毒多の戯れ言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「いまどきの通知表」…思わず笑っちゃいました

<<   作成日時 : 2006/07/25 18:43   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

 小学校1年生の息子が初めての「通知表」を持って帰ってきた。久しぶり…何十年ぶりに目にする通知表である。「愛国心」という評価が「通知表」に載るというトンデモ教育が、はずかしげもなく、ノウノウと行われているというニュースが飛び交うなかでの「通知表」ということで、非常に興味があった。もらってきた通知表には「愛国心」の項目はなかったのだが、「愛国心」が載るのは、5-6年生の通知表だったけ?
 で、小学校1年生の通知表は二つ折りで、開くと左半分に「国語」「算数」……の評価が載る。それぞれの教科のなかに「評価の観点」があり、「たいへんよくできました」「よくできました」「どりょくしましょう」のいずれかに○が記されるている。昔は12345の5段階評価だった気がするが、1年生のときは違ったのだろうか? 覚えがない。また右半分に「行動について(十分満足できる状況に○)」と「健康の記録」などが載っている。

 「通知表」をつらつらと眺めて「大笑い」してしまった。

 まずは通知表を紹介しよう。
 左半分
「国語」
 ・国語への関心・意欲・態度
 ・話す・聞く能力
 ・書く能力
 ・読む能力
 ・言語についての知識・理解・技能
「算数」
 ・算数への関心・意欲・態度
 ・数学的な考え方
 ・数量や図形についての表現・処理
 ・数量や図形についての知識・理解
「生活」
 ・生活への関心・意欲・態度
 ・活動や体験についての思考・表現
 ・身近な環境や自分についての気付き
「音楽」
 ・音楽への関心・意欲・態度
 ・音楽的な感受や表現の工夫
 ・表現の技能
 ・観賞の能力
「図画工作」
 ・造形への関心・意欲・態度
 ・発想や構想の能力
 ・観賞の能力
「体育」
 ・運動や健康・安全への関心・意欲・態度
 ・運動や健康・安全についての思考・判断
 ・運動の技能
など

右半分
「行動について(十分満足できる状況に○)
 ・時間を守り、物を大切にし、気持ちのよいあいさつをする。
 ・進んで運動し、元気に生活する。
 ・よいと思うことは進んで行い、最後までがんばる。
 ・自分でしなければならないことはしっかりと行う。
 ・いろいろ工夫して仕事に取り組む。
 ・身近にいる人々に温かい心で接し、仲良く助け合う。
 ・自然に親しみ、生きているものに優しく接する。
 ・手伝いや仕事を進んで行う。
 ・みんなが使うものを大切にし、約束やきまりを守る。
など


 まず左半分の各教科の一番最初にある評価「○○への関心・意欲・態度」なのだが、これって子どもに対する評価なのだろうか? 明らかに教師の力量に対する評価ではないか。ここで「どりょくしましょう」という評価を下す教師は、それがそのまま自分に対する評価だということに気づいているのだろうか? しかも「生活」の「生活への関心・意欲・態度」とは何のことだろう。意味不明である。

 あと、いきなり吹き出してしまったのが、国語の「言語についての知識・理解・技能」数学の「数学的な考え方」「数量や図形についての表現・処理」あたり。通知表を見ているワタシが理解不十分か理解不能で「もっとがんばりましょう」ある。「数量や図形についての表現・処理」なんぞ言ってる意味さえわからない。さらに「音楽」「図画工作」の「観賞の能力」にいたっては、こんなもん誰が評価できるのだろう? 思わず盗作疑惑の和田さんを推した評論家を思い出してしまった。

 右半分の「行動についても」一見問題なさそうにみえて、非常に一方的で固定的な「いい行動」ではないか。子どもを一括して「元気に」「がんばって」「しっかりと行う」ことなど要求できるのだろうか? 単純に陽気にそんなことを要求していい社会かどうか考えてみろ!! と言いたい。また穿った見方をすれば、評価するということは、この項目を「良」としてそこを目指しましょう、ということなのだろうが、小学校1年で、こんな項目に○が多い「大人からみた優等生」の先行きは非常に不安だ。だいたい通知表の大元である文部科学省の役人や政治家にこのままの項目で評価すると、ほとんど×ではないかと安易に想像できる。オノレがつくった通知表という鏡に映った自分の姿をみてみろ、と言いたい。

 こんな思慮のたらない通知表をみて悲しんだり、落胆したり、まさか子どもを叱ったりする親はいないよな。と、信じながら、けっこう数多く居そうな気もして鬱になる。
 もちろんワタシは子どもに「挨拶はしろ」ぐらいしか言わない。

 そうそう、次期総理候補として国民支持率NO1のアベにも、小学校1年生のこの通知表にて評価してやろう。嗚呼大笑い、×だらけではないか、まったく、小学1年からやり直してほしものだ。ケッ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
高学年の内容に興味をお持ちのようなので、コメントします。左側は、あまり1年生と変りが無く「生活」が「社会」と「理科」に分かれるのと「家庭」が増える位かな?5段階評価は無く「△○◎」になってる…5年生の右側をのせとくね。
行動について(十分満足できる状況に○
・自他の安全に努め、礼儀正しく節度ある生活をする
・心身の健康の保持推進と体力の向上に努め、元気に 生活する。
・目標を立て、当面の課題に根気よく取り組む。
・自分の役割と責任を自覚し、信頼される行動をする
・進んで新しい考え方や方法を求め、工夫して生活を よりよくしようとする。
・思いやりと感謝の気持ちをもち、みんなと助け合  い、集団生活の向上に努める。
・自然を愛護し、自他の命を大切にする。
・働くことの大切さを知り、進んで仕事や奉仕活動を する。
・差別をすることや偏見をもつことなく、正義を大切 にし、公平公正に行動する。
・規則を尊重し公徳を大切にし、学校や人々の役に立 つことを行う。
たく
2006/07/25 22:48
500字以内って結構難しい・・・
ちなみに、我が家の5年生は1年の時から1番無難な「元気に生活する」だけしか○がついてません。先生もナシにする事が出来ないのか、問題児でも1つだけは、親の為に付けてくれてるのかな?微妙…
(左側のは聞かないで…)
たく
2006/07/25 22:51
たくさん、コメントありがとうございます。
小学校5年生の通知表、紹介ありがとう。
なんだかね、やっぱり笑えるのはワタシだけなのだろうか?
記事を書いていて、通知表の内容を嘲笑しているのは、ワタシだけかな?と不安に思ったのですが、書き始めたので公開してしまいました。
それぞれの項目の前に「小学校5年生で、」と置いてから読むと(例えば小学校5年生で、心身の健康の保持推進と体力の向上に努め、元気に 生活する。)、こんな5年生抑圧されている、と感じませんか?ワタシはそう思えて仕方ありません。
dr.stonefly
2006/07/25 23:58
私も1年生の時は笑いました。年々通知表に興味が無くなってしまって…今回久し振りにじっくり見てしまった。長男坊は抑圧されてるのが嫌で、先生に反発するのかな?(笑)
たく
2006/07/26 20:23
そうそう元気が一番。
右側の行動に全部○がついている子どもを想像するに「嫌な子ども」「可哀想な子ども」という印象しかもてません。
ワタシたちは子どもに評価を下す学校を鋭く見つめなければ、と思ってます。
dr.stonefly
2006/07/27 08:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
「いまどきの通知表」…思わず笑っちゃいました 毒多の戯れ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる