テーマ:講演会

「辺野古からの訴え」(2)…安次富氏さらに熱く語る

 さて 「辺野古からの訴え」(1)にひきつづき、安次富さんの熱き講演である。  と、その前に(1)ではいきなり安次富さんの呼び方を間違えて紹介してしまった。直す前に読まれた11名の方「あしとみ」さんが正しいようです。ごめんなさい。記憶の訂正をお願いします。  えっと(1)では、辺野古の闘いではじめて「反基地・反戦運動」と「自然保護運…
トラックバック:8
コメント:7

続きを読むread more

「辺野古からの訴え」(1)…安次富浩さん熱く語る

 こんなハチャメチャな時代だから明るく笑って生きなければ、なんて思いつつ、もともとの内向的な性格がネクラなエントリ-を書かせてしまう。明るく笑おうと思っているのだが、「珊瑚の調査で珊瑚を壊す」とか「自然を守ろうとする市民が自然を壊そうとする権力側のダイバーのレギュレーターを外そうとした」などとネガティブキャンペーンがはられ、明るく笑おう…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「憲法改悪阻止にむけて」…復習の意味を込めて

 えっと、このブログがそろそろ一周忌、じゃなかった一周年を迎えるんですが、記念すべき最初のエントリーを再掲載することにします。憲法改変やら国民投票法案やら天皇制やらをテーマにした2年前の講演でヤバイじゃんと思い、テンションが低下しないように1年前に掲載したのですが、今、まさにその時を無理矢理迎えさせられんとしています。  最近読者にな…
トラックバック:23
コメント:12

続きを読むread more

「斎藤貴男は予言した」(3)…軍隊が先か企業が先か、この先は…

 こう見えても結構アクセス数を気にしていて、最近ちょっと来訪者が増えてきてなんだか嬉しい。記事が記事だけにこんなことを言ってる場合ではないのだが、やはり嬉しい気持ちが励みで書き続けている。  で、たまにgoogleやyahooなどで自分の記事の検索をかけてみる。昨日「斉藤貴男」とyahooで検索したら、この「斉藤貴男シリーズ」が2番目…
トラックバック:5
コメント:11

続きを読むread more

「斉藤貴男は予言した」(2)…エリート選民という底流思想

 足立区は露骨に学校のランクづけをして、舌の根も乾かぬうちに「撤回、見直し」などと取り繕っているが本質は何も変わってない。こうした学習環境差別の実践は「ゆとり教育」のときに既に始まっていたのだ。もともと「ゆとり教育」は「ゆとり教育」以外に「発展教育」を認めていた。つまり「全ての子ども」が均一に「ゆとり教育」をするのではなく、一部エリート…
トラックバック:9
コメント:8

続きを読むread more

「斉藤貴男は予言した」(1)…人民スレイブ化計画

 政府という仮面を被ったエセ権力者で利権(金)の傀儡である奴らが、教育基本法を捏造してまでやりたいことは、国家という偶像を利用した支配と権力に従順なスレイブの排出であることはもう周知だろう。「愛国心」という名の忠誠心をはかるバロメーターとしての「日の丸・君が代」は、今迄以上に有無を言わせずに強制され、「踏み絵」化するに違いない。  こ…
トラックバック:12
コメント:10

続きを読むread more

「斉藤貴男は予言した」(0)…“捏造後の予言と思考”の予告

 「花と散りましょ、お国のために…ですからっ!! 残念!!!!!…ではすみませんからっ!!」  なぜか「ギター侍」がいきなり登場した。 ♪斎藤~貴男の講演会、教育基本法改悪の動きに合わせてタイムリーじゃ~ん。席数も500じゃ足りないかもって、、、言うじゃな~い♪ ♪でも蓋を明けたら、たった50人でしたから~~っ 残念!!♪ ♪世間の…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

頑張れ!保育士さん  -保育士という仕事の意義-

 昨年ふらりと聞きにいった講演会のメモがでてきたので思い出しつつupします。  「みんなで子育て、変えよう!子どもたちの未来」浅井春夫(立教大学コミュニティ福祉学部)  「わてが、太った赤井英和だす」。この人(=浅井さん)はどこの講演でも、この「掴み」を使ってるんだろうな~と笑いながら聞きはじめる。まあ講演の内容の方は、次々にいろい…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

「未来って何ですか」 郡山総一郎 2005.2.6

 正直いって、戦場にのこのこと写真を撮りに行って捕まった、お間抜けな若造がどの面さげて講演なんぞやるのかを「観察」しに行った、つもりだった。が、それは、彼に対する評価の認識違いだったことを知る事になった。勝手に悪評価しててすみませんでした。と、謝ったところで、いやいやいや、彼は、なかなかの好青年ですよ。しかもマカーだし、好感度アップ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「保育所をめぐる状況と課題」 奈良女子大学 中山徹 2004.9

 ちょと昔の講演だが、今でも荀だと思うのでupしときます。  2004~2005が保育行政の転換期であることは、子をもつ親の義務としては把握しておきたい。  把握すべき国(行政)の方針の大きなポイントは「保育園は公の手から離なし、企業にまかせる」ということである。児童福祉法の精神から明らかに反逆する方向転換をなぜすすめるのか? 金が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『今考える、憲法・平和・子ども」森英樹(憲法学・名大副総長)講演会

だいたい副総長なんて大変なことやらされてしまって、忙しいばかりなんですよね。嫌いな携帯電話まで持たされて、呼び出されたらすぐに大学に帰らなきゃならない。しかも出入りの保険屋がつけていったストラップ、これね、こうやると……♪よーく考えよ~、お金は大事だよ~♪……例のアヒルの声がマイクからスピーカーを通し、会場全体に流された。クスクス、ケラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more