「甘える」こと「信頼」ゆえに

これはちょっと盲点だった。
誰かに甘えることができるというのは信頼しているからかな。
うん、確かにそうだ。こんな簡単なことに今頃気付かされたのは迂闊だった。
でも今気付かされたのは僥倖だったかもしれない。
ワタシはいままでずっと「甘えるんじゃない」、と言われ続けて生きてきた。
そう言われ続けてそれが正しいと思い込んでいた。
いや思うことさえなく身につき、疑問にさえ思わなかった。
ワタシは他者に「甘えるんじゃない」という思いをぶつけたこともある。
そいつは、私を信頼して甘えてきたかもしれないのに、、、

自然がある。
その写真を撮る。
被写体は、若葉、枯れ葉、蔓、キノコ、虫、光etc…
私は完全にそいつらに甘えている。
その甘えは信頼ゆえの甘えである。
こいつらは絶対に裏切らない。
甘えて見つめていいんだ、、と受け入れられる。
だから私もこいつらに信頼されたいと思っている。
そいつらを折らない、捕まえない、ただじっと見つめる。
自然は絶対の器で迎え入れてくれる。
だから甘える。
私のことも信頼してくれ、と思いつつシャッターを切る。
人は自然に甘えてきた。太古からずっと。
畏敬と信頼をしながら、自然からの信頼を得たいとしながら。
いつか人は「信頼」を忘れ、ただ甘えるようになった。
信頼すること、信頼されようとすることを忘れた。
力づくで甘えてないふりをした。
人が一方的に甘えていることに目をつぶり。
そして、人と自然の関係は崩壊することになった。
甘えることは信頼し、信頼されようとすることだったはずなのに。

家族がいる。
甘えることのできる家族がいる。
子どもはただ、甘えてくる。
親は、当たり前として受け入れる。
信頼しているよ、信頼してほしい、と言葉にして言うこともなく。
親も子どもに甘える。
双方の甘え方が違うかたちにしても、互いに甘え、互いに信頼している。
甘えることのできる夫婦もまた、無言の信頼をしあえている。
もし、信頼することができなくなったとき、信頼されることがなくなったとき、
家族は崩壊する。
甘えることができなくなる。
甘えることのできる居場所も崩壊する。
巻き添えを食った子どももまた崩壊する。

私は自然に、そして家族に甘えて生きている。
お互いに信頼しているよ、と口にだして言い合うこともなく。
これは幸せなことだ。

友人がいる。
自然でも家族でもない友人がいる。
私は彼を信頼している、だから少し甘えてみる。
彼は「甘えるんじゃない」と言う。
信頼の一方通行だったのか、
信頼されることがなかったのか、
信頼されたいという思いが届かなかったのか、
それとも「甘えるんじゃない」というこの社会の教育ゆえの言葉だったのか……
解らない。
でもそこに私が彼に思っていたような信頼関係がなかったことが発覚する。
甘えは無言の信頼関係のうえになりたっていることを再確認をしてしまった。
それでも少しは信頼しあい甘えることができる友人がいることは幸せである。

全く知らない人がいる。
その人は悩んでいる。
その悩みは社会的な悩みかもしれない。
何かしらアドバイスすることができるなら、簡単に解決するかもしれない。
でも、きっとホントの悩みは「甘えられる」相手がいない、ということ。
甘える居場所がないということ。
もしその人が悩みを話してくるならば、、
私に甘えてくれるなら、
きっと信頼してほしいと言っているにちがいない。
ならば、私のことも信頼し、信頼されたいと願いつつ話を聴いてみたい。
見も知らぬ人であっても、信頼しようと思う、、、
ほんのひととき甘えられる居場所であれば、それでいい。
そのとき私も甘えているのかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アキラ
2017年11月16日 18:49
今頃ですか・・・と ちょっとビックリ。 (^_^;)
アキラ
2017年11月16日 19:05
「誰かに甘えることができるというのは信頼しているから」ですが、その事実に甘えてへっちゃらになっちゃうというか、調子づいちゃうというか、そういうのが【甘え】なんでしょうね。 (^_^;)
毒多
2017年11月17日 08:38
アキラさん、おはようございます。
はい、今頃です、笑
おそらく、ずっと甘えて生きてきたのですが、言葉にしたのは初めてです。
今、言葉にできたことは私にとっては「この時」だったのでしょう。
もっとも、言葉にすることができたのも、教えられてですが^^;

〈甘え〉か、はたまた【甘え】か、、、
〈甘えられている〉か、はたまた【甘えられている】か、、、
やはりお互いの信頼の度合いでしょうか?
「甘え」の自覚がある限り、〈甘え〉のような気もしますが、
こればかりは双方の感知の違いもあるでしょうから、一方通行のこともありますね。

甘えてもらえる人になりたい。甘えたいゆえに、、、かな。
いずれにしろ今、言葉にして自覚できたのは、私にとっては僥倖です^^
愚慫
2017年11月17日 10:44
言語化できるということと、〈識る〉ということとは必ずしも相関関係にはないと思います。むしろ先に言葉を知ってしまうと【教育】になる、、、というのは『空論』で述べたところです。

毒多さんが感じておられる僥倖は、

「有朋自遠方來 不亦樂乎」

なんだろうと思ったりしています。
愚慫
2017年11月17日 10:53
〔甘え〕もまた、

「知之知為之 不知為不知」

の構造にあると思うんですね。
〈甘え〉と【甘え】の際を識る、というか。オノレはどこまで甘えているということを自覚することが出来ているか。

論語的には、そうした自覚を追い求める者が君子。

〈甘え〉と【甘え】の際を曖昧にさせるものはいろいろとありますが、結局は技術なんだろうとも思う。科学もそうだし経済もそう。自然的なものか、虚構のものかという違いはあるにせよ。

オノレの技術に溺れる者を論語では「小人」と言います。いかに技術的な才があったとしても、それは「小人」であると。
毒多
2017年11月17日 16:00

今回は感知していたものを言語化できてよかったと思っています。楽しかったし^^
【教育】といえば、いま受けている介職員護初任者研修です^^;(例の定型発達のほうが障害者ではないか?というネット記事からETと実際に接してみようという短絡思考から……笑)
他の受講者はすでに障害者施設で働いている人たちで、ワタシの知らない何かを知っている。ところが、ワタシはアタマから、、、なんも楽しくない。楽しくさも伝わった来ない、笑

技術の上達は「甘え」の否定につながりやすいような気がします。まあ、それも意識次第なのでしょうが。

この記事へのトラックバック