「絶歌」と「ヘイトスピーチ」と「私自身の罪」

 ネット界隈は、あいかわらず「絶歌」発行と元少年Aへのヒステリックな批判と非難にあふれている。  私は、思わず「またか・・」とつぶやくワタシに驚いた。え?またか?、何が?  なんだろうこの既視感。どの追体験なのか?ほどなく思い出した。  ヘイトスピーチである。  オノレの感情だけを正しいとし、オノレの問題を他者の問題にすり替え、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「絶歌」元少年A     読了

「絶歌」読み終えた。  本屋の店頭で15pまで読んだところで、躊躇なくレジへ持って歩いていた。  家をでるまえは、金を支払うことに抵抗があったにもかかわらず。  この本は読まなければならないと感じた。  この事件のときも、また今日に至るまでの理解不能の殺人事件が多発していて、思わず「なんでやねん」と呟いてしまう。この本は、その「…
トラックバック:0
コメント:181

続きを読むread more

安倍氏のやりたいこと

 安倍氏がいよいよ「彼のやりたいこと」を実現する段階になったようだね。 彼のやりたいこと、とは、先祖がやりたかったこと、自民党が戦後からずっとやりたかったことを宿命的に自身のやりたいこととしたのだろう。  まあ、誰かの遺志を継いで自分のやりたいこととする、ことを否定しませんが。けど、引き継いでやるってのは、あなた本当にしたいの?と問…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

twitter撤去のご連絡

このたび、毒多名義のtwitterが「サングラス」ごときに乗っ取られました。 どうやらフォロワーの皆様にはご迷惑をかけていたようです。 申し訳ありませんでした。 ちきしょうサングラスの野郎!! たかがサングラスの分際でふてー野郎だ、 目にものを言わせてやる。 http://matome.naver.jp/odai/2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本の息吹」2月号を読んだ、爆!!

 内田樹の講演会にいったとき貰った大漁の資料のなかにそれはあった。  「日本の息吹」誇りある国づくりをめざすオピニオン誌・・・日本会議、、、爆!!  おそらく“そういう”ベクトルの講演会ではないので、アンチの「資料」として配布されたのだろう。以前なら読まずに捨てるのだが、最近ではすっかり転向してしまって読んでみることにした。あ、転向…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

「ヘイトスピーチ」・・・内田樹講演から

そう、あれだ、大久保あたりの対在日ヘイトスピーチのことだ。 内田さんは、西欧あたりの対ユダヤヘイト(スピーチ)について研究してきた観点から喋った。 まあ、ヘイトスピーカーも悪いのが在日朝鮮人じゃないことは解っているんですよ。 「在日朝鮮人が悪い」という「物語」をつくりだし、すがりつきたいんですよ。 社会が混乱してくるとこういう人…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

フランスが戦勝国なんていう捏造られた物語

さてさて、久々の講演録で、今回は内田樹さんね。 もうブログの更新もやめようと思っていたんだけど、こんな面白い(インタレスティングな)講演に出会っちゃったらとりあえず更新せざる得ないよな。 実はこの間も小森陽一や神田香織なんかの講演も行っているんだけど、いまいちエントリーする気になれない。神田香織ってのは講談師で講演部分に関しては内容…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「自己責任」ってやつのこと

前のエントリーからの続き。 真の「自己責任」とは、自ら行動する権利のこと、だと思うのですね。決して他者に押し付けられるものではない。(押し付けるものでもない)。 個としてオノレの生き方を追求する。いかに生きるかを自分自身で思いや考えで遂行する。それを「自己責任」としたいですね。 オノレで、といって、他者の言葉や助けを否定するもので…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

「イスラム国」の後藤さんの憂鬱

なんかなぁ、なんだろうなぁ、腑に落ちないのは後藤さんのことである。いやいや後藤さん自身は腑に落ちる。腑に落ちないのは後藤さんに対する国をあげての大騒ぎ。やれ身代「金」がどうの、やれ国家政府の責任がどうの、あれやこれや安倍の責任だ、安倍が無能だ、屁だ糞だと、、、。テレビもブログも糞だな。 ワタシはテレビで見たよ、後藤さんの最後の言葉。後…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「表現の自由」ってなんだ?

なんといっても「表現の自由」である。 3Dプリンターでつくった女性器は不自由で結構だけど、私たちの表現の自由は自由なのよ、と声高に叫ぶ。 安部氏の批判や揶揄にはご本人より物言いが入るのだけど、安部氏も表現の自由を守らなければって言ってる(かも)?。 イエスキリストを茶化せばブチ切れ、怒り沸騰になるのだけど、表現の自由は何百人何千と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ダブスタ的な幸福感

あけましておめでとうございます。 皆様の幸せを祈願致します・・・なんて白々しいとふと思ってしまう。これが思索初め(笑) ネットで思い浮かぶ「皆様」だけを考えても、例えばNANさんと村野瀬さんと愚樵さんという「皆様の幸せ」が同時に達成されるとは思えない。と、ここで勝手に想定している「幸せ」の判断基準(視点)は「進む社会の方向性」とか「…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

ノーベル賞やら選挙やら赤珊瑚やら・・・

 なんとなくヤサグレて、ブログ更新をする気も起きないでいるうちに今年も終わろうとしている。  ヤサグレていても何も考えなかったわけじゃない。例えば、たまたまスイッチを入れたテレビが豪華絢爛なノーベル賞晩餐会の席次がどうのこのとくだらないことを喋っていた。そのすぐ後に、マララの主張に場面を切り替える、ってな荒業は軽々とやってのける。この…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

 面白くなければ生きていけない

 「ある出来事」のときに毒多は「耐えられなくなり」本性をぶちまけ、「ある出来事の振り返り」でも懲りずに本性の上塗りをしている。メゾフォルテを即殺したのは、「ブレ」でも「変換」でもなく「醜悪な本性」なのだ。愚樵の難解な問いかけに「面倒」という言葉をつかったりと、理解できるものしか理解したくないという「怠惰な本性」。おそらく毒多はその醜悪で…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ある出来事の振り返り

 毒多は一人のうざったい老婆を抹殺した。  いたって朗らかに平安なまま抹消した。そのことに心痛も後悔なかった。  「敵」でも「味方」でもない、あたかも部屋を飛ぶ「蚊」を叩き潰したときのような、ある種の爽快感さえあった。  ただその抹消が、毒多にとっての大きな「ブレ」、もしくは「変換」だったことに気づいたのは過去を振り返ってからだっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

敵とか、味方とか・・・つらつらと思索する

 NANさんに 敵と言われたから 9月18日は敵認記念日  なんてサラダ記念日をパロってみたところで、反応は鈍そうだな。  NANさんに「敵認定」されたことがけっこう面白くて、敵、味方についてまだ考えている。  文脈や言い回しからしてもおそらくNANさんは、ほとんど敵意を持たずに簡単に「敵」という言葉を使ったとは思うのだが、N…
トラックバック:0
コメント:55

続きを読むread more

リアル社会運動による心身の矛盾

 リアルで政治、、というか、社会運動、、というか、何らかのアクション、、というか、とにかく、社会が自分に火の粉が降りかからぬ方向へ向かう何かをしなければならないと、某集団自衛なんとかが進行しようとしたときに考えたわけだ。で、とりあえず9条の会関連で動き始めた。  でもね、なんていうんだろう? どうも昔のように心身がすんなり同期しない。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

福一と同じ構造のペテンに騙されていては、あるいは自分を誤魔化してはダメだね

 今ワタシが自覚がないだけに質の悪いペテン師安倍の妄想ニッポンちゃちゃちゃ完遂の阻止にやっきになっている理由が、「福一事故に至るまでのように安心安全詐欺に騙されたままでいて、あるいは自分を誤魔化したまま、結局は案の定、巻き添えを食うのは堪忍な」ということなんだけど、もう少し追及するなら「巻き添えを食って生活を、、つまりは“命”を貶す」の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

社会環境の劣化に抵抗する + 再掲「ほんとうは9条さえもいらない」

 「環境」にとらわれず人間の存在を俯瞰して、頑として人間・個人としての真理を追求するのもありかもしれない。・・・という場合の「環境」が自然環境の場合、その環境によって個人としての追求が中断させられることがあっても、その中断を受け入れることもまた真理と割り切ることができる。ただ、環境が社会環境の場合、しかも無謀で無思索な権力の暴走による危…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

集団的自衛権を押し付けられる猿ヶ島のサルの憂鬱

 モモ太郎、あ、もといアメ太郎がテメーの満足のためだけにキビ団子とアカラサマな圧力でニホンザルを買収して、自称最高司令ザルがアメ太郎の圧力に屈し、あ、もとい、屈するという感覚もなく、サルなのにあたかもイヌのように尻尾を振ってただひれ伏し、猿ヶ島の大衆ザルにむかって、ダダ漏れのザルよろしく猿知恵と猿芝居でだましきれたつもりでいる。  ア…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

セクハラおやじ東京都議員の憂鬱

 例の東京都議会のヤジのことである。いつまでも、何度でも繰り返す「お笑い」だな。  アホなヤジで窮地に追い込まれた議員も思っているんじゃないか? なんでオイラが批判され追及されなきゃなんないの? こんな当たり前のことが拙いちゅうなら、それを言わせるオイラに誰がした!? ってさ。  早く結婚せーよ、できねぇ、女にゃ、何か問題があるんじ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

にほんうなぎの憂鬱

 まあ、ふつうにあのうなぎのことである。とはいえ、スーパーで売っている安いだけでヤバイと感じる中国産うなぎではなく、はたまた,にほんうなぎに近いといわれるマダカスカルうなぎではなくて、ピュアにほんうなぎのことだ。 ついにレッドデータブックに登録されるというニュースを聞いた。おそらく近々にワシントン条約にリストアップされ、採食不可、値上…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

サッカーワールドカップの憂鬱

 なんといってもサッカー好きにとっては、4年に一度の国対抗大運動会的なお祭りなのだ。普段から国家批判しようが、お祭りに疑問を持とうが、面白いものは面白いのだから仕方ない。というワタシはサッカー観戦好きなのだよ。いつぞやのケンペスが得点王になった大会の頃から、日本がでようが出まいが関係なく見続けてきた。面白いのだから仕方がない。たんなるサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルール無設定ということ

 このブログは、開設以来コメント欄のルールを設定したことがない。管理者がもともとルール嫌いということもあるが、コメント欄のルール無設定はルール嫌いが決定的な理由ではない。最初に設定せずルール無しでもやってこれたのだ。困難な状況は幾度もあったが、その時々でブログ運営が崩壊することなく行ってきた。トラブルが発生する多くは議論・主張がすれ違う…
トラックバック:1
コメント:19

続きを読むread more

人の心や知性を貪り食う、残酷な病

 何が起きたか?  例えるなら洗面器に水を張り、そこに顔をつけ何分我慢できるか? そんなゲームをしていたのかもしれない。楽しさは最初だけ、いつしか、まだ頑張れるになり、いよいよ苦しくなっても顔を上げることができず、もがいていた。自分でもそれを面白がっていられるうちはよかったのだが、顔面蒼白になり気絶寸前に顔を上げてもなお、面白がられて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

多少の近況とブログ管理について

この一週間ほど超多忙でブログに費やす時間がありません。 19時間/日というブラック企業の最下層労働者並に働いております。ここがフリーランスの哀しさ、仕事がある時にやらないと生活ができないどころか、大好きなアレやコレやに費やす金も余裕もなくなるという・・・やめとこ 多忙な時に限りブログ管理に困難な状況が訪れるというのは世の常。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

汚くてズルくて醜い、底辺のゴミクズども、それこそがワレワレ人間だぁ!!

 ここのとこノリでエントリーを乱打したけど、すぐに頭打ちになることは最初から解っていた。以前のように現実社会のまっただなかで、正義を振りかざすことができればネタはつきない。コッカやらアベシやらサンケーやらアサヒ、サヨっちからウヨピーなど、際限なくネタを提供してくれる。くだらない他人のつぶやきなど集めなくても、ネタの転がし方なぞいくらでも…
トラックバック:1
コメント:61

続きを読むread more

「隷従」は素晴らしい!! だって、絆があるからぁああ・・・

さて、気分をかえていってみようかな。って、どんな気分なんだ(笑) で、突然だが最近、会う人会う人みんなに薦めているドラマがある。 実は相当周回遅れなのだが、気にしないのが「戯れ言」のいいところ。 そのドラマとは、「リーガル・ハイ」「リーガル・ハイ2」。 あの半沢直樹の境雅人が演っているってんで、周回遅れで全て観たのだがこれは面白…
トラックバック:0
コメント:49

続きを読むread more

むらのちんじゅのおまつり・・・は、ハラスメントてか?

先週末は町内のお祭りだった。都会の中心に近いとはいえ、もともと土着の下町なんだ。 城下町といえば聞こえがいいが、そこから外れた周辺の村落、ワタシの家周辺なんぞもともと広大な沼地だったらしいからとっても怪しげである。 いやいや別に沼地にカッパがいただの、流刑場だったんじゃねぇのなんて書くつもりはない。それぐらい古くから人が住んでい…
トラックバック:0
コメント:161

続きを読むread more

「国家目線」は惜しみなく奪う

実はチョット前なんだけど、kuronekoさんとこのコメ欄へお邪魔して騒いでいたの。 国民さんというHNの人の、「サヨっちは日本批判だけして、外国(まあ中韓朝なんだけど)のことを批判しない、それは駄目だろ」っていうのに反応してしまった。 たしかにワタシにも「日本だけ批判する」傾向があったなぁ、なんて思いながら、その理由を考えて質問し…
トラックバック:1
コメント:77

続きを読むread more

メタファとしての統一協会から思索する

 大昔、統一協会から知人を救出することに関わったことがある。その知人が可愛い子ちゃんだったことは言うまでもない。  大昔というのは、桜田淳子の合同結婚式で有名になるずっと前の統一協会なので、世間的にはあまり知られてなかった。とはいえ、桜田淳子を知らない若い世代もまた統一協会を知らないかもしれない、かな?。  統一協会とは、文鮮明とい…
トラックバック:0
コメント:141

続きを読むread more

お詫び

一抹の不安を抱いてはいたのですが、 意図しない方向へ進んでしまいました。 完全に失敗エントリーでした。削除してお詫びを申し上げます。 皆様、大変申し訳ありませんでした。 毒多
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

「マンダレイ」、ネトウヨを生み出したのは、絵に書いた「正義」を振りかざすサヨっちだったりして・・・笑

 マンダレイについてエントリーを挙げるなんて言っちゃったんだけど、これ映画「マンダレイ」を観てない人は何がなんやらわかんないじゃん。流石にそんなローカルなエントリーを挙げてもしょうがないだろ、映画紹介やら映画批評ブログじゃあるまいし、、、、ということで、おきまりの掟破りのネタバレ、アラスジ紹介から始まる。 【以下ネタバレ注意ですよ…
トラックバック:0
コメント:179

続きを読むread more

「国家」已前に「人間が武器を持たずにいられないわけ」という仮説の考察的対話

(人間は)「国家」という強力な対立軸そのものに気づきもしませんし、解放されそうにありません。ということで真の平和は、無理そうですね。武器、軍隊の全廃による本質的な平和が訪れることはない。 という一程度のエントリー結論を出しましたが、そのエントリーのコメ欄でさらに深化した対話がなされています。ワタシが理解するのに数度にわたり読み直してい…
トラックバック:0
コメント:130

続きを読むread more

拝啓 村野瀬玲奈様

いろいろ続きの関連エントリーしたいのですが、このタイミングで思いがけなく村野瀬さんから質問されたので、特別エントリーとして1本いっときます。 1ヶ月近くまえに、秘書課の「日本の出版界とは違って、憎悪を商品にしようとは考えていない中国の出版界」というエントリーに、軽い気持ちで以下のようなコメントを残しました。完全にスルーされていると思い…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

ワタシの「正義」を実行した虚しい結末のお話、、「マンダレイ」ネタの序章として

 毒多ってやつは、ネット上では気の弱く、少し叩かれるとすぐ気が引けて謝ってしまう好青年って印象をお持ちでしょうが、実は違っていたのです。というか最近でこそリアルでも気弱な好青年なのですが、昔はバリサヨで怖いもの知らず、「正義」のためにブイブイいわせてきたイケイケだったんです。今どきのネット(机上)だけでブイブイ言わせている者とは違いまし…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

「日本」から解放されなければ、武器も軍隊もつまり戦争もなくなることはない

 再度思索しますが、そも“「日本」の防衛”について、という定義が問題なんです。  「日本」「韓国」「中国」etcという国家を基準にすることを前提に防衛を考えると、どうしても「他国」よりも強力な武器による防衛が有利となるでしょう。有利であることが国家の使命と直結。  他国ではなく自国の利益、自国の生命を守らなければならないことが国家の…
トラックバック:0
コメント:122

続きを読むread more

「愛する歴史と伝統の国、日本」  by 三島由紀夫

(三島由紀夫は、自衛隊にむけ)ばらまいた檄文のなかで「生命尊重のみで、魂は死んでもよいのか。生命以上の価値なくして何の軍隊だ。今こそわれわれは生命尊重以上の価値の所在を諸君の目に見せてやる。それは自由でも民主主義でもない。日本だ。われわれの愛する歴史と伝統の国、日本だ」と訴えた。 ワタシが「日本」などないのだよ、といいつつ、それで…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

「日本」という幻想、幻想の反省など幻想でしかない

 最近のコメントで、「“日本”なんてない、共同幻想だ、思い込みだ、」なんて乱暴なことを言ってしまった。ふぅ。  とうぜんスルーされわな。自業自得である。  もともとは「(歴史問題なんかで)日本は反省スべき」という議論で疑問におもった「日本」なのだが、反省すべきの主語であるとこの「日本」ってなんなんだ?と、棚上げされれている気がしてな…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

たとえば「従軍慰安婦を強要された人々」のこと

 「従軍慰安婦を強要された人々」、、彼女の話を聞く。いつ聞いても何度聞いても酷いと感じる。耳を塞ぎたくなる。涙が溢れる。何も言えない。ワタシはワタシのトラウマと重ねあわせて泣いているのだろうか? それとも戦争という狂気にまきこまれ彼女を犯している自分を想像しているのだろうか? 謝罪なんてできない。言葉にならない。ただ聞くしかない。彼女の…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

徒然なるままに「反省」

 「反省」だけなら猿でもできる、、、ってフレーズが流行ったことがあるけど、あれは日光猿軍団の猿が、頭をうなだれ「反省のポーズ」をして笑いをとるネタとセットだったっけ? 猿には悪いんだけど「ポーズだけ」って言い得て妙、所詮、猿だな、、と書きかけて、また考えてしまう。(以下の猿は野生の猿)猿って「反省」はしないかもしれないけど「学習」はする…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ウクライナの問題で安倍氏はチャンスなんだが

 ウクライナで内紛が起きている。そこに至る歴史や問題点、微妙な心情、イデオロギーの対立などその中にいない当該でないワタシに語ることはできないが、平和的に解決しろよ、とは言いたい。  ウクライナ国内だけで問題はとどまらず、おそらく単なる利害により、諸外国もよってたかって干渉している。有り体にいってしまえば、またしてもロシアとアメリカの泥…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ワタシは愛国者か?

ワタシは取り立てて自分を愛国者とはいわない。 とはいえ、どんなささいなことも日本語で表現し、日本の風景や四季が好きであり、面識などなくても同郷の者(日本人)が活躍すると応援したくなり、困っている人がいれば助けたくなる。またこの国の過去の過ちを反省したり、反省をもとに努力したりしてきた先人を賞賛したくなるし、そうした多くの先人がおこなっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐村河内守さんのこと

 なんかね、なんだかね、あまり書きたくなるネタがなかったんだけど、こういうのは面白いと思うから思わず書いちゃうのが筆癖でありオッチョコチョイと言われる所以。  ワタシは、アダ名も名前も知らなかった「現代のベートーベン」であるとこの「佐村河内守」さんが売れっ子の作曲家で、でも実はゴーストライターがいて、売れた曲は佐村河内守さんが作曲して…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

「某9条の会、覚醒」・・・そしてカンタ・ティモール上映へ

さてさて、随分とお久しぶりになってしまった2014年の初エントリー。 それで何を書いたものだか、と書き始めてから考えるのだが、とりあえずは例の「保育園お日様闘争」が完全に決着がついたので、報告がてら。 完全勝利にて決着!! なんていうと問題が多そうだな。そも「勝利」とはなんなんだ?なんてことは思うわけで。ほんとの勝利者は(金銭的大損…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「食品偽装」・・・意識の麻痺はやっぱり怖い

 これを芋づるっていうんかな。芋づるにしちゃ、高級そうなんだど。  どこぞのホテルの高級レストランのメニューで嘘表示をしてたってのが問題になったとたん、あれよあれよという間にウチもウチもと言わんばかりに出るわ出るわ。  ホテルの高級レストランやデパ地下の高価な調理から、メチャほど遠いワタシにとっちゃ関係ないわな、と思いきや、喫茶店の…
トラックバック:0
コメント:57

続きを読むread more

「山本太郎の直訴」・・・やっぱ計算ミスだろうね

 なに気にTVをつけていたら、騒いでた。  園遊会で山本太郎が天皇に直訴したとかなんとか。  思わずクスリと笑ってしまった。この笑いが苦笑だったか、冷笑だったか思い出せないが、少なくとも「微笑ましい」ではなかったと回顧。これは何かのパロディかギャグ? それともアイロニー?・・・笑えないパロディというパロディ? ってな感じで流していた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「お日様を護れ闘争終了」(5)・・・法より良心だと言ってみたい

 さて、一応の決着がついたので報告がてら考えてみようかな。  結論からいえば、利潤追求のみのクソ業者の計画撤退が確定した、ということである。  これワンセンテンスで書いたものの、実はとてもすごいことで、私の感覚では「快挙」「奇跡」といえる。直接闘い抜いた親、職員、関係者には拍手を送りたい。  「利潤追求のみのクソ業者」などと失礼極…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「法治国家と正義」・・・リーガルハイをみちまったぜ

 こうも久しぶりだと、筆が進まない。  週に2つ3つエントリーしていた頃は、主張の落とし所が決まっていなくとも、なんとなく惰性で筆がすすみ書いているうちに言いたいことを表現できたり、オチで締めることができたりもした。「慣れ」とは結構な能力なのかもしれない。  ところがである。書かないでいると、もともとシンドい作業なので「別に、まぁ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「半沢直樹」・・・やられたら倍がえっし、、ってあんたw

 久々に更新したかと思ったら半沢直樹かよ、くだらねぇ。毒多も焼きがまわったな、と、お嘆きの貴兄もいるかもしれませんが、面白かったのだから仕方ない。そういえば、久々に水葉のツイッターを覗いたら、「あまちゃんも、半沢直樹も観てないオレは勝ち組」ってなつぶやきがリツイートされてたけど、あまちゃんも半沢直樹も見ている毒多は負け組ってことかな?爆…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

「はだしのゲンが焚書?」・・・なんで今さら?

 ん、はだしのゲン? もちろん読んでましたよ。マタンキのメタグソ団といっしょにね(笑)  ワタシは小学生でしたから、「はだしのゲン」で原爆を知ったといってもいいと思っています。表情も読み取れないほど爛れ落ちた顔とドロドロにたれ落ちる血肉の両腕を「小さく前にならえ」のように前につきだし歩く姿。強烈なインパクトで、ワタシの「絶対戦争はいけ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more