「トワイライトと学童の一元化」(14)…ウヨ戸井田の講演って!?

 ほんとは、わざわざエントリーを挙げるようなことではないかもしれない。って最近、こういうパターン多いよな(笑)。でも(13)「厚生労働大臣政務官に聞く、放課後子どもプランと学童保育」を情宣した手前、やはり言い訳的に挙げなければならないだろう。戸井田の正体を知らずに情宣したことを詫びる??とともに、もしかしたら多少の問題提議になるかもしれないと思うのでエントリーすることにしよう。

 で、問題は、名古屋市学童保育連絡協議会は、市連協と略される。ってことだ。あ、違った、こんなことが問題なのではない。問題は市連協が名古屋市の学童保育の充実や行く先を見つめて、講演会を企画したわけだが、問題解決のため誰を呼んでもいいか、ってことだ。
 講演会の内容やみどころに関しては(13)を参照にして欲しい。もっとも市長が逃走(トンコ)したり、肝心の政務次官がくるとか来ないとかで、内容や見所が非常に揺らいでいるのだけど。
 揺らいでるとはいえども、市連協の最初の構想では、国から政務次官を呼び市長にぶつけようとしたわけだ。で、国の「放課後子どもプラン」を無視して無理を通そうとする名古屋市の無茶を指摘しようと、国から呼んだのが戸井田かおる厚生労働大臣事務官。この政務次官を呼ぶにあたって、愛知3区比例選出のまわたり龍治という自民党議員が登場してくる。このまわたり龍治という議員は自らのHPのトップに「がくどう議連」というリンクを貼るほどの学童保育の理解者?である。ちなみに「がくどう議連」の下には「どうぶつ議連」がリンクされているから、がくどうもどうぶつと同様に主眼においているということかもしれないが、関係ないので、このエントリーでは深く追及しない。
 問題は、このまわたり議員がお膳立てして呼ぼうとした戸井田かおるという自民党議員で厚生労働大臣政務官である。
 これスペースノイド会長に教えられるまで知らなかったワタシも相当ヌケサクなのだが、戸井田のブログを見て目が点になってしまった。(以下戸井田のブログから引用)

初めて田母神前航空幕僚長の問題になっている論文を目にした。防衛省が提出したA4版8ページほどの論文で、その場で目を通してみたが問題があるとは思えない。問題があるとすれば、許可を受けずに応募した防衛省の内規違反と言う事だ。

 本人が書いた他のエントリーでは「反日メディア」などという単語が飛び出し、「村山談話」「河野談話」を覆したくて仕方ないのが読みとれる。まるっとネトウヨ系そのままなのだ。案の定コメント欄にはネトウヨが戸井田先生と慕い集っている。田母神空爆と同様に、こんなネトウヨ大将が一国の労働厚生大臣政務官になってるのを許していいのか、と言いたいが、なんといっても総理大臣がアレなのだから、なんでもありなのかもしれない。この辺りをもう少しツッコミたいがおいといて、今回の問題は、この戸井田が名古屋市のメチャクチャな「放課後子どもプラン」の対立軸に(なるのかどうか、はなはだ怪しいと思うのだが)たとえなったとしても、こいつを呼んで講演会なんか開いていいのかよ、ってこと。
 個人的にどうしても、このネトウヨがちゃんと子どもの未来のことを真面目に考えているとは思えないのだ。 オノレの過ちを認めることができず、妄想とこじつけで他者に責任転嫁し、思索することなく強弁しようとするアホに、子どもが豊かに育つことがどういうことか解っているとは思えない。
 もし運動として政治的に、敵の敵は味方よろしく「名古屋の学童保育」だけに着目して戸井田を利用するって考えもあるのかもしれないが、本当にそれでいいのだろうか?
 ワタシは納得いかない。

 もっとも学童なんて政治的思考はなく、田母神や戸井田のようなバリウヨの親もいるかもしれないわけで、こんなこと言い出せばバリウヨの親は反発するだろうね。だからあくまでも個人的な発言であり多少の問題提議ってことにし、市連協に文句をいうことも、広く大勢に訴えることもしない。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

すぺーすのいど
2008年11月18日 19:54
私もブログの存在についてはコメントの直前まで知りませんでした。

見つけて、読んで、ビックリ!
なんじゃコイツ!話にならん!
って感じですね(ToT)/~~~
名古屋っ子の親
2008年11月18日 21:47
戸井田さんの児童福祉に対する理解はどうか分かりませんが、過去の歴史から自分の主張に都合の良いものだけ取り出して、いいように解釈するというオメデタイ思考回路の持ち主の話を聞いても仕方ないって気がしますね。「日本国憲法は押し付けられたもの」という考え方の持ち主なので、同じく昭和20年代早期に制定された児童福祉法(特に第二条)も「占領軍の置き土産」なんて思っているかも(^_^;。24日の催し、行く気無くなりそう(笑)。
dr.stonefly
2008年11月19日 08:16
すぺーすのいど会長、ホントまいりましたね。
いい企画だと思ってただけに、萎えています。
dr.stonefly
2008年11月19日 08:24
名古屋っ子の親さん、どうも、おはようございます。
繰り返しになりますが、まいったなぁ、と苦笑してます。
児童福祉法が現行法ということでいけば、本人のイデオロギーに関係なく、厚労省政務次官という立場では現行法に乗っ取って発言してくれよ!! って思いますが、2-3戸井田関係のHPをみたところ、従軍慰安婦の存在なんかも否定しているようなので、最悪のやつが最も似つかわしくないポジションにいるという感が否めません。

もちろん、市連協の役員さん方の努力や苦労を否定するものではありませんが、・・・・・sigt
2008年11月19日 23:02
 講演なんかさせたら、「こんなレベルの奴に頼ってるのかよ…」って、
むしろ株を下げるのかも?

「学童議員連盟」って、「法制化」の頃に我々が「国会回り」したとき、プロレスラーのH議員が「提案」(という自慢を)してたんですが、今年になってできたんか…
「与党だけ連盟」と「超党派連盟」のどっちがメリットがあるか、という話をとうとうとしてたんですよ。彼は。
(どっちがいい、という断定はしてなかった)
dr.stonefly
2008年11月20日 08:26
×第二迷信さん
さあ、どうかなぁ?
>「こんなレベルの奴に頼ってるのかよ…」
になれば、それはそれでいいのだけど。
むしろ、こんな偏ったブログを読みに来てくれる方が少数派で、その少数派でさえ知らなかった戸井田イデオロギーを多数が知っているとは思えず、また田母神論文にしても、多数が「問題」と思っているかどうかも疑問をもっています。
学童の親って別に「共同保育」以外に思想的共通認識はなくて、多数なんだよね。この「共同保育」って共通認識も結構怪しいと思っているんだけど、多分このエントリーをそのままぶつけても「はぁ」って人、多いじゃないかな。中には、戸井田イデオロギーにシンパシーを感じる人もいるだろうと思う。
だから、ほんとは別物って考えなくちゃいけないんだろうけど、やっぱり期待薄でしょうね。

まあ、いずれにしても、ここ迄騒ぎ立てたブロガーとしては、行って確認しなくちゃいけないんだろうなぁ~(笑)
めちゃダウナー系。
2008年11月24日 23:13
久しぶりにのぞいてみたら・・・
熱く語り合っておられる様子。
と茶化してはいけないんですよね。

行政はいったん口にしたことはやり遂げなければいけないの一点張りのような気がします。
間違っていたら、やめる勇気が必要だとは思います。それがなかなか・・ねぇ。
横浜のはまっこにしろキッズクラブにしろ定年を迎えた校長先生方の多くが指導員として入っていられるようですし、川崎のキッズクラブは採算が取れず撤退する予定のところもあると聞きました。

場当たり的なことは本当にやめて欲しいです。

今日はお忙しいようですが、また寄せてもらいます。
dr.stonefly
2008年11月25日 12:55
がくのすけさん
ひさしぶりです。
茶化してくれて結構ですよ(笑)
もう、こう、なんちゅうか、いろいろ笑えます。
あれ、行政ってのは、場当たり的ってわかっててやってるんでしょうかね。きっと真面目だと思います。
ふぅぅぅぅ。

この記事へのトラックバック

  • ブログ開設の経緯

    Excerpt: サブタイトルにもあるように、現在 名古屋市は「名古屋市放課後子どもプラン」を強行しようとしています。 今こそ、私たち学童保育関係者は「名古屋市放課後子どもプラン」に関する様々な情報を共有し、広く.. Weblog: つながれ!名古屋の学童保育! racked: 2008-12-13 00:07