毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「松岡農相の死」…冥福は祈れない

<<   作成日時 : 2007/05/31 17:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 15

 松岡農相の「死」から3日経った。
 たった3日間で、新たに「松岡農相の死」をテーマにあげるエントリーは少なくなっているなぁ。うーん「この自殺は参院選に影響なし」と誰かが言っていたのが妙に気になるのは、ブログシーンでもひとつの事柄に対する意識の消費の早さを感じるからかもしれない。
 なんてこの事件を再度とりあげる言い訳をしながら、やはり書いてしまう。
 前回エントリーのタイトルは「松岡農相の自殺」としたが、今回「松岡農相の死」にしたのは、数多くのブログで松岡農相が「殺された可能性」が書かれていて、言われてみれば何とも怪しい。最初から捜査する気が全くない警察をみていると、全て猿芝居ではと疑いたくもなる。もしそれが事実であれば現役総理による「殺人教唆」の可能性もあるわけでちょっと強烈な展開となっていくよな。オウムのとき口封じで暗殺された村井という信者がいたが、今回、口封じされたのが松岡農相と考えると、ワタシにはオウムのトップとこの内閣のトップが被って見えるので、なんとなくオウムのあの時の短絡さを想像してしまうのだ。
 これをあんまり書くとワタシの命がヤバそうなのでやめとこ(爆)、って、誰もワタシなど相手にしないか。

 それ以外にもkobanto嬢からTBしてもらった、先週末、熊本の松岡農相の事務所関係者が首を吊って自殺していて関係者の自殺は3人目だ、とかアホのイシハラの「侍」発言、鈴木宗男の「喋りたいのに国対に喋らせてもらえんかった」発言、言葉を知らない壷の「慚愧にたえない」など、いろいろありいろいろ考えたのだが、ワタシが一番気になったのが、らんきーブログのコメント欄にあった、
松岡氏に「ご冥福をお祈りします」の一言ぐらいあっても良いのではないか
という指摘である(爆)。
 まあこれに対し管理人のぶいっちゃんは「冥福を祈るなんざぁ、あたりまえのことで、書かへんとわからへんのかい!! わっれー!! アホちゃうんけぇ」とは言わずに、紳士的に切り返しているが、一程この指摘を認めているんだよなぁ。うん、ここでね「え、あたりまえのことなの?」と呟いてしまうワタシは異常に常識はずれなのかもしれない。
 そういえば、普段訪問するブログでも冥福を祈っていたブログは多いよなぁ。
 ところがワタシは「冥福」という言葉の意味をしらないのだ。だから今回も冥福を祈ることができなかった。
 もちろん書かれている方は、意味が解ってて書かれていると思う。それでワタシも常識を取り戻そうと辞書を引いてみると「死後の幸福。また、死後の幸福を祈って仏事を営むこと。みょうふく。「―を祈る」」とある。辞書を引いてびっくりこいた。死後に幸福があるの〜!! びっくりどっきり、おったまげる。しかも「祈る」ってことは死後、不幸になることもあるの〜!!? ということである。死後に幸福になったり不幸になったりすることは常識だったのか〜〜? じゃ、壷なんていう悪党も「死ねば冥福にあずかれる」こともあるのだろうか? 死ぬまえは明らかに不幸である壷でも、死は「生の免罪符」で「死ねば」それまでのことがリセットされて、また幸福になったり不幸になったりするわけだ。し、知らなかった。だから松岡農相みたいに自殺してみたりするのか? でも、不幸そうに生きてる人でも自殺しないよな。自殺する人もいやいや自殺するんじゃないの? やっぱり死後の幸福なんて信じてないからじゃないの? だいたいなんで生きてる人間は死んでもないのに「死後」のことが解るの? なんで解りもしない死後のことで祈ったりできるの? ねぇ、なんで?何で?なんでなのさ〜〜!!! ……なんてね。ぶいっちゃんにも嫌われそうだな(爆)。

 このブログを見に来る人はそのうちいなくなる気がする。まあいっか……

 死後に幸福や不幸があると信じて祈っている人は別にいいんだけど、いずれにしても、ワタシとしては「冥福」の意味を知っても、あるかないか解らないことを祈ることはできない。それと、らんきーブログにコメントをした人みたいに「常套句的に書けばいい」、なんて言ってるのを見るとどうも「死」によるリセットを肯定的に認めていているようで相容れないな。 
 本当のことを言っていけば、生きているものは「生」でしか語れなくなるはずだよな。だから自殺もいけないし、ついでにいうなら死刑という殺人もいけないということになるのではないか。

 なんだか本当にワタシには政治を語ることができないな〜。と、感じる今日この頃である。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本人の美徳を逆手に取った弱点攻撃 @「死ねば仏で、すべてチャラ」が"常套手段化"されるのは善人であ...
笑い飛ばしながらしっかり怒る。でありたいとは思うのだが、ほかの書きかけのエントリーが進まない やっぱりどんな人間であっても人の死は遣る瀬無い 世を儚み、自らの不遇と絶望に「負けないで」気丈にいてもちょっと& ...続きを見る
ぬぬぬ?
2007/05/31 18:17
任命責任と人命責任 【安倍晋三内閣の責任】
人気ブログランキング  ※より多くの人に伝えるためにポチっの協力を♪ 参院選までブログ記事上部に投票ボタンを設置中!ヨロシクお願いします。 ...続きを見る
らんきーブログ
2007/05/31 22:35
首長選、多選の弊害 (不定期連載『決まり文句を疑う』)
今日ちらりと見た新聞に「総務省研究会、首長選の多選制限は合憲との見解」という(ような)見出しがちらりと見えました。 ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2007/05/31 22:59
その12:「近代」そして「個人」と「自由」
鳥の目と虫の目 さん: ...続きを見る
晴耕雨読
2007/06/01 12:39
ご冥福・・・?
ご冥福をお祈り申し上げます(合掌) ...続きを見る
私もひとこと言ってみる
2007/06/01 14:28
八百長だーよ
一昨日あたりに ぐでぐでぐでぐで書いた記事は ひとまず「なかったこと」にして あらためまして えーこほん こらドアホウ目んたまひんむいてよー見てみいや 殴り合ってるやつらのその目が 笑ってるじゃろうが http://teagon.seesaa.net/article/37023280.html いつから.. ...続きを見る
そいつは帽子だ!
2007/06/02 06:36
ご冥福
「松岡大臣のご冥福をお祈りします、って書いてる人多いけど、ホントに祈ってるのかなぁ」と夫がつぶやいた。 ...続きを見る
Tomorrow is Another ...
2007/06/03 06:52
二つの死
目が覚めると何やらテレビが騒がしい。 あの松岡農林水産大臣が自殺を図ったという。 ...続きを見る
NAGISA TAXI
2007/06/03 07:26
今さらですが、農相の件
(2007/6/2 「続きを読む」以降に追記有り)) ...続きを見る
13日の水曜日
2007/06/03 09:10
覚醒剤の製法を教えたのは誰だ?
「生活苦、亡命しようと」 食事は1日おき 脱北者 (朝日新聞) - goo ニュースについて. ...続きを見る
Die Weblogtagesschau...
2007/06/04 21:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
ども。
オウムのトップって表の死刑囚ですか?それとも裏の都恥爺にしがみついてる方ですか?(笑‥‥えないか。)
そう言えば石原慎太郎はソッコーで「松岡大臣は死をもって罪を償った彼も侍だった。」と大絶賛したそうですね。
あの老人はああいう逝き方を望んでるんですか。そーですか。是非に及ばず。
消されたんなら「因果応報、憐れなり」とはしますが、私も冥福祈るなんて"決り文句"で善人ぶるのはかえって世の中を狂わせて行くのではないかと危惧します。
ご主旨、賛同。
interceptor
2007/05/31 18:15
 この点に関して、dr.stoneflyさんの感性に共鳴します。
 「ご冥福をお祈りします」を「挨拶」として即座に言うことのできる方は、ためらうことなく、そのようにおっしゃればいいと思います。でも、自分が「ご冥福をお祈り」することができるくらい当人と近い存在なのかどうかという事について想像力が働いてしまう人達は、いつでもそれができるとは限りません。私もそのような人間の一人です。
 新聞記事を読んで考えを述べる場合に必要な礼儀をわきまえていれば、当事者との「距離」や共感度によって、必要な儀礼、または「可能な哀悼」の表明というものは、人それぞれの感性によって違ってもいいものだと思います。
kobanto
2007/05/31 22:17
コメント欄の私は、裏ぶいっちゃんです(笑)
争いを避ける紳士風味のぶいっちゃんがたまに出てきますからね。

そもそも、あの素晴らしい私の記事を読んで、あんな筋違いの質問する人には、マジに答えたって、どうせわからないんだから(笑)

dr.stoneflyさんってやっぱ面白いね!
紳士なぶいっちゃんです(笑)
2007/05/31 22:34
こんばんは。
冥福は、誰のためにでも祈るわけではありませんね、人を選びます。
最近では藤原伊織さんのために祈りました。
少し前には、カート・ボネガット。
松岡サンは、祈る気にはなれませんでした。

ところで、バナーありがとうございます。
15日の方頂いて貼りかえました。
abi.abi
2007/06/01 00:48
interceptorさん、コメントありがとうございます。
えっとオウムのトップというのは、死刑判決された人のつもりです(笑)。死刑といえば、あの人の死刑判決にもNo〜というのは、感情的にはなかなか大変です(爆)。オウムの場合、幹部のIQは非常にたかいらしく、暗殺された村井さんのIQは180だったとどっかに書いてありました。ところが、オウムも内閣もTOPのIQは異様に低い気がします。(50くらいかな?)

ワタシには「冥福を祈る」という「決り文句」と壷が推奨する「美しい伝統」が妙にシンクロしている気がします。


kobanto嬢、さっそくTBさせてもらいました。地元の元学友が自殺しているという情報は知りませんでした。なんだかなぁ、って感じです。
えっと、実はね、ワタシの場合、関係の近さ遠さでなくて、本当に「死」が解らなくて、それに対して言動も含め、どうしていいかわからないでいるこの社会のなかで非常識人で、周辺から変わり者と呼ばれてます(爆)。笑ってやってください。
dr.stonefly
2007/06/01 08:53
ぶいっちゃん、勝手に引用してごめんね。
あれね、ああいうコメントの仕方をするメンタリティは結構多いと思いますよ。で、どこに繋がるかというと、「美しき伝統」の押しつけのように無思索、無思考で「こうでなければならない」という押しつけなんですよね。
考えさせない。「何故そうなのか」考えずに「昔からこうだから」「きまっているから」と決めつけ、考えようとするものに非常識というレッテルを貼る。
>「筋違い」というか、イシハラと同様に諸悪を構成していると思います。

あいかわらずFC2ブログにTBが通りません。残念です。


abiabiさん、ほんとにあんなバナーでよかったんですか。ありがとうございます。
>冥福は誰のためにでも祈るわけではありません。
これは、思索のヒントになります。そも「祈り」は他人のためにするのではなく、自分のためにするのではないのか? なんてね。また嫌われそうですね。
笑って許してやってください。
dr.stonefly
2007/06/01 08:54
「冥福を祈る」
残された人は祈ることしかできないんですよね。
死後の世界はよくわかりませんが、仏教では生命はリセットされることなく、その業は永遠に引き続いていくようなものだと言われてますから、犯した罪(でも人間の作った法を犯したとかは仏教上の罪になるのかわかりませんが)は消えないそうです。
sendo
2007/06/01 10:28
 すみません、私の方にTB,入っていないようです・・・。
kobanto
2007/06/01 14:49
sendoさん、ごめんなさい、と最初にあやまっちゃいます。なんだか今日はワタシのなかの「ひねくれ者」が冴えまくってます。
「冥福」ってのは仏事の云々と辞書にもありましたから、仏教の世界の教え(概念)なんでしょう。ワタシは仏教もしらないのですが、利権や金を追い求めるのが「生の本質」とは教えてないでしょう。おそらく煩悩に振り回されまくった生は仏教でも「罪」じゃないのでしょうか? つまり仏教的にも松岡さんの罪は死後も消えない。つまり冥福には預かれない、ということですね。
>残された人は祈るしかない
「残された」人というのもなんだかすごいですね。仏教では「死」が行く(逝く)で、「生」は残されるんだ(笑)。
仏教でも「祈り」に関わらず、冥福に預かれる人と、罪が消えない人がいるわけで、「祈る」のもやはり何に対して祈るのか、解りません。

sendoさん、笑ってやって許してやって下さい。自分でも笑ってます。もう病的にひねくれてきました。本当に「死」ってなんなんでしょうね?
dr.stonefly
2007/06/01 14:50
kobanto嬢 あれれれ、gooも通らなくなっちゃたんかなぁ。
ついに当局に睨まれるブログになれたのか(泣笑)
もう一度トライしてみますね。
dr.stonefly
2007/06/01 15:04
>本当に「死」ってなんなんでしょうね?

本当にそう思います(笑)
これで、「死んだものには鞭打つな」ということで真実が追及されなくなることに危機感を感じます。

残された人というのは、その故人を少なくとも愛していた人はいたでしょうから、そのような生き残された人々のことを申したまでで、自分はその範疇にはいません。

自分も、仏教については一般的なことでしか理解もしていないので、御幣がありましたら、ここでお詫びしておきますね。
失礼いたしました。
sendo
2007/06/01 21:21
お仲間がいてうれしいです。(笑)

>「冥福を祈る」という「決り文句」と壷が推奨する「美しい伝統」が妙にシンクロしている気がします。

まったく同感です。
水葉
2007/06/03 06:46
sendoさん、「死」は永遠のテーマです。
もっとも死ななきゃ、解らないのかもしれませんが(笑)
語弊なんて全くありませんよ。今後共よろしくお願いいたします。


水葉さん、お仲間、お仲間、非常識で繋がったお仲間ですよーん(爆)。常識を疑うところから真理はみえるのかもしれません。
祝、再開!!
dr.stonefly
2007/06/03 09:32
どうしても、政治的な見方をしてしまうのを許して。新聞からあっという間にこの自殺や松岡氏の報道が消えたのはなぜ?緑資源機構が問題あり、なのは確かなのに、廃止するのは責任逃れでは?マスコミも検察もこの件はもうなしにするってこと?絶対おかしいな〜。dr.stoneflyさん、答えはいらないですよ。こんなこと答えてって言われても、悩んでしまうのわかっていますから。でも言ってみたいから、場違いみたいですが、書きました。ゴメンナサイ。
非戦
2007/06/03 23:52
大丈夫です。それくらいなら悩まず応えられます(笑)。
自殺にしろ暗殺にしろ、松岡さんの死が不都合な壷に、マスコミも検察も「押さえられている」ということですね。人の噂も7.5日……一週間もすれば国民も完全に忘れてます。ふぅ。
dr.stonefly
2007/06/04 05:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
「松岡農相の死」…冥福は祈れない 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる