毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「愛国心からの脱却」…やっぱ新たな共同幻想が必要かもね

<<   作成日時 : 2010/10/07 16:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 23

 「サヨちっくな愛国心」ってエントリーを書きかけたまま頓挫していたのですが、二つまえのエントリーの愚樵さんのコメントへのレスが書いているうちに「サヨちっくな愛国心」と融合してしまいました。長くなりすぎたということもあり、愚樵さんへのレスも兼ねてタイトルも変えて新たにエントリーをします。

 知識がないワタシにとっての「サヨ」ってのは、なんとなく国家を否定していくベクトルを目指すんだろうと肌で感じていたんですね。市民運動のころはそんな考えはなかったんですが、いつの頃からこういう感覚を持ちました。それは積極的に護憲を言い出してからかもしれません。9条賛美なんて国家と矛盾しているってのはこのブログでも何度か話し合われましたが、なおかつそれを護っていこうってのがサヨだと思っていたわけですから、矛盾しないためには国家否定のベクトルでしかありえないわけです。
 ところが、今回の無人島界隈の線引き問題のサヨ系のブログをみていると、日本という「国家」の立場として語っているのがほとんどで、国家が前提というか、国家が前提であることは言う以前の問題なんだなぁ、と感じたわけなんですよ。これで、ああ「サヨ」ってのも国家のうえにある思想なんだと再認識しました。
 以前、安倍“統一原理”首相のころ「愛国心」についてブログ周辺では喧々諤々の議論になりましたが、ウヨが言うとこの愛国心ってのはナショナリズムで、サヨは愛国心の強要がダメなのだとか、パトリオチズムならいいのではないか云々って議論もあったような気がしますが、今回の無人島周辺から発した件をみているとサヨだってナショナリズムじゃん、と感じてしまったわけです。政府にたいしてクレームをつけるとか、領土に関する認識とかについてとやかく言うのも「サヨ」なりの「国家」の愛し方なんだと感じました。
 まあ赤旗なんかの左翼も、日本固有の領土であることを国際ルールで主張せい(戦え)、と言ってるわけですから、憲法(前文)の精神を感じません。まあこの辺りも日本国家の憲法(前文や9条が)が、国家の存在意義と矛盾していることに繋がっているのかもしれません。

 愚樵さんは、サヨが主体的に戦争をすることを是としないことに対し、主権者であるとこの自覚に欠けるというわけですが、サヨは国「内」では関しては闘っていますよね。サヨのヒーローであるゲバラやマルコムだって国内で権力と闘ってきた。これに対しウヨは国「外」に対しやたら戦闘的です。ウヨな人は、国「内」にクレームをつけてばかりのサヨを反日といって攻撃しますが、国家を愛するがゆえのクレームと考えれば反日でもなんでもないわけですがね。国家が前提ということで言えばサヨもウヨも同じと言えられます。ウヨとサヨは表裏で国民の国家としての主体(外に対して戦争する義務、内に対して政治参加)を表すものかもしれないと思いました。サヨが主体的に戦争しない、というのをおしすすめるなかで「国家」から脱却するとこを目指せばいいのですが……。

 ここんとこよく出てくる「国家なんて共同幻想」(と言ってもこのブログだけなんだけど)ってのは、実は池田晶子の受け売りで池田の姉御は「国家なんかどこにもない」っていってました。「国土ってのは、“土”だし、領海ってのは、“海”、国民ってのも“人”だ」っていうふうにです。「それを国家たらしめているのは、人々の共通の思い込みであって実際には“ない”ものを“共通の思い込み”によって造り出すので“共同幻想”である」というわけです。
 愛着があるといいうのも現実に愛するものは、“その風景”であるとか、“その人間(関係)”であるとか、“この環境”といったことで具体的にはない“国家”ではありません。もともと“ない”国家を愛しようがありません。まあ、“共同幻想”を愛することはあるのかもしれませんが、それが愛国心ってやつの正体だといえるのではないでしょうか。幻想を愛するというのはなんだか虚しいというか妄想っぽい気もします。妄想に毒されているって感じでしょうか?
 ただこの共同幻想から作り出されるシステムが不必要とは言えません。現状においても国家というシステムがなくなれば大混乱するでしょうし。ただ、今の「国家」のままでは敵対を前提にすることから抜けることはできない。「敵対」をなくすためには、世界の人々には「国家」にかわる何かあらたな共同幻想が必要だと考えています。そういえばこのブログでは「イマジン主義」だとか、「9条もいらない捨憲主義」なんてエントリーも挙げてきたきましたが、それは、現「国家」を前提ではない何かにかわっていくという想いです。国家の存在と矛盾する偶然にも生まれ落ちた9条などは新たな共同幻想への架け橋としての道具としてつかっていけばいい。9条など新たな共同幻想の創作とともに消えればいいと考えます。9条などまったく意味をなさない新たな共同幻想でむすばれた世界。それができるのは今、9条を知る人間だと思うのですが、「国家」前提のままでは変わっていかないでしょう。
 
 もしいつか、なにかしら新たな枠組みができたとしても、それは愛するものではなく、しょせん共同幻想だと認識することが大切ではないのでしょうか。・・・・なんて、やっぱオイラの幻想かもね、ふんだ。
 
 
 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
尖閣諸島が中国の領土だとして
素朴な疑問です。 ...続きを見る
愚樵空論
2010/10/08 11:41
政治介入fromアメリカ(前原クリントン日米外相会談)
『突然今までの経緯を忘れた日本の政府とマスコミ』 ...続きを見る
逝きし世の面影
2010/10/10 10:02
10?8????????
????????????????????? ????(??&)(??&)(??&)http://twitter.com/ProdigalSon_JP/status/2664736159810/8 16:07 @ProdigalSon_JP???????????????????????????????????????????????????? ...続きを見る
??????
2010/10/11 16:20
天気晴朗なれど波高し(中国船拿捕の舞台裏)
北沢防衛相の「尖閣は日本の領土」に全面賛同なし 5カ国国防相 2010.10.12 北沢俊美防衛相は11日、ベトナム、インドネシア、オーストラリア、タイ、シンガポールの国防相と滞在先のハノイ市内で相次ぎ会談、尖閣諸島について「日本固有の領土だ。歴史的にも国際法上も疑いようがない」と説明した。しかし、全面的に賛同した国防相はなく、「国際法に基づき平和的に解決することを望む」(インドネシア)など慎重な対応を求める発言が相次いだ。 ...続きを見る
逝きし世の面影
2010/10/15 10:47
尖閣問題でネットウヨ化する日本政府
『明代の中国の地図』 ...続きを見る
逝きし世の面影
2010/10/18 10:39
領土問題
 本当に「国民的な」問題なんだろうか? 尖閣諸島問題。じつは、この不毛の島が「私有地」で、国がオーナーに「賃貸料」を支払ってるとか。地主はさいたま在住の結婚式場経営者(... ...続きを見る
ストップ !! 「第二迷信」
2010/10/21 22:46
フランスの公民科の教科書を読む (4) (参政権、労働法制)
  ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2010/10/31 10:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりでございます。

う〜ん、やはり国家って人を幸福にするためのシステムじゃないように思いました。
特にこの日本という国は・・・

なんでそんな実体があるようでないようなものに皆、拘っているんでしょうね?
でも、これって「無政府主義」なのかな〜?
えちごっぺ
2010/10/07 23:09
えちごっぺさん、おはようございます。

正直にもうしますと、国家が解体されたあとにどういうシステムになるのか想像もつきません。
いま、感じているのは「国家」っていうのは「人間のエゴ」と深く連動しているんだろうなぁ、ということです。

>国家って人を幸福にするためのシステムじゃないように思いました。

ってのを言い換えると「エゴ」というのは人を幸福にしない、というふうになるのかな。
「国家」の解体はつまり、「人間のエゴ」の解体を意味するのかもしれませんね。
でもさ、「人間のエゴ」が、、、しかも「共同幻想」としては全ての人間のエゴが解体されなければならないわけで、つまりは、不可能、、、ということになる、、、のかな?

「国家」「人間のエゴ」を解体する道具が9条とすると、現実的な人が9条を変えたがり、夢見がちな人が9条を希望としているのかもしれませんねぇ。

ただ、個人としてはオノレのエゴの解体を目指さずにどうするの?とは思います。すべての人がそれを目指せたとき「国家」は解体され、あらたな枠組みが形成されるのは間違いないでしょう。
毒多
2010/10/08 09:00
また、お邪魔いたします(汗)

なるほど、「人間のエゴ」とは手強いですね。
今までも、それを解体(克服)するというという思想?ってあったのでしょうか?
宗教も結局、為しえていないと思いますし・・・
そもそも、「解体」できる対象なのかということもありますよね。

>個人としてはオノレのエゴの解体を目指さずにどうするの?

まずは個人々がおのれの内包するエゴを認識することから始めなきゃ、何も変らないのは確かです。
当たり前だと思っている「国家」にも疑問を持ち続けていたいです。

まあ、私こそエゴの塊なんですが・・・(認識はしてるつもり)
えちごっぺ
2010/10/08 22:45
えちごっぺさん

大丈夫です。ワタシもエゴの塊です!! 爆!!
禅みたいな悟りをひらくって種の宗教ってのは、エゴを克服するものなのかもしれませんね。
大きな声ではいえませんが、キリスト教とか、イスラム教とか、仏教とか、宗教をもたない人よりもエゴが酷いと感じています。なんか質の悪いエゴって感じで。
ワタシの知っているエゴがないと感じる人ってのは、ホームレスのなかにちょっとだけいます。エゴによって創りだされるシステム(国家)から除外されたとこで、エゴから解放されているってのは、道理なのかもしれません。

エゴのない人間だけの共同幻想ってのはどんなんなんだろうなぁ〜(遠い目)
毒多
2010/10/09 09:05
国境線なんて無いって、あらゆるミュージシャンが喝破してますね。それがなぜ必要なのか、それは進化レベルは人(国)それぞれに進み遅れがあるからだと思ってます。簡単な例をあげますと、共産主義と民主主義(国)、利己主義と共存主義(人)この関係において、問題解決手段が暴力になり易いがゆえに、境界線を置く。それが国境線だと思います。
Armed Love Power
2010/10/11 08:33
進化レベルかな、、、?
近代国家を「進化」ととるか、「退化」ととるかよく判らない気もします。
国家が先か、国家の在り方が先か、よくわかりませんが、問題解決の手段が暴力になりやすいのではなく、国家(国境線)そのものが暴力によって形成されたのではないか、と思っているのは、ここにTBを戴いた「愚樵空論」さんや、「逝きし世の面影」さんのTBエントリーを読むと妙に納得してしまいます。
毒多
2010/10/12 09:01
日本についてはその通りだと思います。
暴力で問題を解決する癖のある民族であることを、この日本の歴史が証明しております。その意識は、毎日の事件を見る限りいまだになんら代わりありません。
私は「愚樵空論」さんのところへはお邪魔しておりませんのでそのうち勉強に行きます「逝きし世の面影」さんには以前お邪魔し、一方的に嫌われてしまったようです・・反省反省・・・
Armed Love Power
2010/10/12 19:24
とりあえずこの関連では、「愚樵空論」さんのとこは、最新のエントリーだけでいいかと思います。
「逝きし世の面影」さんに嫌われましたか? ははは、どんな経緯か知らないのでそれについては何も言いませんが、まあromでいいんじゃないですか? 嫌われていても読むなとは言わないでしょう。

毒多
2010/10/13 08:34
憲法こそ思考!日本国なんてキライ!(キリッ)

相当国家というもんが嫌いなんだな。

狭い視野という点ではネトウヨと同じじゃん。

一度海外を旅してみたらどうよ?

たかし
2010/10/18 02:44
えーと、このコメントの「たかし」さんは、「たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ」のたかしさんでしょうか?

ネトウヨという言葉がでてきたとこで、安易に結びつけてしまったのですが、間違っていては失礼ですので、一応確認しておきます。

いずれにしても思索の伝わらない乱暴なコメントだなぁ、という感想をもちました。これ以上のレスは誤解が誤解を呼ぶだけの不毛なレス合戦になりそうですので、感想だけにしておきます。

毒多
2010/10/18 08:48
「愚樵空論」さんの最新エントリを見て、感じたことを述べたいと思います。直接的に答えにはならないとおもいますが。

9条が日本の憲法に設定されているのは、単なる結果だと思います。
その原因は、先の戦争で、戦争を避けるための工夫や行動を、日本人の進化レベル(主体的行動なし)では出来ないことが証明されたために
(自分たちで出来ないから、アメリカ人が)国家システムに設定しただけのことだと思ってます。そしていまだにそれが有るということは、大勢がいまだにそのレベルに達してない証拠だと思います。

その9条(=結果)について良し悪しこだわるのは、昨日のプロ野球の結果に、こだわることに似ております。
好きなチームが勝ってればうれしいし、負けてればくやしいし、勝ち負けの結果=過去なんか変わることなんかないし、日頃の努力の結果で勝敗は決まってるだけで、ましてやチーム個別の勝敗なんかにこだわっていたら、プロ野球全体としての進化なんて夢のまた夢です。

私なら、そんなに勝ちたいなら、自分の知恵で、例えば10年先のリーグ優勝を設定し、弱点部分の補強計画、強みのレベルアップ、
動員のためのスペシャルイベント、選手の意識育成、計画を公表し、積極的なスポンサー導入、とかあらゆるコンサルを行い、球団に直接提案しにいきます。ファンという意味はそこまでやることだと思います。

なのに、ファンと言いながら、言ってることは、自チームの4番打者の不振であるとか、同エースの不調であることとか、ひどいときには相手チームの選手の悪口であったりと、ほんとにファンなの?ただの依存者では?なんてことが日常のように見受けられます。

(野球の話で、日頃のネット上のありさまを表現してみました)

9条に依存しなくても良いレベルになるためには、多くの日本人が依存者意識から自立することが先決だと思います。
Armed Love Power
2010/10/18 18:01
Armed Love Powerさん、おはようございます。

>9条に依存しなくても良いレベル

これが以前エントリーした「捨憲主義」なのですが、日本人だけではなんともならないような気もしています。アメリカの押し付けで9条という奇跡は生まれたのですが、9条を「押し付けた」アメリカも、9条を変えろ、と言っているわけですしねぇ。

ただ、前回エントリーしたときには、全世界でも大多数の庶民が「9条」など必要ない、と想像して書きましたが、今回の「尖閣、魚釣島」の関係両「国」の庶民の反応をみていると、ワタシの想像も怪しいと思いました。

10年でも、20年でも、先を見つめて9条を捨てる道をすすめばいいのですが、仰るように奇跡を現実にする気配はないですね。

ただ、やはり日本だけが、どうこうすればという話にはならないでしょう。




毒多
2010/10/19 08:48
9条に限らず、法律とかルールってその組織で一番ダメな(助けるべき)人を救うシステムだと思います。
たとえば賭博そのものに楽しみを感じてる人には、生活に必要なお金はつぎ込まないし、ましてや人生賭けちゃったりなんかまちがってもしませんね。ところが、お金そのものに目が行っちゃってるダメな人は、あぶなそうですよね?でいろいろとルールがあるんだと思います。

たとえばたばこやお酒、それが趣味のレベルであれば適度にたしなめて、その結果は健康被害とは逆に、健康維持や気分転換にさえ効果がありますが、たばこやお酒で得られる、酪迷感による現実逃避のほうに目がいちゃっているだめな人は、あぶなそうですね?でいろいろとルールがあるんだと思います。

で9条なんですよ。
(私から見て)どちらかといえばなくてもよさそうなものが、こうドドーンと存在しているのか?
それは、戦争を迷わず選択してしまういまだダメな人が過半数超えてるからあるのだと思います。今それがなくなったら戦争まで秒読み開始状態へあっという間だと思いますよ。
新聞やテレビも70年前と同じく、自分が率先して煽ってるのさえ気づいて無いようですし。

で、じゃあどうするのか、システムをさらに複雑化(新問題に対策追加)して、これまでどおり後手後手で時間を稼ぎつづけるのか(この場合いつか大問題にブチあたる)

で残された選択肢は、人の自立なんだろうなと思ってます。

それはむつかしそうですが、私が思うに、全員ではなく2人に1人程度(過半数超過)が自立できれば、世の中は変わると思っており、少しでもそれに貢献できる可能性を信じて、いろんなところに自分から行ってメッセージを発信し始めました。
Armed Love Power
2010/10/19 17:37
おはようございます。
なんとなく、「自立」にひっかかるなぁ、、と思いながら読んでいたら、そういえば昔そうしたエントリーを挙げたことを思い出しました。

2007/1/14「自立支援法」(1)というエントリーです。
毒多
2010/10/20 08:12
自立支援法〜拝見し、あなたの考えかたを読ませていただきました。
私の感じる自立について述べさせていただきます。
●自立とは
「自分の頭で考えて自分とみんなで共存共栄を目指す行動」
という’目的’なので、それを実現する手段は人の能力別にバラバラになり、絶対的なものなど無いと思います。

じゃあ私はどうするか(手段)は、

・自分が遭遇する問題すべてに、
・自分でできる事を求めて思考&提案し(もちろん問題の内容によっては自己強化、時間なければ協力を仰ぐ)
・自分以外の誰かを自由にし続ける行動を楽しみながら実行する。

これが私の自立です。
ではないかと思います。
Armed Love Power
2010/10/20 17:35
おはようございます。

いいじゃないんですか。またメッセージ発信等を実行していくのもいいと思います。
なかなか困難な道のりだとは思いますが、、、

ところで、Armed Love Powerさんは、ブログ(ネット)で自立はされないのですか? いろいろなところのコメ欄等で「実行」されるのはいいと思いますが、まずはブログ自立をして、じっくりと思索を開陳されることをおすすめします。
もちろん拙ブログを利用していただくのは一向にかまわないのですが、アクセス解析をみてますと正直に申しまして、ワタシとArmed Love Powerさんの対話をそれほど多くの人が見ている形跡がないんですね。
ブログというのは不思議なもので、しっかりとした思索(それがとても堅い記事でも)を連ねると読者が増えてくるものです。
是非、ご自身のブログをもたれて自立してみてください。そのブログの宣伝には拙ブログをご利用していただいて結構ですよ。


毒多
2010/10/21 08:26
>ブログ(ネット)で自立

素敵なご提案ありがとうございます。
あなたのこれまでの行動やご提案を否定するわけではないですが、こんな妙な考え方もあるんだねぇ〜という目でご覧ください。(私の頭は一般人?に対してあべこべなのかもしれません)

すべてがそうとはいいませんが、不特定多数へのメッセージ発信とは、なんというか、いわゆるメディアの手法なのですが、それは結果的に大衆(小衆?)をコントロールすることに意図せづつながってしまうという問題が(この日本においては)ありそうだと、そしていつしか作者と読者は当初の思いとは全く異なる相互依存関係(新聞が言ってた、世論が言ってた。この二者間の無限ループ)となり、あらぬ方向へ暴走する日を(あの70年前)迎えたのではと、そんな気がしています。で、現在、その新聞はとても小さなサイズ(ブログ)に変わって相互依存関係をいたるところに形成し、またしてもみんなしてあらぬ方向へ暴走する日に邁進中なのではないか?

で、私にとっての自立は自分のブログ立ち上げによって、コントロール合戦に参戦するのではなく、逆に、誰かのブログにコントロールされている人(読者)を、コントローラー(ブログ主)から解放することです。

とここまで書くと、「妨害しに来たのか?」となるのですが、近視眼的に見られるとまさにそのとうりです(^^;。
Armed Love Power
2010/10/21 17:43
しかし私の目的は、少しでも多くの人の自立なので、自立して自分独自のメッセージで返答を始めるような、ブログ主の言いなり状態から脱することを助けるわけなので、最終的には当該ブログ主と読者双方の視点、見識のレベルアップにつながり、いつしかこの努力は素晴らしい実を結ぶものと信じてつっぱしってます。(反撃すごいですが、人助けに簡単なものなど無いのがあたりまえ(^^;)

>じっくりと思索を開陳されることをおすすめします。
みなすべてがそうではないと思いますが、自分の価値観・世界観だけで物事に思いを巡らしたところで、今の自分を超えることは不可能だと、私は思います。逆に価値観が全く異なる世界に飛び込むことが、自分の柔軟性や協調性であるとか、見識や機能の拡大につながるのではと思い、まずは、依存意識が高いのではないかとおもわれる、オカ○○であるとかスピ○○ュ○○であるとか、そういったところからチャレンジを開始しております。(人の自立という難しい問題に、簡単な手法はないので大変です。でも楽しい)
Armed Love Power
2010/10/21 17:43
>読者が増えてくるものです。
私の目的はコントロール対象の拡大ではないので、立ち寄ったブログの何人かの自立を確認したところでそこを立ち去る予定です(自立は伝染する事を実験で確認中、今のところ可能性高し)。なおこのブログにお邪魔させていただいているのは、あなたがその対象だから来たのではありません。以前私が思いついた’日本人全員コドモ説’について、あなたのこれまでの経験と独自の思考・視点から、私の妄想をある程度ご理解いただける心の面積が広い方だとおもって、こうして信頼関係を構築しようとしており、今後、私の頭が正常なのか、いやいやすでに狂っているのか、この先ある日狂ってしまうのかを客観的に判断していただけるようなフレンドシップ形成を望んでおります。(私の考えるフレンドシップとは、お互いの長点欠点をはばかりなく指摘しあえて、共に成長できる関係。一方、一般的なそれは逆で、お互いの疵を舐め合って、慰め合って、足を引っ張って共に堕ちていく関係だと思ってます)

その返答は、「え。正常である可能性があるとでも思ってるのか?」とか「立ち去れ妖怪!」でもOKです。
それでは。おじゃまいたしました。
Armed Love Power
2010/10/21 17:44
Armed Love Powerさん

まぁ、それぞれの考え方やり方がありますので、ワタシはあなたのやり方を否定しませんよ。それと、ワタシはあなたを妖怪などとは全然思いませんでした(笑)。

ただ少し、感じたことを書きますと、
ワタシがこのブログをやっていて思うのは、マスコミ(ミニコミ)的情報の発信や意見の発信にとどまらず、読んで戴いた方の言葉(コメント)が読めることです。
共感していただく言葉もありますが、ありがたいことに思索を進めることができる言葉が多い。けっして「自分の価値観、世界観」だけにとどまることがないんですね。むしろ読者と読者のコメントによって「自分の価値観、世界観」を再考させられることが多い。このブログに関して言えば「教えられること」のほうが圧倒的に多く、「ブログ主のいいなり」どころか「ブログ主がいいなり」に近い、爆!!。うん、いいなりにはなりませんが、気づかぬ視点思索にはハッとさせられます。ブログ主の力量不足で、まま、荒れることもありますが、、、反省、(笑)

つまり

>最終的には当該ブログ主と読者双方の視点、見識のレベルアップにつながり

これを実践してきたと考えます。(最近、めっきりネタ提供、、、じゃなくてエントリーが少なくなったり思索が足りなかったりして、なかなかコメントを頂けませんが、、、ここの読者は厳しい〜)
毒多
2010/10/22 06:03
ということで、基本的な考え方は遠からずということです。
ただ、

>最終的には当該ブログ主と読者双方の視点、見識のレベルアップ

このなかに、「私(Armed Love Powerさん)の視点、見識」ってのが入るとなお善いとは思います。この気持がないと、ただ反感をもたれるだけかもしれないなぁ、と思います。

まあ、おじゃましました、、と、去らないで、気が向いたらまた読んでくださいよ。フレンドシップの形成のためにもね。


毒多@つづき
2010/10/22 06:04
>私(Armed Love Powerさん)の視点、見識

そうですね、ご指摘どおり私の発言には配慮が欠けている点(スピード超過)が多々あると思いました。もっと改善努力(速度同調)していきたいと思います、ご指摘ありがとうございます。

すこし例えが極端かもしれませんが、私の行動は、最近頻発する、動物が人里に迷いこむケースにて、相手のことを助けたいがために必死となって捕らえようとする1公務員そのものなので、噛み付かれること必至です(ときには、「この無礼者!であえ!であえ!」もありましたよ〜←これはあなたと比較的近しい?かたです)。彼ら(動物)からみれば私の接近は恐怖そのものだと想像します。(動物にたとえたのは、決してバカにしてるのではありません、目先だけしかみえてないことを表現したいだけです、私は助けたいだけ)

ともかく、一旦は信頼関係のスタートが切れたと認識させていただき、今後もお邪魔させていただきます。
変わり者フルスロットルな私ですが、よろしくお願いいたします。
Armed Love Power
2010/10/22 18:11
おはようございます
またしてのカメレス失礼します。

>信頼関係のスタートが切れたと認識させていただき

まあ「信頼」されても、ブログ主に「裏切られた」と感じているだろう人は拙ブログの過去には多々おりますので、「普通」とか「そこそこ」でいいです。(笑)

>この無礼者!であえ!であえ!」もありましたよ〜←これはあなたと比較的近しい?かた

誰かなぁ〜? 最近ブログ交友関係が少ないのですぐ特定できそうな、、、まあいいか。

なんだか面白い例えをだしていただいたので、ちょっとだけ。
「あなたが助けたい人を動物に例えること」と「あなたを恐怖だと思うこと」は、実際の事例をみていないので判断をしかねますが、そこは置いて於いて、最近人里へ降りてくる動物には、降りてこざるえない状況がありますよね(自然破壊、森林開発等)。ここで問題なのは、そうした背景(状況)」を問題にするのか(サヨ的)、「降りてくる(こざるえない)動物個人の能力」を問題にするのか(新自由主義的)、「背景(状況)程度でオロオロする動物個人のメンタリティ」(哲学的)を問題にするのか、「それでもやはり個人のメンタリティでは如何ともし難い現実」(???的)を問題するのか、、、、どうもコメントだけから想像すると、Armed Love Powerさんは新自由主義的な気がするんだけどなぁ、、どうだろう?

毒多
2010/10/25 09:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「愛国心からの脱却」…やっぱ新たな共同幻想が必要かもね 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる