テーマ:育児

「夜回り先生」…嗚呼、おおいなる勘違い

 最初に断っておくが、ワタシはこの人、つまり様々な理由によって「傷つき」「死にたい」と呟きながら夜の街を徘徊する少年少女たちを救うために、単身深夜徘徊する水谷修さん(50)の最初の本「夜回り先生」を読んで、頑張ってるなぁ、と随分感心していたのだ。  なんせワタシなんかがやっていた、ホームレスのおっさんを訪ねる「夜回り」のように、「いっ…
トラックバック:2
コメント:37

続きを読むread more

「幼児教育無償化か?」…あやしい、実に怪しい

 オドロキ、モモモノキだ。東海地震の前触れか……。まさか、戯れ言を読んで「幼児教育無償」にしようなんて思ったわけじゃないよな。まあ、相変わらず「少子化対策」なんていってるとこを見ると間違いなく読んでないか、しかも病児保育の記事だったし……。……って、そんなもん、読んでる訳ないやろ!! って? 仰せの通りでございます。  政府与党が…
トラックバック:5
コメント:5

続きを読むread more

「病児・病後時保育」…呪縛を解き、本質を掴め!!

 朝日新聞は日曜に「生活」というページで「どうする少子化」というタイトルで特集を組んでいる。ここ数年いわれている少子化問題なのだが、2005年の合計特殊出生率が1.25となり少子化に歯止めがかからず「深刻」ということらしい。何故深刻かといえば、「国力の弱体化」であるとか「高齢化社会で増え続ける老人を誰が面倒みるんだ」ということが問題で、…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

「保育園民営化訴訟」(2)…本質を見極めろ!!

 保育園民営化訴訟の記事でhana-usagiさんより「本質を見極めろ」とコメントを頂いたので、横浜の裁判の報道を読みながら、もうすこし「本質」を叫んでみたいと思う。  実は、ワタシの子どもが通っていた保育園は「社会福祉法人の民間園」で、市から「認可」を得て「経営」されていた。以前もかいたが保育熱心な保育園で、「親としては」満足し感謝…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

子どもの未来のためにも!!  STOP再処理、NO原発

これは「子どもの未来を考えている者」という共通項以外、記事の内容に関係なく無作為にトラックバックを送ってます。マナー違反ということはわかってます。が、子どもたちの未来(私たちの未来も)が潰されようとしていることを知って頂きたくTBを送らさせていただきます。本当に申し訳ありません。(迷惑であれば抹消してください。)  日本原燃は4/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シティ オブ ゴッド」の子どもたち

 「シティオブゴッド」という映画がある。シティオブゴッド「神の街」と呼ばれるブラジル、リオデジャネイロの近郊のスラムが舞台である。「ギャング」「シャブ」「強盗」「殺戮」なんでもござれのダークサイド。マフィアかヤクザかと思わせる抗争は、ここでは「子ども」によって展開される。  ハイティーンと思われるギャングのボス「リトル・ゼ」がこのスラ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ!保育士さん  -保育士という仕事の意義-

 昨年ふらりと聞きにいった講演会のメモがでてきたので思い出しつつupします。  「みんなで子育て、変えよう!子どもたちの未来」浅井春夫(立教大学コミュニティ福祉学部)  「わてが、太った赤井英和だす」。この人(=浅井さん)はどこの講演でも、この「掴み」を使ってるんだろうな~と笑いながら聞きはじめる。まあ講演の内容の方は、次々にいろい…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

「外車」に「横領」!企業保育園の実態と名古屋市のコメント

またまた企業保育園の実態が暴露された。 <縦並び社会・格差の源流に迫る>市場は万能か[ 毎日新聞 04月12日 18時08分 ]  7階建てマンションの1階から子どもの歓声が消えた。神戸市東灘区の住宅街。株式会社が運営する「すくすく保育園」は3月末に閉園した。  認可保育所の運営は自治体か社会福祉法人に限られていたが、オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「認定こども園」(幼保一元化)…、あけてビックリ弁当箱!?の巻

 「認定こども園」など幼保一元化の法制化にともない、その規制が変わってくる。そもそも幼稚園は文部科学省の、保育園は厚生労働省の管轄にあり目的も違うため、規制がちがうのだ。しかし、幼保一元化の総合園では幼保のうち甘い基準に合わせる規制緩和の方向に向かう事になる。これまでの規制で保育園の調理室は「児童福祉施設最低基準」として設置が義務づけら…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

疑問のお道具箱、怒りの教科書袋

 入学式が終わり息子が学校から貰ってきたものをみる。  まず、大きな「お道具箱」が目につく。ははーん、これが担任の教師が繰り返し説明していた道具箱ね。 「必ず買って頂くというものではありません。すでにご家庭にあるものは後日、学校へ返してくださいね。でも、みんな一緒のものでスタートの方がいいですので……」。押し売りじゃないよ、という説…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

最後列から見た「入学式」の戯れ言

 まあセレモニー嫌いとはいえ、息子の小学校入学式ぐらいは参加しようかなと思っていたから、式当日は体育館の保護者席、最後尾に列席していた。体育館のセンターに敷かれた赤い絨毯を、上級の生徒たちが造花のアーチでもって花道をつくる。なんとも微妙な演出。  定刻になり新入学の子どもたちが入場する。二人づつ手をつないだ1年生が多少緊張した表情で、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

これが現実だ!! 保育園の営利企業へ投げ売りの実態!!!

このブログでもupした 中山徹講演「保育所をめぐる状況と課題」が、現実のものになっている。  05年7月、東京の練馬区が区立光が丘第8保育園を親の声に耳を傾けず、強引に民間委託した。委託先は営利法人である「ピジョン」なのである。「営利企業」への売り飛ばしが始まったのだ。  そして光が丘第8保育園で現実におきていることは、「悪い予…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

保育料格差・年間24万3000円だぜ!! 黙ってていいのかよ

 2年程まえに、保育行政について名古屋市と交渉する機会があった。市交渉というやつだ。名古屋でも「待機児童の解消をしろ」「日祝日保育の充実をはかれ」「延長保育をしっかりやれ」など要求項目は多い。そんななかで私が「保育料」について追及することになった。子どもが0歳で保育園に入った当時、毎月デジカメが一台づつ買えますがな、と自虐的に笑っていた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more