「避難勧告を拒否する老人」…求めても保護されない老人

 またしてもニュースワイドショーである。
 ワイドショーなんか糞食らえと言ってはいるのだが、どういうわけか休憩時間にテレビが点いていて、点いていると見てしまう野次馬根性。
 東北で恐ろしく大きな地震が起きた。
 こちとら、もう何十年も前から「東海大地震」にビビらされているわけだが、阪神淡路から始まって北海道、新潟、そして今回は東北か……。もう次こそはここだろう、と思う。
 それにしても人は自然の力のまえには無力だな。空から映される、あの陥没した山をみてつくづく思ってしまう。あんな山を見せられるとジタバタしても仕方ないのかな、なんて思いながら画面を見ていると「避難勧告」に従わず牛の面倒をみている85才の老人を映し出した。老人は何度も警備のおじさんに「避難」するよう「命を大切にするように」と説得されている。老人は「もう85だから命がどうなってもいい、ここを離れたくない」といいながら小屋に住んでいる。テレビカメラを意識してか、警備のおじさんは執拗に「説得」を繰り返し、老人はかたくなに「拒否」した。老人は最後には根負けして「避難」したのだが……。
 ワタシが警備員で、その老人に「そこを離れたくなくて、命を失っても離れたくなくて」と言われれば、「達者でな」なんて言ってしまうかもしれない。別に85才だから「達者でな」という訳ではない。その人が何才であっても、意志をもつものであるなら、「死」をもってしても貫きたい意志を尊重して「達者でな」というだろう。
 いいではないか、自然のなかに生きていて自然の偉大な力に殺されるなら。などと呟きながら、国や行政は普段は「個人責任」などといいながら、この老人のような人にとってはえらくお節介だな。だいたい「避難勧告」ってなんなんだ。と、ちょいと調べてみたら、「災害対策基本法」ってのに謳われているらしい。
 
「災害対策基本法」目的(wikiより)
国土並びに国民の生命、身体及び財産を災害から保護するため、防災に関し、国、地方公共団体及びその他の公共機関を通じて必要な体制を確立し、責任の所在を明確にするとともに、防災計画の作成、災害予防、災害応急対策、災害復旧及び防災に関する財政金融措置その他必要な災害対策の基本を定めることにより、総合的かつ計画的な防災行政の整備及び推進を図り、もつて社会の秩序の維持と公共の福祉の確保に資することを目的とする。


 ふーん、あっそう、そうね。
 「国民の生命、身体及び財産」よりも先に「国土」があるわけね、なんて突っ込みはしないよ(笑)。それで、これってさ「災害」ってあるけど「天災」だけなの? テレビでは「避難勧告」やら「避難命令」ってのは台風や地震のときによく耳にするけど、たまに犯人がどこぞに拳銃などをもって立てこもったりすると、周辺の住民にも出されるのは「避難勧告」だったっけ? 「人災」でもだされるんだよね。
 そうするとさ、「ネットカフェ難民」や「路上生活者」つまり青カンね、あれは「人災」による被災者とちゃうんやろか? ちゅーか、完全なる人災の被災者だよね。被災者である青カンの老人なんかには、公園からの「立ち退き勧告」ってのはでるけど、「避難勧告」ってのは出ないよな。警備員のおっさんも必死になって老人を追い出そうとはするけど、避難しないと死んじゃうよ、なんて説得はしないしね。東北の85才の老人と違ってこっちの老人は「助けてくれ」って言ってるのにさ。逆に東北の老人のように公園に居たいという老人も追い出されるんだけど。
 「災害対策基本法」で謳われているのに、国民の生命、身体及び財産を「人災」から保護しないんだ。あ、そうそう国土の方もね、泡瀬干潟や辺野古っていう財産は人災から保護しないんだ。

 いやがる老人は無理矢理「避難」させても、助けを求める青カンや泡瀬干潟や辺野古は「避難」どころか「保護」もされない。なんだかなぁ、とワイドショーをみながらふと思ってしまった、鬱陶しい梅雨の午後。
 
 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月17日 19:37
そう。助ける対象に明らかに優先順位があり、どんなに声をあげても助けてもらえない国土と国民であふれかえっている。
85歳の老人も避難したら後期高齢者医療費払わないといけないわけでしょ。もしかしてお金目当てで助けたの?(←あ、いかん。性格がねじ曲がっている音がする・・)
×第二迷信
2008年06月17日 19:59
牛のほうはどうなったんだろう…。

じいちゃんも、牛を失ったら、気力がなくなっちゃう。
(たまたまTVで見ていたけど、ああいう数頭飼いの農家だと、輸入穀物に頼らずに牛が飼えるんですよ。)

東北地震で亡くなる人より、毎年「餓死」する人のほうがうんと多い「美しい国」…。
dr.stonefly
2008年06月18日 09:11
さめさん
>助ける対象に明らかに優先順位があり、
優先順位じゃないよね。優先順位ならば、いつかは順番がくる。順番がくるまで「放置」ですらないのが現実の「人災」。性格がねじれていくのも致し方ないのかも(爆)。
dr.stonefly
2008年06月18日 09:11
×第二迷信さん
見ましたか。ね、あれ牛といっしょに居させてあげたほうが、幸せだと思いますよね。たとえ、あの地で再び地震がおきて牛とともに死ぬ事があってもさ。
nobu
2008年06月18日 10:22
そして、避難勧告を無視して被害に遭った人を救出するのに税金がかかったからって本人に救出費用を自己負担させると言い出す政治家が…
dr.stonefly
2008年06月18日 12:48
nobuさん
はい、確かにそれはいそうですね。

この記事へのトラックバック

  • 日本の議員数、公務員数は少ない (1)

    Excerpt: 「日本の国会議員、公務員はたいした仕事もしていないのに数が多すぎる。もっと議員数、公務員数を減らして税金の無駄を減らせ。」という�... Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室 racked: 2008-06-17 23:38