テーマ:辺野古

「参院選・沖縄選挙区」…自民が勝ったというけれど

 まずは菅直人である。  ほんと評判悪いね。右からも左からも・・・(って右はあんまり知らないんだけど、きっと評判悪いだろうって邪推)  ざっと見回しただけで、ア菅、ド菅、スッカラ菅、ドン菅、フ菅性・・・(スッカラ菅以外は予想ね、って見回してへんのかいな、自己ツッコミ)  実はさ、オラは密かに期待してたのね。誰に? 菅にさ。なんとい…
トラックバック:3
コメント:13

続きを読むread more

「辺野古は『三里塚』になるのか」…ボクらはどうすればいい?

さて現実の問題として(と書くと、またクレームが入るかな?まあいい)、辺野古がこれからどうなるのだろう、ということが気になる。 鳩山とアメリカの間で日米合意がなされた。普天間から辺野古への米軍基地の移設が盛り込んで有ると書かれている。 社民党はそれで連立を離脱し、亀井はそんことあり得ない、と言った。 あり得ない理由は、地元の同意がな…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

「保坂展人は熱く語る」(2)…辺野古と小沢とアメリカと

 忙しさにかまけてブログ行為をさぼっていた。読むのも書くのものコメもレスも。サボタージュっていうか、時間がとれなかったのだ。そうこうしているうちに保坂さんの講演の記憶が薄れていく、前回イントロを歌い、講演を紹介すると宣言をし、期待しているとまでコメを頂いたので、陽水の「あかずの踏切」の後の「はじまり」という曲のように、(1)だけの、イン…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

「ジュゴンは勝訴を喜ぶか」…ワタシは嬉しいのだけど

 どうも最近ワタシの感覚はおかしい。思考がグルグルと堂々巡りをしていて、すっきりしない。流石に「橋下なんかが当選したら終わりだよ」みたいに解りやすく単純な事情でグルグルすることはないのだが、以前だったら純粋に腹が立ったり、喜べたことにも感情が反応しないのだ。  その一つがジュゴン裁判である。  辺野古での基地建設反対の自然保護団体が…
トラックバック:14
コメント:15

続きを読むread more

「ある歌い手が語る辺野古」…諦めないでいようよ、ね!!

 いま記事を書いている机上の箱にはiTunesという音楽を録音/再生する付録アプリが用意されていて、今では、2000曲弱の楽曲が登録されている。BGMとして流されているのだが、ほとんどが60年後半から80年前半の邦楽洋楽のフォーク、ロック、ブルースか、60年以前のジャズである。何度か最近の流行ものも聞こうとトライしたのだが、今日日の若者…
トラックバック:16
コメント:4

続きを読むread more

「辺野古 平良夏芽の緊急声明」…よーし、異議なし!!

MLより平良夏芽本人の言葉が送られてきましたので、全文転載します。 ■以下転載■ 緊急声明「バルブ事件に関して」  被害を訴えている平良夏芽です。多くの方々にご心配をいただいておりますが元気です。様々な情報が飛び交っておりますので、事実と、私の思いを公にしたいと思います。  ことは、7月21日(土)午後12時30分頃…
トラックバック:14
コメント:19

続きを読むread more

「辺野古の市民を分断」…心か金か、国家の常套手段だ!!

なんだか、ブルーである。 この気持ちは辺野古の海より青いかもしれない。 平良夏芽を殺しかけたダイバーも普通の善良な市民だったのだろう、という前のエントリーにリーフチェッカーのさめさんからコメントを頂いた。 さめさんは、沖縄で珊瑚の研究をされている方で、ご自身のブログもお持ちである。 さめさんによると、そのダイバーが誰なのか特定は…
トラックバック:10
コメント:6

続きを読むread more

「辺野古はすでに戦争」…善良な市民が狂気と化すとき

 辺野古の海で平良夏芽が殺されかけた。  海中で羽交い締めにされ、酸素ボンベのブルブを締められるということは、窒息死につながるということは素人でもわかる。他にもハンマーで殴る、蹴る、マスクを引きはがす、など暴力行為が国家に雇われた作業員によって行われているようだ。  この殺人未遂事件につきMLを転載して紹介したが、当該エントリーを読…
トラックバック:8
コメント:14

続きを読むread more

「辺野古で殺人未遂か」…国家とは何なんだ!!

「非暴力に対し『日本』による暴力が横行してます」 辺野古のMLの情報です。 再度重複覚悟で転載します。 平和のために闘うML(メーリングリスト)に登録されていて、盛んに転送が行われているようです。 拙ブログの読者には、そうしたMLに登録されていて既知の情報である場合も多いと思います。さらに他のメジャーブログで転記紹介されれば、こ…
トラックバック:20
コメント:8

続きを読むread more

「緊急・日本軍、沖縄に総攻撃中」…完黙するマスコミ

「ヤバイ。とにかくヤバイ。今の沖縄、辺野古、高江の状況を現すとしたらこの言葉で十分だろう」 辺野古の情報がMLで届きました。 ヤバイのは辺野古、高江だけではありません。 今、沖縄がヤバイということは日本がヤバイということです。 沖縄が追いつめられているということは、 つまり日本が追いつめられているということです。 小…
トラックバック:23
コメント:12

続きを読むread more

「辺野古が大変なことに」…戦争への準備が進められる

 ここのとこの辺野古のことを記事にしてない。  強く訴えなければ……、と、気は焦る。  けど、はたして、本当にエントリーしていいのだろうか?  非常に中途半端な気持ちなのだ。  ワタシは毎日、朝に夕に左上にリンクされたブログで「情報」は得ている。  実は、今、辺野古が大変なことになっている。  それは、もちろん知っている。 …
トラックバック:8
コメント:6

続きを読むread more

「新防衛相は小池元環境大臣」…期待してまっせ! 地球環境のため!!

 久間があっさり、辞任したようだな。  まあ、理由が「国民の誤解や与党の混乱を招いた責任」らしいから、結局最後まで反省のベクトルが勘違いしたまま辞めるということか。ところで辞任というのは社会人やめるんじゃなく、議員をやめるのでもなく、閣僚を辞めるだけなのか? ふーん。そんなんで許されるんだ。へぇ~。  で、お決まりの科白を一応書いて…
トラックバック:12
コメント:5

続きを読むread more

「辺野古からの訴え」(2)…安次富氏さらに熱く語る

 さて 「辺野古からの訴え」(1)にひきつづき、安次富さんの熱き講演である。  と、その前に(1)ではいきなり安次富さんの呼び方を間違えて紹介してしまった。直す前に読まれた11名の方「あしとみ」さんが正しいようです。ごめんなさい。記憶の訂正をお願いします。  えっと(1)では、辺野古の闘いではじめて「反基地・反戦運動」と「自然保護運…
トラックバック:8
コメント:7

続きを読むread more

「辺野古からの訴え」(1)…安次富浩さん熱く語る

 こんなハチャメチャな時代だから明るく笑って生きなければ、なんて思いつつ、もともとの内向的な性格がネクラなエントリ-を書かせてしまう。明るく笑おうと思っているのだが、「珊瑚の調査で珊瑚を壊す」とか「自然を守ろうとする市民が自然を壊そうとする権力側のダイバーのレギュレーターを外そうとした」などとネガティブキャンペーンがはられ、明るく笑おう…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「辺野古へのリアリティ」…実感できない私について

5.20日曜日のこと。 何かしらシュールな午後だった。 やはり遥か南の島に飛ぶことができずに平静な部屋からでる。 太陽が黄色い。目が眩む。なんだか妙にアンニュイだ。 突然きこえる子どもたちの声。 「元気をだ、し、て、わっしょい」とダレた声を合わせ歩く子どもたちである。 この日、ワタシの住む町では町の鎮守の祭りが行われていた。…
トラックバック:8
コメント:23

続きを読むread more

「辺野古からのメール」…ダイバーは殴られ、珊瑚は潰され

TBを頂いた自校政権打倒のために集まろうさんからのまるごと転載です。このブログではこれまで全編転載及び転載のみのエントリーをあげたことがありません。しかし今回はワタシの意見や考えよりも「今辺野古でおきている事実」を広く報せる必要性を感じました。辺野古では、カヌーが転覆させられ、非暴力で自然を守ろうとするダイバーは殴られ、白化現象から甦ろ…
トラックバック:15
コメント:4

続きを読むread more

「辺野古に命を」…すべての命の蹂躙がはじまった

5.18朝曇天…、 ついに殺戮者はやってきた 南の島のブログからメールから、 途切れ途切れに音のない悲鳴が届く… 無機質な机上の箱から 音のしない嗚咽と絶叫が聞こえる… 今、ワタシは平静な部屋のなかでどう応えればいいのだ。 いったいワタシという人間は何もすることができないのか? 気が狂いそうだ 遥か遠くの南の島を、…
トラックバック:20
コメント:5

続きを読むread more