本的」に「個人」だと思っています。
このシステム的成功者の政治家や経営者にはあまり感じるものはないのですが(それはそれで個人として成功していることは認めます)、たとえばNANさんがあげた「障がい者」でさえ、たとえば乙武君や「困っている人」「さらさらさん」の大野更紗さん、さらには個人的親しいSさんやブログだと障がい者K君の母Tさんなんか、善く生きているというめんで、かなわないなぁ、と感じます。
前出の人々(活動時代にみたある種のホームレス(無名)をふくめ)をみていると、システムに強要された弱者的属性のほうが、システムの壁を越えられるのではないか、とさえ思います。いずれ、システムの保護にあぐらをかいている強者的属性の自分もシステムの壁を越えなければならないとは思っていますが・・・・でも、つい、あぐらをかいてしまう。それが自分の努力でなく「偶然」与えられているものなのに。
毒多
2013/05/10 09:09
ただね、やはりスタート時点から「弱者的」属性を強いられる人もいますし、被災者のようにある日突然「弱者的」属性になってしまう人もいる。
そうした人々にワタシには、「保護に甘んじて努力を怠っているんじゃないか」なんて言えないし、人間個々はそれほど強くないんじゃないのかな?と思っている。
それと、もとより強者的属性にいるものが「自己責任」というのは欺瞞も甚だしい、と感じます。
コメントのあたまで「概ね同意」とした、概ねでない部分は、この部分でシステムはやはり強大で、「自分で改善」できないことが、やはり多々ある、、というか、それが人間じゃないのかと思います。
NANさんは厳しい!!(笑)
毒多
2013/05/10 09:10

ちょっとコメントをリセットして・・・

システム内で安定したり成功する、というのは「生活」的なもので、システムの壁を乗り越えて「生(善)」を見出す、というのは「人生」的なもので、別途、語られることかもしれません。
で、「努力する」というのも、前者(システム内)的に努力する、と、後者(システムを乗り越えて)的に努力する、というのは別に語らないとややこしくなりそうです。(前者と後者がまったく別の次元にあるのかどうかは、また考えてしまいますが・・・)

「属性」云々というのは前者的なことで、「非属性」というのは後者的なことと考えます(NANさんがこうした意味で語られているなら同意)。そうしたうえで「前者はたいしたことではない」ので、誰もができうる限り安定して生活できるよう、システムが頑張っても問題ないんじゃないの?とおもいます。
ワタシが考えているニュアンスは解って頂けたでしょうか?(笑)

「在日特権」なんかに関して、語ってもらってもかまいませんが、システム内に関して許容範囲が広くなっているワタシにとって、納得が得られるレスができるかどうかは甚だ疑問です。
なんやかんやいいながら、権力者のズルには厳しく、弱者的属性のズルには(あるていど)寛容という自分はまだいます、爆!!

毒多
2013/05/10 09:10
一応?許可が出たということで…話を進めますね

【在日特権?について】

在特会が主張するのは…

@生活保護が取得し易い
A通名制度を悪用してる
B在日企業への税制優遇

等が主なところですか…

しかし!一つ一つ個別に検証する気は全く無いw
そもそも毒多さんの方が詳しいと思われますし♪

自分のスタンスとして…救済制度が必要な人にはその制度が必要であり→問題は、そのような特権が実際にあるのならば…在日コリアンだけでなく、日本人でも在日外国人でも困っている人々には「同様に適用すべき!」

【在日コリアンの属性】

で?在日コリアンに話を戻すと…現在の彼らを弱者とも強者とも思わず→あくまで日本に住む無国籍の人と認識しています(ルーツを大事にされながらコリアン系日本人として生きる。もしくはコリアンとなり、在日外国人として住まわれるなら…もっと好意的になる)

なぜなら、彼らは『民族』という属性ではなく…日本によって強制連行された方と、当時の朝鮮情勢を理由に自由意志で移民された方に別けられ→最初の世代は、どちらも弱者であったとしても…強制連行された方々には特別な配慮が必要だが…自由意志で移住された方々はあくまで在日外国人(?世によっても違う)

WW2戦後の混乱期は、個々の背景を考慮して保護する事は困難であり→『特定集団』として扱う方が効率良く保護できると考えた事は自然だが…本来は『個人』として捉らえ、個別に対応すべき

それから、集団に与えられた保護政策や権利は、あくまでも例外であり…一定期間を過ぎれば無くさないと新たな差別や揉め事の理由になるかな→

本当に特権があるなら♪

※最近、日韓両政府が在日コリアンの海外資産について規制や監視をする動きがあり、更に韓国政府高官が在日コリアンの兵役について発言した→これらは、彼らを取り巻く周りの人々の不公平感からきた動きともとれる
NAN
2013/05/14 20:09
【在特会の活動の是非】

ヘイトスピーチを公共の場で喚く事に賛同しない

事は、当たり前ですが…

最初の米で少々挑発したのには訳がありまして→それは、[京都朝鮮学校公園占用抗議事件]の記憶が鮮明にあったから!(必ずググって欲しい)

【在特会の活動の実績】

内容には触れませんが…在特会が最初に社会で認知された大事件であり→理由は、在特会によって社会を悩ませた問題が「解決した?」から(怒)

事件の概要?としては…

★地元住民が、在特会に問題の解決を依頼する→学校周辺でヘイト活動を行い、学校関係者を威す
★学校は在日団体を頼る→カウンターデモを行う
★左翼も何故か参戦する→マスコミや裁判に訴え

在特会も在日も左翼も『感情』で活動した結果→朝鮮学校は廃校になり…在特会は一部の市民から『必要悪』と認知される

※ヤクザ対策「利用しない」の逆を地で行った?
NAN
2013/05/15 06:15
【ヘイト根絶の前提は】

上記の事件を自分なりに分析(笑)してみると→彼らは助けるついでに…事件を自分達の主義主張に利用した印象を持つ→何故なら、1番大事な事である地元住民の理解を得よう&間に立とうとした形跡が見られないから

で…現在の騒動での在特会・在日団体・左翼の活動も同じ匂いがしている(新大久保の地元住民の意向や動きが見えない)

毒多さんもコメントで「子供(中学生?)が…」と書いておられますが…その子供は小学生の時からデモに参加しており…インパクトから言えば中学生より小学生であり、報道もされた筈なのに→今回、新鮮な驚きと哀しみの感情を全面に出してデモを論じておられます(悪いとは言ってない)

今まで、在特会の活動に興味がない&論じる価値もないと思っていた方々が急に関心を持たれる…それは、現在の保守(右翼)が躍進する流れに待ったをかけたい勢力が→「意図を持ってデモを宣伝している=利用している」という懸念がある?

誰かから惑わされずにヘイトと向き合う為には…

★まずは感情論ではなく
★むろん陰謀論でもなく

その背景や根本に偏見を持たず目を向けないといけないと自分は考えます→超むずかしいけどね♪
NAN
2013/05/15 06:32
NANさん、おはようございます。

「特権」についてワタシは詳しくはないことを最初に断っておきます(笑)。何かの「特権」を受ける立場になったことがない、ということと、他者(除く権力)の「特権」に興味がない(最近、権力の特権にも興味が薄れつつあるが)、、ということが理由かな。そのうえで、

レスというか議論の困難さは、「理想」を求めるか? 現実(法律)に則るか? ということはあると思います。
片や「理想」を求め、他方「現実(法律)」に則る、ということからすれ違うことは多々ありそうですね。「現実(法律)」に則ることが、理想に近づくということであれば、とても良いのですが、現実は仕方ないからこの辺りで妥協してけ法律でしばっとけ、というものが多そうです。
ある問題がおきて、結果が表面的に同じような行動になることでも、「理想」を基にすえ自ら行うことと、「現実(法律)」によって縛られ行動するのでは、やはり雲泥の差がありますね。(憲法でさえしかり!!)
これを確認しないと、議論がすれ違うことになる(NANさんのことを言っているわけではありません)

で、何が言いたいかというと、
例えば、「特権」を困っている人々全てに適応するべきだ、に同意したうえで、「特権」により困らない状況になれば「自ら」返上(してより困っている人に権利を移行)するが善いのではないか、が「理想」と考えます。「現実(法律)」で困らない状況を規程して権利を取り上げること(縛る)が拙いのではないかと。もちろん「理想」は理想なんだろうと思うのは人間の性が「善」になりきれない、ということなんですが。
毒多
2013/05/15 09:44

「京都朝鮮学校公園専用抗議事件」をググってみました(wiki)
2009年までは、法律を反故にして、話し合いや他者にたいする気使いをしようとする「理想」で上手くいっていたっようですね。
表面的な流れを見ているだけでは、公園のシェアは学校に利益はあっても住民側に利益はなさそうにみえますが、ソフト面までみるとそんなことはないと思いますよ。目先の利益にとらわれない善い住民にみえます。人間的に豊かというか、、、想像ですがね。
それが、拗れることになる。(偏見をもった個人Xというのは象徴的ですが、おいておいて)
きっかけは阪神高速の橋桁ですか? 行政は「現実(法律)」を根拠に強引に立てちまったのですね。理想を行政が崩した瞬間です。地元住民にとっても学校にとっても橋桁になんの利もない。こういうときにこそ行政は保障しなければ・・・・、地元住民と学校が連帯して行政に保障させるのが善いのだけどだなぁ、、、、ふぅ。

おっと、ここでは外野であるとこの「在特会」が話の中心でしたね。
在特会は、ここで起きた問題を「助けて」ませんね。ただ引っ掻き回している。自分たちの主義主張を誇示するために利用しているともいえそうです。
「主義主張の誇示」というか、俺達をみてくれ〜、かな。
俺たちをみてくれ〜、の根本が解決されなければヘイトスピーチはなくならないでしょう。普通のデモンストレーションではスルーされてしまうので、より過激にならざる得ない。
彼らに一番必要なのは、癒し、と カウンセリング、だと思うのだけどね。

毒多
2013/05/15 09:45

ということで、ブログで取り上げることも「オレをみてくれ〜」に加担していることになるのかなぁ? もしくは、「オレをみてくれ〜」を利用しようとしている誰かの術中にハマっているとか? でもね、冷静になろうよ、とは言わずにはいられないからねぇ。

>背景や根本に偏見を持たず目を向けないといけない

そうですね。冷静に対峙しないといけないでしょうね。難しいけど。だって人間だもの。

蛇足になりますが、
「京都朝鮮学校公園専用抗議事件」をみながら、自分を思い出しました。サヨっち運動家として青カンの追い出しに抵抗し、警察と対峙していたあの頃(遠い目)

毒多
2013/05/15 09:45
こえええええよ(白目)

それはさておき♪記事に取り上げることを加担とも術中に嵌まってるとも自分は思ってませんよ!
毒多さんやblogを訪れる方々は、課題について最後は自分で結論を出される方々と思ってますし…最初に「臭いものに蓋をする」のは否定してます

で…もうちょっとだけ書き込んでも良いですか?(我ながらひつこいと思いますけど止まらない)
NAN
2013/05/16 03:38
>もうちょっとだけ書き込んでも良いですか?

もちろんOKですよ。

>こえええええよ(白目)

今はその頃の自分を第三者的にみることができるようになったので安心してください。
また、いろいろなデモパフォーマンスと照らしあわせて思索することもできます(笑)

毒多
2013/05/16 08:26
京都朝鮮学校公園占用抗議事件の背景について…毒多さんと違う見解です

【永年の軋轢が表面化】

事件があった2009年は…高校無償化が始まった年更に、事件日は朝鮮学校を無償化対象にするか?議論が始まった一ヶ月後

【日本と在日コリアン】

朝鮮学校の設立目的は…「将来、我々は祖国に帰る。その準備の為、子供達には正しい民族教育が必要であり、日本の教育を受ける必要はない。そのかわり金はいらない」だったはずなのですが…最近、朝鮮学校関係者の無償化や補助金での論調は「子供達は日朝を繋ぐ懸け橋だから差別すな」→言い換えれば、日本に定住する方向に転換した

彼等はいつか日本から出ていくという前提で「少々の事は見てみぬふりをしよう」という戦後日本社会との暗黙の了解が崩れたからだと見ており→そして、それは在日コリアンの属性にもいえる事
NAN
2013/05/19 07:02
【ヘイトと向き合う?】

在特会デモに正義無く…在日コリアンが彼等から責められる謂れはない事は自分も承知しています

しかし、ネトウヨや在特会の方々だけではなく→一般の方にも彼等の属性に疑問を感じる層が存在するのも事実と思われ…

一つの特定集団として日本に居続けていくなら→在日コリアンの方々&彼等と共生を目指す方々は

未来に向けての新ビジョンを日本人に共感されるよう衆知すべき(理想)
デモのカウンターに中指立てる&お尻フリフリすることでは無い(現実)

何故なら、我等ネトウヨのアイドル(ジャーナリスト)李信恵氏いわく…

デモを取材していた時、歩道で二人の女性とすれ違った。その際、二人の会話を漏れ聞いた。デモの演説者に対し「正しい事言ってるのに巻き舌じゃあ聞き取り難いわね」

同じくデモを取材しつつ、反ヘイトビラを配っていると、紳士がビラを受け取り、足を止め、そのビラをじっくり読んで再び歩き出した。記者が感謝の言葉と共に感想を聞くと「やっぱり日本から出ていくべきだと思う」

自分は、在特会の「俺達をみてくれ〜」活動よりも歩道に隠れている方々の言葉の方が怖いと思う

ヘイトスピーチよりも♪

法規制等に安易に頼らず…皆が本音で向き合い→そろそろ国内くらいは戦後を終わらすべきかな?
NAN
2013/05/19 07:48
NANさん

>京都朝鮮学校公園占用抗議事件
については、wikiでザクっと読んだだけなので、背景や空気は解りません。
ワタシの書いたことが、全く見当違いということもあるかもしれません。

別エントリーで進行中の「競争社会」が基にある、ということを前提に考えると、少し見通しがつくかもしれまんせん。

「日本」と「在日コリアン」という分け方の「教育」についても、「日本」のためになる教育には日本の金をかけてよい、「コリアン」のためになる教育には日本の金をかけるべきではない、、という思いも、競争のなかのひとつに「日本」vs「コリアン」があるために現れる感情でしょう。
これは「日本」だけでなく「コリアン」側にも同じ価値観があるために、「いろいろ」あるんでしょうね。
「競争」でなく、たとえば「共生」で、それぞれの民族の文化を学ぶことが、それぞれの民族の文化にプラスになる、と素から思えれば、日本も在日コリアンに日本の金をかけることに抵抗はなくなるんじゃないでしょうか、、、
これは、日本がコリアンと手を結んだ場合、また別の属性と競争するために有利になるという意味ではありません。

でも、そうならない。やはりいずれも基本が「競争社会」であり、そう教育され、それしか発想がない、ということが言える気がします。そも国家が「競争」(闘争)のために存在している。
【競争】のための【属性】ではなく、〈共生〉のための〈属性〉と理想的なことは言ってみたい(笑)

>皆が本音で向き合い

「競争社会」がベースで「ホンネで向き合った」場合、NANさんが例であげた通行人なんかの場合のように、収拾がつかなくなりそうです。
大人になって、自分を振り返ることができるようになってからの「本音での向き合い」ならいいのですが、、、

毒多
2013/05/20 08:50
【やっばり…そっちの方向に行くの?(苦笑)】

民団中央本部の呉公太団長は9日、在日韓人フォーラム・オレ(趙玉済会長)の発足1周年記念講演会に
「特別講師」として招かれ、新旧同胞の和合と協力をテーマに講演した。
一般社団法人政経文化交流会が主催。会場となった東京・新宿のあすか信用組合7階大会議室は新旧同胞200人余りで埋まった。

呉団長は、日本社会での共通する課題に対しては新旧の区別なく、
唯一の全国組織である民団を中心に対処していくことを強調した。

「いまは日本国内で韓人会など様々な組織が乱立しているが、民団も新規定住者の団体もみんな力を合わせ、
世界中の韓人社会の模範となるようにするのが私の思いだ。お互い仲良く、任務分担しながら協力しあおう」と呼びかけた。

分かりやすい事例として東京・新大久保で繰り返されている「在特会」(在日の特権を許さない市民の会)による
排外扇動デモにも触れ、「韓国人死ね、殺せという罵声が行き交う時代に、反目しているだけでいいのか。
われわれが心を一つにしなければ、いつまでも彼らの攻撃にさらされるだけだ」と呼びかけると、会場からは共感の拍手が起きた。

(2013.5.22 民団新聞)

いつまで属性の殻に篭るのか…
NAN
2013/05/26 06:49
【橋下市長記事にも関連する話だと思われます】

スウェーデンの首都ストックホルム郊外で5月24日夜から25日にかけ、若者らが車約20台に放火するなどし、
19日に始まった暴動は6夜連続となった。地元メディアが伝えた。

これまで暴動が起きた地域は、いずれも移民が多く住む地域。福祉国家として知られ、多くの移民を受け入れている
スウェーデンだが、近年は急速に社会格差が拡大しており、暴動の背景には若者や低所得者らの不満があるとみられる。

警察当局は警備人員を増やすなど、警戒を強化。地元メディアによると、これまで若者ら約30人が拘束された。
暴動は次第に沈静化しているとの見方もある。


毒多さんは「競争社会」を煽る橋下市長の政治手法に嫌悪感を抱いておられるのではないかと自分は思っているのですが…

サヨっちが「競争社会」&「多文化共生」について、よく成功例に出されるスウェーデンですら→問題が年々大きくなっているように思える(泣)

地球上で大人になった国があるとは思えない中…

競争社会でない社会(人口や経済規模が掛け離れたブータン?)とはどんな社会(科学技術の進歩は我慢する?)であり…日本でどのように実現させるのか(共産主義などの思想に転換する?)等

可能かどうかは別として…毒多さんの考えを教えて頂ければ参考になります


NAN
2013/05/26 07:55
NANさん

難しいですねぇ(笑)、というのも「可能か不可能は別にして、、」って意味があるのかなぁ、と夢をみながら自問してしまうからかもしれません。
しかも考えないと答えられない難問そうです。さらには考えても答えはでないのかもしれませんが、、、
ワタシなど「肌感覚」で橋下違うぞ、って感じて発話しているとこの「なぜ違うと感じているか」を平行連晶さんや愚樵さんに教えてもらっている立場なので、納得していただけるレスが書けるのかどうか?、、、一緒に考えましょう、、、ぐらいの期待にしてください。

現実的に国家をみればほぼ「競争」を基にしている気はしています。
では、なぜ現存の国家のほとんどが「競争」を基にしているんでしょうね。
人間の性が「競争」が好きからなのか、生物とはもとより「競争」しながら生存するというDNAが組み込まれているのか? 競争で勝つことが「心の平安」を得る最短なんだろうか? てなことも、考えてしまいます。
なんと言っても、ワタシ自身が競争好きなのです。勝ち負けを争うスポーツがすきなら、麻雀や碁なんかのゲームも好きだしね。周囲をみてみても「競争好き」な人間は多そうです。懲りもせずに野球やサッカーを見ていたり、勝って喜び、負けて悔しがる、それも一人二人じゃなくて大の大人が何千、何万も熱狂する、、、。サヨっちだって論争好きで論破することで「心の平安」を得ている(笑)ような気がします。(そこの矛盾をずっと指摘しているのですが、、)
競争好きがもとで、そこに勝つことを社会の使命にする、勝って生き延びる、が基本になっちゃってるんでしょうね。スウェーデンの例を出されましたが、「競争社会」前提の「多文化共生」もまた限界があり終焉があるということでしょうか。前提が「競争社会」である限り、勝ち続けないと「多文化共生」も難しいということかな。
毒多
2013/05/27 11:57

でも「競争社会」を否定したのですが、「競争社会」を否定することは難しいでしょう。だってみんな「競争」好きなんだもん。

じゃあどうするの? 「競争好き」は自覚して「競争」に飲み込まれないようにする。たとえば子どもと何かゲームをするとします。大人と子どもでは勝負が目に見えているゲームでもわざと負けて、子どもを喜ばせることはよくあります。これなんかは「競争」を呑み込んでいる、と言えないでしょうか? 競争の勝負よりも「喜び」を与えることに「喜び」を与えてもらっている。「心の平安」の拡がります。大人であれば、この感覚をもっていたい。しょせんゲームなんだ、、求めるのはそこじゃないだろ、って感覚ですね。
ところが今は、多くの人が、競争に飲み込まれてしまっている、と感じます。勝って得る【心の平安】は不安定で疲れそうです。競争により他者の「心の平安」を犠牲にして得るものだから。勝ち続けるのは疲れそうですし。

でも稀に「競争」が基本でない国家もありますね。ブータンですか?、ワタシは東ティモールを挙げたいのですが・・・。彼らは競争好きじゃないのかな、それとも競争を呑み込んでしまっているのか、、、ちょっと知りたいところですね。

あ、それと、ちょっとまえ愚樵さんが話題にした「助けて」と言うこと(安富歩)、ってのはありですね。純粋に「助けて」と言える社会ってのはよさそげです。競争社会前提では、自他共に敗者認定しないと「助けて」といえないようですが、勝負や取引と関係なく、純粋に「助けて」といえる社会はいいと思う。これって助ける方もそうですが、言うほうもまた大人でなければなりたたたない。これなんかは「競争社会」を乗り越える、って感じかな。

長いレスになりましたが、NANさんの質問に答えていないかもしれませんね、すみません。

毒多
2013/05/27 11:57
■「競争社会」について

資本主義=競争社会って感じで皆が認識していると世の中変わらないかも♪

■「ブータン」について

「国民総幸福量」という言葉をご存知でしょうか?
NAN
2013/06/02 05:30
>「国民総幸福量」
この単語は知っています。テレビは見ますので、ちょっとまえにブータンの王子?が来日したときワイドショーが騒いでいたのを見ました。
この「国民総幸福量」という数値化と実体とどこから因果するのかは、わかりません。今の日本人がブータンで暮らして幸福を感じるのかどうかは解らないし、そも人にとって「幸福とは?」というのは問われるところでしょう。数値化以前の条件が多々ありそうです。
東ティモールを挙げたのは、「カンタティモール」という映画をみたからです。幸福とは程遠い現実のある東ティモールですが、あの精神が幸福に結びつくのかな、とは思っています。

毒多
2013/06/03 10:11
東京・新宿で16日、在日コリアン排斥を掲げるデモの参加グループと対立グループの間で乱闘騒ぎがあり、
警視庁新宿署は、暴行の疑いで双方のグループの計8人を現行犯逮捕した。

デモは「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などが新宿・新大久保のコリアンタウンなどで月に数回実施。

逮捕されたのは在特会会長、桜井誠(本名・高田誠)容疑者(41)ら4人と、
対立グループ側の写真家久保憲司容疑者(48)ら4人。

新宿署によると、乱闘騒ぎは16日午後2時から午後4時半ごろにかけ断続的に発生した。
逮捕容疑は互いのグループの参加者を殴ったり、相手につばを吐きかけたりした疑い。


対立グループって「レイシストしばき隊」だろ!(テレビでも同じ表現)

こういう小細工するから…火がいつまでたっても消えないんだよ(爆発)

※(爆発)とは怒りの感情の段階でありまして…

【弱め】おこ
【普通】まじおこ
【強め】激おこぷんぷん丸
【最上級】ムカ着火ファイヤー
【爆発】カム着火インフェルノォォォオオオウ
【神】激おこスティクファイナリアリティぷんぷんドリーム
NAN
2013/06/17 10:32
NANさん、おはようございます。

>乱闘騒ぎ
なんだかギャグですね。コリアンタウンの人々はどう見てるのかなぁ?
当該そっちのけで、大騒ぎ、、って、イソップやらなんかの訓話にでてきそう。

とはいえ、群れをなして「出てけ、死ね」と大声を上げるレイシスト群に対して、当該でなくても第三者としても「知らん振り」、という訳にはいかない、とうのは第一感です。
「なんらかの対応」とはホント知恵を働かせなければならない。最悪の「同じ土俵に降りていく」ってことだけはしてはいけないはずなのに、、、、解ってませんね。

コリアンタウンの当該が、冷静に「双方ともおちつきなはれや」と宥めるのが、一番よさそう。




毒多
2013/06/19 08:35
東京・新大久保などで行われている嫌韓デモの「カウンター」として登場した「レイシストをしばき隊」が解散をし、
C.R.A.C(Counter-Racist Action Collective=対レイシスト行動集団)が立ち上がった。

「しばき隊」は今年2月に登場。デモ終了後に、在特会(在日特権を許さない市民の会)関係者等のデモ参加者が
「お散歩」と称し、店に向かって「朝鮮人出てこい」「殺すぞ」などと罵る行動をすることが常態化していたが、
これを阻止することが目的だった。

 有田芳生著『ヘイトスピーチとたたかう!』では、彼らの目的について
“彼らはとても誤解されていて、「あちらが暴力なら、こちらも暴力」というイメージで見られがちです。
しかし実は、矢面に立っている在日コリアンの人たちから在特会の敵意を自分たちに向けさせ、
新大久保を守ろうという意図をもっています”と説明されている。

 今回新たに立ち上がったC.R.A.Cは
「街頭行動、言論、写真、アート、音楽、署名、ロビイング、イベント、学習会その他、
必要なあらゆる方法でレイシズムに対抗します」とのこと。
これまでの「カウンター」との関係でいえば、以下のようなものだという。

“C.R.A.Cは、いわゆるしばき隊、プラカ隊、署名隊その他が渾然一体となったものと考えてください。
NAN
2013/10/02 04:29
ヘイトスピーチとレイシズムを国際的な連携で乗り越えようと、9月25日、「のりこえねっと」という組織が発足した。
共同代表20人、賛同者は200人を超えるという。呼びかけ責任者の辛淑玉氏によると、
もっと早くこのような動きが出てきてしかるべきだったとのことだ

▼辛氏のいうとおり、このような動きが具体化したのは遅い気もする。だが、これまでの諸般の状況を勘案すれば、
決してそうともいいきれない。共同代表の20人は最も勇気のいる行為をした。
在日韓国人も陰で批判・批評するばかりでなく、具体的な行動を起こすべきだ

▼特に民団は宣言・綱領の中で組織の性格を「生活者団体」と規定している。
また韓日両国の親善活動に寄与することも明らかにしている。それならば、
今はいわれなき誹謗・中傷に立ち向かうべきではないのか。グローバル化した21世紀に、
公々然として在日韓国人や在日外国人が攻撃対象になっているのに、何の対策も打たないのは理解しがたい

▼在日韓国人が獲得した数々の権利のほとんどは、日本政府から一方的に与えられたものではない。
1世中心の過去の民団が、長い年月をかけて理論整備をし、
法的・人的連携を各地域で地道に構築した結果として得たものだ

▼本国政府に陳情するのも結構だが、まずは当人達が懸命に課題に対応し、努力することが優先だ。
「のりこえねっと」の活動で、世界の趨勢は、私達の訴えが正しいことを認めるということを証明してもらいたい。
そして、日本国での法制化に結び付けて欲しい。

[統一日報]より
NAN
2013/10/02 04:32
長期に渡りヘイトデモを追い掛けてきましたが…

結局、在特会よりもデモカウンター団体及び在日コリアンの考え方が理解出来ずに終えます(泣)
NAN
2013/10/02 04:41

おお、その後ですか、、、
それぞれに動きがあるのですね。

で、理解できないと泣かれても、私にも解りませんよ。

在特会のことは想像はできますが、やはり理解できません。

在日の方々がどうしたいかのは、やはり解りません。
1世の人々は課題は明確だったのかもしれない「権利を獲得する」ですね。権利が既得権としてある今の世代の在日の方々の課題は複雑そうですね。生活とアイデンティティと、社会と法と、、、生まれた時から日本にいて在日と言われても、、、分けわからないと妄想します。自分はどうしたいのか、何がほんとうにすべき課題かを確認すること、それが課題なのかもしれない、、、。ただ、この課題に真摯に向き合うことは「ほんとうのこと」に近づけるかもしれない。のほほん無思索で生活できる日本人にくらべ、生まれつき「本質」に向かう課題が与えられているのはラッキーかもしれない。、、、とは、考えられないだろうなぁ、、、普通は。

毒多
2013/10/02 16:49
カウンター団、これは一番私に近い立ち位置です。脇から当事者へ躍り出た。(もともと社会のなかの当事者ではあるのですが、、、、。)課題は、ヘイトスピーチ、レイシズム、を根絶したい、、、で、いいんじゃないですか?
とすると、在日にかわり自分たちが口撃されたい、ってのは何か変ですね。新大久保という町を守ろう、、ってのも風呂敷が広すぎて意図がわかりにくい。こちらの団は課題ははっきりしているけど、手段がよく解らない、といったとこかな。
ただ、ヘイトスピーチの断絶、レイシズムの滅亡というのは目の前の課題であって、その根源にある課題まで考えているのかどうかは怪しいですね。

この際だから、在特会と在日とカウンター団とその他の日本人と4者で卓を囲んで、じっくり冷静に話しあえばいいのに、と考えるのですが如何でしょう。オノレと向き合いながら話し合えれば、きっとみんな成長できますよ。

司会者にNANさんをご推挙いたします(笑)

毒多
2013/10/02 16:49
京都地裁が出した判決文を閲覧された方によると…

在特会の示威行為とその様子の動画の公開が、業務妨害と名誉毀損にあたることを違法性のある事実として認定している。

が(サヨっち情報求む)

「特定の被害者のいない差別発言について、709条の責任は問えない」
差止は、学校の半径200メートルの範囲で、業務妨害又は名誉毀損となり得る表現行為のみを制限するが、「被告らによる表現行為そのものを差し止めるものではない」

とも書かれていたとか…

事件番号:平成22年(ワ)第2655号


また…裁判で朝鮮人初級学校が「自らの属する民族の言葉で教育を受ける『民族教育権』を侵害された」と主張した為に→日本が出している助成金を受け取れなくなった!

とも…ウヨピー達は語っているが→村野瀬氏の歓喜記事とどちらが本当なんだろう?
NAN
2013/10/09 05:07
秘書室とどこの部分が異なっているの?
歓喜と批判?

しかしなぁ、、、、

ヘイトスピーチの本質
現行法での判決(規制)
助成金の問題(朝鮮学校の歴史)

これらが混ざり合って語られることが、ややっこしくてしかたない。

ワタシとしてはね、現行法でヘイトスピーチが罰せられても、本質的解決にはなんら関係ないとは思っていて歓喜するようなことではない、と考えるのだけど、現実には「法治」「国家」の原則で、そこに重きを置く人が歓喜すること(批判すること)は成り行きでしょうね。(ウヨピー、サヨっちにかかわらず)

法による規制など、所詮、法による規制でしかない。と、所詮法治国家と言いたい。

とはいうものの、病的にやらずにいられないヘイトスピーチをする人々に対し、現実問題として子どものトラウマになりそうな言説が「法的」に規制されることは、仕方ないと考えるね。継続されれば、おそらく、子どもも「憎しみ」を生まれさせ、「憎しみ」を増強させるだろうし、そうした教育が行われるかもしれない。
ヘイトスピーチをする側の深層心理を邪推すると、憎しみによる対立が、存在意義・アイデンティティになっているように思えるのだが、それも何かしらからの不満がそこに転嫁されたんだろうし、、、、幸せな気持で生活している人が、「国家の負の力」による「分断」の手先にはならないでしょ。
幸せな気持で生活している人は、他(多)民族教育をしているところに助成金が払われても、グダグダ言わないでしょ。
不幸せを強要されることで、負のスパイラルがおきます。
毒多
2013/10/09 09:18
お返事有難うございます。

ただ…お話の内容について、きっちり理解するのに少し時間が掛かりそうなので、感謝の気持ちをまずm(_ _)m
NAN
2013/10/09 11:55
NANさんと村野瀬さん、あるいはニュートラルさんの共通点は、基準を「国家」において議論している、ということです。国家に基準を置くときそれが法治国家であれば、法を基準に思考しなければならなくなり、法の内で議論するしかなくなる。
、、、と、こんな感じかな。
毒多
2013/10/17 09:35
返事が遅れすみません…
同時進行でkuronekoさんにも同じ話題で考えを伺ってましたので(苦笑)

で?増え続ける在特会に代表される日本人による「ヘイトデモ」について
毒多さんのおっしゃる通り、「国家」という概念から離れられない「自分なり」の解決案として…

法で規制するのでなく…
また「その存在」を絶対悪としてタブー視せず…
欧州の極右政党(ドイツ国家民主党等)のように彼らを政党化させるなど社会に取り込んでいき…
彼らの是非は国民に広く選挙で問うていくのが…
ヘイト活動を地下に潜らせ、死人が出るような過激な方向に行くことを抑え…
ひいては在日コリアンにも日本人にも1番社会に悪影響が少ない解決方法ではないか?

という結論に至りました

この結論を基に…自分は今後の在特会と在日コリアンの抗争を見守ります
NAN
2013/11/01 18:28
NANさん、ゆっくりは望むところです。kuronekoさんんとこは早すぎ!!(笑)

>「国家」という概念から離れられない、、
というより、こうした論議をするうえで、前提そのものを問題にしてしまうこと事態が反則だとも考えられますので、あえてそこから問題にするブログはスルーされることになる、ということでしょうね(>このブログ、苦笑)
それでも、やはり、そこは抑えておかないと、、、と思っています。

で、国家と(民主主義?かな)を前提にするとして、在特会を政党化する、ということですが、、、やはり不安は残りますね。
おそらく多くの人々が、ヘイトデモ、ヘイトスピーチに「絶対におかしい」もしくは「何かおかしい、何か変だ」と感じていると信じたく、それをとりあえずは「良心」と言ってみたいのですが、人間ってのは、常に「良心」に基づく判断や行動が出来るか、といえばそうでもないですね。
どこかで書いたかもしれませんが、ワタシのアマチュア心理予想によりますと、在特会の人々の不満も元を追及すれば「在日」への不満じゃないと感じます。金持ち喧嘩せず的に、幸せ者喧嘩せず、と思いますので、やはり同様に得も言われぬ不満が募り、とりあえず「国家基準」において「日本」で攻撃できそうな在日に矛先が向いたにすぎない、と思うんですね。「学校基準」のイジメと同じです。
(「良心」が「不満」に凌駕されることになる・・かな)

毒多
2013/11/05 09:45
おそらく、この先、日本国においても不満が募りやすい状況になると思うのですが、そうしたときに「良心」の発露よりも、「不満」の爆発、、つまり、政党:在特会が支持を得やすい状況になるのでは、と危惧します。歴史上もそうしたことはありましたよね、たしか?。
不満が多数になったとき、政治権力は保身のため、マスコミも保身のため矛先を他に向かわせることになるのは権力の定石でしょ。しかも多数はそこに乗りやすい、と来ている。

つまり言いたいのは良心により判断されるのではなく、権力と手先であるマスコミに誘導される、、、ことを危惧するわけです。

ワタシは「在特vs在日コリアン」はあくまで表面的な現象で、根は別にある気がしています。

毒多
2013/11/05 09:47
昨日か昨日の最高裁が出した見解によると在日朝鮮人の属性は民族ではなく人種(イエロー・ブラック・ホワイト・在日朝鮮人)となったらしい

出世したね〜w
NAN
2014/12/10 23:31
NANさん、お久しぶりです。

まずは、特定の「問題」をずっと追っかけ思索されていることに敬意をしめします。一過性のネタとして問題を消費しているマスコミやブログとは違うんだな、という敬意です。素直な敬意として受け止めてください。

どうも、ここのところ物忘れが激しく、自分で書いたことさえ忘れたりする。というか、偉そうに書かれたこのエントリーが如何に表面的だったかを思い知る。という、このエントリーのことも忘れていました。
一旦崩壊し、「ヘイトスピーカー」のようになったワタシが、自分のこととして読み直し思索しなおすべきエントリーであり、思い出させてくれたことに感謝します。これを書いた当時とは違う感覚で読めそうです。

コメントのレスですが、最高裁の「正しさ」は、システムとして「正しさはこれにしよう」でしょうし、「民族」より「人種」が「出世」もよく解りません。あ、「出世」というのはシステムのなかの出来事ですね。とはいえ、システムのなかでは「民族」も「人種」も「出世」も大切なことなんだろうなぁ、、、、感嘆符

システムとの捉え方、付き合い方が問題なのかもしれないな。

毒多
2014/12/11 08:39
出世について…

自分調べですが民族については数百数千数万の存在があることを知ってるけど、人種については三種しか知らないから♪

存在が少ない方が目立って人の関心を得られやすいでしょ?

ただ…出世したからといってそれが人の幸せに直接繋がるかといえば…という自分の負け惜しみw
(ただでさえ年末は厳しいのにカンパかぁ)
NAN
2014/12/11 10:57
なるほど、「人種」というカテゴリーが「民族」というカテゴリーの上位に在る、っていう解釈での「出世」ですね。

ちょっとググってみたんですが、「人種差別撤廃条約が禁止するような人種差別にあたる」という部分ゆえに「人種」に「出世」と嘲笑っている??わけですね。「w」という締めくくりに、嘲笑うというイメージを持ったわけです。

で、NANさんは、システムの判定(「人種」差別撤廃条約をもちだす)を嘲笑っているのか? 本質を見据えない茶番を嘲笑っているのか? 在特会の攻撃の深層は全然別のところにある、、と思うのですが、、、彼らも幸せから遠いところに居る。

そう、
>幸せ・・・となるとさらに複雑な気持ですね。

判決によって在日の人は幸せを感じるのか? はたして在特会?の人はさらに憎しみを募らせるのか? おそらく根本解決には至らないわけで、システムのなかで解決は不可能となるでしょうね。
毒多
2014/12/11 13:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
「新大久保辺りのヘイトデモ」・・・悲しく思う理由 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる