毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「レンタル兵士で防衛」…自社の海外搾取工場を守ります

<<   作成日時 : 2007/08/29 08:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 7

♪白地に赤は日本のしるし、24時間戦えますか? ビジネスマーン♪

 メタファであったはずの「企業戦士」を本物に戦士、兵士にしてどうすんのさ、なんて言いたくなる制度を防衛省がやろうとしている。防衛省がやろうとしてるだけじゃなく企業側も期待して、とな。
 民間企業の若手社員を自衛隊に2〜3年の期限付きで入隊させる「レンタル移籍制度」っていうやつ。で、人材確保の一貫だが、背景には自衛隊の若手教育に対する企業側の期待もある。……らしい。
 なんの若手教育なんだか疑問符が踊っているのだが、規律遵守とか、上官の命令は絶対とか、お国(=企業)のために命をかけろ!!とか、そんなとこだろうか。
 お国の腹としては、企業経由の徴兵制復帰をなし崩し的にやるのではないか、という警告もみられるが、遠からずといったとこかな。
 さてさてと考えていると、このブログでも紹介した斎藤貴男の講演を思い出した。
 斉藤貴男は、9条を変えることを企業/経済界が後押しする理由は、海外で搾取をつづける自社工場を自衛隊に守ってもらうこと、と言っていた。つまり海外での搾取により現地労働者が暴動を起したり、その国から叩かれたりテロられたりしたときに、自衛隊に守ってもらわねばならない、という意図なのである。でもね、肝心の自衛隊が「人材不足」で兵士をレンタルしようとしてるわけだし。実際に9条を変えれても海外の自社工場を人手不足の自衛隊に守ってもらえるかどうかもあやしいよなぁ、と企業/経済界は考えるわな。
 
 しかも、あのアホのアベが旗振って憲法変えようとしているわけだし、壷のことだからいつ自己責任とかいって裏切られるか解んないし。よし、こうなったら自衛隊で戦闘の教育でもしてもらいましょ。てなもんで、企業が自衛隊に依頼してほんまもんの兵士を育成して海外工場を自社社員兵士で守りましょ、てなことになりかねないな。
 いやいや駄目だ。兵士を育ててもレンタルから帰ってきたら兵器がないじゃないか!! じゃ、いっそのことレンタル期間中は兵器付きで自社工場を守ってもらいましょか、てなことになって、「3年でレンタル期間中には企業様お好みの訓練先(出張先)がお約束します」って条件が引きだされる。そいでもって3年のレンタル期間が切れたらが別の社員を自衛隊にレンタルすればいいわけで……。

 ああぁ、どうなることやら……sigh 

※かめお笑い道場のコメント欄に書いたネタなんですが、もうすこし書いてみたくなったので新たに記事をたてました。



■以下引用■


防衛省、人材確保に民間からの「レンタル移籍制度」

 防衛省が、民間企業の若手社員を自衛隊に2〜3年の期限付きで入隊させる「レンタル移籍制度」の創設を検討している。
 人材確保策の一環だが、背景には自衛隊の若手教育に対する企業側の期待もある。同省は、今年度中にも民間企業などに意向調査を行い、試行につなげたい考えだ。
 自衛隊は精強な部隊を維持する上で若手隊員を確保する必要があるため、陸上自衛隊では2年、海上、航空各自衛隊では3年の期限で勤める「任期制自衛官」の制度を設けている。応募資格は18歳以上27歳未満。高校卒業者を中心に毎年1万人前後を採用し、数回の任期を経て、毎年5000〜6000人が退職する。
 しかし、最近は、景気回復に伴って民間企業志向が強まっているほか、大学進学率も高まり、高卒者の確保が年々難しくなっている。また、少子化に伴い、募集対象年齢の人口が減り、人材確保は将来的にさらに厳しくなると予想される。
 そこで同省が着目したのが、プロサッカーで普及しているレンタル移籍。民間企業の内定者や若手社員、他の公的機関の若手職員を2〜3年の任期制自衛官として受け入れ、任期満了後に元の職場に戻す仕組みを考えついた。身分は通常の自衛官と同じで、訓練内容も変わらない。入隊後は数か月間の基礎教育を経て全国の部隊に配属され、災害派遣など実際の現場での活動を想定している。
 この制度を後押ししそうなのが、企業で高まる「自衛隊人気」だ。自衛隊は企業研修に協力する形で、3〜4日間の社員の体験入隊を受け入れている。こうした人たちは年々増え、昨年度の陸自体験入隊は約1万5000人。企業からは「団体生活を経験して社員の意識が向上」などの声が寄せられている。任期制自衛官が退職後に就職した企業の人事担当者からも「自衛隊経験者は規律がしっかりしていてまじめ」と評判が高いという。
 同省は今後、民間との給与格差をどう解消するかなど、レンタル移籍制度の具体的な方法を検討する。ただ、体験入隊と異なり、入隊期間が2〜3年の長期に及ぶことや、自衛隊で学んだことが企業などに戻った時にどう生かせるかなど課題も多い。同省は「民間企業と人材確保で競合するのではなく、双方のニーズをうまく組み合わせた制度ができれば」と話している。
(2007年8月27日14時35分??読売新聞)

■以上引用終わり■

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ナゲキバト』と「笠松の爺さんの馬」
瀬戸智子さんからいただいたTB『ナゲキバトを読んで』に触発されて、私も『ナゲキバト』という物語を読んでみようと思った。時間があっても金のない今の私は(いつもは金も時間もない)、図書館に蔵書がないかと思い、昨今は& ...続きを見る
愚樵空論
2007/08/29 10:57
無実の“死刑囚”124人の衝撃 〜冤罪に揺れるアメリカ〜
今晩のNHK『クローズアップ現代』の内容は衝撃的だった。 先進国で死刑制度を持つ数少ない国、日本とアメリカ─── 。今その一角アメリカで、死刑宣告を受け服役していた受刑者の無実が相次いで判明し、大きな衝撃が走って& ...続きを見る
愚樵空論
2007/08/29 21:04
「貧民志願兵」よりも酷い、経団連談合の「自衛軍"出向"辞令交付」 @民間企業の勝ち組気取り「正社員」...
きたきたきたぁ ヤバイヨヤバイヨ 出川哲郎が駆けずり回る ...続きを見る
ぬぬぬ?
2007/08/30 04:13
レンタル兵士
↑って書くと、怖いね。 ...続きを見る
かめ?
2007/08/30 18:14
【地震】植物生体電位観測の斉藤さんからのメール【転載】
先日、植物生体電位観測(環境防災研究会)の斉藤さんから、下記メーリングリストをいただきました。何かご協力できないかと、ブログへの転載を申し出ましたところ許可をいただいたので、転載させていただきます。いただいたメールでは、観測装置が雷に弱く、落雷のたびに壊れて、保守費に食われてしまい、新設がままならない状態とのことでした。興味がありそうなかたにはトラックバックさせていただくかもしれません。ご関心が無ければ削除してください。 ...続きを見る
散策
2007/08/30 21:48
「地方切り捨て」と「自民党離れ」を、亡き祖父母の故郷に見た
 先月の参議院選挙における自民党の大敗には、自民党の進めてきた「市場原理主義」改革によって切り捨てられてきた地方の怒りが背景にあるのではないか?  そのような見方がある。    私は詳細な統計データーを見たり、 ...続きを見る
嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)
2007/08/30 22:02
テロ特措法延長反対。しかしISAF参加はOKなのか?
まず、お詫びです。 昨日書きかけていた、「もののけ姫に見る、自然と人工の対立と共生」と言う記事は、続き物にしたかったのですが、ちょっと体調を崩して寝込んでいる間に、論旨を失ってしまったので、いったん削除しました。TBをいただいていた方、申し訳ありません。 .. ...続きを見る
「猫の教室」 平和のために小さな声を集め...
2007/08/31 06:45
限界を超えた攻撃能力を持つてしまった人間
ずいぶん前に読んだ動物行動学者の本(名前は忘れたケド)・・・それによればオオカミなど相手を倒す強力な牙などを持つ凶暴な動物ほど種同士の戦いでは致命的な攻撃をひかえる。逆に相手を一撃で倒すことのできない弱い動物は、攻撃を抑制する本能が乏しいので徹底的に攻撃.. ...続きを見る
競艇場から見た風景
2007/09/02 04:56
ネットゴキの陰湿化と,「コメント欄」を掲示板と間違えるアホ [体調不良のため再掲載]
 今日のお花はビオラです.語源的にはラテン語(イタリア語)の viola d'amore ヴィオラ・ダ・モーレ から来ているらしいけど,viola da gamba ビオラ・ダ・ガンバ という言葉もある.要するにアルト記号 (alto clef) のついた,高音を出す楽器ということだ.気象学用語にも altocumulus 高積雲 というのがありますね(あくまでラテン語.英語のは宿題(笑)). ...続きを見る
Die Weblogtagesschau...
2007/09/09 16:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
dr.stoneflyさんの後半の企業とレンタル兵士のストーリーは、なかなか笑えました。笑えたけど、そういうことを本気で考えているアベとお友達経団連の輩たちが、現地の人や社員の奴隷化を考えているようで、これが未来予想図だったりしそうですから、ブラックユーモアですまないかもしれません。
非戦
2007/08/29 10:31
企業が権益を求めて海外進出。そしてその権益をまもるための「自衛戦争」としての軍隊派遣。こんなの帝国主義に他ならないじゃないですか。かつてみたいにおおっぴらに植民地なんて出来ないだけで。
最近、多くのブログで東京裁判で被告全員の無罪を主張したパール判事が取り上げられていますし、あべしも彼の息子に会ったとか報道されてますが、パール判事が徹底的に批判したひとつがこの「帝国主義」なんですよね。安倍さん、わかってない...のは当然か(笑)
愚樵
2007/08/29 11:06
非戦さん、いやいや斎藤貴男の話からすると未来予想図でもブラックユーモアでもなさそうですよ。本気、本気、本気も本気、ってやつです。



愚樵さん、
外国に軍が先にでばっていって後から搾取するか、経済がでばっていって後から守るか、結局は同じでしょ。そろそろ日本企業の海外植民工場は軍に守って欲しいという空気に晒されているんじゃないんでしょうか?……斎藤貴男の話によるとね。
(ワタシは海外植民工場の視察はしたことがないので断言できませんが、フィリピントヨタとか、はいってくるニュースはねぇ……)
dr.stonefly
2007/08/29 14:41
海外軍事行動ってのは、本当かなあ。あるとしてもアメリカの容認のもとでしょうねえ。

ところでgege師匠のところに日本語の不自由な日本人が訪問していますよ。
kuroneko
2007/08/29 20:30
そうか、企業も工場もアメリカ次第なんですね。
でも某首相らによって企業もアメリカへ上納されているらしいから、今回のレンタル政策もアメリカの入れ知恵だったりして……
そのうえ批判をかわすため、もしかしたら、背広の兵士だったりしてね。
こそこそとビジネスマン迷彩って感じの。
セーラー服の機関銃ならぬ、背広とバズカー、みたいな。そんなことはないか?

えっと、道場破り出現ですか。
急行します。
dr.stonefly
2007/08/29 21:07
dr.stoneflyさん
本気の話でしたね。
>斎藤貴男は、9条を変えることを企業/経済界が後押しする理由は、海外で搾取をつづける自社工場を自衛隊に守ってもらうこと

これと全く同じことを、経済学者が「格差社会が改憲や戦争につながる」という話の中で、おっしゃっていました。そのとき、「ああーそういうことだったんだ」と思いました。だから納得です。
それに対して、私が他の先生に、「現地の人と和気あいあいとやればいいのにね。そんなことまでしてお金儲けをしたくないのに」と言ったら、「それが普通の人の感覚だけどね。国や経団連は違うんですよ。」と言いました。やはり本当だったんですね。
非戦
2007/08/30 07:35
そうそう、例えば情勢不安な国でクーデターがおきたとしても、この工場だけは自分たちのために守りたい、と現地の労働者が思うぐらいでなければ駄目だね。それぐらいの待遇をしても兵士育てて、内なる労働者から、外なるテロから、工場守るより、ずっと安くあがると思うのだけど。
dr.stonefly
2007/08/30 11:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
「レンタル兵士で防衛」…自社の海外搾取工場を守ります 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる