ジタバタのなかの一コマ

 なんとか社会にしがみつくためのジタバタの一つは、ちょっと面白かったのでメモをしておこう。
 社会を見限ったところで生きていなければ意味がない。生活するためには金がいるわけで、最低の生活をするための稼ぎをどうするか?ということでのジタバタ。
 やりたくないことはやりたくない。何ならできるか?と、思案しているときに、ふとテレビに目がいった。
 ネットで写真を売る素人の話題を特集していたのだ。売るために素人が写真をアップするサイトがあり、写真の写の字も分かっていなさそうなおばあさんが小遣いを稼いでいるとか、ちょっと真面目にやっている人がそこそこ稼いでいるとか、、、テレビの特集のわけで、上手い話ししか流さないのは承知している。ところが、タイミングは動揺のどん底のわけだ。しかも好きな写真で生活費を稼げるなら悪くないではないか。というわけで、さっそくそうしたサイトに登録してアップし始めてみた。
 登録したサイトで、写真が売れ稼いでいる人の写真を見てみたり、サイトのアドバイスを読んでみたりする・・・・物撮り、モデル撮り、名所の風景、パンフォーカスで目的がはっきりしている写真が売れているようだ、、、というより、しか売れてなさそうだ。ワタシのmacのなかに溜まっている数千枚の写真のほとんどが売れそうもない、写真だった。
 ということで、売れる写真を撮ってみようと思った。ワタシの終わりかかっている仕事もそうした商用写真との関係も遠からずなので、だいたい要領は解っている。モデルは手配が面倒なので、白幕とライトを用意して物撮りでもしてようか、その前にセットしなくていいようなお決まりの風景で撮ってみようか、と考えて実際に撮って歩いてみた。
 結果、、どうなったか、写真を撮るのが全然つまらなくなってしまったのだ。考えなくても解りそうなものなのだが、金を出してでも欲しがられる写真は商用のもので、つまり、ワタシがつまらないと感じている社会の一面そのもので利用される写真なのだ。ちなみにそのサイトでは、ワタシの感性で切り取っている「わけのわからない写真」は事前審査で落とされ、掲示さえされないのだ。
 すべてが理にかなっている。
 需要があるのは目的がはっきり解る日常的な商用写真。ワタシの撮りたいのは日常のなかで見落とされる、誰もみようとしない心象光景。ほんの少しの人だけが共感してくれる焦点さえあっていない写真。

 問題なのは、サイトで売れそうな商用写真を撮ろうとすればするほど、写真を撮るのが嫌になるということ。
 これは人間としてかなり重要な意味をもっていると思うのだ。
 好きでもないことをやろうと努力すればするほど、嫌になり面白くなくなる。
 好きでもない社会に沿おうとすればするほど、生きているのがつまらなくなる。
 好きでもない人生を歩めば、死にたくもなるだろう。
 
 これだけ思索してきたにも拘らず、動転して短絡な思考になってしまうとこなってしまう。なかなか面白いことに気づいたと思う。

 さて写真販売のサイトはどうするかな?
 ま、せっかく登録したわけだし、事前審査でNGにはぎりぎりならず、ワタシも納得するものを審査にだしてゆくか。売れることはまずないだろうが、売れそうな写真を撮る努力をして写真が嫌いになるよりずっといい。
 もし売れるようなことがあったら、大笑いだ。世の中も捨てたもんじゃないと思うだろうか?
 

"ジタバタのなかの一コマ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント