「辺野古は『三里塚』になるのか」…ボクらはどうすればいい?

さて現実の問題として(と書くと、またクレームが入るかな?まあいい)、辺野古がこれからどうなるのだろう、ということが気になる。
鳩山とアメリカの間で日米合意がなされた。普天間から辺野古への米軍基地の移設が盛り込んで有ると書かれている。
社民党はそれで連立を離脱し、亀井はそんことあり得ない、と言った。
あり得ない理由は、地元の同意がない、ということだと思う。
正確には地元の反対が多数、、ということだろうか? やっとそうした声が全国ネットで流され、認知された。だから沖縄以外の人も辺野古への移設を反対とする人も多くあるような気がする。
ふと、地元沖縄・辺野古の基地誘致の声が多数であったら、他の日本の地域に住む人々はそれでも反対するのだろうか? という疑問が浮かび、ここにも重要な問題が隠されている気がするが、事実は別なので取り敢えずおいておこう。

現実は地元では基地でていけ、県内移設反対の声がおおきく、全国的にも庶民レベルではその声を聞こうとしている。でも、日本、アメリカという大きなシステム間でその声とは反対の「契約」がなされた。ということである。

はたして、亀井が言うように地元の同意が得られないの辺野古の基地建設はされないのだろうか? どうしてもここで三里塚を思い出してしまうのである(とは言ってもマンガ「ぼくの村の話」や資料でしか知らないのだが・・・)。三里塚とは国家が国益と称し、地元の民の「生きる」を殺したあれである。国家は忘れたころに謝罪したのだったっけ? でも、その反省は活かさないだろう。
今の状況でいけば、辺野古の移設反対とどれだけ声をだしても、国家は聞こえぬふり、または聞いているふりをして辺野古を埋立て人殺しの基地を建てるだろう。辺野古以外の地域でデモをやろうが署名をやろうが、見えないふり、見るだけのふりで進めるに違いない。
唯一、基地建設の抑止力になるのは地元の行動をともなった反対運動だけではないのか? それがあってこその全国各地の声ではないのだろうか?
だから、三里塚を想像してしまうのである。
前のエントリーのコメ欄で「武力闘争」とかいたが、三里塚ももともと「人柱」だったんじゃなかったっけ? 柱にしがみつく人間をもぎ取りつかみ捨てては空港建設をすすめたんではなかったのか?
非暴力をつらぬき人柱に徹しても、人々がもぎ取られては捨てられる・・・
辺野古でも、こんな絵が浮かんでしまうのである。
そうはならない、と誰かに言ってほしいのだが・・・・

戦争のための基地はいらない、、、「戦争も基地も正しくない」
今、普天間、辺野古が間違いを正すことの最前線になっている。

>沖縄が三里塚になるのが一番嫌なんだよあたしは。

そうだ、でも三里塚の村人も望んで「三里塚」になったわけじゃない。
システムのひとつが起動したのだ。
同様に、辺野古が望まなくても「辺野古」になる可能性はある。
じゃあ、今、辺野古から遠くに住むボクらは何をしたらいいんだ? 「辺野古」にならせないために、「正しい」を追求するために。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 227

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

愚樵
2010年06月06日 20:28
今回は@アンチシステムとしての立場は一旦しまっておいてのコメントということで。

>日本、アメリカという大きなシステム間でその声とは反対の「契約」がなされた。

いえ、「契約」は成立していません。

「沖縄合意なく“待った” 米上院委、海兵隊グアム移転費7割削減~琉球新報」
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-163063-storytopic-3.html

この報道からわかるのは、日米の「契約」の条件に「沖縄の同意」が入っているということ。ということは、アメリカは辺野古を三里塚にするつもりはない、ということです。だって、辺野古が三里塚になってしまうと嘉手納だって安心できないから。

ネットの一部で囁かれていた見解では、鳩山前首相はこの「条件」を念頭に置いて行動してるのでないか、というのがありましたよね。沖縄の反対運動を盛り上げ、他の県外移設先も受け入れ不可能。したがって「条件」をクリアできないから「契約」不能。なので、もともとの自民党時代の「合意」も一から考え直そう――とアメリカと渡り合うつもりなのだ、と。

それが鳩山の本意だったかどうかはわかりません。が、もしそうだったとしたら、鳩山をダメ呼ばわりし総理から引きずり下ろした日本人が、沖縄の願いを邪魔する張本人だったということになりますね。

私自身は、その可能性は高かったと思ってます。関係閣僚が早々と県内移設にシフトしたのに、総理はかなり「最低でも県外」で粘りましたからね。そして、辞任のときに「国民は聞く耳を持たない」でしょう? 受け取りようかいろいろですが、その可能性は排除できないと思う。

(@アンチシステムとしては、こういった可能性には言及しません。)
愚樵
2010年06月06日 20:32
>じゃあ、今、辺野古から遠くに住むボクらは何をしたらいいんだ?

システムの枠内で考えるなら、分断されないことです。一応民主主義というシステムなんだから。でも、見事に分断されてしまいましたね。みんなよってたかって粗探しをして。

(以下は@アンチシステムとして)

まあ、権力主義者はそんなものでしょう。あ、権力者ではないですよ。権力主義者はどうしても自分の「正しさ」に拘泥しますからね。粗探しをやめられない。だから容易に分断されるんですよ。
さめ
2010年06月06日 22:56
前エントリにコメするかちょっと迷いましたが、きっとこちらも見てると信じて・・・。

>風鈴さん
私は頭もよくない上、時間もなく前エントリの愚樵さんと毒多さんの会話の半分も理解できてないし関連エントリも全然見てません。

が、しかしながら沖縄のあなたにはお伝えしたい。私たち環境団体は次の指標として明確に示された8月末(「8月末までに工法・位置を決める」と日米共同声明にありましたね)に向かってそれぞれ打てる手を考えています。手法はさまざまであり打てる手は限られているけれどもやれることは無理してでもやりますよ。

だから日本人全体が沖縄を見捨てた、という構図はまだ成り立ってないです(今回は)。成り立つとも思っていません。

>毒多さん
一時的にしても多くの日本人の目を覚ましてくれた鳩山氏には感謝しています。そして一時的であれ私たち環境団体のところにはまだ問い合わせが来続けています。「この先どうなるのか、どうするのか」と。

米国もジュゴン訴訟(http://www.jelf-justice.org/)もあるしそう簡単には辺野古には決められないはずです。

私も辺野古へ基地を作るのは「正しくない」って言い続けますよ、Doxさんと同じく。
さめ
2010年06月06日 23:01
>風鈴さん

>>とりあえず辺野古に新基地を作った後で。
>>(いや作るのは「日本人」だし

この辺があなたの言うような簡単な構造ではないことが問題なのだと思います(誰よりもご存じかと思いますが)。
「作る決定を下す」のは日本人でも、「作るための調査をする」のは沖縄人で、「作るための計画書を作る」のも沖縄人、そして「埋め立てを行う」のも沖縄人です。その一時的なお金でも欲しいから裏切るという人がこれから沖縄内部で増えてくると思います。

しかしながら日本人全員がそれをよしとしている訳でもないし、また沖縄だけがそういう目にあっているわけでもなく公共工事がある場所ならどこでも(例:諫早、上関)使われている手です。それに日米の関係がプラスされているところが沖縄の不幸なところなんですが・・・。

何が言いたいのかわからなくなってきましたが、毒多さんがこのように何度もエントリ書いてくれることによって思い出す読者もいるだろうし、私は毒多さんが書き続けることは良いと思います。

無視される、ってことが一番つらいと思うよ>風鈴さん。
興味を持ち続けてくれる人がいるということは
ありがたいこと、とわかって欲しいな。

自分で書いてて何ですが、公共工事があるところはどこでもそういう手法が取られているということは社会のシステムを変えないとダメなんですよね、(たぶん)愚樵さんが書かれているように。でも現場にいる人間にはそういう
ことは考えられないんです。だから冷静に外から見られる人には思いきり考えて欲しいですよ。私たち当事者には考えられなことを。
毒多
2010年06月07日 08:45
愚樵さん
このエントリーといい、愚樵さんのコメントの冒頭といい、「現実」と「夢」を分けて語ることのジレンマというか、「そういうことなのかよ?」って部分は感じている。
実はワタシは池田晶子に出会ったときこいつが大っキライだった。理由は、こいつがアフガンの子どもに生まれてきたら、こんな涼しいこと言ってられんか? と感じたから。のうのうと生活できる位置で、きれいごといってんじゃないよ、という感覚。
でも、結局ワタシもこんなんになっちゃった(笑)。沖縄に生まれた人に嫌われてさ。しょうがないなぁ。
でも、いまもワタシが(愚樵さんが)普天間に生まれ育っていたらどうなっていただろう? ということは思っています。

おそらく、@アンチ「システム」はおいといて今回はこんなエントリーだからつきあってくれたとして、愚樵さんは@アンチ「システム」で現実もいくのかな?(笑)。分けて考えて行くのはなかなか難しそうだなぁ。
「分断されない」ってのも同意しますが、@アンチ「システム」ってことで、システムを前提としている人々と分断してしまうことはあるかもしれませんね。、、、ってかありますね。

ああそれと、今の現実、について。
「沖縄の同意」という契約が履行され、辺野古に移転されないことを望みますが、システムの権力は都合よく変節し、力でもってゴリ押ししてきますからねぇ、、これまでの歴史では。

さらにもういっちょ、
システムを構成する人間、その人間の存在を否定すること(戦争、人殺し)は間違い、というのは「普遍的に正しい」と考えましたが、何とかの舟板とか、サンデル教授の授業が定義されましたねぇ。また考えなくちゃならないのかぁ、、、大変だ。
毒多
2010年06月07日 08:46

さめさん
お仕事お疲れ様です。頭がさがります。
「人間は自然と寄り添って在る」ってのは、「普遍的な正しさ」だと思っています。自然を非情に異様に破壊することは、寄り添う人間を非情に異様に殺すこと、と繋がるのも正しいと考えてます。
非情に異様に破壊するひとつが「戦争」であり「基地」です。
どこにも基地はいらなく、もちろん辺野古にもいらない、でOKです。
今のワタシには、現実を動かす行動は考えられませんが、少なくとも声はあげ、分断されないようにしたいと思っています。

愚樵
2010年06月07日 19:49
・毒多さん

>理由は、こいつがアフガンの子どもに生まれてきたら、こんな涼しいこと言ってられんか?

そこのところ、とても重要だと思います。んでもって、そこはまた風鈴さんが感じておられることなんだとも思ってる。それはよくわかってはいるつもりなんです。

でも、だからこそ私は毒多さんにシステムの話を振ったんです。“そんな涼しい話”なんて言われないように、タイミングを見計らって。といって、ずっと狙ってたというわけではありませんけどね。ああした話はいつでも誰でも受け止められる話ではない、と思ってるんです。話が通じるにはある種の条件が必要という感じでしょうかね。

風鈴さんはそこへ、誰もが受け止めなければならない話をもって介入してきちゃった。気持ちはわかりますけどね。わかりますけど、やっぱり私には迷惑だったな(苦笑)

>「現実」と「夢」を分けて語ることのジレンマ

政治ブロガーはみな「現実」に則って「夢」を語っているんじゃないんですかね? でも、そこにジレンマはあるのかなぁ。なさそうに見えますね。

ご存知の通り私も一時は政治ブロガーみたいな立ち位置にいたんですけど、そこから離れたのは政治ブロガーの“ジレンマのなさ”だと思うんですよ。毒多さんにぶつけた「崇高なる理念」の話だって、要するにジレンマでしょう? でもジレンマにいちいち立ち止まっていては政治ブロガーなんてやってられない。そこはスルーしなきゃ。

>システムを前提としている人々と分断してしまうことはあるかも

ははは。アンチシステムなんて、いつの時代も異端です。異端が自ら分断していっては異端のままです。仮に異端がもし異端でなくなりそうになったら、システムの側から分断が図られることになるでしょうけど、それはそれこそ夢物語でしょう(笑)
風鈴@落穂ひろい
2010年06月07日 21:19
愚樵さん

>私自身は、その可能性は高かったと思ってます。関係閣僚が早々と県内移設にシフトしたのに、総理はかなり「最低でも県外」で粘りましたからね。

私が岡田外相のアレ、沖縄に対しての、

「普天間がそのままでいいのか?」

に噛み付いたときにそれを言って欲しかったよ。

あの時あなたは何と言ったっけか?

あなたは、今このとき、そのタイミングを見計らって来た。私が口を出してくるのを予測して。迷惑なのは私。

これでみなさんに平和が訪れるんだよね。

愚樵さんの夢の世界が実現するその第一歩が始まるんだよね。


さめさん

>興味を持ち続けてくれる人がいるということはありがたいこと、とわかって欲しいな。

わかってるさ。「ありがたい」よ。

さめさんは海を、珊瑚を守るんだよね。続けて。みんなのために。

応援してる。俺もいろいろするよ。署名とか寄付とかいろいろ。


dr.stoneflyさん

>沖縄に生まれた人に嫌われてさ。

勝手に決めるなよ(笑)
嫌いになれるわけがないじゃないか。
みんなのことを。

楽しかったよ。


僕は沖縄を語ることをやめる。
僕は僕の子どもたちを守るために生きるよ。
これまでのように自分のためだけに生きる。

僕にはそのくらいが精一杯さ。


じゃあね。


Doxさん、そして、ちろさん、みなさんありがとう。

素っ気ないけど、今はこれだけ。
でもありったけの気持ちを込めるよ。

ありがとう。




愚樵
2010年06月08日 05:01
・風鈴さん

あいかわらず話の文脈がわかってないねぇ。

>噛み付いたときにそれを言って欲しかったよ。

なぜ今になってそれを言ったか? 毒多さんはわかってる。

>おそらく、@アンチ「システム」はおいといて今回はこんなエントリーだからつきあってくれたとして

ってね。

私がいつどのような立場で発言するかは私が決めます。あなたにそれをとやかくいう権利はない。それを十分解っていないから、あなたは自分の望む答えを引き出せなかったんだよ。

押してダメなら引いてみろ。

少し引いてくれれば、私だったあなたの立場に寄り添った答えのしようはあったんだ。それをあなたは押しまくって引くことを知らないから。私は私の立場を守しかなくなる。

そのことは繰り返し伝えたつもりなんだけど、ついに理解しなかったねぇ。

私の話の相手の主役はあくまで毒多さん。あなたはそこへ「オレが主役だ!」といって乗り込んできた。私はあなたは主役じゃないと言ったが、まったく聞き入れなかったんだよね。だから迷惑だと言った。あなたの話の中身が迷惑だったんじゃなくて、あなたの介入のしかたが迷惑だったんだよ。
風鈴@すべては自身のために
2010年06月08日 08:04
>あいかわらず話の文脈がわかってないねぇ。

あいかわらず余計な冠を付けてからでないと講釈を垂れることが出来ない癖は抜けてないみたいだな。

情けない。その口が前提を疑えと言う(笑

>あなたの話の中身が迷惑だったんじゃなくて、あなたの介入のしかたが迷惑だったんだよ。

それはご自分で何度も仰ってるように中身の話を今はしたくなかったからでしょう。

あなたは九条も含めてシステムを疑えと言った。今このタイミングでこそ疑えと。

私は辺野古への新基地建設反対の意思表明が先だと言った。今しかできないんだからと。

沖縄の基地はこれまでずっと瑣末事項扱いだったからね。だから今、「沖縄からの基地撤去を」の声を上げて欲しい。そうでなけりゃ、あと二百年続くんだよ。

私は辺野古を全国に知らしめた鳩山さんと民主党に感謝してるよ。今は。

でも、今後また「国民の後押し」がなくて、人々が座り込みをし続けなければならない、分断されたまま睨み合いを続けていかなければならない、普天間が今後も続いていく、なんてことになったら、

「沖縄からの基地撤去なんかムリなんだよ」

それをわからせるために鳩山さんはこの問題を全国に知らしめたんだと思うことにする。

そしてそれは私が日本人をやめるときだ。

あなたがあの時「日本人やめれば」と仰ったように。


愚樵さん、dr.stoneflyさん、

迷惑だと三行半を突きつけた後での僕への返答はやめて欲しい。

僕は迷惑を承知で押しかけたのだから。

迷惑かけて悪かった。

von voyage

あなた方の新世界に幸多からんことを。

毒多
2010年06月08日 08:45

愚樵さん

池田晶子の「涼しい口調」に出会ったのは、現実の事件についてかかれたコラムだったかな? しかもマスコミによって所謂「国民感情」を昂らせられた事件。それが何だったか忘れたけど・・(この忘れたけど、、ってのがすごいでしょ? マスコミに乗せられ思索もなしに、薄っぺらな感情を昂らせるだけだから、すぐに忘れる)。
結局、池田を読みあさるうちに「涼しい口調」のしたに「本当」を思索したおしたことが分かってきた。ということで「涼しい」と感じた最初のイメージが覆っていくことになりました。
そいういや、ワタシはみてなかったんだけど、池田もテレビとかに出たときは、システム前提の人に無茶苦茶叩かれたみたいです。

>ジレンマにいちいち立ち止まっていては政治ブロガーなんてやってられない。そこはスルーしなきゃ。

ここなんです。ここをスルーできない。
このブログでは、「運動的視点」と「哲学的視点」と使い分け(誤魔化しながら)やってきましたが、いよいよ自分に誤魔化しが効かなくなったのかな? それでいくつかを除いて政治ブログを巡回しなくなった。ほとんど巡回してなかったのに何を血迷ったか「blog blues」さんとこでやらかしたアレが決定打でした(笑)
でも「哲学的視点」が形而上のものではなく、形而下のものだと思っています。
また「夢」が実現不可ではなく、実現すべく向かうものだとも・・・

引き続き不可分のものとして「現実」に沿いながら、「本質」を考えていきたいと思っています。愚樵さんの気分とタイミングが合いましたらお付き合いください。
とはいえ、幸せなのか?不幸なのか? 生活のために小金を得るためだけの実と実感できない仕事が少し入ってきてバタバタしそうで、すぐエントリーすることは出来ないかもしれませんが・・・(笑)

dr.stonefly
2010年06月08日 08:46

風鈴さん

>勝手に決めるなよ

はは、すみません。半分は冗談だったんだけどね(笑)

>僕は沖縄を語ることをやめる。
>僕は僕の子どもたちを守るために生きるよ。
>これまでのように自分のためだけに生きる。

みんなそんなもんじゃないのかな?

オレが戦争反対、基地反対といってるのも、沖縄のためじゃなくて自分のためだよ。
「夢の世界」への会話も愚樵さんのそれのためじゃなくて、自分のもののためだよ。
ブログでなにかを言うのも自分のためだ。
ブログでなにか話し合うのも自分のためだ。
自分が「生きる」ためだよ。
自分のためとはいえ、もちろん賛同を得られれば嬉しいけどね。

うん、じゃあね。

dr.stonefly
2010年06月08日 08:49
風鈴さん

あ、ごめん、反応しちゃ不味かったのかな。
ごめんね。

この記事へのトラックバック