「渡辺治が語る憲法の力」(2)…憲法25条の“そういう力”

 どうも、この講演録のアクセス数が伸びないな。やっぱり護憲やら改憲ってのは下火ってことかもしれない。それとも織り込まれるギャグが少ないのが拙いのかもしれないのか? まあ、ここの読者はギャグだけを期待しているわけじゃないと信じて、たまには真面目に書かなくちゃね。ただのアホと思われても悲しいしさ。というわけで続編です。
 実際の講演では9条と25条、それぞれを基軸にする運動は密接に関係してきたと語られ、交互に話題にされた。ここの講演録ではなんとくなく別項目にしてしまったんだけど、やっぱ密接に関わってくることは容易に想像つくよね。平和と生活、、、あ、如何、また赤木君のことを思い出した。赤木君は生活と戦争だったっけ? まあ、根本は同じ視点かもね。
 ところがね、9条ってのは内容がはっきりしているけど、25条ってのは明確な線引きができない。

第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。


 ほれ、健康で文化的っていったって漠然としているだろ。最低限の生活の線引きだって分からない。具体的な内容は生活保護法とか労働法とかいった法律になるわけで、憲法のこの条文だけだと曖昧なんだよね。ここにもコメント頂ける田中洌さんが「ホームレスは最高だぜ!!」っていったときの最低限度の生活と、ホームレスになることをこの世の終わりと思う人の最低限度はやっぱり違うだろうしなぁ。全く悪いところが無い身体と心ってのは、ほんとうに健康なのだろうか?とかさ。いったい文化的な生活ってのはなんだい?とかね。文化住宅に住んでりゃ文化的なんだろうか?とかさ。結局は個々の価値観なんかもしれないが、全ての人が天皇程度の健康で文化的な生活を所望すると国が破綻するとかさぁ。
 25条は理想に過ぎないってんで、9条と違って、それを楯にしてなかなか闘えなかったのね。
 それでも1957年には朝日裁判が25条を楯に裁判闘争したの。
 朝日裁判の朝日ってのは朝日新聞じゃなくて、朝日茂さんって人名のことね、と渡辺さんは断っていたから、やっぱり断っておこう。
 朝日さんは結核でさ、600円の生活保護で生活してたんだけど、足りないからもうちょっと頂戴っていったのね。そしたら国は朝日さんの兄を探し出してきて、朝日さんに1500円の仕送りをするように言ったの。実際に1500円の仕送りがされたら生活保護がなくなっちゃって900円を医療費として取り上げて600円を生活費として渡したのね。もともと600円じゃ生活できないからって、言ってるのになんでそういうことになるの!! ってことで不服申請したんだけど、却下されたので訴訟したわけ。訴訟の内容は生活保護の支給基準がひくすぎて「憲法25条」のいうとこの健康で文化的な最低限度の生活ができまへんがな、っていう訴状。
 裁判では「600円ではパンツも年に2枚になってしまうし、糞したあとケツ拭くチリ紙にも困っちまう」って訴えたら、国の方は「岩手県では新聞紙か縄で拭いているので大丈夫です」って答えたらしい。いやいやいや、岩手県民様、ワタシが言ったんじゃないから怒らないでください、国が言ったんですからね。落ちついて、おちついて。……まあ、国としたらここで認めちゃえば収拾がつかなくなるから、絶対に負ける訳にはいかないとこでしょ。でもね、原告側も総評なんかが応援したらしい。で、どうなったかって、浅沼裁判長は600円は違法って裁定したのね。つまり原告の全面勝訴ってわけ。国は腰を抜かしちまって、アワワ、アワワ、となったっていうんだけどね。詳しくは書かないけど、2審以降は駄目だった。でもね、25条の「そういう力」でもって闘ったわけだ。
 そんな流れのなか、各自治体ではさ革新都政やら革新府政やら革新市制ができたのね。
 美濃部都政では老人医療無料化とかさ、ゼロ歳児保育とか、学童保育とか、…
 名古屋だって本山革新市制で改善されたことは多いと思う。
 もちろん、政党的にも九条堅守になるわけで、こんなとこからも9条と25条が密接に関係してきたといえるだろう。
 渡辺さんは言わなかったんだけど、名古屋笹島発で青カン(ホームレス)が25条を楯に裁判をおこしたこともあるんです。林裁判っていうんだけどね。ちょうどオイラが現役のころだから、何なんだけど、まあいいや。
 当然いまも「そういう力」あるよね。ネットカフェ難民、派遣切りの「生きさせろ!!」って闘いは25条を力に闘っていると言えるだろうしさ。

 (1)で書いた9条のほうでは、昔は運動の中心が若者で団体を核としてやってきて、今では中高年で個人が動くようになってきたって書いたんだけど、25条のほうは昔は中高年が中心で団体、今は若者が中心で個人が動くようになっている、って渡辺さんは言っていて、そうだなぁ、と思った次第。
 
 派遣切りなんかの労働問題でも、福祉切りなんかの社会問題でも、やっぱ力になるのは共産か社民のわけでここを理由に票を伸ばしても9条を護る事に繋がることを考えると、やはり9条と25条は密接に繋がっていると言えるかもね。

 というわけで、ちょっと舌足らずかもしれないけど、講演録はここまで。

 9条にしても25条にしても、そのものをみると「絵に描いた餅」みたいな絶望的な気持になるかもしれないけど、こうした憲法を力に闘っていこう、ね。
 とりあえず目の前の総選挙は熟考しようと呼びかけます。



「渡辺治が語る憲法の力」(0)…憲法は絵に描いた餅か!?
「渡辺治が語る憲法の力」(1)…憲法9条の“そいういう力”
「渡辺治が語る憲法の力」(2)…憲法25条の“そういう力”





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

dr.stonefly
2009年03月02日 12:50
kuronekoのアニさん
「緊急」のお知らせありがとうございます。
「緊急」すぎて見逃してしまいました。
観たかったなぁ。再放送やらないかなぁ……、ふぅ~、ショック。

この記事へのトラックバック

  • こらっ!もっと宣伝しろ

    Excerpt:  レイバーネットのイベントスケジュールをみたら、 「守ろう雇用 活かそう憲法、今、マスメディアに求められているもの 」というシンポジウムがあるという。  2月28日て明日じゃない。  早く.. Weblog: みんななかよく racked: 2009-02-27 15:10
  • 猫とおじさん ― ひとりと一匹たち・感想

    Excerpt: ?NHKへのお願い  3月1日午後10時からETV特集で放送された「ひとりと一匹たち 多摩川 河川敷の物語」の再放送をお願いします。  07年の台風9号による多摩川増水で、河川敷にすむホームレ.. Weblog: みんななかよく racked: 2009-03-06 12:08