毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「尖閣諸島辺りのビデオを観て」…ふたたび考えてみたこと

<<   作成日時 : 2010/11/10 09:26   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 6 / コメント 27

 例の無人島あたりの人間に勝手に線引きされた海上あたりの小競り合いの様子が映されたビデオが公開された。え?、公開じゃなくて流出だって? そうだよねぇ。それにしても、今のネットの力はすごいよね。1日でしかも匿名で全国に広げることもできちゃうんだから。ネット以前の世界じゃ考えられない。よっぽど悔しかったのか? それとも義賊ですか? 一応名乗り出ないってことは犯罪って自覚はあるんだよね。まあ法律以前に殺されるかもしれないし匿名の安全かな。
 それにしても人の噂も75日、玉虫色だかグレーだかでナァナァにしたかったかった「両国家」のおエラいさんたちも何してくれんねん、って感じかいな。いやいや前原なんかは嬉しくて仕方ないのかな?あのバカ自分の仕事も解ってなさそうなのでニヤケてるんだろうなぁ。あいつ外交の先頭にたたせとくマジ道を誤るよ。いくら国家なんて幻想っていったって、物理的破壊につながる幻想だから暴走するとヤバいからね。
 
 そうそうビデオね。まあ空き菅なみに地上波のニュースではみたけど、あんなもんだと思っていた程度の映像だな。海に落ちた保安庁の職員がモリで突付かれているとう妄想癖を持つ軽薄で愚かなオッサンの馬鹿さ加減が鮮明になったことだし、、、。
 それにしても海上だけに水掛け論だよな。しかも海水だ、なんだかショッパイお話だ。漁船vs監視船、生活vs国家だもんな、遣る瀬無いなぁ。生活vs国家って視点にたてばやっぱ生活支持でしょ。中国漁船vs日本漁船はずっとあの辺りでナァナァでやってたって話も聞いたんだけど、いっくら酔っ払い船長でも(日本の)漁船相手に凸もなかったんじゃないかな。両方共生活だもんね。生活と生活だし、あそこまで出張して仕事をする漁船も少ないだろうしね。で、今じゃどちらの漁師もあの辺りで漁がやりにくいという状態じゃないのかな。といいう面でも、ほんと国家の意地が絡んでくるとろくなことが起きやしない。
 前にも書いたけど、海底油田の権利がどうこうってさも国家らしい話もあるけど、あれそのうちメキシコ湾の二の舞になるから。海流の流れでいきゃ日本海が油まみれ。もちろん国家が補償できるような被害じゃないから漁師をはじめ多くの生活が崩壊するね。今の国家間の争いが生活の崩壊に繋がるって認識しといたほうがいいぜ。

 問題の国家は日本と中国ね、やりたくない喧嘩になっちゃってさ。けんか両成敗。と言っても「当事者」同士だから、そうはならないんだろうなぁ。三方一両損なんて大岡裁きもする第三者もいないしなぁ、、。アメリカがシャシャリでてきて、「オラたち沖縄から引くから、日本も中国もあの島から引き給へ、これぞ三方一島損」、、とか言い出せばアメリカは世界から絶賛され独り勝ちできるのに、独り勝ちどころか、日本も、中国もちっぽけな無人島と引換にうっとうし米軍がいなくなれば丸儲けとちゃうのか? まあ、あのアホなアメリカにゃ間違ってもそんなこと言い出す度量ないだろうけど。

 それにしてもさ、テレビで反日デモの中国の青年の言葉を聞いたけど、「日本と戦争になったら即軍隊に入って戦う」ってさ。これさ、いつぞやのA君の科白とかぶっちゃったよ。「戦争待望論」って言うの。不満だらけの生活が壊れればいいっていう破壊願望だね。国家やシステムへの不満がまったく的外れなところに向かって爆発しちゃってるっていうか、国家やシステムを前提にしちゃってる痛さが解んないのかな? 
 だいたいあの無人島もあの海もなんも関係ない両サイドの民衆が、旗振ってやんややんやの大騒ぎ。君等生活の不満を発散するなら、ちゃんと的を得ようよ。矛先は自分らの首を締めている国家やシステムだろ? それを国家の代表みたいなデモしちゃってさ、自己矛盾に気づかないかなぁ。
 国家も末端の無人島争いしてる場合じゃないだろ。怒りのはけ口作り出している場合じゃないって。ちゃんと根本的にみんなが生活できる努力をしろよ。それができなきゃ国家なんてマジ無用じゃん。

 なんだかロシアも便乗しちゃって北のほうの4つの島あたりで国家の主張を始めたってさ。あれのいくつかは無人島じゃなくてロシア人が住んで、ロシア語で生活しているんだよね。じゃあ、ロシアが実効支配してるんじゃない、と思ったら、もともと日本人が住んでいたのを戦争、、つまり国家の争いのせいでロシアのもんになり裸同然で追い出されたんだって。酷い話だ。追い出された元島民には同情するよ、、、、って、アレ? なんか変だな。元島民って日本人なの? 元々はアイヌじゃなかったのかいな? その昔、日本という野蛮な国家に力で服従させられたアイヌが、、、、今は日本という国家の力に則って島の返還を訴えている、、、国家の争いで生活が二度も壊されたのに、やはり国家に頼るしかないのかな、居た堪れないなぁ。こりゃ沖縄もいっしょかな?
 あの北の島は「返還」されたら今、島に住んでる島民は裸同然で放り出されるのだろうか? そしたら追い出された住民はずっと恨み続けるんだろうなぁ。え、誰を? 日本を? 譲渡したロシアを? いやいや再び移住してきた元住人を? 
 いつも国家に翻弄されるのは「生活している人間」だ。

 南の無人島あたりの漁師といい、アイヌといい共同体が国家の暴力で壊されるのは堪忍してほしいと
思う。と、こういうこと書くと、「じゃ、オマエは国家からの恩恵を受けてないんだな」とか「国家嫌いなら国家からでってって無人島で生活すりゃいいじゃん」とか言い出す人がいるんだけど、共同体を否定しているわけじゃないからね。それともっと人間は謙虚になろうよ。

 しかしなんともまとまりのないエントリーだなぁ、、、まあ、でもこんなもんだ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国漁船拿捕のビデオ流出と「転び公妨」
2009年就役の最新鋭の拠点機能強化型巡視船「よなくに」(1349トン) ...続きを見る
逝きし世の面影
2010/11/11 11:02
流出ビデオの海上保安官と読売テレビとの同衾
『菅民主党内閣打倒の擬似クーデター』 ...続きを見る
逝きし世の面影
2010/11/12 10:58
尖閣ビデオはどう扱えば良かったのか?
 尖閣諸島での拿捕事件のビデオ映像がユーチューブで公開されて一週間ほど経つ。退院直後の朝のニュースで騒いでいたので当然にも見てみました。現在 ...続きを見る
ちょっと一言
2010/11/12 15:49
障子○○コで現実に打ち勝て!!!
政治家も評論家もマスコミもみんな2ちゃんネタに踊らされてバカばっかw: ホットコーナーの舞台裏 ...続きを見る
迎春閣之風波
2010/11/15 19:20
尖閣事件で馬淵澄夫国土交通相辞任を要求
『ワイルドカード前原誠司』 ...続きを見る
逝きし世の面影
2010/11/16 09:25
143年前のいろは丸衝突沈没事件と中国漁船衝突事件
いろは丸衝突現場付近略図(龍馬暗殺より転載) ...続きを見る
逝きし世の面影
2010/11/20 10:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
尖閣問題について、どうも良く解らない部分があります。

中国は今13億くらいですよね。人口。
この13億の過半数以上は、尖閣問題どころか尖閣諸島の存在すら知らない可能性があると思います。

私には中国の全体像が全くイメージ出来ない。
中国を、「中国という様々な側面を捨象された単一のイメージ」で捉えることが出来ない。
2chなどを眺めていると、その捨象されたイメージを簡単に自分のものに出来る人達が沢山いる(ように見える)のに驚きます。

彼等の中国のイメージというのが、その内容のベクトル云々はさておき結像した形そのものが互いに似通っていて、それが不思議でなりません。
釘を差しておきますが、2ch批判ではありませんよ。
例示するのに都合が良かっただけです。
黒い時計の旅
2010/11/10 10:05
尖閣問題、わけても中国の漁船が海保巡視船に体当たりした事件と、何者かによる衝突映像のユーチューブ掲載については、個人的な感慨というか感情が全くありません。
普段巡回している時事・政治と全く無関係なブログの幾つかが、本件を「感情的に」採り上げており、何らかの感情を刺激する側面を持っているのだなと認識した程度です。

ただ、私はこれらの事件が引き起こした感情的反応を、国家幻想(共同幻想)やナショナリズム、拝外主義と安易に結び付けたくはない。
これらの言葉を駆使して説明するのはわりと容易いです。
解りやすい。

でも、人間の心って、そんな明快に説明がつくものなのでしょうか。
黒い時計の旅
2010/11/10 11:16
連投すみません。これだけ書かせてくださいね。
まだ東西冷戦の緊張下に日本があった時代、日本が固有の領土であると主張する北方四島近海でしばしば日本の漁船がソ連に拿捕され、乗組員が拘束されました。
それらの事件が発生した際、日本人は今の尖閣問題に対するような感情を露わにはしていなかったように記憶しています。

両者の差異に関わる幾つかの要因をあげることは出来ますが、ネットの有無は大きく影響していると感じます。

長くなるので端折りますが、ネットが、人間の「悪意・敵意を他者と共有して愉しみたい」という欲望を叶えているのではないか、と思うことがあります。
黒い時計の旅
2010/11/10 13:11
ルールはダメな人(愚か者)を救う大事なフェイル(フール)セーフシステムなのに、そのルールすら正義感?で破る愚か者が、国家の安全を守るために存在する組織である海上保安庁に在籍しているという事実は、世界における日本の信頼度を確実に下げており、また、流出映像の一方的な視点(中国船から見たら単なる進路妨害・・目くそ鼻くそという意味)を、これでもかと流すメディアは、中国の血気盛んな若者だけでなく、国内の愚か者(破壊願望者=非自立者)たちを、ロシアまでも巻き込んで、確実に戦争へ導いていると思います(メディアも70年間進化ゼロ)。
Armed Love Power
2010/11/10 21:35
海上保安庁は、意図的に映像を流出させる事により、両国の感情バランスを崩し、戦争への距離を縮めた。戦争を回避する責任を委ねられた国家を代表する組織が、逆に戦争への距離を縮めた、この責任は甚大というしかない(いつかの帝国海軍とレベルが同じでただの暴力団組織)。もし私がこの事件の裁判員となれば、日本と中国の多くの人の命を未然に救うため、当事者には(やむを得ず)極刑を望むと思います。
Armed Love Power
2010/11/10 21:37
まずは早く、当事者を明らかにすることが、日本政府に対する、中国を含めた世界の期待だと思います。
このまま犯罪者を放置するのでは、世界から見たこの国は、70年間進化無しの、ただの暴力団組織です。

Armed Love Power
2010/11/10 21:38
黒い時計の旅さん、コメントありがとうございます。

まず最初に、
>国家幻想(共同幻想)やナショナリズム、拝外主義と安易に結び付けたくはない。
これらの言葉を駆使して説明するのはわりと容易いです。

すみません。ワタシは「共同幻想」に結びつけています。

個々の感情の背景は多々あると想像します。個別の要因は書ききれませんし、第一分かりません。個々の多々あるだろう要因のうちの共通するひとつに「共同幻想」があり、そこを抽出して書くのは、もしかしたら無自覚に「共同幻想」に振り回されている人もいるのではないだろうか? という理由です。
「共同幻想」をナショナリズム、排外主義と列記されていますが、ナショナリズムも排外主義も国家を前提としたものですが、もうひとつまえの「国家(共同幻想)」を考えてみたくて書いています。

>「中国という様々な側面を捨象された単一のイメージ」
恐らく「反日デモ」といって騒いでいる中国に住む人は0.00???%かもしれませんね。それが100%に見えるのはマスコミのせいか?ネットのせいか?思慮不足のせいか? 不思議ですね。

>「悪意・敵意を他者と共有して愉しみたい」
これは人間の業なのかなぁ。確かにそういう面がありネットで安易に実現してますね。「善意や喜びを他者と共有したい」もあると思うのですが、いずれにしてもネットは人間のいろいろな面を安易に映しだすツールですね。おそろしや。

毒多
2010/11/11 10:31
>Armed Love Powerさん

面白くないコメントの典型です。
流出させた当事者なんてどうでもいいです。
しかも、極刑、ってあんた。少しは落ち着きなさい。
毒多
2010/11/11 10:33
「善意や喜びを他者と共有したい」は、良いですね〜え。
この尖閣問題に悪乗りして『銛で突いた』と騒いでいる石原慎太郎や佐々淳行に毒多さんの爪の垢でも飲ましたい。
この記事や黒い時計さんのように国家対漁民で、その他大勢とは違って生活のかかっている漁民側にたって物事を理解し様とする態度に敬意を表したいですね。
日本の漁民は韓国やソ連の拿捕に長年苦しめられていたのですョ。それを今回は立場が違えば丸っきり国家の側に立つなどは情け無い限りですよ。
親父が左翼運動で潰すまで代々続く漁師の家系であるので、義憤だけでなく私憤からも日本政府の今回の行為を批判しているのですが、魚が其処にいれば無理しても取りたくなるのですよ。
地中海マルタ沖でフランスのマグロ漁船の漁を妨害していたグリーンピースの小さな船が転覆、海に落ちた活動家を漁民が銛で突いて重傷を負わせたニュースでは、今回と大違いで日本のネットの書き込みは全員、大笑いですが全て銛で突いた漁民側支持でしたよ。
この時のネットの書き込みですが、今回の正反対のネットウヨと対比して考えて読むと実に楽しいですよ。皆さんにも一度読めれることをすすめます。
(逝きし世の面影改め)宗純
2010/11/11 11:32
宗純さん、お久しぶりです。

>「善意や喜びを他者と共有したい」

こうありたいと思っているですが、ついついワタシも弱い部分がでてしまい反省することが多いです。どうもネットというのは、本性というか人間性を必要以上に剥き出しに晒してしまうツールかもしれません。気をつけたいと改めて思ってます。

国家対生活者という視点にたったとき何故、生活者の視点にたてないのかが不思議です。アイヌをあげるまでもなく、三里塚でも、普天間でも、辺野古でも、各地のダムでも、ずっと生活者の視点で見つめた人でさえ、今回のような対外国の生活者の場合は国家の前提にたってしまう。不思議というよりも、幻想に毒されていると感じます。
毒多
2010/11/11 14:18
>面白くないコメント
おっしゃるとおり、あなたとは真逆のベクトルのようですね。私ももっとほかの世界で勉強してみます。短い間でしたが、しょうもないこんな私にお相手いただき、本当にありがとうございました。ではでは。(^^;
Armed Love Power
2010/11/11 18:30
>毒多さん
返信ありがとうございます。
若干補足しますね。
共同幻想について思索する営みを否定しているのではないです。
先のコメントを繰り返しますが、本事件にまつわる「感情的反応」を安易に共同幻想etcに絡めることのないよう自戒したいという話です。
そのために例示したのが、ソ連時代の日本漁船拿捕の話。

自国にまつわる共同幻想は、日本においてはここ30〜40年ほとんど変化してないはずです。
激変させる要因がないから。
ところが、ソ連時代の拿捕と尖閣の事件では感情の発露のトーンが全く違うでしょう?
どちらも主権を侵されているという「立場」は同じですよ。

共同幻想が国民の中で働いて感情的反応を引き起こすならば、「他国家との同種の軋轢」が生じた際には同じ反応が起きるはずです。
おかしいでしょう?
黒い時計の旅
2010/11/12 03:27
スミマセン続けます。
この事件、もしソ連時代にソ連の漁船が海保巡視船に衝突して海保が漁民を拘束しましたという話であれば、国民の反応は全く異なっていたと推測します。
おそらく、国民の大半はさっさと漁民を解放して終わりにしてよ、という反応を示したと思いますよ。

先日、「悪意・敵意を他者と共有して愉しみたい」という欲望について触れましたが、悪意や敵意を楽しんでいられるのは心に余裕があるからです。
イヤミな表現を用いれば、慢心がある。

(当時の日本にとって)相手がソ連じゃ、洒落にならない。
股の間に尻尾を挟んでブルブル震えるのが関の山でしょう。

要は、シリアスな危機がない小競り合いとタカを括っているから、エキサイトしてオダを上げられるんじゃないかと。
だから私にはバカバカしい騒ぎにしか見えません。
黒い時計の旅
2010/11/12 03:53
Armed Love Powerさん

すみません。
なんだか自分が凄くイヂワルなヤツのような気がして、非情に後味が悪いんです。が、ワタシのブログのことですのワタシが面白くなければ続きませんので仕方ありません。
またいつかどこか(他所のブログ)で会うこともあるでしょうから、見かけたら読んでみますね。

毒多
2010/11/12 09:01
黒い時計の旅さん、おはようございます。

>私にはバカバカしい騒ぎにしか見えません。
これは同意します。
でも、思慮のない「余裕」が大勢になったとき、それはそれで現実に戦争に突入する動機になることもあるでしょうから、嫌な感じがします。

対ソ連と対中国への大衆心理の差異は、戦争に勝った負けたでしょうか?、経済的先進国、後進国だったからでしょうか?、(経済的)おいつかれ追いぬかれたヤッカミでしょうか? どうも今の対中国への敵対の書き込みや行動も、余裕のようであって、痩せ犬の遠吠えというか、深層心理ではまるで余裕がないようにも見えます。(裏を返して、中国の民衆の日本に対する敵意も同じようなもの)。

みんな落ち着け、と言いたいです。

毒多
2010/11/12 09:01
>毒多さん
私の話も面白くなくて、スミマセン。
話変わりますけど、私生き物飼うのが好きで色んなもの飼ってました。
生き物が威嚇をするのは、どんな時だと思いますか?

戦いたい時に威嚇するのではない。
戦いを回避したい時に、威嚇するのです。
威嚇の時点では、まだ余裕がある。


何種類も飼っていた蜘蛛は、餌に対して威嚇はしませんでした。
我関せずな素知らぬふりをしていて、生餌が「間合い」に入ったら問答無用で襲いかかる。
そんな蜘蛛たちでも、餌に威嚇をするときがあります。
お腹がいっぱいで、食べる必要が無いときです。
捕食はリスクを伴うので、無駄な攻撃は回避します。
彼らは動くものに対して、機械的に無差別に襲いかかるわけでは決してない。
黒い時計の旅
2010/11/12 12:23
つづきです。
日本人にとって、かつてのソ連と今の中国の差は、彼我の武力と緊張度の差だと思います。

日本はソ連に一方的に喰われる餌ですよ。こちらから威嚇出来る立場じゃない。しかも相手がどう動くか読めない。

餌も威嚇することはありますけど、基本は逃げの一手です。
ところは国土は動かない。従い、逆鱗に触れぬよう沈黙する他ない。

一方今の中国と日本は、テリトリーが重なっている近所の飼い猫同士みたいなものでしょう。
少なくとも、一方が他方を捕食する関係ではない。
猫同士の集会みたいな付き合いももある。
四六時中ピリピリしてるわけでもありません。
だから相互の威嚇も起きるんじゃないですかね。
不真面目な例えでごめんさいね。
黒い時計の旅
2010/11/12 13:01
どうも、今晩は。僕は最近あまりテレビや新聞を見ないようにしています。昨今の反日デモでもちょっとそれにフォーカスしすぎで何か中国人が一斉に抗議をしているように思えますが、中国ではデモなんて毎日150〜200件くらいある訳ですし、反日デモは人数も精々数十人から数百人とそれ程多い訳でもありません(かつて中ソが国境で衝突したとき等は国家の動員があったとはいえ一億五千万人がデモに参加した位です)もちろん、漠然と日本が悪いというような視点で物事を見てる人は多いですけども、物価の上昇や住宅や車の購入やローンに悩んだりといったような事のほうが関心が高い訳で、ニュースの記事を見てもむしろ日本のほうが大きい取り扱いなのが興味深いです。円高、普天間問題、日銀の量的緩和やどう雇用を確保するか等、個人的にもっと日本は他にやる事があるのではないか?もっと言えば政治や外交も大切だけど、経済をもっと重視するべきではないかと思うのは僕だけでしょうか。
mzr
2010/11/13 02:14
黒い時計の旅さん

ん? 面白くない? 蜘蛛とかメチャクチャウケてますよ(笑)
人間の心理とかの話は好きなので思しろいのですが、うーん、蜘蛛かあ? やっぱり生物として根源的な感情には共通点があるのかなぁ。
弱い犬ほどよく吠える(威嚇する)っているけど、威嚇しあうのは「猫の集会みたいなもの」なのでしょうかね。
弱い強いといえば、日本のほうが弱いと思うのですが。
威嚇しあうのは、弱い、強いというよりも、両者とも「幼い」という感じなのかもしれないな。
毒多
2010/11/13 07:47
mrzさん、はじめまして、、かな?
コメントありがとうございます。

へぇ〜、中国では毎日150-200のデモ、ですか? 知りませんでした。
中国では普通の生活者は自分の生活にかかわることのほうが重要問題だ、というのは道理なんでしょうね。反日に怒りをもっていくしかないのは、普通の生活がままならない人々ってのは、悲しいです。
あれ、日本のほうの反中デモは誰がやってんだ? ありゃ普通の生活に足りている人じゃないのだろうか? とするとモチベーションは純粋に国家主義か。しかも生活に余裕があるかやっているとも思える、、、やっぱ余裕があるのか?

経済はワタシは一番弱いとこなんですが、これからの所謂経済的な発展は中国(東アジア)だよりしかないんとちゃうかなぁ(まあ先は見えてますけど)? 
そこを喰いつくした先は「思想転換」しかないでしょ。これまでのような欲にまみれをベースにした経済発展から「質素」とか「自重」とか「共生」とか、、、日本もこの際そこに方向転換してしまえばいいのに、いずれそうせざる得ないんだからさ。
毒多
2010/11/13 07:48
>毒多さん
いやいや、その場の思い付きで書いてますので、論旨も何もなっちゃいないコメントで申し訳ないです。
話が前後しますが、共同幻想自体が今回の軋轢に全く無関係とは考えていません。
ただ、その働き方に疑問が…。

この件で感情的になっている日本の方々は、海保の皆さん・動画を流出させた保安官さん・石垣島の漁師さんに対しては大変シンパシーを寄せていらっしゃいます。
他方、中国で働いている邦人の皆さんに対しては…何というか、冷淡ですよね。
彼等の身の安全や、生活の糧についてよくよく考慮して、その上で強硬な態度を打ち出しているように見えない。
共感的な感情が見えない。
社命で長期間中国に赴任している邦人は少なくないでしょう。
政治的なスタンスが絡む話でもありませんよね。
同じ「働く日本人」であることに変わりはないですよね。
なぜ、共同幻想による「皆さん同じ日本人」というシンパシーが等しく働かないのでしょう。

平穏な日常を優しく綴っているブログが、「日本政府の対応は国民を守っていない!!」と糾弾していたりね。
在中国の邦人は、日本国民ではないのですかね?
黒い時計の旅
2010/11/14 00:35
黒い時計の旅さん、おはようございます。

 やっぱり「幻想」だけに確乎たるものがないのかもしれません。その時々の気分で揺れ動くもの。ただそのベースはあるのは「民族」ではなくて「土地」(線引きで囲った範囲)なのかもしれませんねぇ。無責任な妄想ですが、、、
 
 日本(という幻想的な囲い:クドイので以下略)のなかの同胞にはシンパシーを感じて、囲いの外にいるとこまでは目が届かない。これはある種の中国人(と思い込んでいる人:シツコイので以下略)についても同じで、日本なかにいる中国人まで気が届かない。
 おっしゃることから考えると、一程、閉鎖性をもった空間を自分のなかで規定しなければ、「幻想」そのものが崩壊してしまうのかもしれません。そうすると「幻想」を前提にした自分の感情のもっていくとこがないので困るのではないでしょうか?(我ながら無茶いうなぁ、、、)

 この幻想の化身となり(取り憑かれ)体現しているのが「特在会」のような気がします。

毒多
2010/11/14 09:32
ビデオの漁船。網はあげてたけれど、魚があがってた風がない。(編集されてるのかもしれないが)

漁場としては、たいしたことないところで、
「はねっかえり」がデモで漁業してただけのように思いますね。

いつの時代もそうですが、
「中国で資本家に搾取されてる人たち」は、
「俺たちが汗水ながして働いた稼ぎは日本人が持って行っちゃうんだよー・・・」
 ってなことで怒りの矛先が「日本」にむく。
(ユダヤ人への反感を強めていったドイツと同じで)
 日本人の「労働者」が、アメリカやら多国籍企業でなく、「農家」をバッシングして
「安い賃金でも食っていけるための農産物輸入」の推進側に立ってるよりは、
「本質」に近いといえるかもしれません。

日本人のうちで尖閣諸島の場所も知らん人のほうが多数派でしょうね。
(鳥取県や大分県の場所を知らん日本人もいる)
×第二迷信
2010/11/14 23:18
×第二名神さん、お久しぶりです

>「はねっかえり」がデモで漁業してただけ
まあ、そうかもしれませんが、解らないことを規定するのも不味いとは思います。

>いつの時代もそうですが
ふむ、そうですねぇ、、ずっと変わらず同じことを繰り返す。何故でしょう? システムの基本的な構造は変化してないのか、そもそれが人間なのか?
しかし、そうしたシステムがそろそろ耐え切れなくなり破綻しつつありますね。破綻イコール破滅に向かわなければいいのですが、、、ふぅ。
毒多
2010/11/16 08:18
今回の騒動では石原慎太郎とか佐々淳行とか、まったく海のことを知らない連中が知ったかぶりで色々お馬鹿を曝していますが恥ずかしいですね。
何と今回は×第二迷信さんまでが一定程度影響されているようなので少し解説すると、
この漁船は一艘引きのトロール船で開口版(オターボード)が引き上げれれている様子が写っているし船尾付近にはおこぼれに与る海鳥が群れているのまで写っていましたよ。またトロール漁に使う網は大きな地網と最後に魚が入る袋網(コッドエンド)とは別構造で、開口版の付いた地網には魚は入りません。
船長の手が日焼けしていないとの話も当たり前で、ワイヤーや綱を扱う危険な仕事で素手では作業しないのです。
巡視船は凹んでいるが理由は漁船が強化しいたとの話も、この新鋭巡視船が高速を出す目的で高価な軽合金製であるのに対して普通の船舶は安くて丈夫な強張力鋼製であるからですね。安い鉄に対して値段が幾ら高くてもアルミでは硬さが違うので当たり前です。
この問題では、ニケさんも紹介している「蒼き清浄なる海のために」のブログ主は海保OBか関係者かマニア(オタク、熱狂的な海保ファン)が詳しい。

ただし、海上保安庁の内部情報は一般よりは詳しいですが政治問題や歴史では?で、今回のような外交や政治が優先する事件では、『海保が悪いことをするはずが無い』との無条件の無邪気すぎる思い込みが基本にあり、結論が間違っていますが。
宗純
2010/11/17 11:38
>宗純さん
一部の言論には中国漁船をスパイ船であると見なすものがあり、国家vs.生活者という軋轢の構図を国家間のそれにすり替えようとする意図が垣間見えてあまり気持ちのよいものではありません。

それと、宗純さんの指摘を私たちが読めるのは、宗純さんや漁業/船舶に通じた方々が海上保安官さんによる流出動画を見ることが出来たからで、動画のユーチューブ掲載は有意義だったのだと私は考えます。
機密扱いが求められる程の内容でもなかったですね。
勿論、件の保安官さんを憂国の士と持ち上げるつもりはありませんよ。
ことさらに秘匿したり、或いはそれを見てことさらに感情的になる類のものではなかったということです。
黒い時計の旅
2010/11/17 13:39
宗純さん、黒い時計の旅さん
コメントありがとうございます。
詳しいですね、勉強になります。まあ、漁師であったとしても「はねっかえり」であった可能性もあるわけで、、、って、自分の漁場だと思って漁をしているとこに、まったく別の理由(価値観)で漁を邪魔されれば跳ねたくもなるか? その場合は「はねる」能登は違いますね。

いずれにしても

>国家vs.生活者という軋轢の構図を国家間のそれにすり替えようとする意図が垣間見えて

に同意で、自分も気をつけようと思っています。

話はとびますが、「保安官」って言うんですねぇ。保安官と聞くとどうしてもアメリカ奪略史の西部劇にでてくる馬にまたがったロバート(仮名)を思い出します。刷り込まれていますねぇ(笑)
毒多
2010/11/19 06:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
「尖閣諸島辺りのビデオを観て」…ふたたび考えてみたこと 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる