毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「秋葉原でおきた惨事」…自己肯定感の阻害か

<<   作成日時 : 2008/06/12 15:34   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 5 / コメント 6

 本当は書くつもりはなかった。
 社会に対しては「派遣労働者の惨状」「格差社会の犠牲者」「死刑廃止論」という視点。個に対しては「そも負け組と思い込む心性」「勝ち負けという価値観」「死と生について」……など、いろいろ考えるところはある。でも、どこから切れ込もうが、容疑者に対しても被害者に対しても、どこかで書くことを躊躇させるものがあるから。そう、ワタシの中の何かが、机上で語るワタシはワイドショーで嬉しそうに語る評論家とどこが違うのだろう、とブレーキをかけるからである。

 昼休み、点けっぱなしにされていたテレビがワイドショーを嬉々として垂れ流している。うんざりして、テレビを消そうとしたのだが、思わず見入ってしまった。アキバで多数の犠牲者を出してしまった犠牲者が、どこかで書いていたという愚痴。
 今回の件は惨事を起こしてしまった犠牲者の凶行は、格差社会で虐げられ、社会から投げ出されたことが大きいと思う。しかし、派遣でズタボロに使い捨てられるという理由だけで、ああした惨事をおこせるのだろうか? それだけが理由なら、これから200万件の惨事がおきるだろう。いや、おきるかもしれない、おきるかもしれないのだが、それにしてもテレビで流された、容疑者がどこかに書いたという愚痴にワタシは目がとまってしまったのだ。

親が書いた作文で賞を取り
親が書いた絵で賞を取り
親に無理矢理勉強させられたから
勉強は完ぺき
小さいころから「いい子」を演じさせられていた
親が周りに自分の息子を自慢したいから、完璧に仕上げたわけだ
俺が書いた作文とかは全部親の検閲が入ってたっけ


 惨事をおこした犠牲者が親に対して綴った愚痴である。
 これね、古くからの読者はご存知かもしれないが、以前、ワタシがエントリ−を挙げたものを思い出させた。こんな親がフツーにいるんだ、しんじられない、というエントリーである。

「いまどきの夏休みの宿題」…えっウソ!! そんなバカな……

また、そこに関係するだろうエントリーも挙げておこう。

早期教育が育てる力奪うもの 加藤繁美著
 
 親がオノレの虚栄心を満たしたい為に、または、親が我が子の将来を案じてという勝手な価値観の押しつけによって「自己肯定感」を阻害され続けた子の末路をまたしても、みたような気がする。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ユー・ドント・ノー・ホワット・やさしさ・イズ
言葉が足りないのではない。言葉が多いのだ。 美しいものは、人を黙らせる。それは、醜いのだ。だから、誰もが喋り出す。 ...続きを見る
BLOG BLUES
2008/06/12 16:02
出口のない状況
悲しくて心痛む事件がありました。 社会的に大きな問題ゆえ、皆さん、いろいろこの記 ...続きを見る
瀬戸智子の枕草子
2008/06/12 16:28
シジミ
シジミ   「石垣りん詩集」(ハルキ文庫)より夜中に目をさました。ゆうべ買ったシジミたちが台所のすみで口をあけて生きていた。「夜が明けたらドレモコレモミンナクッテヤル」鬼ばばの笑いを私は笑った。それから先はうっすら口をあけて寝るよりほかに私の夜はなかっ... ...続きを見る
再出発日記
2008/06/12 17:18
現場にて・・・・
 今日、秋葉原の事件現場を訪れた。  献花台が設置してあり、たくさんの花束、飲み ...続きを見る
日々是好日?今日もここにいます。
2008/06/12 18:24
派遣労働者諸君 自殺するな! 社会に復讐しろ!
アキバの無差別殺人。 加藤容疑者は特殊な人間じゃない。 世の中に絶望して人を殺す若者は、この国の大企業によって無数に増産されている。 派遣労働者が、物言わぬバカだと思うなよ。 死刑を恐れないほどのどん底にいなければ理解できないアキバの凶行。 殺人が免罪さ.. ...続きを見る
反米嫌日戦線「狼」(醜敵殲滅)
2008/06/12 20:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。事件の被害者に僕の肉親友人知人は一切おりません。そのことを自覚した上で。事件の遠景には、「格差社会」よりも、「デオドラント市民社会」の色が濃いように感じます。こぎれいで、こじゃれてて、あたりさわりがなくて、つかみどころがない。それは、「デオドラント市民社会」が、身体性を決定的に欠いてるってゆうか、身体性を忌避してるからだと思う。臭いが嫌ってんだから、人間臭さが嫌ってことだろう。そんな社会に住めるか!彼が親から逃げ出したのは、僕的には正解なのだが、さらに歩を進めて、日本から脱出してしまえばよかったのに。なんでよりによって派遣のコンベア労働なんだろう。アフガンで井戸掘りするとか、沖縄でさとうきび刈るとか、日本に留まるなら、ニュースタート事務局に逃げ込んで、逃げちゃった革命に参加するとか、自分を護る方途が、あったはずなのに。
BLOG BLUES
URL
2008/06/13 16:18
BLUESのアニキ、おはようございます。
なんとなく、前のエントリーに「デオドラント子育て、少年少女愚連隊でなにが悪い」とかの批判がくるかな、と思ってましたが、こちらでしたか(笑)。
これはなかなか難しいコメントですね。
「格差社会」っての「社会問題」なんだろうけど、「デオドラント市民社会」ってのは、「社会問題」じゃなくて個人の問題じゃないのかな。デオドラントに価値を見いだす個人、デオドラントを刷り込まれ踊らされる個人の価値観が問題。
ってことをどんどん考えて行くと「格差社会」ってのも、格差社会に文句をいいながらそこに寄り添おうとしている矛盾を感じますね。
>アフガンで井戸掘りするとか、沖縄でさとうきび刈る
ここに発想を移せる人であれば、そも「格差社会」など左右されず関係ないでしょう。この世的な価値に左右されずに生きて行ける。……ワタシもはやくそこまでたどり着きたいです。
dr.stonefly
2008/06/14 10:27
沖縄じゃ、

「貧乏になりたくなけりゃ基地受け入れろ、じゃなきゃ出て行け!」

こんなふうにちゃぶ台ひっくり返されますぜ。同朋のPTAクソオヤジ連に。

あっしはどこに逃げましょうか?
ごん
2008/06/14 13:05
私も青字の犯人の書き込みが印象に残りました。これに小学校での早期英語教育が入ると、英語のスピーチを親に暗記させられて賞をもらい、などとなるのかな なんてことを考えてしまいました。親の期待どおりにやる子はどこかで破綻するのかな これって国と国民の関係と同じかも知れないと思います。国歌・国旗・愛国心・奴隷的労働を強制して 表面上おりこうさんにしている国民。どっかで爆発しないのかな。この場合は爆発したほうかいいのですが。なんていう妄想。でもやはり、契約社員の先が見えないというより見えてしまう不安や孤立感。格差社会。誰がこんな社会を作ったのか となると国民や労働者を人間だと思っていない権力者たちです。
非戦
2008/06/14 15:45
おお、ごん殿、おいでやす。
とりあえず、同朋のPTAクソオヤジ連を無差別殺人ってのはやめときましょう。なんも解ってない可哀相なおっさん殺しても意味ありません。
ただ、ひっくり返されたちゃぶ台は元に戻し、ひっくり返し返すってのはありかもしれません。ブログで井戸端会議してるオッサンらのちゃぶ台ひっくり返すよりも健全でしょ。
というワタシも子どもができてから妙に腰が引けているんですが、生活というウスノロがいなければ♪(笑)

最終的に逃げるところ、というか、たどり着くところは「形而上」です。貧乏も格差も基地も戦争も、そんなつまらないことでないをガタガタ喚いてるんだ、ってところ。
アフガンで井戸掘りするとか、沖縄でさとうきび刈る、という実際の場所じゃなくて、人間として到達するべきところ。
dr.stonefly
2008/06/14 17:11
非戦さん
>これって国と国民の関係と同じかも知れないと思います。
これはすごい、頂きです。

国が書いたアラスジで賞を取り
国が書いた絵(図面)で賞を取り
国に無理矢理刷り込まれたから
愛国は完ぺき
小さいころから「いい子」を演じさせられていた
国が駒(スレイブ)を揃えたいから、完璧に仕上げたわけだ
俺が書いたブログとかは全部国の検閲が入ってたっけ

いただき、といいながら作文してみましたが捻りがたらないのか、意味不明ですね(爆)!!
dr.stonefly
2008/06/14 17:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「秋葉原でおきた惨事」…自己肯定感の阻害か 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる