「尖閣諸島からでた幻想的問題」…日本は憲法に基づき粛々とすすめるべき

 どうやら尖閣やら魚釣とか国家が名付けた島あたりでは、近隣の国の漁師がつかず離れずなぁなぁで入り乱れて漁をしていたらしい。
 それを権力の船が介入したから、おかしなことになった。介入したのが漁師とは別の国家の権力だからさらにややこしくなったわけだ。国家は領土という幻想的線引きを支配するために存在する。なぁなぁで無人島あたりの漁場に入り乱れることは国家の否定であり、幻想ではないという権力の“もがき”である、、、いや、国家は、もしかしたらあの辺りの海(自然)を生業をする言葉の違う漁師たちが、どこぞのコーラの国のようにいつか漁場をドロドロネトネトにするだろう、そしてどちらの漁師にとってもなんの恩恵もない海底油田の開発をやめさせようと団結を恐れていたのかもしれない。漁師同志がなぁなぁでやっていることを、そしていつか団結することをを国家は許さないのだ。
 そして国家という幻想は、どんどん漁師の心を、市民の心を蝕んでいく。
 やれ、占有だ、やれ、プライドだ、やれ、取引だ、やれ、勝ちだ、負けだ、やれ、謝罪だ、、、
 さも勝ち負けがあるように、さも損得があるように、洗脳させられていく
 国家の勝ちは私の勝ちであり、国家の負けは私の負けである。
 国家の得は私の得であり、国家の損は私の損である。
 もちろん国家の勝ち負けはくだらぬ自尊心の勝ち負けであり、国家の損得は「金」の損得で、つまりは勝ち負けも幻想で損得も幻想である。
 日本の市民も中国の市民もつまらぬ幻想に洗脳されないようにしなければならない。なぜ人々は、よその国家に洗脳されていくよその市民は冷静に見れるのに、自分がいる国家や自分をみることはできないのだろう。

 それでも、幻想とえいどもやはり国家は必要な部分もある。そのシステムは必要悪と誰かがいったが、かならずしもこの幻想は負の方向へばかりいくものではない、かもしれない。
 いまこそ日本国家という幻想をプラスの方向へ具現するときではないか?
 誰かが言った「日本国の法律に基づき粛々とすすめるだけ・・・」
 ちがうな、国内の問題ではないのだから。
 日本は「日本国の憲法に基づき粛々」とすすめなければならないのだろう。
 いくら今の政府が改憲党といえ、まだ日本国の憲法はかわってはいないのだ。
 日本の政府は日本の憲法にのっとりすすめる義務がある。




 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの 安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある 地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。




 平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる
 ・・・これを先頭にたっておこなう名誉ある地位を占めたいと思ふプライド、決意がお題目であってはならない。そして、自国のことのみに専念して他国を無視してはならない。
 
 他の国が負の幻想に向かおうとも、日本という国家は、現憲法にのっとって、そうだな日本という国家の存在意義にのっとって胸をはって行動していかなければならないんじゃないのか?
 そんな幻想なら乗ってもいいかな、と思っている。
 今が、憲法を実践するチャンスなんだ。

 
 護憲は形式的なのものじゃなく、憲法は絵に描いた餅ではないんだよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

平和
2010年09月27日 16:05
尖閣諸島なんか中国にあげたら、ついでに沖縄もあげればいい。そうすればボクらは平和に暮らしていける。「弱い奴はいじめても強い奴にはこびなさい。敵が攻めて来たら戦わずに逃げなさい。」とママから教わったし。
論外
2010年09月27日 16:26
いずれかならずやってやるという東京大虐殺のときあなたたちだけは除外されるだろう、平和くんも。
ちろ@携帯
2010年09月28日 01:02
えっと、どくたさんのエントリ、ええなあ! ここんとこ、ココロの余裕なかったけど、やっぱりいいなあ!現憲法の文。
護憲野郎と護憲バカ(ちろでし)に、乾杯!

失礼ながら、ちろ、前の2つのコメント、センスが合わないや(爆)。
これ、本能的。でし。
毒多
2010年09月28日 08:20
平和さん、はじめまして
ワタシは別にこびることを書いているのではないですよ。人間のエゴとそのエゴがシステムによって助長されることを書いたつもりです。
ただ、それに気付かなずに喧嘩をする人がいるので、揉めたら地球に返せばいいと思ってます。これは島や海に限らず資源や建設物までふくめてです。

それとは別に沖縄には人が住んでいます。住んでいない者が、あげる、あげないという話にはなりません。

システムに起因する揉め事には戦わずに逃げる、には賛成です。





論外さん、はじめまして
>いずれかならずやってくる東京大虐殺、、、
論外さんは南京大虐殺を反省して、立場が逆になる将来を憂い怯えているんでしょうか? 優しい人ですね。
大丈夫です。過去を反省しつつ、憲法前文の精神を実践していけば必ずシステムを越えて分かり合える日がきます。



毒多
2010年09月28日 08:20
ちろりん
>護憲野郎と護憲バカ
バカかもしれないけど、最後には結局これしかないことにいつか皆んな気づくよ。
バカほど「ほんとのこと」が見えて苦しむんだけど、バカが最先端を走っているのも事実。誇りをもっていこう。
この問題でマスコミは全く同じ、色々有る筈の護憲左派系ブログまで愛国心バリバリの記事ばかりですが、其の点このブログ記事は視点が他とは全く違っており、真底ほっとしております。
外交とは相互主義なのだとの視点が欠如しているのですよ。領海だから拿捕は当然など海の現状をまったく分かっていない。
韓国やロシアとの領土紛争地での危険な拿捕に日本は今まで厳重に抗議していたのですが、これからは非難出来なくなる。
親父が社会主義運動にのめり込んで潰すまで我が家は元々は漁師筋で祖父の代まで代々続く網元だったので親戚には今でも船乗りとか漁師がいるので、今度の騒動は他人ごとだとは到底思えない。
昔にはしばらく顔を見ていない従兄弟が『いや~あ。ロスケに捕まってしまって』なんてこともありましたが、今まで強制拿捕を行っていない海保の巡視船は問題が有り過ぎで、唯一の例外はは2年前のあの阿呆な標語『美しい国』の安晋慎三の時しかないのですよ。
このときは相手の船が沈没しています。
強制接舷にはロシアや韓国のように小さな船しか基本的に使ってはいけないのですよ。
大きさが違うと潜水艦なだしおと衝突した富士山丸やイージス艦あたがごと衝突した清徳丸のように沈没して大勢が死ぬのですよ。そんな事も知らずに拿捕を命じたネオコン前原は大馬鹿です。
毒多
2010年10月01日 14:20
宗純さん、コメントありがとうございます。
 「視点」が違うと感じていただいたのは、ワタシが国家(システム)ってのを疑って見ているからかもしれません。多くは「国家」前提のうえでの記事ですので、スタートから違うのでしょう。
 とはいえ、今回の件は領土問題から発しているので「国家」が前提になるのは当然かもしれませんね。ただ「愛国心バリバリ」はいただけませんけど(笑)。
 領土、線引き(日本の実効支配と日本が言い張ること)にかんしては、(愚樵さんのツイッターから訪れたのですが)「ヤメ蚊」さんが冷静な意見をかかれていますね。愛国心バリバリの方は一読されるといいような気がしています。ワタシとしては、「揉めたら(話し合いで決着がつなかければ)人間から没収し地球に返還」を提唱しているので、ヤメ蚊さんともちょっと違うんですがね。
 
 船の接舷については、まったく詳しくないので伺うだけになりますが、そも「敵対」を前提にした安倍や前原が(もちろん中国側にもいえますが)先頭にたつのはまったく馬鹿げています。
 まるで子どもの喧嘩のようなやりとりを、先頭にたつものがやっている。子どもの喧嘩は大人が仲裁し舵をとり善い方向へ向かわせるのが普通なのですよね。もし例の海域で漁船同士(子ども)が揉めていたら国家(大人)が仲裁し、喧嘩を糧として健全化をはかるべきところに、漁船同士(子ども)が喧嘩もしてないのに、喧嘩どころか漁師同士(子ども)うまくやっていたのに、国家(大人)が、しゃしゃり出て喧嘩を始める。バカとしか思えません。

 国家(大人)が漁師(子ども)を守るどころか危険な目に合わせている。
 こんなとこもワタシが国家(システム)が信用できずに疑っているの理由になります。

2010年10月02日 07:05
毒多さん、こんにちは。

>それを権力の船が介入したから、おかしなことになった。介入したのが漁師とは別の国家の権力だからさらにややこしくなったわけだ。

このあたりの話を、国家というシステムの視点から“まっとう”に論じたものもありますよ。

岩上安身さんのサイトから、孫崎亨氏インタビュー
http://iwakamiyasumi.com/archives/3556

「その2」の10分過ぎあたりから、その話になります。

>そして国家という幻想は、どんどん漁師の心を、市民の心を蝕んでいく。

私の勝手な憶測ですが、中国人という人たちは、日本人よりもずっと深く“国家という幻想”に浸っている人々だと思います。ただ、それによって「心が蝕まれている」かどうかは別問題。

なにせあちらは〈システム〉の歴史が日本よりもずっと長い。近代国家と〈システム〉では日本の方が先輩ですが、あちらは近代国家が誕生するずっと以前から、中華帝国という〈システム〉が存在していて、それゆえにそこでクラス庶民も〈システム〉に対応する術を身につけているのですね。ですから、したたかです。

その点、日本人は、これほどまで〈システム〉に侵されるのは初めての経験なんですね。
愚樵@訂正
2010年10月02日 07:06
すみません。

× 近代国家と〈システム〉では

○ 近代国家という〈システム〉では
×第二迷信
2010年10月02日 21:37
 日本(だけに限らない)の権力者というのは、公のルールに基づいて・・というのが嫌いなんですな。

「北方領土」にしても、「そもそも領土・・論」を抜かして、感情論で、
「いつ、誰がどうしたからオレのモンだ」を、ボス交渉で解決?しようとするだけ。

 誰も住んでない島を「領土」として、
誰も漁業権を争ってない海域を「経済水域」にして、
古生代の有機物の「所有者」争い。

「CO2排出削減」を、本気で考えてるんなら、

 「お互い、海の底に眠ってる資源は次世紀の子孫の共有財産として残しときましょう。それまでに、無益な争いがなくなる世界を作るために努力しましょう」

なんつー、誇り高いメッセージを送れば、
世界中から絶賛されますがな・・・。
毒多
2010年10月04日 13:39
愚樵さん、どもどもカメレス失礼。
ご紹介のサイトは面白そうですね。とりあえず、「その2」をあたまから25分ほど観ました。
国家の視点から“まっとう”に論じると、今回の国家の態度が“まっとう”ではなかったのではなかった気はしますね。
ただ、ワタシが疑問を感じているのは“まっとう”であっても“国家というシステム”そのものかもしれません。
ビデオにしても、国家として損得をかんがえたときの方策ですよね。そもそも国家というのは「領土」とか「損得」とか「勝負」のためのシステムで、敵対が前提のシステムなのか?と考えてしまいます。

日本に勾留された漁船の船長(ほんとうの漁師だとして)が、中国という国家の手先になっているのを悲しくみています(帰国時のVサインや英雄扱いなど、、)。そういう面ではしたたかなのか? なんか漁師として違うだろう、って感じてしまいます。
はたして、システムとは人間がつくるものなのか? システムによって人間がつくられるものなのか? なにがなにやら、、、

毒多
2010年10月04日 13:40
×第二迷信さん、こんにちは

>誰も住んでない島を「領土」として、
誰も漁業権を争ってない海域を「経済水域」にして、
古生代の有機物の「所有者」争い。

最近テレビに映し出される中国の海底油田掘削のためのタワーをみるたびにメキシコ湾の参事を思い出します。あのあたり事故がおきれば海流から日本海はドロドロになるのでしょうか?
次世代の子孫にのこすのは、油の海? 
やばいなぁ。
ほんと人間は謙虚にならなければヤバすぎます。
2010年10月06日 17:42
ちょっと間が開きましたが。

>そもそも国家というのは「領土」とか「損得」とか「勝負」のためのシステムで、敵対が前提のシステムなのか?

近代国家はそれ以外のなにものでもありません。それは歴史が示すところです。(何度も言いますが)近代国家は戦争によって生まれたんです。

近代以前の世界では、戦争は多くの庶民にとっては貴族たちの「私闘」でしかなかったんです。そりゃ、庶民も戦争に狩り出されたでしょう。でも、その戦争を自分たちの戦争だとは考えていなかった。貴族に従わざるを得ないから、望みもしない戦争をしなければならなかっただけ。

ところが市民革命によって、戦争は貴族のものから国民のものになったんです。『ラ・マルセイエーズ』は“自身の戦いを戦え!”という内容の戦闘歌。“自身の戦い”とは、国民として国家間の戦争に積極的に参加するということ。そして、積極的国民兵と消極的領民兵では圧倒的に国民兵の方が強かった。だから、国民国家が専制国家を駆逐した。

理念が正しかったから国民国家が広がったのではない。国民国家が専制国家より強かったから標準になったんです。
愚樵
2010年10月06日 17:54
この「事実」を見据えれば、

>そもそも国家というのは

という問いの答えは、明確。そもそも、国家というのは「敵対」が前提なんです。国境という「区切り」は「敵対」があるからこそ生まれたんであって、その逆ではない。

ですが、現在の“まっとう”な国家は、あからさまな「敵対」を避けます。ですから国境紛争のある地域では、国家権力の執行には慎重な態度を取る。

“尖閣諸島は日本の領土だから、日本の法が適用される”という論理は、「敵対」によって生まれた近代国家という性質からすれば正しいが、近代国家がせめぎ合う現在の国際社会からすれば時代遅れ。

それというのも強力な近代国家同士が戦えば、被害が大きすぎるから。9条は、近代国家同士の大きすぎる被害が生まれてきたものです。
愚樵
2010年10月06日 18:16
とはいうものの、「敵対」を前提とする近代国家の性質がなくなったわけではない。それは、9条を掲げる日本であっても何ら変わりはない。

憲法というのは、国家と国民の契約です。国民は主権者ですから、国民は国家の上位に立ち国家を制約する。でも、これだけではない。この契約には暗黙の前提があるんです。それは、主権者である国民は、主体的に戦争をする義務を負うということ。その前提があっての憲法。

だから、いくら9条を掲げたってダメなんですよ。成文化された決まりごとよりも「暗黙の前提」の方が上なんです。

日本人は、この「暗黙の前提」を理解していない。だからあっさりと9条を支持する反面、お上に従順なんです。「己の戦い」だと思っていないから。「己の戦い」は外に向けては戦争だし、内に向けては市民としての政治参加。これらは表裏一体で切り離せないもの。

左翼に欠けているのは、主権者としての自覚です。「表」だけをとって騒ぎ立てても、「裏」を失念していたのでは自覚があるとは言えません。
愚樵
2010年10月06日 18:49
長くなってスミマセン(苦笑)

私はですね、以上のように考えるからこそ、

>ワタシが疑問を感じているのは“まっとう”であっても“国家というシステム”そのものかもしれません。

に共感します。9条の思いを支持するがゆえに、「敵対」が前提の“国家というシステム”を否定します。

そのような私から見れば、近代国家の根本規定である憲法に9条という条文があるということが矛盾。その点は右翼と意見が一致するんです。違うのは、国家よりも9条を優先する点。

ただ、悲しいことに9条が憲法において成文化された規定である以上は“国家というシステム”なしには有効にならない。ここは大きなジレンマです。

しかし、上での述べた「暗黙の前提」というところまで視野に入れて考えるなら、明文化されない9条の精神を「暗黙の前提」とした“庶民としての生き方”も考えられるだろう。それは国家とは違った形の〈システム〉かもしれないし、〈システム〉とも違ったべつの形かもしれない。

まさに幻想的問題です(笑)
毒多
2010年10月07日 16:35
愚樵さん、
 「サヨちっくな愛国心」ってエントリーを書いていると、これの次のエントリーの冒頭に書きましたが頓挫していました。ワタシの場合、何かを書こうと結論まで考えてから書くこともあるのですが、気になったことを書いているうちに思索するってのも多くあります。けっきょく思索がまとまらず、、、というかオチがなく、ボツ稿が多いのですが。今回も行き詰まってボツになる予感のなかコメントを頂き、ああこんなことが書きたかったんだなぁ、と考えました。
 で、ごたごた書いているうちにえらく長くなってしまったので、レスにかえてエントリーを挙げてみます。
学童砦の一役人
2010年10月09日 19:42
西洋的な「法」には国家や個人(国民)などの権利(主権)を前提としつつ相互間の利害調整の側面を持っていると思う。
憲法前文の最後に「自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。」とあるがこの場合の「自国の主権」とは構学上その国の領土を排他的に支配する権力であり、いわば統治能力を意味する。
別の記事やコメントとも関連するが「主権」=「排他的な支配する権力」=「国家のエゴ」と捉えてもよいだろう。
日本国憲法は「国家のエゴ」を前提としつつ「国家のエゴ」対立を乗り越えろと言っているのではないだろうか。
この辺の「エゴ」の問題は、個の存在を前提とする「父性原理的=キリスト教的=西洋的な法(日本国憲法を含む)」の問題であって「母性原理的=東洋思想的」な考え方をする日本人には感覚的に分かりづらいのではないのだろうか?
毒多
2010年10月10日 14:11
学童砦の一役人さん、こんにちは。
>日本国憲法は「国家のエゴ」を前提としつつ「国家のエゴ」対立を乗り越えろと言っているのではないだろうか。
うーーむ。なるほど。この憲法が生まれた経緯を考えると「国家のエゴ」(=戦争)を経て、その反省のうえで作られた(矛盾)というのが、想起されます。果たしてこの憲法をつくったものが「対立(矛盾)を乗り越えろ」という思いを込めてつくったかどうか解かりませんが、そう読み取ることに深い意義を感じます。
乗り越えた世界をみてみたいとは、思っているのですが、、、対立(矛盾)を乗り越えるのは容易ではなさそうです。

この記事へのトラックバック

  • 中国の厚かましさは、実は外交のお手本かも

    Excerpt: 中国は尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件に対して、日本に対し謝罪と賠償を求めてきた。おそらく多くの日本人が、「なんと厚かましいことよ。」「盗人猛々しいとはこのことか。」などと思ったことだろう。しかし、国際.. Weblog: ニュースを読まねば racked: 2010-09-27 22:48
  • 何かと危機は煽られるが

    Excerpt: 尖閣問題で熱い中国ネットメディアや愛国者をスルーする人々(ASCII.jp)  沖縄県尖閣諸島で中国漁船と海上保安庁の巡視船が衝突し、日本側が中国漁船の拘置期間延長を決めたことに対し、中国政府は.. Weblog: 非国民通信 racked: 2010-09-27 23:03
  • 日本のサーカシビリ前原誠司(中国漁船衝突事件)

    Excerpt: 『日本のサーカシビリ、ネオコンの前原』 今度の尖閣での騒動ですが、マスコミの報道は近視眼的で歴史も現実もまったく考慮した形跡がありません。 前回の同じような衝突騒動を起こしたのは、救いがたい阿呆.. Weblog: 逝きし世の面影 racked: 2010-09-30 10:23
  • 東シナ海、天気晴朗なれど波高し(中国漁船衝突事件)

    Excerpt: 尖閣諸島で中国の漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した事件で中国外務省は25日、日本が検察庁が起訴保留で釈放された中国漁船の船長を逮捕、拘留したことについて、尖閣諸島は中国の固有の領土で、日本がいかなる.. Weblog: 逝きし世の面影 racked: 2010-09-30 10:26
  • 「領土」とは・・・続。 ~「北方領土」と...

    Excerpt:  (前の続きですが) たまたま、ニュース(msn産経2008.7.19)でみた記事。 (記者の年代を知らないけど、採用したデスクも相当なモン?)「記者は見た 北方領土の今」(長いので、... Weblog: ストップ !! 「第二迷信」 racked: 2010-10-02 21:43
  • 尖閣諸島問題

    Excerpt: 書くべきことはいっぱいあるのだが、例によって「筆不精」という悪い癖が出て、エントリーの更新が滞ってしまっていることを大変に申し訳ないと思っている。過去にもこういうことがあったのを、古い読者ならご存知の.. Weblog: たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ racked: 2010-10-06 00:45