「トワイライトと学童の一元化」(13)…国vs市の対決予告

 前回ちょいとふれたが、 (11)で、共産党市議団によって名古屋の「放課後子どもプラン」が国からダメ出しされた件につき、自民党議員によって公開○○会が行われる。もちろん○○会は各人が埋めてもらえばいいわけだが、討論会になるかな微妙だな(笑)。
 主催の名古屋市学童保育連絡会のHP名古屋市学童保育連絡会のHPに正式にのっていたので、チラシをパクって貼っておこう。

画像


 チラシには控えめに
 >厚生労働省の「放課後子どもブラン」と名古屋市の「名古屋市放課後子どもプラン」とに矛盾はないのでしょうか。
 なんて書いてあるが、これね、あくまでも「矛盾がある」って前提だからね。その前提がなければ、開く意味がない。
 プラグラムに「名古屋市長挨拶」とあるから市長がくるわけだ。
 国のほうは、戸井田とおる厚生労働大臣政務官。
 挨拶ばっかで、あと講演ってのが気になるが、「質疑応答」の時間をいかに長くとるかが市連協の腕のみせどころだろ。もちろん、名古屋市長に質疑し、戸井田政務次官に突っ込ませる、って構図でいかなければ面白くない。
 もちろん、いつものように「なんとか室」という末端ではなく、市長様のわけだから、怒りをダイレクトに伝えるってのもありかな。
 できれば講演が30分ぐらいにして質疑応答に1時間を当てて欲しいところだな。
 とは、言っても、このブログでも問題にしてきたが、市のふざけたプランを是正して国のプランに準じた学童をすすめるのか、市のふざけたプランを突き上げて計画そのものをご破算にさせようとするのか、会場のほうも分かれそうだな。学童の統一方針ってのはいまに至っても確認されているようには思えない。
 通常、市が「やる」と言い出したことはやるんだろうけど、前回報告したようにどうも途中でポシャることもありそうな予感もするわけだ。今回、国に「やはり」ダメ出しされたら国からの予算が降りないわけで、ますますもってどうなることやら、って感じ。
 まずは、今の名古屋市のプランの「案」ってのが当日までにとれて、正規のもんにならなきゃ話になんないぜ。「案」ですから、ってその場逃れなんてするなよ。

 一応(11)のポイントを採録しておきます。

1.生活の場としての機能が十分確保される専用スペースまたは専用部屋を設けているか?
 「名古屋市の考え方」は静養スペースで生活スペースを設けてはいないのでダメ。

2.放課後児童に専任対応できる指導員が存在するか?
 指導員はいるが、放課後児童の専任じゃないからダメ。

3.放課後児童の人数(定数)が確定するのか?
 生活への援助をしなければならないのに、定員も定めないような公設の放課後児童クラブはあり得ない。

4.開所時間は十分か?
 3時間以上の開所という条件にたいし、「5時から学童」で7時閉所では条件を満たさないのでダメ。

 これ、春の問題点だけど、どれも未だに解決してまへんわな。ああ、楽しみだこと。
 他にあればコメント欄にて指摘ください。


 いずれにしても、市連協はせっかくいい企画をしたのだから、名古屋市プランの矛盾、問題点を明確にし、市長にそれを認めさせ、政務官に市長が認めたことを認識させなくてはならないだろう。なあなあで終わらせることなきよう期待しております。 


11.15追記


metaさんにコメントを頂き市連協のHPで確認しましたが、11.24の会合のプログラムの変更があるようです。

画像

"「トワイライトと学童の一元化」(13)…国vs市の対決予告" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント