テーマ:ホームレス

濁流のなかのホームレスはなぜ救助を拒否したか?(再掲)

10年前(2007年9月)のエントリーです。ワタシ自身忘れていましたが某所で思い出させてもらいました。今、自分で読み直してみても、イメージはあまり変わっていません。過日「野垂れ死に」のことを語りあったりしたこともあり、興味のある方に読んでいただけたらと思い加筆再掲することにしました、笑。 台風9号はすっかり消去ったけど、ワタシ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

越冬闘争突入集会へいってきた

秋に青カン(ホームレス)支援の連中と飲んだこともあり、久々に越冬闘争突入集会へいってきた。 以前はその集会の中心あたりにいたのに、、、結論からいえば、なんて場違いな場所にきてしまったという自省。ほんとうにそこで何かをする気がなくて、そこから何かを感じとる気が失せている自分を知り、そういうヤツが冷やかしでくる場所じゃないことを思い知らさ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「2010追悼集会」…何故ここにくるのだろう?

 「……スズキさん、下の名前がわからないのですが、、、蘭の館の前の小屋掛けのなかで死んでおられました・・・。次の方は名前がわかりません、救急搬送されましたが亡くなられました……」。オンボロ拡声器から絞りだされる雑音まじりの声を青カンのおっさんらに混じって聞いていた。やはり今年も追悼集会へきている。  笹島診療所が把握しているこの一年で…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ペーパーライフ」…書類上の生存者の行方

 なんとなく不思議な気分になる。  113才最高齢とか、111才最高齢とかで書類上は生存しているのに実体は……、のアレである。もし発覚しなければ200才の最高齢記録もありうるわけだ。お役所仕事だと何歳の最高齢までおかしいと思わないのかな?、130歳ぐらいならいけそうだな(笑)、、ってね。人の生き死にも書類上が問題なんだ、、、てのは「シ…
トラックバック:4
コメント:5

続きを読むread more

「内心の調査」…+αが欲しいのかも

 内心エントリーはもう終わりって書いただけど、ちょっと思い出してしまったことがあるんで、もう一本だけ。今回は内心そのものじゃなくて、内心にかかわるエピソード。ほんとは、あんまり個人的なことを書くとリアルで特定される恐れがあって、なんとなくイヤなんだけどさ。もうずっと昔のことだからいいか。でも早々にエントリーを削除することもあるから最初に…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

「風のなかの棺桶」…あばよHMちゃん

 寝ているあいだに携帯が受信していたようだ。  着歴はAチャン。珍しいな。  朝、気づき、こんどは誰かな?と思いながら折り返しの電話をする。  やっぱり、、、ですか。  こんどは誰かな? は、独り言のうえに冗談だったのに。  悪い予感は当たる。  死んだのはHMちゃんだった。  体調を崩し入院をした後、突然逝っちまったらし…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「派遣村の意義」…多少の違和感をあえて言う

 新年そうそう、ホント偶然でたまたまなんだけど、池田信夫というオサーンを引用し批判したために、愚樵さんの尾を踏んでしまった。愚樵さんは、オサーンの書く内容(思考結果)は正しい、という。ただ、正しいけれど、敵だ、と言うのよ。  この辺りがよくわからない。きっとオサーンの言う事を理解し、理解した上で思索し「人の存在の本質」と絡ませたとき「…
トラックバック:9
コメント:7

続きを読むread more

「派遣村批判ってさぁ」…義務とか権利とか政治的とか

 ほんと、廃村になってから記事を重ねるのはどうかと思うんだけど、やっぱり書かずにいられないな。だって、いっぱい見ちゃったんだもの、派遣村批判。  kuronekoのアニさんのとこの「義務を棚上げして権利ばかり言う派遣村」みたいなコメントから、池田信夫blogとかいうどっかで聞いた事のある知名度のたかそうなおっさんとかさ。このおっさんに…
トラックバック:15
コメント:28

続きを読むread more

「年越し派遣村で可視化」…風物詩にしてはいけない

 だいたいね、既に派遣村が撤収されてからエントリーするなんざ正月ボケだろ、と言われそうだな。ま、正月ボケでも、って言うか例え意識不明でも、「低迷」を「ていまい」なんて読まないけどね。あっ、意識不明じゃ読めないか!? ってことは意識不明のがまだましってことかしら。ほんと一国の総理が意識低迷じゃやってられんな。ってこんなネタ、下らなさすぎる…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

「越冬闘争の新聞記事」…問題の核をつかめ

 あのさ、……って、いきなりあのさぁ、ってのも何なんだけど、一応今年中に突っ込んどきたくてさ。ツッコムね。  このブログのひとつ前の記事ね。古くから建設土建業界から切り捨てられている労働者と今製造業界から切り捨てられている労働者が連帯、共闘できないはまずいよね。って記事。山谷や釜なんかの他の都市の寄せ場なんかは知らないけれど、すくなく…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「名古屋越冬闘争突入集会」…派遣切り難民はたった3人?

久しぶりに渦中に紛れたのは自己中なアリバイづくりかもしれない。 私がそこにいて何が変わるということもない、という自覚はある。 なぜそこにいくのだ、という葛藤もある。 それでも今年は行かなくちゃダメだ、と何かに責め立てられた。 派遣切りがこれだけ横行し、新しく路上に棄てられる労働者が溢れると聞く。 こたつに入ってネットに繋がって…
トラックバック:9
コメント:4

続きを読むread more

「クリスマスタイム in ブルー」…救い主はあらわれるか

もう街はクリスマスムードかな。 仏も八百万も猫の手も借りたいほどメリークリスマス。 着飾って浮かれてキラキラの街をフラフラする、 今年も街はそんなジングルベルになるのかな。 100年ぶりって不況で労働者の首がぶっ飛んだクリスマス。 大量首切りのクリスマス。 ブルークリスマス、どころかブラッククリスマスかよ。 何千人、何万人…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

「ネットカフェ難民4」…なぜ私が払うんだ

 ちょっと前、夜中に魘されて目が覚めると草木も猫も杓子も眠る1時半だった。  仕方がないので何気なくテレビをつけた。普通は夜中に目覚めてもテレビをつけることはない。ネットに繋がるか本に手を伸ばす。そう、このときは、まさに取り憑かれるようにテレビのスイッチを入れたのだ。チャンネルを廻す。あれ、はぁ、やはりね。取り憑かれていたわけだ。NN…
トラックバック:4
コメント:11

続きを読むread more

「定額給付金って何よ!?」…本当に必要な人々は無視される

 未曾ユウと、いきなり赤字の悪政、というか頭と顔つきの悪いうえに品のないヤツのハンザツな思いつきで混乱を招いている定額給付金である。これが生活支援定額給付金って命名だけでも錯綜している。ってさぁ、この話題も、ブログ界隈にとっては周回遅れなんだよね。もうすでにマスコミにさえ問題点を指摘されていて、インタビューなんかでも多くの人が意見を言っ…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

「拝啓、石原都知事様」…200円の宿があったとしても

 拝啓、石原都知事様  最近、あなたは「「一つの新しい風俗。ネットカフェは1500円だが、山谷には200円、300円で泊まれる宿がいっぱいある」と仰られましたね。  現状把握が全くできてない!! とか、記憶が50年前で停まっている!!!! とか普通に批判されましたが、まさか真面目に言ったってことはないですよね。毒の上に魚河岸を移転さ…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

「ある青カンの葬儀」…形式に囚われた己を恥じる

 ふと、昔のことを思い出した。  青カンの隣りにいた頃のことである。いや、まだ隣りにいたとも言えない「同一線上にあるその世界」に恐る恐る近づこうとしていた初期の頃のこと。古すぎて細かくは思い出せないし、もしかしたらその世界でのいくつかの記憶が混ざっているのかもしれない。ただ一つ、自分を恥じ入たことだけは忘れられない。  ある青カ…
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more

「2008追悼集会」…あの・野郎が・死んだ

 8.14……夜…、今年もまた、この一年の路上の死とオレが生きる社会を確認するため「追悼集会」へ行った。毎年ワタシの知らない運動家がふえ、顔見知りの古くからの活動家が少なくなっていくことから、ワタシ自身が如何に運動と接していないかを知る。追悼集会もふくめて、年に数回だが、なんとか繋がっていたいと思っている。    今年は息子を連れて…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

「喜八ログから頂いたTB」…申し訳ないが批判させて頂きます

 喜八ログの喜八さんからTB頂いた。 「ホームレス」というエントリーである。  ワタシは基本的に他人の書いたものにあまり批判的な意見を書くことはない。それほど自信があるわけでないし、視点の多面性は認めているつもりである。けどね、さすがにこのエントリーは拙いんじゃないの、と言わしてもらいます。ワタシにTBを送って頂いたということは、ワタ…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

「現場で闘う人々」(2)…ドン底での情けと共感

そこの人々は過去を語らない。 今、青カンに落ちたてしまったのだから。でも、 道行く人がどんなに奇異な目で見ようとも特別な人じゃない。 古里もあれば、親もいる。子どもと離ればなれになったままの人も。 そんなオッさんと公園のベンチで話していた。 オッさんが、ぽつりと呟く。 どこで、どうなちまったのだろう……、娘に会いたいな…。 …
トラックバック:6
コメント:3

続きを読むread more

「現場で闘う人々」(1)…命の恩人は何を見るのだろう?

 一昨日、ニュースの時間内のちょっとした特集で「ホームレス支援をする女性に密着取材」ってのをやっていて、画面を見つめていた。いつもなら、夕方にテレビをみることはない。旧知のMがテレビの取材を受けたらしいよ、という電話をもらったのでスイッチを入れたわけだ。たかが10分くらいの特集だったが、複雑な思いで眺めていた。  ここで紹介されたMは…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「釜の抗議行動はつづく」…ブログは連帯共闘できないのか

 ただ「紹介する」だけのエントリーは挙げないと思ってはいるのだが、これは多くの人に知ってもらわなければならないと判断し「釜ヶ崎抗議行動のいきさつ」…MLを転載し紹介しますをupした。ただMLを転載しただけのエントリーである。ただ転載し紹介しただけなのだが、「釜」で闘う労働者と連帯したいという気持ちは込めている。この気持ちに呼応する(と勝…
トラックバック:13
コメント:5

続きを読むread more

「避難勧告を拒否する老人」…求めても保護されない老人

 またしてもニュースワイドショーである。  ワイドショーなんか糞食らえと言ってはいるのだが、どういうわけか休憩時間にテレビが点いていて、点いていると見てしまう野次馬根性。  東北で恐ろしく大きな地震が起きた。  こちとら、もう何十年も前から「東海大地震」にビビらされているわけだが、阪神淡路から始まって北海道、新潟、そして今回は東北…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

「釜ヶ崎抗議行動のいきさつ」…MLを転載し紹介します

 権力の実態につき、報道されてない情報でもあり、取り敢えずF氏からの流されたMLの転載、紹介します。 ■以下転載■ マスコミで釜が崎でのことが報道されていますが、なぜ労働者が抗議行動をしているのかがあまり報道されていません。警察が横暴な行為をしても、ほとんど報じられません。特に釜が崎などでのことでは。  以下は、メールに流…
トラックバック:9
コメント:12

続きを読むread more

「ネットカフェ難民の妊婦」…安全な場所で叫ぶワタシ

 ちょいと前に、めちゃダウナー系の「さえない日々」って、さえない「つぶやき」を綴った。そこで、「元気を貰ったエントリー」として紹介したルンペン放浪記さんの 「一網打尽をくぐり抜け、“プレカリアート”は歩く」なんだけど、読んでもらえたかな?  これさ、ワタシなんかは「よっしゃ、異議な~し!!」と、思わず強く握りこぶしを振り上げながら涙を…
トラックバック:3
コメント:9

続きを読むread more

「ホームレス襲撃がイタズラでなく」…掃除のためだとしたら

 ちょっと前のエントリー 「学校で野宿者問題の授業を」のコメント欄で、親しくさせていただいている愚樵さんと水葉さんから青カン(ホームレス)襲撃の激白を頂きました。もっとも水葉さんのほうは弟のイタズラのチクリなんですけど(笑)。で、「子どもの青カン襲撃」について考えていたら、どんどんヘビイで暗くなってしまいました。子どものイタズラはありか…
トラックバック:4
コメント:9

続きを読むread more

「学校で野宿者問題の授業を」…問題の本質はきれい、汚いではないのだ

 とあるメーリングリスト(ML)に登録しているワタシのメールボックスには、毎日何通かのメールが届く。9条のこと、辺野古のこと、反基地のこと、国旗国歌強要に立ち向かう教師のこと、etc.……そんななか青カン(ホームレス)のことも混ざって届く。これに反応してしまう。どうも、青カンのことになると他の問題と微妙にちがう感覚になるのは、生の現場と…
トラックバック:6
コメント:11

続きを読むread more

「越冬で I'm so angry!!」…誰かにエゴをみせたくはない!!

そろそろ越冬だな。 え、えっとう? 越冬ってなんだよ。 そのまんまじゃねえか、冬を越すんだよ。 だから、冬を越すって、なんだって聞いてんだよ!! 冬を越すってったって南極越冬隊じゃねぇよ。 現代の街の人間のことだよ。 カエルや蛇じゃねーよ。 都会の真中の人間のはなしさ。 いっそカエルや蛇みたいにさぁ、 春までお寝んねで…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

「中距離ランナーの孤独」…ひったくりを追いかけた時

 またしても昔のことを思い出してしまった。  あの頃はずっと神経を研ぎすませていて、とにかく疲れていた。  そしてあの時もけっこうダウナー系だった気がする。  例の青カン(ホームレス)支援活動の「夜回り」の出発前である。  その日は「栄」という繁華街周辺で活動するグループにいた。  22時の街は名古屋でも人の造った光で明る…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「全盲患者、公園に放置」…実録、救急隊によるポイ捨て

 大阪で、ある病院が全盲の糖尿病患者を西成の公園に放置したというニュースが流れた。  患者の入院費滞納の他、病院の備品を壊したりのトラブルが理由らしい。  退院許可がでて自宅に搬送したが、前妻が面倒をみられない、と引取りを拒否したため公園に棄てたということだ。払えない医療費については医療扶助とかの公的措置があるだろうとか、行き場がな…
トラックバック:7
コメント:11

続きを読むread more

「裕福な街での貧困デモ」…クラクラする日曜日

 先週の土曜日、ふらっと寄った本屋で偶然みつけた「下流志向」(内田樹)を買って読みはじめ、さらについでに借りてきたDVD「ダーウィンの悪夢」をみて、脳みそをくらくらさせながら「貧困をなくせ10.28街頭大行進」という集会&デモに行った。  「下流志向」も「ダーウィンの悪夢」もそれだけで記事が書けるほどで、また書こうと思うが、その「下流…
トラックバック:4
コメント:10

続きを読むread more