毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「自然保護」…無力な人間に何ができるというのだ

<<   作成日時 : 2011/03/12 09:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 7

人間が自然保護を叫ぶ。
あの美しい自然を護る、あのいとおしい動物を守る、自然破壊を食い止めろ・・・・
では、地震という自然にどう向きあおうか? 津波という自然にどう向きあおうか。
地震、津波も保護しなければならない自然、、、、え、保護だって? おこがましい!?
目の前で全て飲み込まれていく。
大地も木も草も魚も、、、人間も、、、
津波という自然に、
自然が自然を飲み込んでいく。
ただ呆然と見つめるしかないのか。
ただ、畏怖をもって見つめるしかないのか。
あまりにも無力だ。
自然に飲み込まれ死んでいく。
死、、、これも自然か、、、
地震、、津波、、、死、、、どれも自然か。
自然にまきこまれる自然。
ちくしょう、これが自然なのか?
人間は、なんて無力なんだ。
 
できうるなら、ワタシの好きな自然だけを保護させてくれ。
ワタシが美しいと思う自然だけ、ワタシが愛おしいと思う自然だけを護らせてくれよ。

みんな生きて欲しいと思う、、、この思いが勝手な自然であっても。
みんな無事であって欲しいと思う、、、この思いが人間だけの自然であっても。








今、ブログを更新できることに、することに、とても後ろめたさを感じている。
でも、何かを書かずにいられませんでした。

みなさんの無事を祈っています。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
原発『安全詐欺』の次は電力『足りない詐欺』
『関東から離れて』と勧告=在留フランス人に大使館 時事通信 3月13日(日)22時39分配信 ...続きを見る
逝きし世の面影
2011/03/14 14:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶり。
ブログをアップするだけではなく、テレビを見ていることも、「見物しちゃっている」みたいな思いがします。
映像を見なければ、それでいいわけでもないし、露悪的に「映像の迫力をどっか喜んでいる」みたいなことをいう気もないんですが、「高見の見物」になっているようで、落ち着きません。


ところで原子力資料情報室の記者会見があるようです。
http://www.videonews.com/

kuroneko
2011/03/12 18:55
kuronekoさん、おはようございます。
東京も相当揺れたと聞いてますが、ご無事でなによりです。

テレビをみてますが、ほんとうに、高みの見物のようで落ち着きません。
逃げる車が津波に飲み込まれる映像をみて暗澹たる気持ちでした。「無事を願う」ことしかできないのが歯がゆいです。
自然の恐ろしさを身にしみています。

周囲のに人たちは、「菅へは追及を免れた」とか「経済がどうの」とか言いますが、そんなことじゃないだろ、という言いたい気持ちです。

原発にかんしても、反対してきた一人として、「日本の原発は安全です」と宣伝してきた利権にたいして「見たことか」と詰め寄りたいこともありますが、今はまだ、そんな気持ちになりません。

どこに住んでいるか知らない多くのブロガーの更新がストップしていることが気になります。無事でいてくれること願っています。
毒多
2011/03/13 07:05
この国の本当のすばらしさは、危機に際して真摯である事。
どんな極限状況にあっても、補給品の奪い合いや、無政府状態や、強奪などが起こらないこと。それどころか、真の意味での助け合いが互いになされる事です。
こんな国はおそらく世界に他に類がない。
ウォールストリートジャーナルの社説にあったように、その真価が示されるでしょう。

それにしても、映像を見ていても感じるのは、死ぬも生き残るも本当に紙一重だ、と。
だからこそ、命を授かっているうちに、命を救いながら生きて生きたい、と、そう思います。
naoko
2011/03/14 03:42
naokoさん、こんにちは。

どうも国単位で考えることが苦手です。が、人々が自然とむきあい、耐え、助け合うこと信じ合うことは真摯だと感じています。これは日本という国に住む人の文化かもしれませんし、知恵かもしれません。
いろいろな事情をかかえる他の地域に住む人々にと比べることなく、奢ることなく、この力を併せていければきっと乗り越えられると信じています。

ワタシ自身はまだ、何も出来ずに自分の仕事に追われていますが、できることを探して和に入りたいと思っています。

毒多
2011/03/14 11:50
>どうも国単位で考えることが苦手です。

斜に構えた見方ですが今回の地震は否応なくナショナリズムを高揚させると思います。
「大義のある正しい戦争」と言えるかもしれません。
政治的にはついこの間まで与野党で「バカとアホウの絡み合い」を演じていたのが、急に休戦状態になり挙国一致的な雰囲気や翼賛的な傾向でてきました。

辞職一歩手前だった管首相が喜々として記者会見を行っているように感じてしまいます。
知らぬ間に大連立が成立して大増税ってことまでいく可能性があるかもしれません。

災害の問題とは別に政治の問題を気をつけて見る必要があると思います。
ダジャレイ夫人の付人
2011/03/15 20:29
>菅政権が嬉々として…
ありえない…。
刻一刻と命が失われていく状況の総責任を負っていることに、嬉々とできるほどのきちがい≠ナはないでしょう。
また、東北電力社員や自衛隊員に原発での命がけの作業を強いていることの重みを多少なりとも自覚していないわけがないと信じたい。
どれほど要領が悪く、無能であったとしても、です。
しかし、与謝野が、「日本は原発無しじゃやっていけない」と発言していますね。
過半数の日本人が同意見ならば、そんな国には天罰≠ェ落ちてもしょうがないかもしれません。
naoko
2011/03/16 02:54
おはようございます。

正直なところ、今は未だ、ナショナリズムの高揚、挙国一致のチャンスと考えられる政治家さえいない程だと見えます。保身と無口のほうが多そうです。
まあ、こんなときに「バカと阿呆」の低レベルな言い合いをする政治家がいないのは当然といえば当然かもしれません(某N市では、バカと阿呆の過半数がどうのと言っている市長がいますが)。
菅にしても、最初は嬉々のようにもみえましたが、流石にヤバいと気付き始めたんじゃないですか? ただ、まだ保身や利権に揺れている。他人ごとのようだ、、、と感じます。

>命がけの作業を強いていることの重みを多少なりとも自覚していないわけがないと信じたい。

“きちがい”ではないかもしれないが、この自覚があるかどうかは解らない、というか感じられない。被災した人への、原発周辺の住民への言葉が「自覚」をもったものと聞こえない。
要領が悪く、無能な総指揮官のもとで二次被害、三次被害が心配です。

毒多
2011/03/16 08:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
「自然保護」…無力な人間に何ができるというのだ 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる