毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「北京五輪の聖火リレー」…赤い熱狂を見て、我思う

<<   作成日時 : 2008/05/06 15:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

 いまさら聖火リレーである。
 いまだに長野前後に映し出された、各国での聖火争奪戦の映像がふと記憶をよぎり、寒気を感じるからである。
 あの幾重にもシフトされたディフェンス陣のさらに外の、赤い熱狂である。
 赤くデカイ旗がいくつも立てられ、赤い小旗が波打ち、赤いユニフォームを着た「ワンチャイナ」と叫ぶ熱狂。
 「フリーチベット」という声を、数をたよりに封殺していた風景。まるで本国での行為を再現しているようだ。

 ワタシは気色悪さを感じた。
 あの「愛国心」に恐怖を感じた。
 次に思ったのは、アレに理解を示す人はいるのか?
 ちょっと待てよ、どっかで見た風景のような? という、気がしなくもないけど?

 実はワタシは、あの赤い旗、赤いウェイブから、某Jリーグのスタンドを連想させたのだが、「配慮」して具体的には書かない。
 で、次に思い出したのが、「中日球場」のライトスタンド。赤じゃなくて、青。
 「中日球場」とは、某野球球団の昔のホームグランドなのだが、スタンドを我が物顔で占領し人々が「かっとばせー、オチアイ」(古っ!!)と声を合わせ絶叫していた。
 あるとき後輩が、某黒字にオレンジロゴの球団を勝利を喜びながら帰路につこうとしたとこ、この球場の外でたむろしていたライトスタンドの青い熱狂に囲まれ、危うく「ボコ」にされそうになった、と話していた事を思い出した。後輩の話しを聞いて以来、この球団に関する興味が急速に萎んでいった。
 中日球場のライトスタンドの青い熱狂から連想するのが、サムライブルーの青いスタンドである。
 一球団のライトスタンンドよりも、サムライブルーの青いスタンドのほうが「愛国心」的には、聖火防衛隊の赤い熱狂に近いのだろうか? どれも構図としては同じような気もするが……。

 あの聖歌防衛隊の「赤い熱狂」も自分達は正しいと思って居るに違いない。
 「愛国」の熱に燃えている「赤い熱狂」に疑問符はまったくないのだ。
 「赤い熱狂」に他者はなく、自分を振り返ることもない。
 あの「赤い熱狂」に違和感をかんじた「青い熱狂」の方がいたとして、よもや自分が違和感をもって見られているとは思っていないだろう。
 得てして人というのは「自分の事」は見えないものである。

 あの「赤い熱狂」とワタシは違うと思わない方がいい、と戒める。
 あの「赤い熱狂」を馬鹿なやつら、だと決めつけて終われない。
 あの「赤い熱狂」はワタシのなかにもいる。

 いや「赤い熱狂」こそがワタシ自身かもしれない、と振り返ることが大切な気がする。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
合唱
「(明治憲法下の)あのころは特高がわたしたちを呼ぶときは『オイ、コラ』だった。『われわれは奴隷じゃない』と反発した。憲法が改正されれば『オイ、コラ』時代が必ずまたやってくる」 嘉陽のおじい http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-23500-storytopic-1.html あん.. ...続きを見る
そいつは帽子だ!
2008/05/08 06:48
いつのまにか「昭和の日」になっていた
 もうすぐ五月である。すでに桜は散り、ツツジがちらほらと咲いている。団地の中の芝生には、細長い1本の茎をひょろひょろと伸ばし、そのうえに豆の花にちょっと似た、紫色のごくごく小さい花をぽつぽつといくつかつけた草があっちこっちに群生している。 今までに見た... ...続きを見る
遠方からの手紙
2008/05/09 01:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰していますが というかコメントを書いていませんけれど 読ませていただいていますよ。どうも私は哲学的思考に欠けているのですみません。ブログの閉鎖にまつわって、ブログと死を考えるというのもわかるような気がします。突然ブログの主の更新がずーとずーとないとか 削除されてしまったとしたら 心配するなといっても やなり気になります。おせっかいなといわれても ブログ自身が人格化してしまうんですよね。それはブログを書いている人には苦痛でしょう。

 
非戦
2008/05/07 20:18
中国とチベットと台湾の問題は難しいです。でも強制して一つの旗の下に というのはどんなものでしょう。どうしても 少数派というか一緒に旗を振らないと非国民扱いされるのは 勘弁してほしいです。でも 旗を実際振らなくても、心の中で日本のメダルが多いほうが嬉しいと思えばおんなじかなぁ。そういう意味で 
>あの「赤い熱狂」はワタシのなかにもいる。
>いや「赤い熱狂」こそがワタシ自身かもしれない、と振り返ることが大切な気がする。

そうですね。コイズミの郵政民営化に疑問を持たず、狂喜狂乱したメディアと人々の姿は、私にはヒトラーに旗振る人達に見えました。城山三郎氏の「旗」という詩はご存知ですか。あの詩には感銘します。旗振ってはいけないです。旗振るな!旗下げよ,旗降ろせ、です。
 
非戦
2008/05/07 20:19
非戦さん、こんにちは。
ここのところの「死について」のエントリーは、結構「引いてる方」が多いかな? と思いながらupしてました(笑)。
>日本のメダルが多いほうが嬉しいと思えばおんなじかなぁ。
うーん、ここが考えどこですよね。実はワタシも『日本人」が活躍しているのは結構、嬉しかったりします。とはいえ、「外国人」が活躍しているのも頑張ってるなぁ、と思うのですが(笑)

城山三郎の「旗」は、実は過去にエントリーを挙げていて、そのエントリーを読み直してみたんですが、ある意味、非戦さんのコメントにお応えできるかなぁ、と思いましたので、紹介しますね。

「日の丸」を変えたところで、旗は旗…
http://dr-stonefly.at.webry.info/200606/article_10.html
dr.stonefly
URL
2008/05/08 11:45
「中日球場」の時代なら、「かっとばせ!マーチン!」ですかな。

ベイスターズ初優勝のとき、横浜スタジアムの駐車場のクルマのタイヤがパンクさせられていた事件もありました。

それにしても、「マラソン」や「自転車」競技、あるいは「ヨット」

ちゃんと行えるんだろうか。
×第二迷信
URL
2008/05/12 19:57
マーチン、って古っ(笑)
歌をググッてみましたが、
♪一番 高木が塁に出て
二番 谷木が送りバント
三番 井上タイムリー
四番 マーチンホームラン
「って、マーチンにホームラン打たせるなら、2番谷木の送りバンドはいらんやろ!!」とツッコんでいた小学生の自分を思い出しました(爆)

なんか、北京五輪は荒れそうですね。第三次世界大戦の引き金にならなければいいのですが……。
dr.stonefly
2008/05/13 08:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「北京五輪の聖火リレー」…赤い熱狂を見て、我思う 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる