毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日本教育再生機構」(4)…めざすは北朝鮮かよ

<<   作成日時 : 2006/09/22 14:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 11

 「新しい歴史を捏造する教科書」を出版する扶桑社の販売部でもある「日本教育再生機構」が、案の定ブログを更新した。「日の丸・君が代強制は違憲」という当たり前の判決に対するクレームだ。
 拙ブログにもウヨなのにわざわざTBを送ってくる個人ブログの「しつけ」だとか「強制依然の問題」などという個人的な感想は放置してもいいのだが(TBの一つはあまりに下らなさすぎて消去、もう一つはサンプルとして未消去)、「日本教育再生機構」の立ち上げには、あのアベソーリー(予定)のブレーン5人組のうち4人が関わっているのだから、やはり黙っているわけにはいかない。頭の構造が今イチ不明なマリオネット・アベを操り好き勝手するショッカーなのだから。

日本教育再生機構:国旗・国歌を大事にする教育を

 まずは「子供たちに国旗や国歌について理解させ、敬う気持ちを教えることは公教育として当然の務めです」とある。まったく話にならない。そも「説明し思考させる」のが「教育」だろうが、最初から「敬う」ことを強制させるのは、己等も嫌うあの国と同じではないか。しかも「気持ち」を教えることだとぉ。「気持ちを教える」「キモチヲオシエル」………、書いてておかしいとは思わないのか。統一原理の洗脳かよ。不気味としかいいようがないな。
 不気味といえばワタシも机上で物を言っているわけではない。 子どもの入学式では実に不気味な体験をした。体育館のなかにいる老若男女、ワタシ以外の全ての人間が、誰もいない壁、ただ「日の丸」様が貼付けられた壁に向かって「一同礼」をするのである。最後列からその光景を眺めていると、まるで「金なんやらの肖像」に向かって礼をするあの国のようで、メチャクチャ気色悪かった。背筋に悪寒が走った。

 で次に、「児童・生徒の口をこじ開けてまで歌わせることはできませんが」だと〜!! 斎藤貴男氏から聞いたが、教室に音量測定器を持ち込んで、一定の数値がでないと担任を指導したりするそのやり口。大声で歌わせることと口をこじ開けてまで歌わせることと、どう違うんだ。指を突っ込んで歌わせることと同じだろうが、白々しいウソをつくものいい加減にしろ。
 ふん、何が学習指導要領で定められてるって? その学習指導要領自体が「違憲、違法」だろうが、だから今回のような真っ当な判決が下ったんだよ。もともと「違憲、違法」なものを作ったことを反省するのが大人の態度というものだ。それをさらに「服務上の義務」だと、教育となんら関係ないものを義務化すること自体、撤回されるべきだろうが。

 だいたい君が代の主人公である天皇自身が 「強制されることはこのましくない」と言ってるんだ。そりゃ天皇だって考えるさ「朕は金ではないぞよ、朕を金のように利用するのはよしてくれ」とな。そりゃ、金某や前の天皇とちがって今の天皇はただ利用されている立場だということを分かっているからウンザリもするだろうさ。

 それにな、なにが「子供たちが自然な感情として自国を愛することのできる教育の実現を目指します」なんだよ。これが一番「不自然」ってことさえ分からないのか。
 日の丸・君が代を強制しなくても、敢えて「この国はこんなに素晴らしい」などと教えなくても、いつのまにか「この国が好きだな」とか、考えたことないけど「いい国かもしれないな」と感じるのが「自然な感情」ってやつで、それを「教えよう」とした時点で「不自然」で「恣意的」なものになるんだよ。

 結局「自然な感情」で愛せる国でないこと認めているから、ムキになって教育現場で叩き込もうとするんだよ。言えば言うほど、「自然な気持ちで愛されることのない駄目国家」であることを吹聴しているのだ。

 そして「不自然」で「恣意的」に強要し、思想統一することをイデオロギーを持ち込むと言うんだ。

 歴史捏造教科書で一儲け、でなければ、「日本教育再生機構」が目指しているのは、金某が支配するあの国ような「国家」としか思えないな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
現在は戦前と接触しているのでは(格差の状況から)
非常に見にくいと思いますが、所得格差(ジニ係数)の長期推移です。左端が1890年、真ん中の急降下している所が敗戦の時です。右端は2000年です。これはHonkawa data tribuneのなかのここからです。解説もあるので是非見てください。 ...続きを見る
飯大蔵の言いたい事
2006/09/22 23:12
石油減耗の意味
 「エネルギー資源を理解するには、その評価基準としてエネルギーの出力/入力比が本質的である。EPR(Energy Profit Ratio)、EROI(Energy Return on Investment)などだが、残念ながら、日本では殆どしられていない。この指標はエネルギー資源を評価するに、欠かすことの出来ない重要性を持っている。殆どの巨大油田はEPR60と高い。オイルピーク時1970年頃のアメリカの油田は20と低い。それも1985年は10を下回る。今では3程度に落ちているそうである。同じ石... ...続きを見る
晴耕雨読
2006/09/23 00:41
教育については現役
私は、戦後生まれなので、実際の戦争は体験していません。 従って、先の15年戦争について考える場合には、先ず事実を知ることから始めなければなりません。 しかし、教育については、バリバリの現役です。 ...続きを見る
九条を考える
2006/09/23 02:55
【今一番の関心事】RSS、リンク・トラックバック、共謀罪
国会共謀罪審議に備えて、Topを変更しました。Topの写真も、下記の写真にしようかとも思いましたがやめておきます。今、RSSリーダーに約100個のブログを登録させていただいて、拝見しています。といっても、ちゃんと拝見などできていません。メリットは、やはり多くかたのブログを拝見できること。デメリットは、RSS対応していないブログを見に行く機会が減ってしまうこと、更新情報に注意が行くので、過去エントリーのコメントに目が行かなくなってしまうことです。 ...続きを見る
散策
2006/09/23 16:45
人間として当然のこと
昨日、東京地裁で「国旗国家の強制は違憲」という判決が出た。当然の判決なのだけど、それに対して、例のごとくというか、小泉元首相が疑問を呈したという。 「法律以前の問題じゃないでしょうかね。人間として、国旗や国歌に敬& ...続きを見る
愚樵空論
2006/09/23 17:07
便意問題
以下は実話です。 ...続きを見る
喜八ログ
2006/09/23 19:31
クローズアップ現代
石原都知事は、「都立高校の実態を見たほうがいい」と言っておられるそうですので、 昨年放送されたクローズアップ現代の記事をご紹介します。都立高校を取材していました。この番組に対して、都教委と自民党が申し入れをしています。他の記事もあわせてご紹介します。(根津公子さんの停職出勤日記はたくさん転載させていただいていますので、よろしかったら検索して頂ければと思います。真剣に子どもたちと向き合っておられるご様子がよくわかります。) ...続きを見る
内申書制度の廃止を求めます
2006/09/23 22:02
愛と敬意が欲しいのであれば
 かなり昔、こんなことを書いたことがある。(人のブログのコメント欄でだけど) 「おねがいします」と言って差し出した手に、どう応えるかについては相手にまかせてあるから、握り返してくれた手の中に愛があるのだ。 最初から拒絶する自由を奪ってしまっていたら、あなたが手にしたのは愛ではない。 ...続きを見る
Non-Fiction
2006/09/24 21:59
日の丸・君が代と夫婦別姓の問題
先日こんなエントリーをあげたら いろいろなblogからトラックバックをいただいた。 それらのエントリーを読んだ結果、先日の東京地裁が出した「日の丸・君が代の強制は違憲・違法」という判決に対する意見は、大きく2つにわかれることが判明した。 賛成か、反対かである.... ...続きを見る
かめ?
2006/09/25 21:51
ボクの官邸の内と外(オモテとウラ?)に二つの「教育再生」機関が?!+安倍首相の訪中雑感
  8日、安倍晋三首相は無事に中国での首脳会談を終えたようだ。  まあ、今回は中身はともかく、まずは向こうに行って、首脳&TOP3の要人に会っ たということに意味があると思っているのだが。   安倍氏が唱えた「政経分離論」から「政経両輪論」に。そして日中間で「戦略的互恵 関係」を目指すことになったらしい。つづきは文末に。 ...続きを見る
日本がアブナイ!
2006/10/09 10:49
学校教育法:改正案
安倍首相:中国から韓国入り 盧大統領と初の首脳会談へと言うことで、今朝はこのニュ ...続きを見る
瀬戸智子の枕草子
2006/10/09 12:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
TB有難うございます。
私から送ったものは少しテーマからずれると思われるかもしれませんが、私の見るところ北朝鮮は戦前の日本を模倣しているように見えます。それを通じて現在の日本に繋がるといった意味に解釈してください。
飯大蔵
2006/09/22 23:19
戦前のニホンを模倣する北朝鮮の次の行動は、「奇襲」ですかね。そしてニホンはアメリカとなり北朝鮮を叩き潰すわけですね……。タメイキです。
dr.stonefly
2006/09/23 13:46
>「児童・生徒の口をこじ開けてまで歌わせることはできませんが」
この「できませんが」に、彼らの本性が現れていますね。
普通ここは「するべきではありませんが」だろうよ。
「できれば、したい」という心が見え見えの正直な文章だと、感心いたしました。
gegenga
2006/09/23 16:16
こんにちは、おひさしぶりです。

諸外国での国旗国家の取り扱いはこんな感じですね↓
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/11/09/990906i.htm

公僕であるはずの権力者が、被雇用者であっても主権者である教員に、民主主義の原理からみて不当な圧力をかけて国旗や国歌を学校の式典で強制しているところは日本くらいのようです。北朝鮮については掲載されていないのが残念。(笑)
村野瀬玲奈
2006/09/23 17:31
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/
11/09/990906i.htm

リンクが途中で切れてるので、改行してもう一度。
村野瀬玲奈
2006/09/23 17:32
gegengaさん、おはようございます。
ほんと、「『さすがに』……できませんが」で、やりたくて仕方ない!! という心がよく表された作文なんですよね。頭の悪さが滲みでてますよね。
ところで、ワタシは、すっかり「かめ?」ファンになりました。出会えて、よかった。これからも宜しくお願いします。
dr.stonefly
2006/09/24 10:03
玲奈さん、再訪問、コメントありがとうございます。
おもしろいURLの紹介ありがとう。一覧表あらためて眺めると、「特亜」と口にする人達がめざすのは「中国」「韓国」のような国旗国歌の扱いに近いことがわかります。「嫌い嫌いも好きのうち」ではありませんが、なんとなく微笑ましい。なんて言ってる場合じゃありませんよね。
北朝鮮が表にないのは「法律以前の問題であたりまえのこと」だからなのでしょう。やはり、コイズミ・イシハラ・アベ以下ある種のニホン人が目指すのは「中国」「韓国」よりさらに「北朝鮮」のメンタリティに近いように感じます。(鬱)
dr.stonefly
2006/09/24 10:16
コメントするのは初めてになります。
「処罰するぞ」と威して得られるものは尊敬や愛情ではなく、追従でしょう。私なら追従されるくらいなら、罵倒された方がましですが、彼らはそうではないのでしょうね。
うちゃ
2006/09/24 22:01
うちゃさんの意見に私も補足。
結果として追従者を増やすことをやっている石原やそれを支持する小泉や安倍や政府与党は愛国者からはほど遠い、ということになりますね。

ところで、上で私が紹介した資料は... 文部科学省のサイトのようです。文部科学省って、卒業式で国旗を掲揚し国歌を歌うのは世界の常識だ、とか言っていませんでしたっけ??文部科学省じゃなくて、どこかの与党議員だったかな...??
村野瀬玲奈
2006/09/24 23:35
うちゃさん、おはようございます。
「かめ?」さんのとこで出会えてTB送らさせていただきました。
まさに、そこが不思議なとこで、奴らは「表面的にチヤホヤ」されることに慣れ切ってしまっていて、それが本質だと思い込み疑いもしない。無知(鞭)をふるってでも「追従」させることが出来れば、心底よろこびを得られるのかもしれません。
dr.stonefly
2006/09/25 08:47
玲奈さん、おはようございます。
奴らがめざす「愛国」とは、やはり「金」や「ヒトラ」のようなメンタリティかもしれません。そんな感性がまかり通っている今のニホンで、「愛」も「国」も、ましてや「愛国」というは、ワタシのなかでトラウマになってます。純粋に素朴に「国」を「愛する」と言われても過剰反応おこしてしまいます。

>卒業式で国旗を掲揚し国歌を歌うのは世界の常識だ
というのはネット上で、国旗・国歌に縛られて安心したい人たちのコメントでは「常套句」となってますね。官僚や議員が言っているのは直接、見聞きしたことはありませんが「さもありなん」ですね。いやいや諸外国云々、法律云々という以前の「あたりまえ」のことと吐くぐらいですからねぇ。(鬱)
dr.stonefly
2006/09/25 08:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日本教育再生機構」(4)…めざすは北朝鮮かよ 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる