ボラと自己満

 ボランティアをやるかどうか悩んでいる、の理由のひとつが「自己満足」やら「偽善」ではないかと感じる、という言葉を聞いて、なにか白い気持ちになった。手でつかめない霧のごとし意味が感じ取れない。とはいえ同時に記憶の靄の向こうにうっすらと見える懐かしさもあった。そういえば、大昔青カン支援をする前だか、してすぐだかにそんな言葉とすれ違ったことがあった気がする。今となっては、忘却の曖昧な記憶である。
 多分、震災被害のお片付けのような助けていることが物理的に目に見えるようなボランティアなら、そんな言葉はでてこないような気がする。もう少し精神的な、他者の「生きる」に近寄るようなボランティアだからそんな言葉が出たのかもしれない。現実にはワタシはその言葉に即応できなかったのだが。
 まったく気づかなかったか、完全に忘れていた感覚を突然言われ首をひねる、と言った感じ。ワタシにとって青カン支援は「自己満足」以外の何者でもなかった。ついでにいうなら保育運動や9条の会のあれやこれやも自己満足でしかなく、さらには子育てや仕事でさえ自己満足でしかない。「自己満足」の何がいけないの?という感じなのである。
 現実のボランティアには心底「満足」を感じることなどまったくなかったのだが、それはそれとしてボランティアなど自己のためでしかない、という感覚を「青カン支援」をするなかで知らぬうちに会得していて、「自己満足」を理由にボランティアをやるかどうか、という言葉が解らなかったのだと、と思う。
 そもそもボランティアの対象は「自己」のことではない。「生きる」ことの苦悩から助かるのは、助かりたいと思う他者である、その他者にワタシ(他者にとっての他者)が何かしてあげられることはない。「何かしてあげよう」「何かしてあげられる」という勘違いが自己満足という言葉になって現れるのだろうか?他者の悩み苦悩はその本人しか解るはずがなく、解ったような気になるのは自己の経験に重ねてみたり、極力その苦悩を想像してみたりしてであって、移ろう記憶や想像で「解った」ということに至るわけがない。
 もしそこで自己満足を得るというなら、自己が他者に何かをした結果、他者が救われたという勘違い故だろう。その勘違いな自己満足ならば多いに恐れ、ボランティアをやるやらないで悩むべきなのだが、そも、勘違いの自己満足で悩んでみても意味をなさない。  

 他者の苦悩を解ったふりは出来るだろう、「ふり」だけで苦悩する他者が癒されることはあると思うが、それにしてもその他者が「ふり」に癒されようと決心した結果なわけだ。「解ったふり」などキッカケでしかない。もっともその「きっかけ」が大切なのかもしれないが、笑。
 「きっかけ」を与えることができるに至るプロセスに於いて、逆に苦悩する他者から得られることが多く、一方的な関係でなく双方向の関係となるだろう。双方向の関係にならなければ「きっかけ」を分けることも得られることもないだろう。信頼関係を築かなければ「ふり」の効用もあわわれまい。そうしたもんだと思う。

 と、とりあえず、こんなことを思索していたのだが、本質はまったく違うのかもしれない、別の考えが浮かんできた。

 それはボランティアの話をするワタシ自身が多数から言われる言葉なのだが「なぜそんな一銭にもならないことをするの?」というのがある。この言葉と「自己満足」「偽善」という言葉が妙に親和性があるような気がするのだ。
 この世は経済が回ることで世の中が回っている、ということが多数の身に染み付いていて善なのだ。経済が回らない報酬を受け取らないような労働はすべきではなく、ましてや経済が回る歯車から欠け落ちたことに苦悩するような経済的な役立たずのために何かをするなどと、この世の原則を捻じ曲げるような動きはするべきではない。と、いうことを「自己満足」「偽善」という言葉に載せているのではないか?
 「自己満足」「偽善」という言葉が気になるのは、そうした第三者多数からの目が気になっているのである。つまり、自己のなかにも同じ価値観に囚われているからこその表れだろう。
  震災復興ボランティアが認知され歓迎されるのは、物理的と言う理由ではなく、一時的であり経済復興と繋がるからかもしれない。は言い過ぎだな・・・orz

 経済と結びつかない社会的弱者を対象とするボランティアとは反社会的行動である。
 ただ、反社会を俯瞰し、本質を浮かび上がらせる素敵な行動でもある。
 なによりも「得」に繋がる。その得は自己満足であって、経済的ではないけどね、爆!!
 

"ボラと自己満" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント