「蕨市の不法滞在者追出しデモ」…その正しさは正しいか?(追記あり)

 ただでさえ毒多スランプなのに、どうにもブルーなニュースにやはりエントリーをアプしなければならいないと感じている。しかしだ、ここのとこ何度かエントリーを挙げることにトライしているのだが、どうも納得いくエントリーに仕上がらないのである。で、一行書いてはゴミ箱に捨てている。キレもなければ毒もない。ギャグの精度も低いし読み直しても熱いものを感じないのである。それで気持も萎えて行くという悪循環のなかにあってもそれでもやっぱ蕨市のアホすぎるデモのことはエントリーしたいと思う。

 ついに「違法」による刑執行によりカルデロンのりこさん両親とニポンの良心がこの国より追放された。
 権力の具現的ピラミッドの底辺で暮らすカルデロン一家は「法律にとって正しいこと」によって容赦なく撃ち落とされたわけだ。法治国家が法治国家であるためだけの「正しい」が頑として通された。実際には権力ピラミッドの頂点に近づくにつれこの「法治国家であるための正しさ」は放置されるのだが、底辺あたりでは厳しく実行される。それでもニポンは放置国家、あいや法治国家。
 そんななか埼玉県蕨市で、デモが行なわれたと聞く。
 「犯罪外国人・犯罪助長メディアを許さない国民大行進 in 蕨」というデモである。デモ行為は法律で認められている。さらに憲法で表現、集会の自由も認められている。だから「法律にとって正しい」デモだな。このデモを取材した 薔薇さん紹介の志葉玲さんによると、「法律にとっての正しさ」によって日本に一人残されたのりこさんの中学校近くにきて
>「ここがA子の通う中学校です~」「犯罪外国人を許すな~」と大音響で、気勢を上げていました。

と報告されている。
また、同薔薇さんの紹介の日刊リベラによると
>「犯罪フィリピン人カルデロン一家を日本から叩き出せ!」と一家を名指ししたシュプレヒコールをあげながらデモ行進

と報道されたとある。

 100人余りのデモとあったが、何らかの意図があってデモをするのだろうと想像される。「犯罪外国人」というのは違法行為を行なった外国人のことだろう。ニポンの法律を犯すニポン人ではない外国人はニポンをでていけというニポンを愛する感情ゆえの行為かもしれないな。ただし、ニポンの法律によってニポンにいることを認められたノリコさんの学校にきて「出て行け、叩き出せ」というシュプレヒコールを挙げる排他性に愕然とするが、これを「愛国者」一般で括ってしまっては反論も多いだろうから(と信じたいから)、一部の狂気的な愛国者が思考なしに暴走したということにしておこう。彼らが愛するニポンの「法律にとっての正しさ」にさえ背く行為で、まったく筋が通っていないアホな無頼集団であることは指摘しておく。さらには、こういう輩をみているとノリコさんの両親の追放とともに、「良心」も追放されたことをやはり確信するわけだ。
 いくらワタシでもこのデモのようなアホ共を一般化しないが、無思索に「法治国家の正しさ」のみにのって暴走しはじめると、こういう集団になるというサンプルは見た様な気がするな。実際に行動するか、しないかという違いはあるが、……、この国の「法律にとっては正しい」を守る愛国者諸氏は気をつけられたし。
 
 うーん、「法律にとって正しい」を連発しているが、やはり「正しさ」を思索しなければならないのだろう。結局「あんたにとって正しい」とか「アタイにとって正しい」は「正しい」のと違うんではないかな、ということだ。その「正しい」は正しくない。真に「正しい」ということは「誰にとっても正しい」でなければならない。普遍的な正しさこそ「正しい」と言われるのではないか。普遍的に正しいを「真理」といい、人はもともとここを求めるために生きているような気がするぞ。それが人が本質的に存在する意義だと思うのさ。
 人は本来的に存在することの意味の探求を忘れ、目先の「正しくない『正しい』」に縛られては、生きることの本質を見失ってしまう。見失うと、例えば「本質的な生」より造られた法治国家を守るための法律が「正しい」になってしまったりするわけだな。いいかい?ここにこだわる余り、普遍的「正しさ」や真理もなく、それを追い求めようとする「生」そのものさえストップしているのではないか。
 「ここにワタシが存在する意味を追求」する本質的な「生」のまえでは、法律、国家、など目先のテクニックだろ。本質的なことを放棄して、いや気づく事も無く、目先のテクニックにしがみついて雄叫びあげて、どうするんのさ。哀しすぎるのではないか??

 なんて、上のデモ隊にこんな話をしても全く通じないのだろう。
 彼らは、自分たちが、そもなんのためにデモやっているかさえ、きっと解ってないと思う。

 
【追記】
実際のデモの画像がupされていました。
このエントリーに貼付けようかとも思いましたが、あまりに気色悪いのでやめました。
どうしても気分を害したい方は下のアドレスにてどうぞ。
もはや論ずる気にもなれない。

http://www.youtube.com/watch?v=2oafXv0Qnfs




実際のデモを見ずにエントリーを書いちゃ駄目だな。
いや、見ずに書いたから冷静に書けたのかかもしれない。
実際の映像から感じられるものは、
「正しくない『正しさ』」などと、ちゃんと論ずる依然の問題だな。

こいつらは最悪だ!!





"「蕨市の不法滞在者追出しデモ」…その正しさは正しいか?(追記あり)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント