「高橋哲哉リターンズ」(0)…ドクタ哲哉の再生成の予感

 「旗旗」の草加さんから、京都三条で「在特会」デモへの抗議デモがあるってTBを貰ったんだけど、ちょっといけそうもないなと思ったので、はずかしいHN((C)主義者Yさん)で賛同署名をしたわけだが、署名名簿にのったはずかしいHNのdr.stoneflyが鶴見俊輔氏と並ばなくてよかった、と安堵していたら戸田ひさよし氏と並んでいたことを大笑いされたその6.13当日の午後に、京都までいけなかった代わりというのではないのだけど、高橋哲哉が名古屋に来るってんで、その講演会へいってきた。
 高橋哲哉といえば、以前この「戯れ言」で、毒多のドクによって消化され、毒のみで再生成され登場したのだが、またドクタ哲哉として生成されそうな気がする。ドクタ哲哉が再生成されるにあたり、キーボードが唾、いや毒によって汚れるので余り再生成させたくないのだが、体内で毒がふつふつと沸騰していて辛抱たまらん、ってことできっと吐き出されるに違いない。
 が、今回は、ドクタ哲哉再生成のまえに、会場で知った高橋哲哉講演以外の情報を紹介しておこう。

 どうやら、末期アソウお坊ちゃんが、アベお坊ちゃんの国民投票法につづき駆け込みで 憲法審査会の規程を通してしまったようだが、各区役所ではすでに以下のようなパンフが配布されていたらしい。知らんかった~。ふぅ。

画像


それから、文部省に認可された今年の「新しい歴史を捏造する教科書」には、昭和天皇のお言葉が1ページにわたり掲載されているらしい。

 そいでもって、文科省が靖国への修学旅行をOKにしたらしい。(ワタシはNGだったことも知らなかったんだけどね)


 というわけで、毒多が挫けなければ、次回はドクタ哲哉が生成される予定です。ドクタ哲哉の再生成に立ち会って頂ける方で、なんのこっちゃと思われる方は、 前回生成されたときのエントリーを読んで下さーーーい。



 
「高橋哲哉リターンズ」(0)…ドクタ哲哉の再生成の予感
「高橋哲哉リターンズ」(1)…vs福沢諭吉
「高橋哲哉リターンズ」(2)…vs 麻生太郎
 








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

とみんぐ
2009年06月15日 21:03
今、「戦後責任論」を読んでます。
ハンナ・アーレントまでは手が出ないけれど、彼の言わんとするところは、かつて、本多勝一氏が著作の中で語っていた「当時のことに、直接の責任はとれない(されど)…」に頷いた根拠を裏打ちしてくれるもののように思われます。
2009年06月15日 21:07
別に憲法変えてもいいでしょ。
てか「新しい歴史を捏造する教科書」って・・・
まあいままで間違ったものを信じこんでた9条凶
の皆さんにとっては捏造でしょうけど。
ていうかなぜ昭和天皇のおことばを載せるのが問題なのか?
理解できない。
非戦
2009年06月15日 22:07
高橋哲哉さんの講演に行かれたのですね。高橋さん、教育基本法改悪前もひんぱんに名古屋に来られましたが、また高橋さんの出番かと。それは、ちっともいいことではないですね。

改憲パンフを行政から受け取った名古屋市民(愛知県民かな?)もいるようですね。ひどいパンフだこと。

歴史教科書の天皇のページは、平和天皇、生物学者天皇といった文であって、もちろん戦争責任を問われるようなことは書いていません。本の最初のほうは、神話だし。やはり見たら、この教科書アカン、と思います。

>そいでもって、文科省が靖国への修学旅行をOKにしたらしい。(ワタシはNGだったことも知らなかったんだけどね)

そうなのですか。そういえば、修学旅行で中国へ行く高校は多いですが、韓国って聞いたことがなかったですね。どうして韓国がOKになったのですか。ノムヒョンからイミョンバクになったからですか。イミョンバクって、アソウみたいな右翼親米政権なのですね。
dr.stonefly
2009年06月16日 08:07

みんぐさん、おはようございます。
>「当時のことに、直接の責任はとれない(されど)…」
件の本は読んでない上に、本田勝一氏の言葉も知りません。
でも、こんなことは考えてます。
あと、50年後、100年後の人々が近代史を振り返ったとき、今が最悪の時代だったよね、と評価されないようにしなければならない、と。

dr.stonefly
2009年06月16日 08:07

柳さん、わざわざどうも。
ほんと、ご苦労さん。
>別に憲法変えてもいいでしょ。
そうなんですよ。1章を削除ってことで。
1章だけが、癌です。

dr.stonefly
2009年06月16日 08:08

非戦さん、コメありがとう。
またいっちゃいました。高橋哲哉。
> 歴史教科書の天皇のページは、平和天皇、生物学者天皇といった文であって、もちろん戦争責任を問われるようなことは書いていません。
そりゃそうでしょ、捏造教科書ですからね。
ちょこちょこ採用するところがあるようですね。
戦前から戦争へ、ってのを繰り返すつもりなのでしょうか……。

修学旅行ってのは、まるで知りませんでしたが、デズニーランドってのは聞いてました。靖国とデズニーがセットになるのでしょうかね。ギャグです。
いっそ、修学旅行が北朝鮮ってのもいいかもしれませんね。

2009年06月16日 10:23
>文科省が靖国への修学旅行をOKにしたらしい
私も知りませんでした。てことは遊○館も付いてくるんでしょうね。私もあそこへ行きましたが、神社のくせに人殺しの武器を誇らしげにズラリと展示してあって笑っちゃいました。

>「新しい歴史を捏造する教科書」
過去の事実を教えるべき歴史の教科書に、作り話の「神話」が掲載されている時点でアウト!
dr.stonefly
2009年06月16日 16:06

やきとりさん、どうも。
>てことは遊○館も付いてくるんでしょうね
そういうことでしょうね。
ワタシも一度、靖国と遊○館へいってみたいのですが、なかなかチャンスがなくて、その為に上京するってのもちょっとなんだし……。

>「神話」が掲載されている時点でアウト!
きゃはは、こちらも一度みてみたい。捏造というより夢物語かな? これは上京しなくても本屋へ行くと手に入るのかな? 探してみます(笑)

なめぴょん
2009年06月16日 21:24
>ユーシューカン
自分ちでも書いたんですが、大槻ケンヂの短編「ユーシューカンの桜子さん」の視点がけっこう盲点ではあるが重要だと思うのです。
ユーシューカンに展示されてる花嫁人形を題材に、嫁姑戦争の舞台にしてしまう。
これを「矮小化」だとイカる人の方が実はどうかしてるんであって、こういうベタベタだけど一回限りでかけがえのないそれぞれの人生に直結してる問題。これをないがしろにして、身の丈を超えた、自分自身にとってひとつもリアルで切実ではない天下国家を、あろうことかシステムの目線で語る。これが何よりも癌なのだと思うのです。
えちごっぺ
2009年06月16日 22:10
こんばんは

もし拙ブログを御覧になられていたら、ドン引き(二度目?)されているのではと危惧しております。
ただ、あれも嘘偽りのない自分ですので、釈明は致しませんが・・・(苦笑)

高橋哲哉氏は別冊世界で日本の戦争責任について書かれたものを読んだくらいですが、C.ダグラス・ラミス氏と並び明快な文で私でさえもなるほどと思えるものでした。

しかし、修学旅行で靖国にいって何をするんですかね?
アメがディズニーでムチが靖国なのでしょうか(笑)
靖国の代わりになる「国立追悼施設」案があるようですが、いかなる形式であろうと「戦争をする国家に共通の戦没者祭祀」という観点から私は反対です。






dr.stonefly
2009年06月17日 09:49

とみんぐさん、
すみません、コピペをしそこないました。
×みんぐさん、
○とみんぐさん、
です。ごめん。
dr.stonefly
2009年06月17日 09:50

なめぴょんさん、コメありがとう

>大槻ケンヂの短編「ユーシューカンの桜子さん」
へぇ、そんな小説があるんですか、知りませんでした。(ほんと知らないことが多いと実感しています)

>一回限りでかけがえのないそれぞれの人生に直結
>身の丈を超えた、自分自身にとってひとつもリアルで切実ではない天下国家

考えさせれます。
次のエントリーで挙げますが、一回限りのかけがえのない人生が、身の丈をこえた天下国家に引き裂かれ、狂わせられていく……。
これがリアルになってしまうのではないか、という危惧。いま感じています。
ほんとうは、身の丈にあった一回限りのかけがえのない人生を充実させることができればいいのだろう、と感じますが……。

dr.stonefly
2009年06月17日 09:50

えちごっぺさん、おはようございます。
>ドン引き
だからしませんって(笑)
ちょっと自分のブログ運営で目一杯で、コメまで残せませんでしたが、今度はしようかな(笑)

> アメがディズニーでムチが靖国
親米と戦前保守って感じで、すごい洗脳だ、、爆!!
アメは飴じゃなくてアメリカと読めました。
ムチは鞭じゃなくて無知かな、、無知ゆえに洗脳される方は多そうですね。

>「戦争をする国家に共通の戦没者祭祀」という観点から私は反対です。
しかも追悼じゃなくて「顕彰」ですから。

なめぴょん
2009年06月18日 21:46
ご参考まで。
「ユーシューカン」は、今年角川文庫で再刊された「ゴスロリ幻想劇場」に収録されています。お求めやすいし興味があればどうぞ。

大槻ケンヂは、小説になると歌よりももっと「愛と自由と平和」「アンチ暴力的なグローバリズム」「アンチ一元化された競争原理の論理」が全面に押し出されてます。

だって、ロッケンロールなんだもん。
dr.stonefly
2009年06月19日 08:44

なめぴょんさん、おはようございます。
ご紹介ありがとうございます。
読んでみたいですね……、と思うんですが、ブログで紹介頂いて、読んでみたかったり、聴いてみたかったり、と感じ、そうコメントしたのに聴きも読みもできてないものが溜まってきました。
一度、過去に紹介して頂いたものも、振り返ってみたいと思います。
忘れてしまうので、紙に書いて壁にはっときます。(笑)

※安易に読んでみたいです、とコメして読めないでいる不誠実さが自己嫌悪。でも、面白いものは教えて欲しいし……。

この記事へのトラックバック

  • 靖国 感情の錬金術

    Excerpt: サブカル雑食手帳さんが、ドキュメンタリー映画中止問題という時宜をかんがみて、戦時歌謡と靖国 というエントリーをあげています。   http://yakenn2002.seesaa.net/artic.. Weblog: みんななかよく racked: 2009-06-18 04:14
  • 今週、NHK第一ラジオ22:45~23:00で

    Excerpt: ■今週、NHK第一ラジオ22:45~23:00で、浅田彰と高橋哲哉の対談が放送されてます。良い子のみなさんは必ず聴きましょう(とか言ってる本人が聴くの忘れそう)。 Weblog: 愛と苦悩の日記 racked: 2010-01-21 10:57