「菅か?小沢か?」…よりマシ、にウンザリっす

 まあ、なんだかなぁ、とは思うものの久々に村野瀬の秘書さんからのTBももらったことだし、システム内のことも書いちゃおうかな。で、旬といえば「菅vs小沢」ですか?。では、そのことを、、とはいえ、やっぱりなんだかなぁ、とほほである。
 はぁ~あ、菅より小沢のほうが「マシ」ですか? たしかにね腐れアメリカ追従の空き菅より「まだマシ」ってか? 辺野古にも多少の希望がもどって・・・ってまた騙されるかな? 小沢マンセーのバカブログみたいにノーテンキにはなれないしね(って、観てないから憶測でバカ扱いしてるんだけど、、、噂ね)。だって小沢なんだもん。こんな「よりマシ」ってバカバカしい選択にマジになれまっかいな。
 しかしいつから、この国は「よりマシ」の選択しかできなくなったんだろうね。
 一年前が「よりマシ」の頂点だったんだよな。自民「よりマシ」な民主党ってさ。
 で、よりマシな民主党がこんなもんでジリ貧だ。そりゃそうだよな。「よりマシ」ってのはプラマイ0ってより、ジワジワとマイナスのベクトルに向かっちゃうわけだからさ。マイナス10より、マイナス5のほうが「よりマシ」ってなもんだ。
 おもえば、河村“新自由主義”市長も前の市長「よりマシ」で選ばれたんだっけ? 
 沖縄の米軍基地も振興支援がない「よりマシ」で、消費税も破産(しないんだけど)「よりマシ」、自衛隊もどこかの国に攻め込まれる「よりマシ」で、少数の生活の壊滅的犠牲は多数の生活レベル低下「よりマシ」ね。
 「よりマシ」のつぎ言葉は「仕方ない」だな。何が「仕方ない」んだか、まったく。
 しかし、システムってのは「よりマシ」「仕方ないな」なんて悲しいレベルでも必要なものなんかね。ま必要だから「よりマシ」「仕方ないな」っていいながら維持してかなくちゃダメなんだろう。せめて、そんな虚しいもんに心身ともに縛られたくはないもんだな。現実には「よりマシ」「仕方ない」システムに蹂躙されている人がいるから黙ってられないんだけど。いやいや、小沢マンセー、河村マンセーといって満足していて「よりマシ」にウンザリしてない方々もいるようで、そういう輩(ブロガー含)がジワジワとマイナスの方向へカジをとって推し進めているのかもね。「よりマシ」「仕方ない」ヤツラといっしょになって蹂躙していることも気づかずにさ。

 ほんとはね「よりマシ」「仕方ない」システムにタメイキとともに諦めることなく、システムが必要な以上「善い」「有意義だ」というシステムに変えなくちゃならないんだろうけどさ。システム構成員の多数が「よりマシ」とさえ気づかずに騙されている間はむりだね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年09月03日 18:06
 「よりマシ」でダウンスパイラル。二大政党制論にも適用できますね。
2010年09月03日 18:55
「小沢一郎」を甘くみてはいけません。

「小沢一郎」は、今、民主党代表選挙を闘っている前幹事長、小沢一郎「本人」ではありません。「本人」にまとわりついた「虚像」のことです。

この「小沢一郎」は、主にネットに棲息しています。ネットの世界では「小沢一郎」の支持が8割を越えるといいます。これは異常なことです。

なぜ異常か? それはネットがマスメディアに比べれば未完成、つまり不便だからです。テレビのように、スイッチを入れれば勝手に情報が流れ出してくるわけではありません。新聞のように、一面に大きく情報が掲載されているわけではありません。ネットはまず、自らが意識的に情報を追うことから始まる。構造的にマスメディアに比べて志向性は分散する傾向があるのです。にもかかわらず「小沢一郎」支持が8割を超えるということは、そこには「パワー」が集結しているということ。ここを甘く見てはいけないと思います。

もし小沢勝利となり、小沢バッシング一色のマスゴミの勢いが衰退すれば、なおのこと、ネットの「パワー」は増大する可能性が高いのです。

そして、この「パワー」は、決して「よりマシ」という消極的なものではないのです。その観察は、マスゴミに踊らされる情報弱者(と敢えていいます)には当てはまるかもしれませんが、ネット住民をそのように見るのは違うと私は思います。

とはいえ、この「パワー」が事態をよい方向へ向かわせるとは限りません。そこは「虚像」によって「パワー」を得た「本人」に拠るところが大。

>だって小沢なんだもん

かもしれませんが、そうでもないと私は感じています。「男子三日会わざれば刮目して見よ」です。まして、噂されているとおりに、あのコイズミの敵だと「本人」が自覚しているというのであれば、刮目して見るべきでしょう。
ちろ
2010年09月03日 19:56
明日も、一年後も生きていけるように!
よりマシな選択に、期待せざるを得ないよ・・・。
ちろの場合は・・・(しょぼん)。

憲法の事を考えると、民主なんて! オザワなんて!・・・って想う。

けど(泣)、

毒多
2010年09月04日 16:10
山路独さん、コメントありがとうございました。
そういえば二大政党制ってのも最近聞きませんね。「よりマシスパイラル」はその場限りの刹那的なもので霧散していくものかもしれません。

毒多
2010年09月04日 16:11
愚樵さん、ども。
しかし、相変わらず分かりにくいこといいますね。
ネット支持の小沢が虚像、、、つまり、小沢マンセーブロガーによって作られた小沢で、そのイメージによって「小沢一郎」本人が変わらされていく、ってか?ネット言論のイメージで現実を変えるパワーを甘く見るな、、ですか?ははは、そりゃいい。

それは何ですか? 
希望的観測ですか? 
マジっすか?

というワタシもどこかに少しだけ「ネットのそういう力」に期待して、米軍基地撤退!! とか言ってるわけですから、完全には否定しませんけどね。

いずれにしろ、小沢が勝つでしょう。刮目までしなくても自然と目にはいってきますから、見ていますよ(笑)。

毒多
2010年09月04日 16:11

ちろさん
すみません、勝手なことばかり言って。
現状「よりマシ」しか選択枝がないのに、どうしろ、ということですよね。
愚樵さんは、言葉を綴り育てろ、と言いますが懐疑的にならざるえません。

生活が厳しいと内心まで辛くなってしまいますね、ほんとはそんなんが「生きる」とは違うとは考えるのですが、、、内心が「よりマシ」な奴らがつくるシステムに左右されるのはイヤです。

さめ
2010年09月04日 20:10
毒多さん

私も小沢を100%信用するわけじゃなし、彼が選ばれても環境保全とかには興味なさそうなのでいばらの道だと思う。でもそれを考慮しても空き菅じゃいくら何でもヤバイと思う。

菅は「1に雇用、2に雇用、3に雇用」と繰り返すだけで解決策を示さず、さらに詳しく聞くと
「雇用が広がれば→所得が増え→消費を刺激し→経済が活性化する・・ 」と言う。
経済を勉強しなくても矢印が逆だということはわかるさね・・・・・:p。これが我が国の総理大臣:p?

TVだと編集されてしまうのでノーカットのネット配信を見るようにしているけど、今日の新宿の街頭演説だけでもhttp://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51596982.html どちらが信念を持った男で国民の方向を見て話しているか一目瞭然。国民の方を向いている人ならば話せばわかるということも出てくるはずね。

もちろん沖縄の件だけでも何とかして欲しいという願望は入ってしまうけど、信念や聞く耳を持たない人よりは持っている人、ゼロよりは1でも何とかしてくれようとしている人を支持したいな。何もしたくないけど(アベシンゾー以下なんじゃない?)とりあえずポストにだけしがみつきたいという人とは話し合いの場すら持つのは難しい。

さめ
2010年09月04日 20:12
よりマシしか選べないという件はどうなんだろ?選挙のときはベストに見えたオバマやコイズミさえしばらく経ったらこの体たらくだから、妙にパーフェクトに見える人が出てくるより良いのかもしれない。

私が嫌いなのは誰かを選んだらそれで自分の方は「はい、終わり!」とばかりに努力をやめてしまう人たち。小沢や伊波洋一が選ばれても、そこから国民県民も努力を続けていかないとダメで当然。・・・と稲嶺名護市長が何にもしてくれない、とかぶつくさ言う人たちを見て思うよ。よりマシを選んで一緒に努力していくんだと思ったりもする。
えちごっぺ
2010年09月04日 21:13
お久しぶりにお邪魔致します(苦笑)

まあ、私の心境も「ウンザリっす 」・・・
「菅か?小沢か?」なんてのはもちろんのこと、こんなこといつまでも続けているこの国の「国民」にもです。
だいたい、多かれ少なかれこんなの選挙前から分かってたと思うんですけど、そんな自分はマイノリティーなんでしょうね。
難しい言葉は使えないので、うまく言えませんが、国民がバカすぎるから、こんな「政治」しか持てないのでしょう。
別に「上から目線」ではないつもりですが、そう感じられたらお許し下さい。
愚樵
2010年09月05日 04:36
バカはバカなりに変わっていく。注視しなきゃならないのは、賢いのかバカかなのではなくて、変わっていくかいかないか、変えられるエネルギーがあるのかどうか。

たとえ「小沢一郎」がマンセーブログがでっち上げたバカな虚像だとしても、それが8割の支持を集めるという事実が大切だ、ということ。

それは変えようというエネルギーが収束しているわけなんだから。しかも、そこにはネットvs既存メディアという対立構造もある。

毒多さんだって、既存メディアがイカれていることくらい感じているでしょう? 確かに既存メディアは巨大だけれども、エネルギーは涸れているんだから、いずれはネットに負ける。

言っておきますが、私は小沢一郎が勝利したからといって、それで直ちに日本が持ち直すなんて楽観視はしてません。たとえ小沢が期待どうりの人材だったとしても、世界の大きな流れには抗しきれないだろうと思っている。持ち直したとしても、ひとときの間のことだろうと思ってます。

だからこそ、大切なのはわけのわからないエネルギーだと思っているわけです。
愚樵
2010年09月05日 04:55
とはいえ、小沢一郎にまったく期待をしていないというと嘘になります。期待はしています。では、小沢のどういったところに期待をしているか。それは一般に言われるような「豪腕」ではありません。

「豪腕」なんてのは、既得権益者から見た視点なんです。それは確かに小沢一郎の重要な要素で、それがあるからこそ期待も膨らむのですが、最重要な要素ではない。

私が最も期待するのは、エネルギーと向き合う感度です。コイズミなどと比較して大きく違うと思われるのは、コイズミがメディアを上手く使って大衆のエネルギーをコントロールしようとしていたのに対して、小沢は逆で、むしろエネルギーに翻弄されているように見えること。にもかかわらず確固たる実力を養ってきたということは、これはエネルギーに対する感度は高いのだと考えることができる、ということです。

ついでに言っておきますと、この感度の差が左翼とは決定的に違う部分でしょう。左は「正誤」に囚われて、エネルギーへの感度が甚だ低い。KYです。それではいくら正論を述べたって、変えていく力は養えないんです。そこのところがまったくわかっていないように私には思えます。
毒多
2010年09月05日 12:24
さめさん、こんにちは。
どうも、ダウナー系エントリーになってしまって申し訳なく思っています。
ダウナー系になってしまったことを他人のせいにしてはいけないとは思いますが、菅に小沢ではねぇ、、と思ってしまいます。
ワタシも、この代表線が辺野古にとっての最後の望みの綱(それが0.1%の可能性でも)という意味では、小沢かな、とは思いました。おっしゃるように菅は酷すぎます。でも正直、かといって小沢かぁ、、、でも菅「よりマシ」かな、、と、思ったとたん、なんとも虚しくなりましてね。
所詮「よりマシ」かよ、、、、ってね。

> 私が嫌いなのは誰かを選んだらそれで自分の方は「はい、終わり!」
そうですね。というか他人に任せるではなく、自身の「変えようとする意欲」をずっと持続できればいいのですが、、、

ちなみに選挙のときにコイズミがベストに見えたなんてとんでもありません(笑)。
毒多
2010年09月05日 12:25
えちごっぺさん、お久しぶりです。
お仲間、お仲間、ウンザリなかま、っす(笑)。
いずれにしろ今回は、死に票どろこか、投票権さえないわけなんですけどね。
国民がバカね、もとを言えばそんなとこかもしれませんが、そんなバカな国民も今回の党首選は呆れている人が多いように見えます。

毒多
2010年09月05日 12:25
愚樵さん、再コメありがとうございます、KYなサヨクでーす(笑)
KYなサヨクといっても、決して科学的な正誤の判断によるものではなく、「よりマシ」がウザーイっていうのも正論ではなく、肌感覚。もともと小沢一郎を信用してないうえに、マンセーブログが肌に合わない、ってか嫌いなブログばかりなので、そのエネルギーに乗ろうなんてまったく思えない。という意味でワタシはまるで政治的ではありません。「変えていく力が養われない」もその通りかもしれない。変えていく力を養うために政治的に小沢を担ぐことをしだしたら、そこでワタシが死ぬんだろう、と思います。

ただね、辺野古に関してだけ言えば、心のどこかで何とかなるんじゃないか、と感じているところもあるんです。少なくとも0ではなくなった、っていう期待。アメリカが小沢を毛嫌いしていることを根拠にね。でも、やっぱり裏切られるんだろうな、という予想が大きい。
愚樵さんの言うところは、1%の期待と99%の懐疑があるなら、1%の期待を100%の期待(虚像)に変えて世論にしてしまえ、そうすれば99%騙そうとしていた小沢(本体)も勘違いして期待に応えるかもしれない、、、、ということですよね。

99.9%懐疑的な自分を騙して「バカになって」やってみましょうか?
とりあえず現状0%の辺野古がひっくりかえれば、小沢を評価します。


この記事へのトラックバック

  • 小沢一郎の羽振り

    Excerpt: ここのところ小沢一郎の羽振りがいいみたいだ。鳩山・菅と続いた政権が「あまりに」ひどかったので、その「揺り戻し」が小沢に返ってきたということなのだろう。もしこのまま押し切って小沢が首相になったらなったで.. Weblog: たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ racked: 2010-09-04 21:58