毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ブログを書くこと」…意味があると信じたい

<<   作成日時 : 2008/08/20 15:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 13

 「追悼集会」でオレにとって数少なくなってしまった同志と話してた。同志などと呼ぶのは心苦しいのだが、他に呼び方がない。ツレでもないし、仲間なんかじゃねぇ。もちろん彼女でもないし、え、友人だって? けっ、片腹痛いぜ。もっとも同志なんて思ってんのはオレだけで、アイツにとっちゃあ、たまにしか顔を出さないオレは、ただのお客様かもしれないけどな。でも、アイツはオレとまともに相手にしてくれる。有難いな。だからオレは同志と感じるのかもしれない。
 聞いたことは応えてくれるし、聞いてない情報も教えてくれる。アイツとオレはあの泥沼で共にもがいたからかもしれないし、オレがそこに心を置き忘れていることを見破っているのかもしれない。オレが泥沼に戻ると信じているのかな? オレはもう戻れないなと思っているのにさ。
 それとオレがアイツを同志と思っているのは、アイツが「狭い世界」に囚われていないからかもしれない。きっとそうだ。
 
 その夜も聞いてもいねぇのにアイツは語った。最近、青カンをしている若者が目立っている、と。
 ネカフェ難民なんかが噂になって久しい。いずれ新たな青カンの排出システムの堰が切られるってことは、誰にだって解る。ついに堰が切って落とされたか?と思えるほど、ここのとこ急に増えているってことだ。しかも昔から青カンに追い込まれているおっさんらのように定着して長く居る訳でもないらしい。一週間後にはもういない、らしい。
 「やっぱりあれかな、日雇い派遣の禁止かな?」 オレはボソリと呟く。
 「そうかもしれないね。結局、それさえなくなってしまっては……、でも、まだはっきり何人にも聞いたわけじゃないから解らないのだけど……」

 と、これだけの会話をオレはブログに書こうとしている。
 ちゃんと「夜回り」に行って、路上に放り出された若者たちに話を聞いてまわれば、一程「情報」としてのブログに書く「価値」が生まれるのかもしれない。
 今のままの確証のない自分で確認したわけでもない戯れ言では無価値だ。
 ブログで「報告」するために、一度「夜回り」に参加してもいいかもしれない。夜回りに参加して、青カンに堕ちいた10人の若者から「日雇い派遣が規制されて野宿になって…」という台詞を得て、それをブログで報告したとしよう。と、それは価値のあるエントリーかもしれない。でも、それを綴ることを否定するオレもいる。
 
 それで? 書いたオレはどうする。読んだアンタはどうすんだ?
 オレはブログでエントリーできたという満足を得、アンタはマスコミが報じないコアな情報知り満足する……かな?
 非人道的な「日雇い派遣」を非難し、政府が規制すると発表したとき、トーゼンだ!! と叫んでみせた。その意義と現実のギャップを考えるかな。なんとかしなければとリアルで動くかな。それとも語るかな。なんとなく、ここで終わる気がする。オレもアンタも……

 オレがリアルの現場を去ったとき、その狭い運動の世界を打破してやろうと思った。狭い世界で納得しているヤツラ(活動家)を、狭い世界で優越感にしたっているヤツラ(活動家)にパンチを食らわせてやろうと思った。その狭い世界さえ知らないヤツラ(世間)にパンチをぶちかまそうと思った。それでブログという武器があることを知った。その武器でヤツラにむけて、世間にむけてパンチを食らわす……、と思っていた。
 ところが、このブログの世界も狭い世界だった。
 書くだけで、読むだけで、議論するだけで終結する世界、ブログのなかだけで終結する世界を感じ落胆した。でも、ほんとうに薄っぺらな二次元の世界だったのか? それはどこの世界にでもある一面ではないのか?

 いったい、ブログとは何だろう?
 書くだけで意味をなすのか?
 読むだけで意味をなすのか?
 報告するだけで意味をなすのか?
 共鳴するだけで意味をなすのか?
 名ばかりの連帯なんて意味をなすのか?

 
 意味をなす……と信じたい。



 取り敢えずオレ自身が狭い世界に囚われないで綴ろう。
 いつか、読んだ人が変わり、それよりも書いたオレ自身が変わるのだと信じたい。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログに何ができるのか
1995年は日本におけるインターネット元年といわれている。以来、仮にわれわれがネット環境にいなければ、それだけで仕事がちっとも進まないと多くの人が実感する時代になってしまった。そうした変化を日本社会の変容とよぶとすれば、その変容はわずか10年で形づくられたことになる。だが、別の言葉で表現すれば、その変容もたかだか10年余りの過程にすぎないのだ。 ...続きを見る
花・髪切と思考の浮游空間
2008/08/21 06:10
泡瀬干潟・座り込み解除のお知らせ(8/25まで)
 8/4(月)早朝5時から始めた泡瀬干潟の座り込みは25日を持って解除することになりました。座り込みをさまざまな形でご支援いただいた方々、本当にどうもありがとうございました。署名は8/31まで(文末)ですのでこちらの方は引き続きお願い致します。また泡瀬干潟を守る連 ...続きを見る
リーフチェッカー’さめ’の日記
2008/08/21 20:44
鈍痛
「『痛いですか?』とインタビュー 知的障害者ねらい暴行 少年グループ逮捕」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080822-00000929-san-soci あ、手前で殴っといて「痛いですか?」って、こら 痛 い に 決 ま っ て ん だ ろ う が ! クソガキどもが・・・ ったく .. ...続きを見る
そいつは帽子だ!
2008/08/24 18:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
行動と結果が直結していなくてもいいじゃないんですか?
世の中には直結していないことがほとんどですよね。
少なくとも私はあなたに感謝しています。
お互い顔も知らないですけど(^^♪
そんなことあんまり関係ないですよね。
すぺーすのいど
2008/08/20 19:56
変わらない、変われないです。
これまでの人生で、幼い頃からの自分に進歩があったとはまるで思えません。

でも、人は誰かと触れていることで、日々変貌しているのかもしれない、とも思います。

ブログを見始めて1年にもなりませんが、なかなかよき出会いがあったように思います。

最後の十行、心臓にずんずんっと響きました。
naoko
2008/08/21 02:24
まず、知らないと何も生じません。何もしないより、ブログでも何でもやってみることにより意味が出てくるのだと思います。

日向には、ブログがあったからこそ知りえたことや、たくさんの出会いがありました。両手からあふれるほどあります。
他人からみたら些細な変化かもしれませんが、日向はブログで変われてると思ってます。
もちろん、日向もdr.stoneflyさんに感謝してます。
日向 葵
2008/08/21 10:57
みなさま、コメントありがとうございます。

一人ひとりにレスを書いていたら、思春期の青年のようなウエットなレスになってしまい、書きながら爆笑し、後、苦笑したまま流石に公開できないな、という結論に達しました。

まあ、あれですわ。精神世界ではブログで完結することもありかな。でも実社会の問題をブログで完結することはできないわな、という当たり前のことで。
dr.stonefly
2008/08/21 13:03
読み直してみたら、えらく素っ気ないレスでした。申し訳ない。で、もうちょっと考えてみたのですが、
「自分自身が変わる」ってのが「自分自身を知る」でもいいのかな、と思いました。
dr.stonefly
2008/08/21 16:16
dr.stoneflyさん、ちょっとご無沙汰でした。少し出かけていたもので。

自宅に戻る前に、こちらへ寄り道。でも、dr.stoneflyさんには嬉しくない寄り道かも、と前置きしておいて...。

やましいですよ。ブログが武器だなんて。世間にパンチを食らわすだなんて。

それがdr.stoneflyさんにとっての「意味」だったんですか?

先日の、「存在の不思議」を感じ取ったJr.stoneflyの言葉は? それこそが意味じゃないんでしょうか? 上のコメントは、皆さん、ブログという世界に存在した不思議について言及してます。その不思議があれば、“とりあえず”、良しではないのでしょうか?
愚樵
URL
2008/08/21 20:33
“とりあえず”ではない「意味」なんてのは、後付けのものです。dr.stoneflyさんの言葉がどのような意味を持つことになるのか、今、この時点で予見できる人間はいません。だから、信じることしか出来ませんし、それでいいと思います。

私がdr.stoneflyさんに求めるのは、dr.stoneflyさんという存在の不思議です。その不思議さを、dr.stoneflyさんのやり方で示してくれればそれでいいし、もし、多少でも交流できるなら、尚、よし。

存在や交流が後々「意味」を持つようになればと希望はしないでもないけど、でも、その希望はどこかヤマシイと感じます。


...なんて自分のことは棚に上げてコメントしてしまいました m(_ _)m
愚樵
2008/08/21 20:34
いや〜、そのウェットなレス是非読みたかったなぁ〜笑
すぺーすのいど
2008/08/22 15:11
愚礁さん、お帰りなさい。
「鹿」のレスを楽しみにしている方も多くいるだろうと、想像するなか、寄り道していただきありがとう(笑)。嬉しくないわけがない。歓迎です。
このエントリーのジレンマは、ワタシの課題かもしれないな。
ちょっと長くなりそうなので、新たにエントリーします。
ただ「運動的」にはブログは武器(道具)ですよ。
そしてこのブログでも何度もパンチを出してきました。
風のように、やさしいパンチでしょ(爆)。
 


すぺーすのいど会長
だめです。書いたワタシが赤面するほどですから。
世間晒す勇気なんてありませんことよ、オホホホ。


dr.stonefly
2008/08/22 18:18
私にとって、ここは目の前にあったはずなのに見えていなかった事に気付かせてくれる場所です。なかなかコメントしたりとか出来ないんですけどいつも「う〜ん…」って考えさせられます。ブログを書いていても手応えが無いって感じる事も多いでしょうが、読者は少しづつ少しづつdr.stoneflyさんの言葉に影響を受けているんじゃないでしょうか。
akiko
2008/08/23 00:44
akikoさん、ありがとう
たまに綴ることがシンドイと感じることもありますが、こういうコメントに乗せられ、いや励まされ、また書こうという勇気が湧いてきます。
ほんと、毒多は単純な奴(爆)
dr.stonefly
2008/08/23 09:56
私はdr.stoneflyさんのブログの読者になってから、今まで自分が目を逸らしていたことを見られるようになり、少しでも自分の属する社会の問題として、自分の問題として考えられるようになりました。
もちろん読んだからすぐに何かができるなどと自惚れてはいません。しかしアンテナを張ることができるようになりました。そのことによって、自分が何かできるタイミングを見逃さずにとらえられるようになったと思いますし、これからもっとわかってくるようになると思っています。
このように読者を増やしていくことは、大変有益なことだと思います。通り過ぎていく人もいるでしょうが、発信し続けていれば留まる人はしだいに増えてくると思います。
どうぞ自信と確信を持って、ブログでの発信を続けていって下さい。
ひょろっと悩みを見せていただけるところも、このブログの一つの魅力なので、それもどうぞ遠慮なく、書いていって下さい。
alice
URL
2008/08/26 20:32
aliceさん
ありがとう。疑問に思わないときは、すんなり書けるのだけど、たまにふと書くことに意味があるのか、ってのを考えちまうときもある。
こうしたコメントを頂けるので勇気づけられることもあるが、基本的に表現するというのは孤独な作業だな。
あせらず、じんわり綴っていくことにします。
今後共よろしく。
dr.stonefly
2008/08/27 10:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ブログを書くこと」…意味があると信じたい 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる