テーマ:小学校

「小規模小学校の統廃合」…挙げてる課題がなんだかなぁ

 「おいおい知っとるけぇ~」と勢い良く話しかけてきたのは、税理士との話を終えてきた「客でありツレである」とこのW氏である。  W氏が憤慨しているのは、バラバラバラばら撒きとの声しかきけない「子ども手当」である。今年から「子ども手当」を貰っている子どもは「扶養家族」から外されることに爆叫していた。去年は子ども手当で得したのに、今年は子ど…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

「君が代ふたたび」…やっぱりきたか(笑)

 こないだテレビでバレーボールの試合をみた。  まえから書いているようにスポーツとバンドエンソーはするのも観るのも好きなのだが、バレーは例のみんなで声を合わせて「ニッポン、チャチャチャ」がどうしても許容できなくて長いあいだ観てなかった。前にみていたのが30数年前の女子バレーで白井とか横山樹理とかいた頃で、その前の記憶が男子バレーの猫田…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

「市教委のアンケート依頼」…よろしかったら参考に 爆!!

 名古屋市教育委員会が学校を通し、保護者様宛のアンケートを子どもに持たせ依頼してきた。これがさ、あれでさぁ、なんだかねぇ~、とやはり感じてしまったわけだ。  でね、ほとんど全部公開して質問項目毎に回答を展開してやろうと思ってスキャンしたんだよ。したんだけどスキャンした画像があまりクリアじゃなくて、苦労したわりに報われず、妙にしんどくな…
トラックバック:3
コメント:9

続きを読むread more

「こども110番」…「善意」や「高い志」の強要かなぁ?

 子どもが学校から「こども110番について」というプリントを持ってきて、読んだら、なんじゃこりゃ、とムカついたので、取り敢えず、かるーく、ツッコミのエントリーを挙げといたろかいな、と思っていた。だけど、かるーく、ツッコムわけに行かなくなってしまったのさ。何故だ? 脳死&臓器移植のせいである。というか、脳死&臓器移植を熱く語る愚樵さんのエ…
トラックバック:3
コメント:21

続きを読むread more

「トワイライトと学童の一元化」(17)…新ブログへ移行のお知らせ

 なんで(17)やねん、もう辞めるいうたん違うんけぇ!! と突っ込まれそうな(17)だな。  たしかに辞めるって宣言したんだけどさ、お前の子どもたちに対する思いはその程度だったんかいぃ!!と夢のなかで責められてさ、それはそれで反省して五里「夢」中でもがいていた。で、夢のなかで幼気なおっさんを責めたのは誰かというと、コメント欄でおなじみ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

「生きる力」…新学習指導要領のパンフレット

 恐らく、いきるりき、ではなく、いきるか、でもなく、いきるちから、なんだろうなぁ?  昨日子どもが学校から貰ってきたB6中綴じ16Pの冊子のタイトルである。  きっと、全国の幼稚園、小学校、中学校で配られたに違いない。  下の方に「学習指導要領がかわります」とあり、裏表紙に「文部科学省」とある。  これか…
トラックバック:5
コメント:35

続きを読むread more

「道徳の偏差値」…評価『1』のヤバイ奴は強制収用で?

「おい甲君見たか? 今、毒多のヤツ、笑ったよな」 「うん、見た見た、毒多、おまえ今、一瞬、笑っただろ。明日、学校で先生にいってやるぞ」 「あれ? ばれた? いやね別にバレてもいいんだけど……、だって可笑しいだもの。壁にヌリカベの落書きだぜ、こりゃ普通笑うだろ。壁にぬりかべ描く必要あるんかいな。しかも寺の壁にヌリカベな…
トラックバック:5
コメント:15

続きを読むread more

「大嫌いな学校、大好きな日本」…問題がわからない大人達

 少年は、与えられた卒業式の科白を言い換え「大嫌いな学校」と言った。  周囲の従順な生徒は驚いた。いや従順だったのか? ほんとうに学校が好きだったのかもしれない。 それとも何も考えてなかったのか? 分からない。でも、驚いた。与えられた科白を言わなかったことに……。  少年は、卒業式のあと校長から尋ねられた。いや咎められた。  「な…
トラックバック:8
コメント:8

続きを読むread more

「教育基本法捏造の怒りを思い出せ!!」…今が闘いのときだ!!

2006.12.15 教育基本法が人間の悪意によって捏造された。 悪意を悪意と感じず、心がない「一部の多数」によって捏造された。 悲鳴と怒号のなか、人間より国家が大切というヤツラの「弱さ」が牙をむいた。 負け犬が、ラストチャンスとばかりに狂ったように暴れた。 オレといえば……、 昨日と同じはずの窓の外の風景が変わったように感じ…
トラックバック:18
コメント:21

続きを読むread more

「道徳の授業の実際」…小野道風と小学2年生

 改悪教育基本法にあわせた学習要領が導入されるようだが、徳育ってのを教科化して「道徳度」を評価したい人間にも、フザケルな!!という人間にも、ともに評価されない中途半端な内容だったようだ。ワタシは警戒しているけどね。これについては、折りにふれ書いて行こうと思うが、取り敢えずは「現状」の紹介。と、いってもワタシの息子という、超ローカルな、し…
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

「教育再生会議の『偽』徳育」…2007年、最後にあたって

 今年のエントリーもこれで最後だな。振り返ると書きたくて書けなかったことも多くあるな。最近では電子投票やテロ特、パキスタンのことや性奴隷のこなどであり、また保育園民営化や辺野古についても継続して書かなければ、という気持ちはあるものの書けなかった。そも、書かなければいけない、ってことはないのかもしれない。それでも内なるなにかに責め立てられ…
トラックバック:8
コメント:8

続きを読むread more

「捏造教基法に屈しない」(2)…親よ、自律決起せよ!! 爺婆もしかり!!

ついに「いつも」と違う朝 窓の外の電線で カラスが鳩を威嚇する 鎖に繋がれ飼い犬が苦しそうに吠える朝 どこが「いつも」と違うというのか? 何が「いつも」と違うというのだ いつもと何も変わらないじゃないか? じゃあ 耳を澄ますがいい ビルの向こうのどこかから 一糸乱れぬ行進の 子どもたちの足音が 「1.2.イッチ、ニ」と…
トラックバック:14
コメント:10

続きを読むread more

「文部科学大臣からのお願い」(2)……うっ嘘だぁ、信じられない!!

 これは「戯れ言」史上、最低のエントリーになるだろう。  もう茶化すことも、戯曲化することもできやしない。  この空虚な気持ちをなにに例えることができるというのだ。  よくやる手法の「冒頭が歌」という手も考えた。  でも、今のこの気持ちを代弁してくれる歌がない。  どんな偉大なアーチストもワタシの気持ちを分かってくれないのだ。…
トラックバック:27
コメント:20

続きを読むread more

「文部科学大臣からのお願い」…ツッコミかましてよろしいですか?

 しっかしなぁ、なんちゅうんかなぁ、もう怒りを通り越して滑稽だよなぁ、苦笑するしかないのかなぁ……、などと、余裕を見せているが実は怒り心頭なのである。  昨日息子が学校から「文部科学大臣からのお願い」なる、伊吹からの手紙を2通持たされて帰ってきた。伊吹という名を見ただけで、このまえのコイツの発言が浪曲風な響きをもって鼓膜あたりでウロウ…
トラックバック:11
コメント:6

続きを読むread more

「いま小学生・中学生の君へ」(3)……教育がたとえ変えられても!!

前略  また、つづきを読んでくれてありがとう。前回の手紙を読んでくれた人は、「大人の恥」なんて書いてあったので、なかにはニヤニヤ笑いながら読み始めた人もいるのでしょうか。でも、ちょっと笑っている状況ではなくなってしまいました。  一昨日(2006.11.28)、教育基本法を変えようという案が国会の参議院審議を通過してしまったのです。…
トラックバック:7
コメント:8

続きを読むread more

「いま小学生・中学生の君へ」(2)……教育基本法ってなんだろう

 前略  つづきを読んでくれてありがとう。大人の私が君たちと一緒に考えられることを幸せに思います。  今回は「教育基本法」について考えようと書きましたが、いったい「教育基本法」とはなんだと思いますか?   「教育基本法」は日本の子どもたちが、どのような教育を受けるかの根本的な考え方が書いてある法律です。そこに書いてあることは、例え…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「いま小学生・中学生の君へ」(1)……勇気をありがとう

 前略  はじめまして、私は日本にすむ一人の大人です。  私は、ひとつのブログをもっていて、そこにいろいろな人に聞いて欲しいことを書いてます。今回は、今、小学生、中学生、高校生の君に「教育基本法」について聞いて欲しいことを書きます。  みなさんは、北海道にある北星学園という学校を知ってますか? 北星学園と聞いて、「ああ、あの学校だ…
トラックバック:7
コメント:2

続きを読むread more

「横湯園子はささやいた」(2)…いじめの実際・便器に顔づけ

 だいたい、どこまで横湯さんの言葉でどこからが「戯れ言」なのか分からん、というクレームがでそうだが、ワタシのなかに入った横湯さんの言葉が消化されたり未消化だったりして吐き出されるので、もうどこまでが横湯さんの言葉なのか、それともワタシが咀嚼したり噛まずに飲み込んだ言葉なのか、ワタシにも分からない。実際ほとんど「戯れ言」になってしまい横湯…
トラックバック:3
コメント:10

続きを読むread more

「いじめと自殺と子育てと」……すべてが教師の責任かなぁ?

♪都会ではぁ、自殺する、若者が、増えている~ 今朝来た、新聞の、一面に書いていた~♪  昨今では片隅ではなく、一面に載る事件である。でも、やはり、それを読んでいる者のほとんどが、 ♪それより、問題は今日の雨、傘がない♪ なんだろう。  陽水が歌う様に、どこぞの子どもの自殺より、自分のことの方が大切でありしょせん他人事なのだ。だから…
トラックバック:8
コメント:11

続きを読むread more

「日本教育再生機構」(4)…めざすは北朝鮮かよ

 「新しい歴史を捏造する教科書」を出版する扶桑社の販売部でもある「日本教育再生機構」が、案の定ブログを更新した。「日の丸・君が代強制は違憲」という当たり前の判決に対するクレームだ。  拙ブログにもウヨなのにわざわざTBを送ってくる個人ブログの「しつけ」だとか「強制依然の問題」などという個人的な感想は放置してもいいのだが(TBの一つはあ…
トラックバック:11
コメント:11

続きを読むread more

「『問題児』突然の転校」…排除でないことを信じたい

 まだホームレスのなかで右往左往していた頃は、差別と排除が日常だった。ホームレスにむかい空き缶と罵詈を投げつける「通行人」をつかまえ胸ぐらを掴み、「何故こんな社会なのか」をこんこんと言い聞かせていた。怒りと哀しみを激しく叩き付け、その差別者が「おとなしくなる」まで許すことなく、延々と言葉をぶつけていた。  ほとんどの差別者は、ホームレ…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

「いまどきの夏休みの宿題」…えっウソ!! そんなバカな……

 ずっ~と昔(30数年前)小学校の夏休みの宿題といえば、「夏のせいかつ」という問題集が定番だった。これが全国的なものか、この地域の慣習なのか知らないが、小学校1年の息子は「夏のせいかつ」を貰ってきてやっている。昔とくらべてページ数や紙の厚みがなんとなく貧相になった気がする、が、大昔のことなので記憶違いかもしれないな。そろそろ夏休みも終盤…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

「いまどきの通知表」…思わず笑っちゃいました

 小学校1年生の息子が初めての「通知表」を持って帰ってきた。久しぶり…何十年ぶりに目にする通知表である。「愛国心」という評価が「通知表」に載るというトンデモ教育が、はずかしげもなく、ノウノウと行われているというニュースが飛び交うなかでの「通知表」ということで、非常に興味があった。もらってきた通知表には「愛国心」の項目はなかったのだが、「…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

「授業参観と懇談会」(2)…親の罪

  前の記事からのつづきである。(この記事では「懇談会のなかでの一番の問題児」をA君、「懇談会のなかでの二番目の問題児」をB君としよう)  実は随分まえに、息子からもA君には乱暴されている、と聞いていた。しかし、その後息子はA君の「乱暴」について、あまり話したがらないのであえて聞きはしなかったのだが、昨夜、懇談会のこともあり久しぶりに…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「授業参観と懇談会」…いまどきの親

 小学校1年の息子の授業参観と懇談会にいった連れ合いがドヨーンとした顔をして帰ってきた。重い空気で窒息しそうな懇談会だったらしい。入学したばかりで全く小学校の様子がわからず、仕事を休み、そこそこ楽しみに行ったのだが期待は裏切られた、というか、洗礼を受けたというか……。  懇談会では、親の緊急提議によりクラスの「問題児」について話し合わ…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

「障害者自立支援法」のなかで、発達障害の子どもたちは……

 昔は「親のしつけが悪い」といわれていた「発達障がい」の子どもは、本によると4-6%ぐらいの割合で生まれるとされている。へ~多いんだ、となんとなく思う。症状によって「学習障がい」(LD)とされたり、「注意欠陥多動障がい」(ADHD)とされたり、「アスペルガー症候群」とされたり、「広範性発達障がい」とされたりして、2-3歳ぐらいの「発達段…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

「日の丸・君が代」と隠れキリシタン  この国を憂う(2)

 この国は「思想統一支配」を目指し「日の丸、君が代」という「踏み絵」が用意した。昔、習った秀吉が「伴天連追放令」により「踏み絵」を用いたのとダブって見えてしまう。この春も「踏み絵」を拒否した教師がまた処分された。毎年この時期に殉職する教師は後を絶たない。島原あたりで踏み絵を拒否して、耳を切り落とされ、目玉を抉られ……と拷問される隠れキリ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

疑問のお道具箱、怒りの教科書袋

 入学式が終わり息子が学校から貰ってきたものをみる。  まず、大きな「お道具箱」が目につく。ははーん、これが担任の教師が繰り返し説明していた道具箱ね。 「必ず買って頂くというものではありません。すでにご家庭にあるものは後日、学校へ返してくださいね。でも、みんな一緒のものでスタートの方がいいですので……」。押し売りじゃないよ、という説…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

最後列から見た「入学式」の戯れ言

 まあセレモニー嫌いとはいえ、息子の小学校入学式ぐらいは参加しようかなと思っていたから、式当日は体育館の保護者席、最後尾に列席していた。体育館のセンターに敷かれた赤い絨毯を、上級の生徒たちが造花のアーチでもって花道をつくる。なんとも微妙な演出。  定刻になり新入学の子どもたちが入場する。二人づつ手をつないだ1年生が多少緊張した表情で、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more