テーマ:保育園

「お日様を護れ闘争終了」(5)・・・法より良心だと言ってみたい

 さて、一応の決着がついたので報告がてら考えてみようかな。  結論からいえば、利潤追求のみのクソ業者の計画撤退が確定した、ということである。  これワンセンテンスで書いたものの、実はとてもすごいことで、私の感覚では「快挙」「奇跡」といえる。直接闘い抜いた親、職員、関係者には拍手を送りたい。  「利潤追求のみのクソ業者」などと失礼極…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「お日様を護れ闘争中」(4)・・・運動的勝利か? てか勝利ってなんだ?

 表題の件は、昨年の10月以来のエントリーだな。  この間も「子どものお日様を守れ運動」は、実際に日照被害を被ることになる子どもの親、職員、福祉法人、周辺住民を中心に継続されてきた。予定よりも2年ちかく工事着工を遅らせることができている。署名やデモはもとより、役所に建築認可を降ろさないよう訴えたり、「建設説明会」という名の直接対決を行…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

「お日様を護れ闘争中」(3)・・・貨幣価値至上主義と対峙する

 さて、またしても陽の光が奪われんとしている保育園の業者交渉にいってきた。  近所でもなく、子どもはとうの昔に卒園した保育園に、夜わざわざいかずにはいられないのは、この福祉会から仕事をもらっているからか? 否、ワタシのなかの何かがそうさせているからに違いない。けっして楽しくなく、ストレスがたまるのだけどやはり行かずにはいられないと勝手…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

「お日様護れ闘争中」(2)・・・美形のネエチャンを憐れむ

 なんのこっちゃ解らへんという人は「お日様護れ闘争中」(1)を読んでみてちょ。・・・というわけで、昨夜も行って来ましたよ業者「説明会」。ご想像の通り、ムカムカしながら「説明」とやらを聞いていたんですが、やっぱブチ切れてしまいました。と、ここで実名を挙げて罵詈罵倒してもいいのですが、「おひさまを守る会事務局」つまり闘争本部ね、ここの方針を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「お日様護れ闘争中」(1)・・・毒多、社会正義を振りかざす

 さてブログのうえでは、平和主義で「どっちつかず」のゆらゆらフラフラを装っているけどリアルでは戦闘的サヨっちですよアタシは、ふん!! 「使い勝手のいいサヨっち」である毒多は、リアルで社会問題がおきると呼ばれたり、自ら突入することになる。で、今回もリアル闘争進行中ってことになってしまったわけだ。リアル闘争中ってことで、少しづついろいろ個人…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

「幼保一元化」…とりあえず再掲します

 新聞を斜め読みしていると、菅内閣の「国民を元気にする政策」ってのが載っていて、そのなかに「幼保一元化」があった。そういや5-6年前まだ保育園の怪鳥時代、幼保一元化の影もないころにギャアギャア騒いでいた自分を思い出した。ああ、あの幼保一元化が実際に行われるのかぁ、と子どもが保育園を卒園して5年もたつと流石にギャアギャアも薄れている。やっ…
トラックバック:4
コメント:13

続きを読むread more

「子育てするなら」…名古屋“以外”で、かぁ?

 ちょいとお仕事で子どもが卒園した保育園に行った。  何度か書いたことがあるんだけど、この保育園、運動系バリバリの保育園でワタシの体質に妙にマッチしていた。ことわっておくけど運動系であって体育系とか体育会系とは違うからね。  ワタシの在園当時は、保育園民営化やら幼保一元化、企業へ投げ売りへの夜明け前でワタシも走り回っていたというかブ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「SIDS? 子どもが殺される」…そしてどう生きるか

 人は過去にいろいろな経験をして今生きている。と、しみじみと思うことが最近あった。  この人がこんな経験をしてたんだぁ、とふとしたことで知ると、それだけで感慨に深けたりしてしまう。  例えばこのブログでもよく話題にするが、「障害児の親」が生活での苦労や不安、冷たくくだらぬ世間の目etc.を乗りこえ明るく生活している姿を見ると、その明…
トラックバック:7
コメント:13

続きを読むread more

「私達が絵本に託すこと」…子どもを戦場におくることではないです

 前エントリーで、「(娘さんが)大きくなるにつれて、なんでこの絵本がよいのかわかんないって言ってましたっけ。」ってコメントを頂いて思い出しましたが、ワタシにしても子どもの頃には好きな絵本があった気がします(笑)。もうそれがどんなタイトルの絵本かも忘れてしまいましたが、確かに幾度も開きボロボロになった絵本がありました。そして今やっぱりワタ…
トラックバック:15
コメント:4

続きを読むread more

「私の一番好きな絵本」…現役保育士56人にききました

 ここのとこ何かしら苛ついているので、エントリーも荒れ気味である。どうも品がないというか……、品がないのは最初からだし、本性であるから仕方ないか。いや本当は上品なのだが、政治が悪いんじゃ~、と他人のせいにしとこ。  まあ、たまには政治から離れてのほほんとした話題にしたい。ということで1年と8ヶ月ほどまえ、保育園父母会の怪鳥時代に「カイ…
トラックバック:5
コメント:14

続きを読むread more

「東京都知事選」(3)…浅野氏にマニフェスト案をおくった

 えーい、どんな批判がでようとも「浅野vs吉田」(今更メチル石原を選ぶ程、都民はBでないと祈る様に信じている)を標榜するのほほんとした拙ブログは、浅野氏がマニフェスト案を募集していることを知り、送っておいた。都民でないワタシは「全ての学校での日の丸君が代『強制』撤回」や「オリンピック誘致撤回及び監視カメラの増設停止」や「築地移転中止」……
トラックバック:48
コメント:3

続きを読むread more

「今、闘っている同志へ」…誰もバーストしないために!!

 ♪ファイト!! 闘う君のうたを闘わないヤツラが笑うだろ ファイト!! 冷たい水のなかをふるえながらのぼってゆけ~♪  前回の 「津波に襲われる前ににみんなで闘おう」と書いたエントリーに、今まさに保育園民営化問題で闘っている、かぼすさんからコメントを頂きました。その文面をすすり泣きながら読んだ後も、ファイト!!と呟きながら、ぼんやり考…
トラックバック:8
コメント:6

続きを読むread more

「捏造教基法地震」…津波に襲われてからでは遅い!!

  まずは、3年前の「幼保一元化ウエイブ」ってぇ、小咄を一席。 「おい、幼保一元化ウエイブがそこまで来ているけど、おめー知ってるか?」 「ウエイブってーのは波ですな、で、その幼保一元化ってーのはなんですか」 「なんだいって、おめーさん保育園児の親なのに、そんなことも知らねーのかい?」 「だんな、保育園児の親ってーのはですね、…
トラックバック:11
コメント:5

続きを読むread more

「嘘つき狐議員たち」…とにかく資質を見破れ!!

 昔、む~かし、この地方には「末広まきこ」という狐がおったとさ。  この狐、ずいぶん人を騙すのがうまくてのぉ、あんときは「愛知万博ハンターイ」と叫んで村人を騙したんだ。  1995年のある日、狐は「オラ都へ行ってよぉ、万博を止めるよう言ってくるからよぉ、みんな協力してくれ」と言いだした。  そんじゃあ、ってことで、村人は力を合わせ…
トラックバック:7
コメント:10

続きを読むread more

「強欲な『成功者』たち」……子どもたちのお日様を奪うな!!

♪hello sun child little sun child 目を醒すまで夢の中/huu 一人ぼっちのsun child /こんなに素敵な一日の光を誰かのために捧げるなんて/こんなに温かな一日の光をだれかに奪われてしまうなんて/shubi-dubi-da-shubi-dabi-da…/目を醒すまで君のそばに/一人ぼっちのsun c…
トラックバック:14
コメント:16

続きを読むread more

「母親は家庭で子育てを」…下村官房副長官がまたアホを晒す

 もう、ほんとにいい加減にしようぜ。アパ壷(安倍)以下この内閣は酷すぎる。毎朝激怒である。  類は友を呼んだってやつだろうか、中川、麻生はじめ現状把握できてないやつが「お壷の大将」に輪をかけてアホなら、それ以外も大将に習えでマッドを晒していく。烏合の衆である。何が一番問題なのかと言うと、こいつらが、己のアホさに気づいてないことではない…
トラックバック:21
コメント:17

続きを読むread more

「保育園民営化の実態」(4)…子どもを預けるのが怖い

 saraさんから4報目である。  読んでいて悔しくて仕方ない。説明会(質疑応答会)の様子を想像し怒りで視点が定まらない。イクジナシとして「市民運動」をしたいなどといいながら、直接行動をしたくて仕方がないほど気持ちが昂っている。でも今のワタシにできることは、ブログでsaraさんのメッセージを紹介して一人でも多くの方に知っていただき、応…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

「保育園民営化の実態」(3)……ウソ発覚? 議決ではなく報告

 富山県射水市東部保育園saraさんからの続報である。民営化が強引に、かつ理不尽に進められて行く過程が伝えられる。まだ民営化を通告されていない保育園の親のかたも是非読んでほしい。 これまでの経緯 「保育園民営化の実体」…これは酷い、やはり利権か? 「保育園民営化の実態」(2)…ややこしいから事前説明は無しだ!? …
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

「保育園民営化の実態」(2)…ややこしいから事前説明は無しだ!?

 拙ブログ9/9の記事「 『保育園民営化の実態』…これは酷い、やはり利権か?」で、お子さんが通われる保育園が民営化されるsaraさんのコメントを紹介させて頂いた。続報がコメントとして届いたので、また引用させていただき新しい記事を書くことにする。 saraさんのコメント  本日富山県射水市東部保育園民営化引受法人決定後の保護者…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「北九州の福祉」(2)…てめえら人間じゃねぇ!!

 破れ傘刀舟がいたらきっと叫んだにちがいない「てめえら、人間じゃねぇ!!」と。  拙ブログでも紹介した北九州市の福祉による殺人事件の関連ニュースである。その事件では、アパートに住む男性が「生活保護が必要である」にもかかわらず、福祉事務所は申請をうけつけず、結果男性は孤独死しミイラで発見された、という殺人事件だ。北九州市では、この男性の…
トラックバック:13
コメント:12

続きを読むread more

「保育園民営化の実体」…これは酷い、やはり利権か?

 拙ブログの「相次ぐ保育園の民営化トラブル」というエントリーにsaraさんからコメントを頂いた。富山県にお住まいのsaraさんのお子さんが通う保育園も民営化されたようだが、saraさんをはじめ親の方々の怒りが伝わるコメントで、多くの方に知ってほしいので記事として紹介しようと思う。  saraさんのコメント  ここ富山県I市の…
トラックバック:4
コメント:12

続きを読むread more

「相次ぐ保育園の民営化トラブル」…公の責任を放棄するな

 NHKのクローズアップ現代「相次ぐ民営化トラブル ー揺れる保育現場─」を観た。  ここのとこ「Nスペ」では評判のいいNHKなのだが、どうも「クローズアップ現代」は、なんとも微妙だなぁ。知識をもってしっかり観ないと駄目だよ、という感じだ。以前の「障害者自立支援法」の特集のときの酷さとはちがい、ぼんやり観てると、うっかり納得してしまいそ…
トラックバック:18
コメント:11

続きを読むread more

「教育勅語と愛国心」…一体何がしたいわけ?

 子どもが洗脳されていく…もはや教育ではない。  大阪の私立幼稚園では「愛国心をはぐくむ」ために「教育勅語」を園児に暗唱させ、原爆被災地長崎では「市子ども育成条例案」に「郷土や国を愛し」という文言を盛り込むことになった。  一体何がしたいわけ?   「愛国心」の文言化の無意味さについては、「戯れ言」でも書いてきたし多くのブ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

「幼児教育無償化か?」…あやしい、実に怪しい

 オドロキ、モモモノキだ。東海地震の前触れか……。まさか、戯れ言を読んで「幼児教育無償」にしようなんて思ったわけじゃないよな。まあ、相変わらず「少子化対策」なんていってるとこを見ると間違いなく読んでないか、しかも病児保育の記事だったし……。……って、そんなもん、読んでる訳ないやろ!! って? 仰せの通りでございます。  政府与党が…
トラックバック:5
コメント:5

続きを読むread more

「病児・病後時保育」…呪縛を解き、本質を掴め!!

 朝日新聞は日曜に「生活」というページで「どうする少子化」というタイトルで特集を組んでいる。ここ数年いわれている少子化問題なのだが、2005年の合計特殊出生率が1.25となり少子化に歯止めがかからず「深刻」ということらしい。何故深刻かといえば、「国力の弱体化」であるとか「高齢化社会で増え続ける老人を誰が面倒みるんだ」ということが問題で、…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

「CAPプログラム」なんとなく違和感!?

 このブログを始めたときから、保育園の民営化問題について闘っているブログやHPを応援しながら定期的に巡回している。いつものように巡回してると、とあるブログで「CAP講座開催のお知らせ」(内部呼びかけ)を目にして、ワタシ自身1年程まえCAPのプログラムを受けたことを思い出した。だいたい1年前のことを思い出すのは「滅茶苦茶良かった」場合か、…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

<保育園民営化訴訟>(3) 許し難い市側の控訴!!

 確かに横浜市の控訴はある程度予想はしていた。が、やっぱり許し難い。横浜市にしてみれば「政治」として屈辱的な判決であり、全国の自治体からの嘲笑と蔑視を避けるためという、くだらぬプライドがゆえに控訴したのだろうが、まったくもって言語道断である。おのれらが売ろうとしている保育園は、おのれらの物ではないのだ。「公」の保育園なのだ!! なんども…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

「保育園民営化訴訟」(2)…本質を見極めろ!!

 保育園民営化訴訟の記事でhana-usagiさんより「本質を見極めろ」とコメントを頂いたので、横浜の裁判の報道を読みながら、もうすこし「本質」を叫んでみたいと思う。  実は、ワタシの子どもが通っていた保育園は「社会福祉法人の民間園」で、市から「認可」を得て「経営」されていた。以前もかいたが保育熱心な保育園で、「親としては」満足し感謝…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

「保育園民営化訴訟」勝ったけど……

 保育園の民営化により、子どもの心が傷ついたと「性急に民営化」した横浜市を相手取り訴訟をおこした保護者が全面勝訴した、という記事が目に入った。  子どもたちのために訴訟に踏切り、苦労し、勝訴された親に「お疲れさま、おめでとうございます」といいたい。この勝訴は全国で「保育園民営化」に反対し闘う親に、希望を与えたことは言う迄もない。が、こ…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more