毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「この国の『国家の威信』」…オリンピックでのメダルらしい

<<   作成日時 : 2008/08/27 14:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

 いろいろな話題をふりまいたオリンピックも終わった。
 メダルを取った人も取れなかった人もお疲れさんでした。
 ただ無責任に観て、笑ったりいろいろ言ったりするワタシにとってはただの一過性の娯楽でも、選手にとっては、練習に真剣に打ち込み鍛錬して発揮された「結果」はメダル如何に関わらず何かしら得るものはあったんじゃないかな、と想像する。
 もしかしたら、鍛え抜きその成果を試され後で、競技の技術や勝負だけではなく、どこかに「達する」ことを通して「人間とは」の本質みたいなものを体得できるのかなぁ、つまり剣の達人が到達する境地みたいなのがあるのかなぁ、なんて妄想していたけれど、試合後のインタビューを聞く限りそんなことは微塵も感じなかったな(笑)。どの選手も垂直じゃなくて、水平だった(爆)。
 その一人ひとりの笑顔や涙の向こうには、やはりその個人にしか体得できないなにかがあると、ワタシが、なんとなく思いたいだけかもね。
 いや、ちがうぞ、あるさ、きっとある(笑)。

 と、オリンピックはここで終わっておけばいい。これで十分ではないか。

 でもテレビでは、次回オリンピックには「国の威信」をかけメダルをさらに大量にとるために国家予算を投じる、と報じられた。

 え、唖然とする。

 この国の威信はオリンピックのメダルの数だったんだ……。

 威信=メダル ……恥ずかしい。本気で言ってるの? 赤面である。

 そして国家予算をつぎ込むって、職がなくて、食がなくて、悲鳴をあげてりる人々がいるなか、国家の威信=メダルのために金をつぎこむ。

 「金」がなくて食うに困って自殺する国民には目もくれず
 「金」をとるため大枚をつぎこみ目を血ばらせる国家。

 自殺する人々が数えきれないほどいることは「国家の威信」をきづつけないんだ。数人の個人の身体能力の向上が「国家の威信」なんだ。

 そろそろ、何が大切かに気づこう。 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【テレビ】テレビではテレビ用のコメントと思ったほうが良い(グルジアとは関係無いのですが)
今日の有給も完全に無為に過ごしているわけですが、グルジア紛争関係は、基本的にマスコミはロシア非難、ネットは、もちろん、ロシア非難のかたのほうが多いと思いますが、ロシア同情論も散見されます。 グルジアが先に手を出したというところからでしょうか。 ...続きを見る
散策
2008/08/28 17:37
混迷のアフガニスタンで日本の青年が
アフガニスタンで武装グループに誘拐され、そして殺害された伊藤和也さん。何の縁もない者ですが、でも、心からご冥福をお祈りいたします.&... ...続きを見る
愚樵空論
2008/08/28 20:25
「どうせ」や「しょせん」と対極の世界--オリンピック・アスリートを称える
先ほどまで柔道の最重量級の決勝を見ていました.このイベントに至るまでにどんないわく因縁があったとしても,そこでアスリートたちが闘う姿は本当に美しいですね・・・どの競技であれ.なぜそう感じるかと考えてみると,やはりそれまでの経緯に何があったとしても,戦いの場という限られた時空での選手たちはホントに真剣勝負で,そこにはウラが一切ない,ということではないかと思います.見えているものがすべてなのです(後でドーピング問題が出ないことを祈ります!). 応援のクリック歓迎 (1日1回まで) 日常の現実で... ...続きを見る
ペガサス・ブログ版
2008/08/28 22:40
スポーツに限りませんが
1つの金メダルが示唆するインドの未来(NBonline) ...続きを見る
非国民通信
2008/08/29 22:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>この国の威信はオリンピックのメダルの数だったんだ……。

冬季まで含めたら、ノルウェーのほうが「威信のある国」なんでしょうね。
×第二迷信
2008/08/28 23:22
まあ、北欧ぐらい福祉をやったうえで、メダルが威信だってんだったら、納得もするんですが……。
dr.stonefly
2008/08/29 16:58
初めて投降します。もとい投稿します。面白かった?・・・。それはともかくメダルの数は、国家の威信に成り得ると思いますよ。ストンフライさんのお考えでは、何かメダルのみが威信だみたいな捕らえ方してるみたいですが、数多くある国家威信のひとつ、「4年に一度の国家威信」とでも捕らえておいた方が疲れませんよ。ナニワ金融道の作者は、「五輪?ショム無い。走ったり、飛んだりを競うより、耕したり、イモ掘ったりする競争の方が意味ある」みたいなこと言ってましたが、完全雇用を生産性重視に重きを置くなら、こういった五輪で獲得したメダルに威信を乗っけましょうよ。とりあえず、高税率の金銀銅は、スウェーデン、ノルウェー、デンマークってことで。
スウェーデン食わぬは男の恥
2008/09/01 15:25
スウェーデン食わぬは男の恥さん、はじめまして。

意味深なHNですね(笑)
まあ、ワタシとしては、オリンピックもメダルもさらにいうなら「国家」もどうでもいいので、こんな記事になっちまいましった。
「国家」もどうでもいい、って言ってしまうと、いろいろ語弊がでそうなので、今回はそこまでいいませんが、いろいろある威信の優先順位を考えてほしいなぁ、とは思います。
dr.stonefly
2008/09/01 17:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「この国の『国家の威信』」…オリンピックでのメダルらしい 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる