毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「蕨市の不法滞在者追出しデモ」…その正しさは正しいか?(追記あり)

<<   作成日時 : 2009/04/16 10:29   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 20 / コメント 27

 ただでさえ毒多スランプなのに、どうにもブルーなニュースにやはりエントリーをアプしなければならいないと感じている。しかしだ、ここのとこ何度かエントリーを挙げることにトライしているのだが、どうも納得いくエントリーに仕上がらないのである。で、一行書いてはゴミ箱に捨てている。キレもなければ毒もない。ギャグの精度も低いし読み直しても熱いものを感じないのである。それで気持も萎えて行くという悪循環のなかにあってもそれでもやっぱ蕨市のアホすぎるデモのことはエントリーしたいと思う。

 ついに「違法」による刑執行によりカルデロンのりこさん両親とニポンの良心がこの国より追放された。
 権力の具現的ピラミッドの底辺で暮らすカルデロン一家は「法律にとって正しいこと」によって容赦なく撃ち落とされたわけだ。法治国家が法治国家であるためだけの「正しい」が頑として通された。実際には権力ピラミッドの頂点に近づくにつれこの「法治国家であるための正しさ」は放置されるのだが、底辺あたりでは厳しく実行される。それでもニポンは放置国家、あいや法治国家。
 そんななか埼玉県蕨市で、デモが行なわれたと聞く。
 「犯罪外国人・犯罪助長メディアを許さない国民大行進 in 蕨」というデモである。デモ行為は法律で認められている。さらに憲法で表現、集会の自由も認められている。だから「法律にとって正しい」デモだな。このデモを取材した 薔薇さん紹介の志葉玲さんによると、「法律にとっての正しさ」によって日本に一人残されたのりこさんの中学校近くにきて
>「ここがA子の通う中学校です〜」「犯罪外国人を許すな〜」と大音響で、気勢を上げていました。

と報告されている。
また、同薔薇さんの紹介の日刊リベラによると
>「犯罪フィリピン人カルデロン一家を日本から叩き出せ!」と一家を名指ししたシュプレヒコールをあげながらデモ行進

と報道されたとある。

 100人余りのデモとあったが、何らかの意図があってデモをするのだろうと想像される。「犯罪外国人」というのは違法行為を行なった外国人のことだろう。ニポンの法律を犯すニポン人ではない外国人はニポンをでていけというニポンを愛する感情ゆえの行為かもしれないな。ただし、ニポンの法律によってニポンにいることを認められたノリコさんの学校にきて「出て行け、叩き出せ」というシュプレヒコールを挙げる排他性に愕然とするが、これを「愛国者」一般で括ってしまっては反論も多いだろうから(と信じたいから)、一部の狂気的な愛国者が思考なしに暴走したということにしておこう。彼らが愛するニポンの「法律にとっての正しさ」にさえ背く行為で、まったく筋が通っていないアホな無頼集団であることは指摘しておく。さらには、こういう輩をみているとノリコさんの両親の追放とともに、「良心」も追放されたことをやはり確信するわけだ。
 いくらワタシでもこのデモのようなアホ共を一般化しないが、無思索に「法治国家の正しさ」のみにのって暴走しはじめると、こういう集団になるというサンプルは見た様な気がするな。実際に行動するか、しないかという違いはあるが、……、この国の「法律にとっては正しい」を守る愛国者諸氏は気をつけられたし。
 
 うーん、「法律にとって正しい」を連発しているが、やはり「正しさ」を思索しなければならないのだろう。結局「あんたにとって正しい」とか「アタイにとって正しい」は「正しい」のと違うんではないかな、ということだ。その「正しい」は正しくない。真に「正しい」ということは「誰にとっても正しい」でなければならない。普遍的な正しさこそ「正しい」と言われるのではないか。普遍的に正しいを「真理」といい、人はもともとここを求めるために生きているような気がするぞ。それが人が本質的に存在する意義だと思うのさ。
 人は本来的に存在することの意味の探求を忘れ、目先の「正しくない『正しい』」に縛られては、生きることの本質を見失ってしまう。見失うと、例えば「本質的な生」より造られた法治国家を守るための法律が「正しい」になってしまったりするわけだな。いいかい?ここにこだわる余り、普遍的「正しさ」や真理もなく、それを追い求めようとする「生」そのものさえストップしているのではないか。
 「ここにワタシが存在する意味を追求」する本質的な「生」のまえでは、法律、国家、など目先のテクニックだろ。本質的なことを放棄して、いや気づく事も無く、目先のテクニックにしがみついて雄叫びあげて、どうするんのさ。哀しすぎるのではないか??

 なんて、上のデモ隊にこんな話をしても全く通じないのだろう。
 彼らは、自分たちが、そもなんのためにデモやっているかさえ、きっと解ってないと思う。

 
【追記】
実際のデモの画像がupされていました。
このエントリーに貼付けようかとも思いましたが、あまりに気色悪いのでやめました。
どうしても気分を害したい方は下のアドレスにてどうぞ。
もはや論ずる気にもなれない。

http://www.youtube.com/watch?v=2oafXv0Qnfs




実際のデモを見ずにエントリーを書いちゃ駄目だな。
いや、見ずに書いたから冷静に書けたのかかもしれない。
実際の映像から感じられるものは、
「正しくない『正しさ』」などと、ちゃんと論ずる依然の問題だな。

こいつらは最悪だ!!





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(20件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オレ入管(笑
不法残留の罪 - モトケンブログ ...続きを見る
迎春閣之風波
2009/04/16 16:00
未来を拓くのはイチローくんか共産党か
狂躁的なマスコミの小沢バッシングの中で、初めて目にした 客観的な論評である。下掲、4月1日付毎日新聞朝刊記事より。 ...続きを見る
BLOG BLUES
2009/04/16 16:57
13歳の少女にデモをしかける人たち
2009年04月11日、埼玉県蕨《わらび》市内で「犯罪フィリピン人カルデロン一家を日本から叩き出せ!」と主張するデモが行なわれました。なんと、信じられないことに、カルデロン家の長女(13歳)が通う中学校の前をも練り歩いたのだそうです。 ...続きを見る
喜八ログ
2009/04/16 17:17
【ニュース】会計検査院、「かんぽの宿」など検査 年内めどに報告書
会計検査院、「かんぽの宿」など検査 年内めどに報告書(日経ネット4/15/09) http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090414AT2C1401B14042009.html ...続きを見る
散策
2009/04/16 19:42
アリはロックンロールを歌う
モハメド・アリ―その生と時代〈下〉 (岩波現代文庫)/トマス ハウザー ¥1,260 Amazon.co.jp ...続きを見る
Maximum!!
2009/04/16 22:04
基地外を擁護する蕨警察署
蕨って場所は、関東でも有名な本番風俗がある場所。 蕨警察署は売春行為を見て見ぬふりをして犯罪者を許している。 蕨警察署を日本から叩き出せぇ〜♪ 怒る気持もわかるが、バカサヨクも甘いな。軽犯罪法違反していたら、逮捕→長期拘留が当たり前だろうが。 「犯罪外国.. ...続きを見る
反米嫌日戦線「狼」
2009/04/16 22:36
男一人女一人いれば世界をもう一度産み出すことだってできる.
男一人女一人いれば世界をもう一度産み出すことだってできる. Movie Review: National Lampoon's Adam & Eve ...続きを見る
エクソダス2005《脱米救国》国民運動
2009/04/18 16:41
地域の貧困対策
「派遣・労働者支援センター」の学習会に行ってきた。このセンターは岡山市の労組の団体や弁護士事務所、生健会などが2月に立ち上げた団体。今回の学習会では、法律事務所から「生活保護申請から生活再建に向けて」の具体例を話してくれたし、生健会からは「相談活動の留... ...続きを見る
再出発日記
2009/04/19 00:48
こっちの「基準」は・・・ 強制退去
 埼玉の、フィリピン人夫妻強制退去(帰国)処分。(2009/3/12毎日.jp) たとえば、「カブレラの名前をかたったウッズ」だったら、「入国したのがカブレラではない」のだから、入国無効で即刻退去。「ちゃんと『本物のカブレラ』を入国させなさい」、という理屈はわかる... ...続きを見る
ストップ !! 「第二迷信」
2009/04/19 15:12
「不法」を「糾弾」するヘイトスピーチの「よりどころ」 (カルデロン一家の件をめぐって)
カルデロンのり子さんとカルデロン一家について、そして、レイシズムとヘイトスピーチについての、メモの追加。 ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2009/04/19 23:59
読書メモ <「いのちの授業」をもう一度> +そこから蕨の排外主義デモの話へ
去年11月に亡くなった山田泉さんの著書 ラジオで何回か彼女の声は聞いていて、そのときのすごく気持ちいい感じを覚えている。 この間知ったのだが、ぼくと生まれた日が1週間程度しか違わない同世代。 ...続きを見る
今日、考えたこと
2009/04/20 08:57
生きるダメ人間
やっと図案が完成した。しんどかった。ちょっと気合入れすぎたみたいで、かなり時間が掛かってしまった。南信協同・制作の皆さん、ほんとご&... ...続きを見る
basske's weekly ガリンガ...
2009/04/20 17:26
出入国管理法違反に時効を設けてはどうか
素人の思いつきなので、いろいろ問題はあるだろうが、出来ないのかな。不法入国や不法滞在といった出入国管理法違反に関して、これをその「状態」ではなく「行為」を咎めるものとして、例えば3年くらいで公訴時効とすればどうだろう。そうすれば、日本で生まれた子どもが中学 ...続きを見る
非国民研究開発
2009/04/23 03:07
カルデロン一家と、「不法」の内容と、フィリピン・日本間の歴史と、日本に生きる日本人の「在日特権」と、...
『「不法」を「糾弾」するヘイトスピーチの「よりどころ」 (カルデロン一家の件をめぐって)』の続きのような記事ですが、「ヘイトスピ&... ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2009/04/23 22:52
カルデロンさん一家
 私のこのブログなんて、マスターベーションの末に虚空に放たれる精液みたいなもんだ。  毎回見てくれるのは数十人、おフダなんか苦労して描いても、ありがたがってくれる物好きな人なんかせいぜい数人だろう。  そうだとしても、というかマスターベーションだからこそ、どうしてもカかずにいられない。と、いうこともある。 ...続きを見る
おけつにいらずんばぽじをえず
2009/04/26 23:54
「外国人追い出しデモ反対行動」救援会声明に賛同します
…つまり、これは当のカルデロンさん一家だけを標的にした嫌がらせの域を超えて(もちろんそれだけでも度を越しておぞましいけれど)、日本に暮らす立場の弱い「不法滞在者」全体に対する嫌がらせである、という辺りのこと。 ...続きを見る
弱い文明
2009/04/29 18:37
(転載) 外国人排除デモに反対する会声明 
外国人排除デモに反対する会 の声明が出ました。 ...続きを見る
JCJ神奈川支部ブログ
2009/05/01 14:58
在特会「外国人追い出しデモ」の本質
(「四トロ同窓会二次会」掲示板より転載)もし私が右翼だったら屈辱だな投稿者:草加耕助 投稿日:2009年 4月21日(火)11時39分48秒 たとえば最近、私が「不法滞在の外国人を規制するべきだ」とごく素朴に考えている、そんな右翼市民だったらどうしたかなと考えること... ...続きを見る
ブログ「旗旗」
2009/05/23 02:27
蕨市 消防署
【送料無料】ゼンリン住宅地図 A4版 川口市2(西)・蕨市 発行年月200809 11203F10F商品価格:18,900円レビュー平均:0.0IKEA新三郷で昼食埼玉県蕨市でパソコン設定代行&ホームページ作成してます:IT. ゴールデンウィークに私の実家に行けなかったんで、今日、日帰りで行ってきます! 途中、妻が行きたがっていたIKEAに寄って昼食です♪ ソフトクリームが¥50ーというのがいいですね。 ...(続きを読む) 5月17日(日)は、朝市にてNEWわらびくん販売開始!来る5月17日... ...続きを見る
youtube動画&最新news
2009/05/29 00:31
このデモ、you tube で見られるかな。
私たちは共に自由に生きる!            差別、分断、排除をやめろ! ? 7月11日(土) 午後6時〜 福岡市天神コア前(ビラまき&アピール) 7月20日(月祝) 午後1時〜 福岡市天神コア前      ???????  (ビラまき&アピール&在特会デモに対す ...続きを見る
みんななかよく
2009/07/09 12:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
最悪は最悪でも、何というか、そういうところに関心を持つというところがいいね。
というか、きれいごととして解釈できないのが、いいわけさ。

理屈はわからんけど、こんないい方許されんけど、許せ。

やつら、まるで、おま×こ、ぱかっとひろげ、蕨の往来を見て見てと練り歩いてるようなもんだぜ。

それがやがて、ホームレス刈り、すてきやわ、子宮が震えるわ、となるのさ。

やれ、やれ、もっとやれ、吊せ、殺せ、とな。
あいつら、それでも、おれと同じ底辺だから、つらいわ。

少女、集団で強姦するのは止めるけど、そんなやつが百人もいたら、ひとりじゃとても、かなわん。
すごすご逃げる。

それが、いややわ。

どうすりゃいい?
田中洌
URL
2009/04/16 19:43
某所での議論で「正義も度が過ぎれば悪になる」と書いたのですが…  実例が現れましたか。はぁ…
taka
2009/04/16 20:52

洌さん、おはようございます。
言い方は許しますが(笑)、表現が詩的すぎて文意がつかめません。
http://dr-stonefly.at.webry.info/200903/article_4.htmlでも書きましたが、今回のカルデロン一家のことは、青カンと重ね合わせて見えます。「違法滞在」=「不法占拠」「強制送還」=「強制排除」、、、。どちらも、吊るせ、殺せ、死ね、出て行け、消えろ、、と罵声を吐き行動する人間がいる。根本を見ずに表面にすがる軟弱なメンタリティです。
というなかで、

> あいつら、それでも、おれと同じ底辺だから、つらいわ。
ん???
この蕨市のデモ隊と洌さんが同じ底辺??
それは違う気が……するんですが……。
dr.stonefly
2009/04/17 09:09

もしかすると、
>、そんなやつが百人もいたら、ひとりじゃとても、かなわん。
徒党を組まなければ動けない、ということでしょうか?

でも、「それがいややわ」という自覚があるかないかは違うんではないでしょうか? それに、ほんとに「すごすごと逃げる」かどうかは、その場に出会わなければ解りませんよね。

全然文意を解していない、まとはずれなレスでしたらごめんなさい。
dr.stonefly
2009/04/17 09:09

takaさん、コメントありがとうございます。
>某所の議論
を知らないのでなんともいえませんが、そも「正義」かどうかは思案してしまいます。本文の繰り返しになりますが、Aにとっての正義は、普遍的な正義なのかどうか? まあ、その正義が「法的で公平にたつ正義」ということで、>「度が過ぎれば」ってのも、このデモが「法的で公平にたつ正義」と同じ直線上の「度が過ぎた」ではないような気もしています。

dr.stonefly
2009/04/17 09:10
>のりこさんの中学校近くにきて
>「ここがA子の通う中学校です〜」
ははは、彼らはティーンエイジというものを分かってない。
私達が中坊だった時分に、こういうデモが来たらどうします?(笑)

私なら、
「差別の生きた見本を示されて、生涯を賭してこれと戦うことを決意」
しますが。

つまり、友人と共に生きる。世の中の悪に対して抵抗する。そのために勉強する、そのために大人になる。
強い大人になれば、友人を追い詰める悪を倒すことができるから。

ティーンエイジの前で最悪な大人の姿を晒すことは、まさに反面教師としての役割を果たすのです。
この中学校からは、素晴らしい若者がたくさん育ちますよ。大人を踏み台にしてね。
人生アウト
2009/04/17 21:08
こんばんは。あの集団に目のところが穴が開いた白装束を着せたら、KKKですね。それともネオナチ?「在日特権を許さない市民の会」が主催だそうですが、日ごろから在日の人の人権を侵害している集団が、フィリピン人の一家の別れの前日に、「外国人は出ていけ!」「犯罪を助長するサヨク!」と言いたい放題ですね。一家の娘さんの小中学校でがなりたてていますね。脅迫と威圧と恐怖を与えているじゃないですか。表現の自由を履き違えています。
非戦
2009/04/17 23:52
鬼畜の所業。

人間てのは自分の頭で説明さえ付けばこうも見苦しく振る舞うことができるんだな。

この行いに「正義」が冠されるのなら俺は喜んで悪人になるよ。

ごん
2009/04/18 07:53

人生アウトさん、おお、反面教師ですね。
解り易いサンプルに遭遇したとして、今後が楽しみかぁ、なるほど。
さらには、人間の一番ドロドロした部分をこうも単純に表出させるサンプルと思えば、行動心理学とかの学習の材料になるかもしれません。
ただ、ワタシ自身が非常にナイーブなティーンエイジャーだったので、単純にちょっと心配にもなりました(爆)。

> この中学校からは、素晴らしい若者がたくさん育ちますよ。大人を踏み台にしてね。

はい、期待しましょう。

dr.stonefly
2009/04/18 10:39

非戦さん、おはようございます。
KKKか、ネオナチか、全くそんな雰囲気かな?と、いってもKKKもネオナチも会ったことないんですが(笑)
あのデモの映像を見ていると「日の丸」が、いぱーいでしたね。これぞニポンの心として旗を振って誇示しているのでしょうか。
日の丸は、WBCでも振られ、天皇の前でも振られ、よってたかって子どもを襲いかかる追い出しデモでも振られるわけですね。
おお、日の丸ぅうううううう!!!
このデモで振られる日の丸をみて、これでも日の丸を強制する感性はもはやまともじゃない。

dr.stonefly
2009/04/18 10:40

ごんさん、
>鬼畜の所業
まさに、その通り。ブチキレそうです。
「鬼畜の正義」に「正」も「義」もなく、それはただ鬼畜の論理というだけ。
それが暴走しはじめれば、闘うしかないな。

dr.stonefly
2009/04/18 10:40
お久しぶりです。
彼らの大好きな『法』(あえて『』つきで表記しています)においてさえものり子さんの在留は認められたのに、自分達の論拠を自分達で否定するようなことをしてどうするのか…
まぁこれで「日本は法治国家であるっ!」という彼らの決まり文句的な主張は自らのイデオロギーや差別意識に基づく言説や行動を塗り固めるためのダシでしかなかったことを図らずも証明してくれたわけですがね。

性悪説を支持するワタシは人間の愚かさを呪うことはよくありますが、今回は格別です。
よく見ておきましょう。人は簡単にああなれる。
他者への無慈悲、無理解、無関心。そんな昨今の衆愚たちの性質が、全て今回の問題への奴らの反応に凝縮されています。

ガラにもなく腹腸が煮えくりかえるほどに怒りがこみあげている状態で文を書いたので、いつもよりかなり汚い言葉を使っています。ご了承を。
デスノートないかな〜
…おっといけない(溜息)
R.frail
2009/04/19 02:36

R.frailさん、お元気そうでなによりです。
で、いきなりなんですが、多分「日本は法治国家であるっ!」と主張し、違法外国人の国外追放を主張する全ての人が、蕨市のあのデモ隊と同じである、とは言えないと思います。あのデモ隊は「日本は法治国家であるっ!」より、どんな理由であろうと外国人を排除したい、というのが本音のような気がしています。排他主義、もしかしたら優性思想の表れかもしれません。ただ、「日本は法治国家であるっ!」と言い切る人と同じベクトルでデフォルメしたようには見えてしまいますよね。
ああいうのがまかり通る社会は生きにくい社会だね。
dr.stonefly
2009/04/20 08:26
むしろ彼らが望むように地上波のニュースで流してくれたら良かったのにー、と思いました。編集したり余計な解説など入れずに、ずーっとあの映像を音声入りで流せば、一般人は100%引きますもの。

それにしても、あの「右翼市民の会」の中にも、きっと子育て中の父親母親がいるんでしょうなあ。親を反面教師として頑張って欲しいけど、蛙の子は蛙、特に自民党の子は自民党ですから、あんまり期待できないっすね。
やきとり
URL
2009/04/21 21:41

やきとりさん、おほようございます。
庭先でふざけてすみませんでした。
やっぱりああいうお遊びは自分とこでやらないと迷惑ですよね。御免ちゃい。(と、実はすぐに謝る小心者です、、笑)

>あの「右翼市民の会」の中にも、きっと子育て中の父親母親がいるんでしょうなあ。

あ、そうですねぇ。
映像が衝撃すぎて、言われるまでちょっと気づきませんでしたが、彼ら彼女らの子どもがいるんですね。子どもに罪はないのに、哀しいことです。
子どもがしっかり思索することができ、反面教師となればいいのですが……

dr.stonefly
2009/04/22 08:15
毒多さん、そんなん全然気になさらないでくださいな。遥か上空で「イキな会話」の空中戦を繰り広げる皆様を、私は感心しながらクチをあんぐり開けて見ておりまして、むしろ喜んでいる具合ですから(笑)。

ところで、ここんとこ活発な中川さんと安倍さんに触発されたのか、元「ANAトリオ」メンバーの麻生さんも靖国イジリを始めましたね(笑)。昨年末まではようやく空気が入れ替わって新しい時代が来そうな予感がしていましたが、ここ最近はまたぞろ淀んで息苦しい感じに逆戻りしているような気がいたします。

新聞とかニュースとか見るのが正直苦痛になっているのですが、ここで目をそむけたら「いいようにヤラれ」そうなので、我慢して直視するようにしています(苦笑)。



やきとり
URL
2009/04/23 01:46
やきとりさん、そう言ってもらえると安心します。でも、やっぱり、やり過ぎは浮きますね(笑)

おお、気づかなかった麻生の奉納。
なんだか、やな方向へ逆走してますねぇ。ワタシなんかは手放しで民主党に頑張れとはいいたくないのですが、流石に麻生長期政権なんかになった日には哀しすぎるので、政治的思考として政権交代と言ってみたくもなります。
現実直視耐久路線、じっと手を見る。
dr.stonefly
2009/04/23 08:15
おひさしぶりです。
この問題、今まであまりコメントできなかったのですが…。

というのも、わたしの周りで、反カルデロン的な、つまり司法当局の判断は妥当と考える人が多く、わたしとしても判断が非常に難しい問題と考えてきたからです。

ただ、こうした声高で、少々ヒステリックかつ非常識なデモなどが起こるのを聞くと、さすがに首をひねらざるを得なくなります。

右翼(愛国者)と言うのは、この国を『恥を知る・礼節を知る』国家・国民として育むことを志向する人々ではないかと考えたいものです。

実際彼ら自身も、そのように志向しているつもりなのでしょうが…。
結局、表面的な対立の構図を嗜好する浅はかさが問題なのでしょうか。
しかし、さらに一歩踏み込むと、彼ら自身のコンプレックスやストレスの発散の手段と化している気もします。
いわく、『法を犯した者は、餌食にしてよし!』って感じでしょうかね。
naoko
2009/04/26 03:03
そう!
『外国人嫌い』というのも確かにありますね。
この辺も、‘家族的な儒教道徳に満ちた社会’への憧憬と同時に、そうではない現実を拒絶し、攻撃したいという衝動の現われかもしれませぬ。

どうしたものでしょうね。
naoko
2009/04/26 03:09
初めまして

なんか、彼らの行動は同じ日本人として恥ずかしいです。
多分、彼らは今の社会で抑圧されている人達が多い気がします。
弱者が分断していくのは権力にとって、願ってもないことでしょう。!
えちごっぺ
2009/04/26 11:00

naokoさん、お久しぶりです。
 周囲の考えの多さで判断をしかねる、ってのはnaokoさんにしては珍しいじゃないですか?(笑)
 実際は、法治国家としての「現実」と親子の絆の「本質」の狭間に立って悩むといったとこでしょうか? もし悩んでどちらかを選んだとき、他方を選ばなかったことによって起きる亀裂を引き受けなければならないということでしょう。
たとえば、法治国家をとり親子の絆を引き裂いた人なら、自分が太刀をふった先の痛みの苦悩も引き受けるべきだし、親子の絆の「本質」に立つのなら、法治の機弱性を認め、そこからおきる現実の矛盾もひきうけなければならない。
 ただこれだけのこと。
 常に本質的に思索し、真理を追求したいと思うワタシは、現実社会の哀しさを引き受けています。

 蕨市のデモ隊に関しては、右翼(愛国者)からも理にかなった批判がでているようですね。非国民開発研究さんのとこで知りました。
 http://ch06683.kitaguni.tv/e1020157.html


dr.stonefly
2009/04/26 16:13
 さて、彼らデモ隊をどうしたものでしょうね。
 彼らのような者も、社会の矛盾にもがく者達として、引き受けて行かなければならないのかな? 大変だなぁ。

dr.stonefly
2009/04/26 16:14

えちごっぺさん
はじめまして。
>彼らは今の社会で抑圧されている人達が多い気がします。
> 弱者が分断していくのは権力にとって、願ってもないことでしょう。!
仰る通りです。
腹立ちまぎれに「こいつらは最悪だ」なんて言ってしまいましたが、彼らとて、弱者として権力に利用されている可能性もあるわけですね。
この社会のなかでこんがらがった紐を解いて、繋がっていくことは如何に大変かとあらためて思います。

目先の法律や国籍や……なんかに、振り回されているうちは、繋がっていくのは無理でしょう。みんな、ほんとうのことを追求しなければ……。

dr.stonefly
2009/04/26 16:14
おっしゃるとおりです(苦笑)。
「法治国家」としての手続きの問題として考えると、騒ぎが大きくなればなるほど、政府・外務省・法務省としては、‘なあなあ’にしておくことが難しくなる。あるいは血の通った個人としての裁量で済ますことがやりにくくなり、あくまでも‘法的に’厳格な、あるいは適正な対応を迫られることになるでしょう。
一方、血の通った判断や温情による情状酌量の余地は狭められていく気がします。
つまり、右派VS左派という卑小な対立の構図で問題を議論することは、この国の社会をますます偏狭かつ偏見に満ちた人間集団のひしめき合う住みにくい国にしていくだけです。
本質的な問題点は、「現在の‘大格差社会’を、個人個人がどう‘幸せ’に生きていくか」という視点での相互コミュニケーションが、社会の中にあまりに欠如しているということ、ではないでしょうか。
そうした肝心の能力がなさ過ぎる…。
この問題を通して、わたしが感じるのはそこのところです。
カルデロンさんには、できうる限り、健康に快活に、日々を過ごして欲しい。
naoko
2009/04/27 03:38
「人生(現実)は厳しいけれど、心情的に心を寄せている人たちはたくさんいるのだから、めげずにがんばって欲しい」
そう伝えたいですね。
naoko
2009/04/27 03:42
カルデロンのりこさんは、今回の経験のうえに多くのことを知り、思慮深く、強く生きて行くと思っています。法律とは、国家とは、社会とは、親子とは、人とは、そして生とは、ってね。
凡凡と生きていては見えない、ほんとうのことが見えるんじゃないかなぁ。そう信じています。
dr.stonefly
2009/04/27 14:24
かなりいいポスト。私はちょうどあなたのフォーラムにつまずいたと私は本当にあなたの投稿を閲覧楽しんでいることを言いたかった。いずれにせよ、私はあなたのフィードを購読することだろうと私はあなたがすぐに再度書き込みを願っています!幸運
Norbert1963
URL
2012/10/07 14:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「蕨市の不法滞在者追出しデモ」…その正しさは正しいか?(追記あり) 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる