「トワイライトと学童の一元化」(12)…やはり問題山積み

 全国800万(ウソ)の学童保育ファンの皆さんお待たせ致しました。
 永い眠りから醒め、今、久々の続編を書かんとしてます。ふぅ~、、、っていきなりタメイキかい!!
 いやね、ほれ、相変わらず学童の運営はしんどいし、それよりも困った事に、学童関係の一部いじめっこ達にdr.stonflyの正体がバレちまってさ。考えてみたら世間を舐め倒して無防備、無警戒のまま「特定」されそうなエントリーを書き倒して来たわけで、身から出た糞なんだけど、あ、いや、錆びなんだけど、これがさ、仮面を剥がされたタイガーマスクみたいな心境のわけ。やっぱり、伊達直人はちびっこハウスのみんなに正体を見られたくなかったのだと思うのね(笑)。
 まあ、正体みられたからってどうってことないとは思うんだけど、ほれ、やっぱり意識すると書きにくくなるわけで、例えば、合同会議のあいだずっと、どっかの学童から出席している美人ちゃんの人妻に見とれてて何はなされてたかなんて解んなかったぜ……、ってこんなこと書くと今度イジメられたりしてさ。(爆)。
 
 冗談はさておき、・・冗談じゃねぇえよ、って虐められそうだけど、冗談ばかりをダラダラ書くのも気が引けるので(11)の続きを書こう。
 で、この間、知った情報を報告しようと思うんだけど、これもどこまで書いていいかわからないの。資料に部外秘って書いてあったり、オフレコね、って聞いた話しのメモだったり、どれがそのオフレコか解らなくなったりで、正体を特定されてなければ全部書いてやるんだけど、ほれ、やっぱりさ、誰かに迷惑かけちゃまずいよな、ていうか、名指しで厳重注意とか受けるのかなぁ~、とか思うわけでさ、弱ったなぁって感じ。

 まあ、独断と偏見で書いて良さそうな部分を書いていきます。

 名古屋市は「名古屋市放課後子どもプラン」をやるってことで、何の準備もできてないまま2009年4月から「モデル事業実施計画」をやるって決めたのね。で、これはもう絶対にやるって言い張っているようで、現実には問題山積みのうえ解決も見えないのに、死んでもやるっていってるという話。
 と、その前に、ちょっとトワイライトスクール(以下トワ)の噂を耳にしたから、そちらを先に書いとくね。名古屋のトワの予算ってのは一ヶ所で年間900万円つかってて、一日平均34人の子どもをみてるのね。ちなみに学童の予算補助は350万円で平均32人。単純に計算しても学童の場合は550万円を親が負担しているわけで学童にも900万の予算をつけろって言いたいのだけど、そのことはまた別の機会にしよう。そんなわけで、トワは市議会でも「金食い虫の失敗事業」って烙印が押されているの。そのうえあの与党少数会派にさえ「現役引退した老人に子どもの相手ができるわけないだろ」とこき下ろされる始末。おまけにとあるトワの現場では子どもが3回悪いことしたら3ペナで退場、入室禁止みたいなことをやってるとこまであるようで、悲惨なわけ。サッカーのレッドカードじゃあるまいし。おまけのおまけに、少子化にともなう学校の空き教室を利用してやってるんだけど、学校が少人数学級をすすめるなか、だんだん空き教室の余裕がなくなってきてて、教室を追い出されるトワもでてきてるって言うんだよ。で、ただでさえ狭い運動場にプレハブ建てたりして、もう何がなんだか!?
 で、来春から始めると決めたモデル事業に意見を出し合う「モデル事業推進委員会」なんかでも、空き教室がなくなっていく状況で、放課後プランをやって将来息詰るのは目に見えているだけど、どないするつもりなん?って聞くと、「それはそのとき、とにかく来春モデルプランをすることは決まってますから」ってのが名古屋市は一点張り。市に突っ込むのは推進委員会のメンバーになった学童の親がいうだけじゃなくて、推進委員メンバーの教育委員会の人でさえやっぱ問題あり、と言うわけさ。
 例のパブコメなんかも学生のアルバイトに仕分けなんかさせて、ちゃんと読んでいるのかどうかわからないっていうしさ、……この辺は別に書いてもかまわないんだよなぁ? その後に聞いたアレとかソレはきっと書いちゃ駄目なんだろうな、って感じでどこまで書いていいのか分け解らなくなってしまうので、「全日本建設交運一般労働組合愛知学童保育支部教宣部」ってやたら長ったらしい名前の組合の宣教部が発行した「父母向けニュース」に書いてあることを転載して、責任を放棄しちゃろかな。
 前出の具体的に進める「モデル事業推進委員会」が既に3回というか、まだ3回というか、とにかく3回開かれているその3回目の報告だね。
 以下一部だけど丸写しします。「基本事業」が従来のトワ、「選択事業」が従来の学童 みたいな感じで読んでもらえばよいのかな?

■以下引用■

○プランに参加するすべての児童は「基本事業」への登録を行う。
○基本事業のみへの登録児童を「基本事業登録児童」という。
○希望する家庭の児童は、あわせて「選択事業」に登録する。
○「選択事業」にも登録した児童を「選択事業登録児童」という。選択は保護者負担を導入。

 
画像


選択事業登録事業のみの活動時間帯を「延長時間帯」という。
☆基本事業登録児童…「参加表」
☆選択事業登録児童…「連絡帳」
 選択事業登録児童が連絡なく欠席した場合は欠席理由などの確認を行う。
☆おやつは「選択事業」登録の児童に17時から提供し、実費を徴収する。
☆長期休業中や土曜日の昼食は弁当持参。食事づくりは原則として行わない。

画像



★「選択事業」への登録は昼間保護者が家庭にいないことなどにより子育てへの援助を希望する家庭の子どもで、原則として小学校1年生から3年生迄の子ども及び健全育成上指導を要する子どもを対象とする。定員に余裕がある場合には4年から6年生も受け入れることとする。定員は実施校に設定する。
★障害児への支援は「児童ディサービス」や「児童デイケア事業」による対応が望まれるものであり、放課後子どもプランでは、様々な子どもが地域で互いにふれあう場としての役割を担うものとする。障害児の受け入れの判断は、運営主体と実施主体の協議によって定めるところにより行う。受け入れにあたっては必要に応じて子ども指導員等を過配する。
★運営指導者として子ども指導員は名古屋市教育スポーツ振興事業団の嘱託員等とする。


■以上引用終わり■



 おお、4年以上は切り捨てかい。
 おやつについては、魅力的なので3時とかに出すと部活や委員会なんかから生徒が「流れてしまう」ので、ってことで教育委員会の意見で5時以降らしい。ほんま、晩飯食われへんやろが。
 あ、それと障害児について、「児童デイサービス」か「児童デイケア事業」をつかえってことを言ってるね。受け入れは運営主体と実施主体の協議で定めるところによる、なんて書いてあるけど、実質的に受け入れられない、ってことでしょ。これね、いわゆる指導員が、選択事業登録児童、つまり学童にあたる部分ね、そこの子ども20人に対して1人、40人定員で2人を想定しているらしい。想定っていうか予算立てをそれで立ててるわけ。学校の授業じゃないんだからそれも無理でしょって話なんだけど、障害児を受け入れる場合それ以上にケアが必要なわけで、加配するって書いてあるんだけど、元が無茶な体制なんだから実質、無理!!ってことで現場協議で断ることになるのは目に見えている。
 それとね、選択事業(学童)部分の子ども40人で、2人の指導員ですよ。基本事業(トワ部分)で子どもが60人とか来たらどうすんの。100人を二人の指導員でみるってことになる。無償の補助がつくってことはいってんだけど、どこまで「安全」にやれることやら。おそらく役人さんの「安全に」ってのは、行動を縛ること、つまり「動くな」っていうに決まってるわな。
 さらに、その指導員は誰がなるかってことだけど、なんと2月に公募するらしい(爆×3!!!!)。
 モデル事業は4月スターーーーーーーーートで、2月に公募だ!!!
 それでも、モデル事業は4月スタートは、もう決まったことですから、やりますよ。って言うの。

 さて、モデル事業ってのは、いったい、何処にできるんだい? ってことなのだが、

 1.トワイライトスクール時間延長モデル事業実施学区
 2.トワイライトスクール、留守家庭児童健全育成事業(学童)がともに実施されている学区で、プランによる一体的実施が可能な学区
 3.トワイライトスクールが実施され、留守家庭児童健全育成事業が実施されていない学区


 って、ことらしいよ。
 4月当初、一区に一モデル事業と言っていたが、16校になるのっか、1校になるのか解んないってさ。さてさて、この条件でどこになることやら。

 でもここに書いたことは、まだ「案」だからね。決定事項じゃないから安心してくれ給え。って、4月からモデル事業が開始されるのに未だに「案」ってさぁ、大丈夫なんかい。
 あ、それとこの「名古屋市放課後子どもプラン」は、国の「放課後子どもプラン」という方針に乗っ取って立案されているのにもかかわらず、共産党市議により暴かれ、名古屋のプランは国の意図するもんじゃない、って厚労省より突っ込まれてるってのは前回書いたんだけど、この案でもやっぱり駄目なのさ。んじゃ、国から予算降りへんやんか、ということで、「自民党代議士」が仕掛けた「厚労省vs名古屋市」の公開討論会が開かれるって話を聞いた。
 これは面白そうだから行こうと思ってる。それにしても自民党に美味しいとこもってかれちゃって、なさけないぞ共産党。もっとも自民さんも選挙対策でやったんだろうけど……

 11月24日 18:00~ 名古屋市公会堂

 この公開討論会については、ちょっと細かいことはわかんないな、知ってる人はコメントしてちょ。

 それにしても、ヤルってことだけ先行してこんなに問題山積みの計画は、モデル事業だけでぶっとぶ可能性もあるわけだ。市長も変わることだしね。個人的には運営でボロボロのおり、モデル事業に密かに期待していたのに残念極まりないなぁ~、なんちゃってね。いったいオノレはどうしたい、ちゅうねん!!
 いやね、金と場所と事務は公設で、好きな事を言っていたらやってもらえるって事にならんかなぁ、なんてさぁ(爆)。
 
  

追記

散策さんが、コメントで教えてくれました。
最近の中日の記事です。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2008110402000099.html
「どうなる学校 学童保育の現状(上) 利用者増で過密化」




追記 2

中日新聞11/1夕刊より

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

すぺーすのいど
2008年11月01日 14:19
こんにちは。
先週にあった「なごやっこの放課後を考える会」世話人会に行ってきました。
そこで市職労の某さんて方が「名古屋における子どもの施策の現状と課題」と題して話をしてくれました。

市の政策の大筋としては、今の国の方針どおり、小さくて箱物や道路に重点を置く行政を目指し、生活サービス関係は民間移行しやがては有料化、てな方針のようでした。
すぺーすのいど
2008年11月01日 14:20
そのなかで9/29におこなわれたらしい、市の重役会議?の資料の抜粋を見せてもらいました。
「21年度の予算重点化についての基本方針(案)について」と題し重点テーマについて述べられています。
その中のテーマに「ひと・未来」ってのがあって、それが子ども関係のテーマなんだけど、その中の施策にもちろん「放課後子どもプラン」「公立保育所の民間移管」ってのかあって、それは「戦略性」をもって重点化を計るらしいです。
「戦略性」をもって重点化を計る」ってのは、この資料によると、「中長期的な観点・総合的なまちづくりの観点・都市の意思を示すという観点などから戦略性をもって名古屋のまちづくりを具体化する事業」らしいです。
なんだそりゃ?ですよね?
そこで私は市職労の方に「子どもの予算をドンドン削ろうとしているのに、金のかかる「プラン」を強硬に推し進める意図は何かあるのでしょうか?」と質問してみたところ、トワと学童の一体化による予算の削減の目的もあるだろうが、よく判らないとのことでした。
すぺーすのいど
2008年11月01日 14:20
多分「プラン」に掛かるのは「・・・都市の意思を示す・・・」なんでしょうね。
やはり私は「トワイライトで道徳教育!」の確信が強くなっています。

以下、名古屋市連協ニュースNo6(10/28発行)より抜粋

去る5 月14 日から6 月13 日の1 ヶ月間行われた、「名古屋市放課後子どもプラン基本的な考え方(案)」に対するパブリックコメントの内容を情報公開するよう請求をしました。
これに対して、市側は、前半の5 月31 日まで受け付け分の347 件のみを公開しました。
残り分は来年7 月の公開という信じがたい対応ですので引き続き請求をしていきますが、まずは、公開された分を、10 月13 日(火)に役員4 名で閲覧してきました。
詳細な分析は今後行ってゆきますが、まずは概略の集計としては、

賛成 4、不明 4、賛成の立場から改善を要望する意見 10、反対の立場から改善を要望する意見 229、反対 100、計 347

という状況でした。モデル事業の実施に手放しで賛成する意見はたったの4件、わずか1%に過ぎません。

以上、抜粋おわり
すぺーすのいど
2008年11月01日 14:25
こんなパブコメの結果なのに、「考え方(案)」とほとんど同じ内容の「考え方」が発表されましたね。つまり、市民の意見を聞くつもりなど最初から無かったのでしょう。
明らかに公務員の仕事としてはダメですね。
伊藤亮典
2008年11月01日 20:58
日本医師会が「タバコ増税賛成ネット署名」をホームページ上で始めました。賢明な皆さんには、いちいち長々説明するまでもなく、こうした活動の必要性・重要性は痛いほどよくおわかりのことと思います。日本医師会のホームページ上の署名フォームから、極簡単に署名して、送信出来ますので、ぜひ良識ある多くの市民の方々のご協力をお願いします。
歪み、腐り切った日本社会を打破するために、まずこうした身近でなおかつ非常に急を要する活動を、出来る範囲でやっていくしかないのではと思うのです。
子供達の教育・保育の問題ももちろん重要ですが、まずはその前提として、彼らの生命と健康を守らなければなりませんからね。
dr.stonefly
2008年11月04日 08:16
すぺーすのいど会長、おはようございます。
しかしなんですね、
>「放課後子どもプラン」「公立保育所の民間移管」ってのかあって、それは「戦略性」
ですか?(爆)
重役会議かなんかしれませんけど、まったく現場が見えてない。アホとしかいいようがありません。
報告を聞くに、プランを進める前提の推進委員会(一部、必ずしも進めるという前提でない人もいるとは思いますが…)からもダメ出しの連続で、現実に進める市の末端の「なんとか局」ってのも、見通しなしで頭抱えてるって話で、何が「戦略性」なんだか。バカ丸出しです。
「保育園の私企業への売り下げ」ってのも許し難いのですが、結局、戦略的に切り捨てるってことでしょ。
裏金は戦略的につくれても、子どもを育てる事はできないというアホ行政炸裂です。
×第二迷信
2008年11月04日 19:41
こと、学童に関しては、「一部の自治体」(「一部」の割合がだんだん大きくなってるのが問題ですが、)が厚労省の「先」を突っ走って「切り捨て」事業を行い、補助金だけはちゃっかり頂くための作戦ばっかりやってますからね。

国のほうが「そんなことに補助金出せるか!」ってプッツンしちゃうほど。

(国のほうも、「ちゃんとした事業を行って補助金を使ってくれ」ではなく、「補助金なんかいらんやろ」という立場ではあるんだろうけど、法制化のもとでは大っぴらにいえないから「基準」を守れと)

dr.stonefly
2008年11月05日 08:24
×第二迷信さん、
がはははは、正に名古屋じゃありませんか。笑えませんが……
>国のほうが「そんなことに補助金出せるか!」ってプッツンしちゃうほど。
記事中にも書いたのですが、国vs名古屋の対決があるようです。なんとか都合をつけていきたいと思ってます。
dr.stonefly
2008年11月05日 08:25
散策さん、ありがとう。知りませんでした。
本文のほうで紹介させていただきますね。
すぺーすのいど
2008年11月05日 13:00
ご存じかもしれないですが、先日11月1日の中日新聞夕刊の1面トップに学童の記事が出ました。天下り先との指摘もある…など、なかなか良い記事でした。ネットでは見れないかも。
dr.stonefly
2008年11月05日 14:47
他の新聞をとっているため、ご存知ありませんでした。爺婆の家の倉庫を探ってきました(笑)。
夕刊とはいえ1面で扱っているのはいいですね。タイトルが「学童保育 曲がり角」でサブタイトルが「名古屋 “市営”が台頭閉鎖危機」ですか。
一元化関係では、来春から16校でモデル事業を実施と書いてありますね。まじでできると思っているのだろうか……?
おしだき
2008年11月05日 14:57
すぺーすのいどさんの書かれた記事をwebで探しましたが、やはりヒットしませんでした。残念です。
名古屋の一元化の具体的(?)な内容が、ますます横浜のキッズクラブにそっくりになってきたのと、天下り先との指摘の記事が非常に気になります。

横浜市でも、天下り先を潤す事業と、ようやく市会でも指摘されたようですが、最近は他の民間団体(と思われる)にも少しづつ運営を振っており、老獪な戦略をまぜてきました。まさに役人の、役人による、役人のための事業としかいいようがございません。もっと議員先生も仕事をしてほしいです。
何はともあれ名古屋の推移が、全国の学童保育の未来を握っているようで怖くもあります。
dr.stonefly
2008年11月05日 15:16
おしだきさん、うーん、ううううう。
ええい、アプしちゃえ、そろそろ怒られそうだな。
まあいいか、閉鎖に追い込まれても所詮、戯れ言。

>何はともあれ名古屋の推移が、全国の学童保育の未来を握っているようで怖くもあります

ほんとですか? まいったな。
おしだき
2008年11月05日 16:41
ありがとうございます!しっかり読めました。
勝手なこといいまして申し訳なかったです。

とても公正な立場から、書かれた記事だと少なからず感じますので問題ないと思いますが、何か問題となった場合は、逆にこの話題がこのサイトのみでなく、広く公になるかと考えます。
dr.stonefryさんの立場を悪くされる可能性がありましたら本当に申し訳なく思います。
すぺーすのいど
2008年11月05日 20:09
いろいろ、お手数かけました。
こんなdr.stoneflyさんだから、みんなが寄ってくるんですよ (^^♪
dr.stonefly
2008年11月05日 23:10
おしだきさん、大丈夫です。
最近、植草というブロガーが新聞を引用して、プロバイダーから強制閉鎖をうけていたので、ドキドキした次第ですが、まあ無名のワタシ故に大丈夫だと思います。

この記事へのトラックバック

  • ブログ開設の経緯

    Excerpt: サブタイトルにもあるように、現在 名古屋市は「名古屋市放課後子どもプラン」を強行しようとしています。 今こそ、私たち学童保育関係者は「名古屋市放課後子どもプラン」に関する様々な情報を共有し、広く.. Weblog: つながれ!名古屋の学童保育! racked: 2008-12-13 00:07