毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「被災地辺りの野菜や魚」…ちゃんと前進するということ

<<   作成日時 : 2011/06/21 15:22   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 15

事故周辺、またそれより広い範囲の野菜や魚介類のこと。
このことに触れるのはマズイのだろうか?
アンタッチャブルなのか?
言えば被災者の敵になるのか?
言えば風評被害の手先なのか?
放射能に無知な臆病者と後ろ指さされるのか?
被災地の復興を裏切る言葉で、差別の元凶と言われるのか?
「黙っている」という選択肢はある。
ホント言わなきゃいいのに言ってしまう自分に呆れている。
でもさ片方で「被災者のために」と言っといて、その野菜や魚貝類のことは「言わなきゃいい」でいいのか? と、いらぬことを言い自爆してしまうバカである。

正直に言えば「解らない」のだ。まったく解らないことだらけである。
誰が解っていてモノを言っているのだろうことも、解らない。不信感だらけである。
コロコロ変わるいろいろな「数値」「情報」。
処理に困るものだらけの現実と選択肢のない曖昧な処理。
放射能に対する警告。放射能を異常に怯えることへの警告。
もう何がなんだか解らない。
だいたい「今」のことは解っても、10年後20年後のことは誰が解るのだろうか?
広島か、長崎か、チェルノブイリのその後で推測できるのか?
でも前例とちがう終わりの見えない事故処理。
どれだけ漏れたら終わるのかも解らない現実。

ワタシ個人の10年後も20年後もどうでもいい。でも子どもは別だ。子どもといっしょに買い物に行って子どもといっしょにメシを食う生活で、複数の産地の野菜が並ぶなか、わざわざ選んで買うか、と問われれば、、、、、ふぅ、、、。もちろん、流通して店頭に置かれるものに危険は少ないとは思うが、「不信感」はあるのだ。この国は何を基準にものを決めるかということを考えると躊躇してしまう。アメ牛のときを思い出してもらえばいい。
実際にこの辺りでは、被災地辺りの野菜が店頭におかれていない、、、気がする。だから現実には選択の余地はない。逆の選択の余地のない地域のことを考えると心が痛む。何も食わずに生きていられないなかで10年後も20年後の心配もないだろ、というのはその通りである。だから危険な可能性のある地域を離れて少しでも危険の少ないものを食べて欲しいと願うが、実際問題としてとつぜん見も知らぬ土地へいって生活をすべきだ、と言われてもかんたんに出来ないことは自分に置き換えれば容易に想像がつく。しかも国は移住後のあと押しやらフォローをしてないのだから。

国が望むのはこれまでのシステムの持続なんだろうか。
おそらく、その辺りの野菜や魚を敢えて選択して買う、ということは、被災地で農業を続けられるようにしよう、ということだろう。魚であればその地域で漁業を再開し続けられるようにしよう、ということだと思う。
つまり事故以前の生産、流通、のシステムの復興を目指し維持しようということだ。
敢えて選択してその野菜や魚貝類を食べて、そこで復興することが「被災者のためになる」という考えだな。
でも、ふと疑問に思ってしまう。これは本当に被災者のためになっているのだろうか? と。風と雨によっていつホットスポットになるかわからに畑で労働をすることが、アレがオーバーフローしている海で漁業をすることが被災者のためにいいのか?
すでにアレをないことにできないのが現実なのだが、いつもアレに怯えて仕事をし、食し、生活することをフォローする(野菜や魚を買うことが)本当に被災者のためなのか?
ワタシにはどうしてもそう思えないのである。居た堪れないのだ。

とある、福島の農家の婿さんは農家を廃業したとブログ(http://ameblo.jp/noukanomuko/entry-10926646707.html)に書いた。地元行政は「計らないから作付けしてください」と言ったようだが、嫁に食わせることのできない農作物を他人に売ることなんかできない、と苦渋の決断をしたと、書いてあった。
はたまたどうやら、最近「脱原発サイド」で注目を浴びているらしい京大の小出さんとう助教(http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/06/19/hokkaido-jun19/)が、年齢に応じて「汚染」野菜を食うべき、、、と言ったらしい。これはストレートに日本の一次産業を衰退させないため、という理由とともに言った言葉である。
ワタシの気持ちは福島の農家の婿さんにプライドの高さに寄っている。ほんとにそこで一次産業を続けるためにその野菜を食うことがベストな選択なのか? 多くいるだろう「農家の婿さん」のような人にその辺りから離れた土地で農業を続けることを保障できないのだろうか? 「漁業」も他の海で行うことを社会として保障できないのだろうか? まず今必要なのは「脱原発の国民投票」ではなく、「あらたな社会の青写真を国民的議論」ですべきではないのか?
なんの議論もなく、現状システム持続復興します。その維持のためその辺りでも農家、漁業を続けましょう、そこでとれた野菜、魚を食べましょう、というのは承服しがたい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コア・コンクリート反応
6月23日テレビ朝日の朝の情報番組で 京大原子炉実験所の小出裕章助教は、現在の原発事故が『東京電力福島原発の原子炉は溶けた核燃料が圧力容器の底を破ってコンクリートの土台にめり込み、地下へ沈みつつある。』とする根拠として、原発敷地外で見つかっている放射性... ...続きを見る
逝きし世の面影
2011/06/24 10:11
ベント成功は真っ赤な嘘「信用丸つぶれの東電」
『福島第1原発:1号機のベント「失敗」 問われる説明責任』 ...続きを見る
逝きし世の面影
2011/06/25 11:04
『書いたら終わりだからな』松本復興相、新聞を恫喝
6月27日の就任直後にサングラス姿で記者会見して物議をかもした暴力利権集団である部落開放同盟幹部と二足の草鞋の松本龍復興担当大臣。 その後にも『自民も公明も嫌いだ』と発言して自公両党から抗議され正式に陳謝した経歴が有る常識の無いことで定評が有る問題大... ...続きを見る
逝きし世の面影
2011/07/04 15:00
「海からの逆襲」
 ゴジラの映画ではない。「神の仕業」という某大臣の言葉を借りれば、今まで、山を削り海を埋めて広げた臨海都市が、津波によって海に持っていかれた…ということだと思う。「千年... ...続きを見る
ストップ !! 「第二迷信」
2011/07/05 20:05
九電やらせメールより悪質、東電少年の「やらせ」疑惑
『通常の業務慣習だった仕込み(やらぜ)』 ...続きを見る
逝きし世の面影
2011/07/09 08:41
福島第一原発事故の損害額はいくらか、幻の半世紀前の政府試算
『経済的に成り立たない原子力による発電』 ...続きを見る
逝きし世の面影
2011/07/12 08:27
「天空の城 ラピュタ」何故自爆コマンドが存在したのか
『設計、開発者責任』 ...続きを見る
逝きし世の面影
2011/07/14 09:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
具体的な農地とセットでない農業なんてあり得ないですし、具体的な漁場とセットでない漁業なんてあり得ない。
その人たちにとっては「かけがえのない」「代替するものがない」ものとセットであることが、ほとんどなんだろうと感じます。
それを想うと胸が痛いです。

例えばファミレスで働いていて、いきなり「ここのファミレスはダメになったから、あっちのファミレスで働いてくれ。
 おんなじデニーズなんだから、あっちの店でもいいじゃないか」と言うのは、「システム」の論理ですよね。

「「「実際問題としてとつぜん見も知らぬ土地へいって生活をすべきだ、と言われてもかんたんに出来ないことは自分に置き換えれば容易に想像がつく」」」

ただ住み慣れてる・・という以上に、農地や漁場には手塩がかかっているし、思い入れがあるんだろうと思います。

それを踏まえた上で、なおかつよそへ移ってやることを勧める・・・みたいな話になるとは思うので、それはもっともなことなんですけれど、簡単に言えることでもないなぁ・・なんて想ってます。
アキラ
2011/06/21 19:10
「福島の農家を応援するために、福島県野菜を使います!」という外食産業、応援するというからには「それなりの価格」で買い上げてるのかなあ?原価を下げるエクスキューズに「福島を応援」というのが使われていることはないのかな?と、少々疑問。
みみず
2011/06/22 07:24
アキラさん、おはようございます。

>「かけがえのない」「代替するものがない」ものとセットであることが、ほとんどなんだろうと感じます。

こういう指摘で補完されることでなりたつエントリーだと思っています。
このエントリーを書いたのは随分前なのですが、やはり簡単に言えることではないし、もしかしたらその辺りに住む選択しかない人が読めば「二重被害」になるのではないか、とも考えエントリーとして挙げるのを躊躇していました。

また他の土地で農業をすればいい、漁業をすればいい、というのも安易すぎ、なんだか政府がよく言う「代替地」みたいで書きながら厭な気分になります。書きながら嫌な気分になるということは、当事者が読めば当然嫌な気持ちになるでしょう。

それでも挙げようと思ったのは、「農家の婿さん」のブログを紹介されたからです。(ワタシにはない)仕事に対するプライドを感じます。こうした人が多いなら、なんとかその仕事を続けることはできないのだろうか? 作る(獲る)ほうも、食べるほうも、誇りと感謝をもつことができないか、という思いです。

精神的なことを考えると時期尚早ということもあるでしょうか?
しかし遅れれば遅れるほど、なんともならなくなるような気がします。
気を使い過ぎ、触らぬ神に祟りなし、、では前に進めない気がしています。
ただ、ワタシも自信があるわけではないのですが、、、
毒多
2011/06/22 08:54
みみずさん、おはようございます。

>原価を下げるエクスキューズに「福島を応援」というのが使われていることはないのかな?

これが実際にあればとんでもないことだと感じます。
もし日本が小出助教のいうように「汚染された」食べ物を一次産業持続のために食べていく選択をするのであれば、通常よりも高く仕入れて高く売るのが筋でしょう。もし弱みにつけ込むような儲け主義であるなら生産者と客の両方を裏切っていることになり、淘汰されるんじゃないのかな。
そういえば、震災後、数時間で「応援キャンペーン」と称して、買い上げ価格の数(3とか5ぐらいだった気がする)%を義援金としておくる、とFAXしてきた貴金属屋がいましたが、とても厭な気持ちになりました。

毒多
2011/06/22 08:54
もちろん僕の中で解決がついている問題ではないんですけれど、もう一つ僕が納得いかない(むしろ辟易する)のは、直接の被害に遭っていない地域の 被害者ヅラした大人たちです。(特に子を持つ親御さんとかで)

(一応言っておきますが、毒多さんのことを念頭に置いてはいませんからね、当たり前ですけど。(^o^) )

子どもたちは、間違いなく被害者です。
彼らのことをよくよく考えなければなりません。
そのために、出来ることをしていかなければなりません。

けれども、その子どもの親までが被害者ヅラした発言をしているのが、僕はオカしいと思うんです。
原発を容認してきた僕ら大人は、すべて加害者でしょう。

「私は反対してきた」と言ったって、止められてないのですから、
もっと問題なのは、核のゴミをどうするかの道筋をつけられていないのですから、
やっぱり「享受だけしてゴミは子どもに押しつける」加害者の一員です。

もしも「そんな安全も確認できてない農地でなぜ作ったのか!」と責めるような大人がいたとしたら、(いるんでしょうね、おそらく大勢)、その偽善っぷりに僕は辟易します。

実際には被害に遭ってはいない遠く離れた地域に住んでいる(とはいえ、そう遠くないところに原発があったりするでしょうけど)大人たちも、
全員「われわれは加害者なのだ」という認識を持ちつつ、物事を考えていかないと、何をどうしていったらいいのかの妙案は、なかなか生まれてこないのではないかと思っています。
アキラ
2011/06/22 10:39
長々とすみません。続きです。

僕も畑をやっている(やっていた)わけですけれど、農家の出じゃないし、今いるところに昔から住んでるわけではないですし、
元々「どこへ行っても3年くらいで作物を軌道に乗せられる」ことを目標にやり方を工夫してきているので、
もし自分のところが汚染されたら他の地域へ移るということが、そもそもはあまり苦にならないはずですが、それでも今想像するとかなり苦しいものがあります。

生産する人たち、流通する人たち、食べる人たち、行政を担当する人たち・・・、全員が「われわれは加害者なのだ」という意識を持ちつつ考え行動していかないと、なかなか道筋がついていかないような気がしてるんですね。
アキラ
2011/06/22 10:39
>直接の被害に遭っていない地域の 被害者ヅラした大人たちです。(特に子を持つ親御さんとかで)

はい、これはワタシと名指しされてもかまいません。いま被害者面はしてないつもりですが、ついつい子どものためといい護身に走る、そして気を緩めるといつ被害者面になるかわからない、そういう弱い人間だということを自覚しています。常に頭に叩き込んで自分を戒めてないといけないと思っています。

実は事故直後ワタシは自分の子どもに謝りました。子どもはキョトンとしていていました。言葉で謝れば済む問題ではないと解ってはいるのですが、今のこと、これからのことを説明するにあたりまず謝らなければと思いました。

正直にいいますと、農家や漁業の人のほうが他所でもやれるのではないか?と思っていました。ワタシなど特に技術や能力がなく仕事以外の繋がりから始まり仕事を貰っている自営業者にとって縁故のない見知らぬ土地では誰も相手にしてくれないでしょう。いきなり職に困り食に困りそうです。人間相手というのはそういう面はあるけれど、「土」相手、「海」相手というのは、裏切られない、気がしていて、耕作に適した土地さえあれば作れる強さが農家にはあるのではないか、、、と密かに思っていました。もちろん愛着がある土地を離れる苦悩とかその他心の問題はあるでしょうが、ワタシなんかと比べればずっと強い人たちの気がしています。土さえあれば作れる、海さえあれば獲れる、そして作ったものは獲ったものは必ず必要とされる、、、皆で土を保障する、、、海を保障する、、、って考えてしまったわけです。単純すぎますね。

大人は加害者というベースに立つのは同意します。
加害者であるワタシたちが今の惨状を死ぬ前に始末をしたいものです。

毒多
2011/06/22 11:34
以前のコメントにも書きましたが、自分の場合は「騙されたふりの共犯者」として原発を容認してきた(物心付いた頃には既に原発が地元にあり、既成事実だったということもあります)以上、紛れもない加害者ですし、これも以前に書いた通り東電を責める気にもなれません。
東電を免責すべしとも思いませんけれど。

それでですね、件の加害責任を如何に負うべきかという問題については未だ答えが見つかりません。
私自身について言えば、「ふくいち由来の放射性物質を含む農作物・海産物を食べることで罪を購え」と言われればまあ食べることは出来るでしょう。今も外食時に産地がどこか分からない食品を摂っているわけですし。

しかし、(因果関係・相関関係はさておき)放射性物質を含む食物を摂取し続け、その後に晩発性の悪性腫瘍にでも罹り医療に頼れば、保険の負担という形で結局社会に「ケツを持ち込む」ことになってしまいます。
場合によっては、食に費やすコストよりも医療費が高くつく可能性すらあります。
もちろんこれは単なる蓋然性の問題。
黒い時計の旅
2011/06/22 22:44
もうひとつは、他者に「加害者としての認識」を持てと言えるかどうかです。

私には、言えません。

ふくいちの事故後、女友達の1人から「怖いので原発関係のメールは送って来ないでくれ」と言われました。他からも、どうにもならないことについて考えるより、前向きに生きたいという反応がありました。

原発を容認した当事者としての自覚より遥か以前の問題として、自分が消費している電力の発電方式について考えを巡らしたことのある人間自体がまず多数派ではない。
そして、原発事故や放射能汚染について考えることが怖くてシャットアウトしてしまっている人たちがいる。
自分には、心情的にそれを責められません。
恐怖は、感情です。他者の感情を批判することは可能ですが、それで相手の心が開くことは恐らくないでしょう。
黒い時計の旅
2011/06/22 22:46
農業・漁労従事者の移転と移転先での業務再開の話ですが、漁業については近海漁業に限ると「何時、何処のポイントでどんな魚介類が獲れる」といった知識は漁師の経験則から得られるもので、漁場が変われば完全にリセットされてしまうことになるでしょう。
これはあくまで「対・自然」の話ですけれど、他方「対・人間」の問題として、養殖や定置漁業の場合は地元の漁協という参入障壁があります。

宮城県でしたか、震災後に自治体が水産業特区といった構想を打ち上げたら地元の漁協が大反対…という報道がありましたが、この手の問題はどうしても付いて回るでしょうね。

かと言って放射能が人間が対策を立てるのを待ってくれるかというと、当然無理なわけです。
喧嘩して勝てる相手ではない。どのみち逃げるしかない。
1トンあたり2億円を払ってアレバに原発の汚染水処理を頼むにしても、冷却水の注入作業自体がいつ終わるとも知れませんし、海水の除染をアレバに任せるわけにもいかないでしょう。
何せ1トンあたり2億円ですからね。
黒い時計の旅
2011/06/22 23:13
黒い時計の旅さん
またまたの、亀レスすみません。
何度か書こうとしたものの、書くたびに考えてしまって挫折していました。
で、未だに考えがまとまりませんが、取り敢えず、音沙汰なしでは失礼ですので、、というコメントです。

現実と机上の思い、直接の当該と間接の当該、、、
現状維持復興と、全く違うシステム(価値)に変える、変わること
何から考えていいものやら、もう少し時間を下さい。
はい、わかってます、おっしゃる通り、アレは待ってくれないんですが、、、
毒多
2011/06/24 17:35
原発を容認しちゃった時点で、このへんのリスクを負う「連帯責任」があるんだと思います。
(自分は戦争に反対したんだから、敵の攻撃を受けるのは不本意だ・・と言っても、「そういう政府」を選んだ国民は、逃げようがない)
 残念ながら、日本は「民主主義」を掲げる国です。

 世界中で6秒に1人が「餓死」しているとき、自分とこで取れた農産物を捨てて輸入する、ということは、侵略行為に等しいと思います。

 ダイオキシンや、PCBや、いろんな危険をふくんで「便利さ」を選ぶのか、安全にこだわって不便を我慢するかの選択です。

 便利さは求めるわ、危険には近づきたくないわ・・・。
 (肉は食いたいわ、血は見たくないわ・・・)
は、あかんでしょう。
meisinn
2011/07/05 20:04
meisinnさん、こんにちは

まあ、最初から危険だと思っていた人には連帯責任はあるかもしえませんが、政府や電力会社が言う「安全」を素直に信じていた人に責任はなく、裏切られたと感じるのも仕方ないかもしれません。まさか「信じるものは“足元から”スクわれる」と言って信じることを否定するわけにもいきませんから。
信じて裏切られた、と感じている人が政府や電力会社を責めるのか、自責の念に浸るのかは個々の資質なのかもしれませんが。誰を責めたとこで現在進行中を阻止できはしないのですが。

六秒に一人が餓死かぁ。厳しいですね。
グローバルされてからは(っていうか近代以降かな?)、いわゆる先進国(経済・利便追及)に大いに責任があるのでしょう。いいとこどりは許されず、報いは受けることになりましたが、報いは先進国にとどまらず地球規模で広がりそうで、どこまでいっても先進国は〜!! ってなことになりそうな気もします。

毒多
2011/07/06 15:53
当然、選挙権のない子どもには責任ありません。
(選挙機会の多くを「原発推進派」に投じた世代がリスクを優先して引き受けなくちゃあ論は正しい)

世界レベルで見たら、「食料輸入大国」(を選んだ国民)が、自分とこの食料が不安だから、
輸入を増やす・・ってのは許せませんよ。
「お金があるところに売る」という、商社としては「儲けもん」なんでしょうが・・・。

国内でできることをどれだけやるか、ですね。
(全国の耕作放棄地40万haほったらかし。
福島県の人口は国政調査の5年間で「何もなくても」5万人減。)
これだけ失業者がいるのに、
過疎地で百姓してくれ・・とお願いすることもないし。
meisinn
2011/07/06 21:50
結局、今後日本がどうするかは、ちゃんと総括して方針をださなければならないのでしょう。
ただ、総括するにしてもまだ「進行中」ですから総括さえできない状態というのが現状なんですよね。
毒多
2011/07/08 10:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
「被災地辺りの野菜や魚」…ちゃんと前進するということ 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる