「ネットカフェ難民の妊婦」…安全な場所で叫ぶワタシ

 ちょいと前に、めちゃダウナー系の「さえない日々」って、さえない「つぶやき」を綴った。そこで、「元気を貰ったエントリー」として紹介したルンペン放浪記さんの 「一網打尽をくぐり抜け、“プレカリアート”は歩く」なんだけど、読んでもらえたかな?
 これさ、ワタシなんかは「よっしゃ、異議な~し!!」と、思わず強く握りこぶしを振り上げながら涙を滲ませていたの。BLUESのアニキは、「PCの前で拍手した」うえにソッコー 紹介記事を挙げてるんだけど、読まれた方はどう感じたのだろう? まあ、「戯れ言」を読んでいてくれている人に、それが「社会の秩序を乱し国家権力に反抗する」記事(笑)であっても反感をもつ人はいないと思うけど、「よっしゃ、異議な~し!!」とか「PCの前で拍手した」みたいな感動まではしない人も多いかもしれないなぁ。というか「感動するのを躊躇した人」、こういう人がいなかったかな? と、ふと思ってしまう。
 ワタシは、青カンのオッサンらの一緒に転がっていた経験や、権力に打ちのめされた経験から、「よっしゃ、いったらんかい!!」って短絡的に感じてしまうのだけど、でもさ、これってやっぱり安全な場所から叫んでるよな? なんてクールにもなったりしてね。
 ルンペン放浪記の 田中洌さんはいいんだよ。ご自身が叫びそのものでリアルなんだから。でもさ、読んでるワタシは、やっぱ安全なとこで叫んでいるよね。ずるいかな? こんなことはずっと昔から思っていて、ずっと考えていて一程答えもでているからいいんだけど、「よっしゃ、異議な~し!!」とmacの前で拳を握りしめた直ぐ後で、ミッドナイトホームレスブルーが紹介した「<ネットカフェ難民>「しんどい」と訴える妊婦まで 100人の実態調査」なんかを読むとさ、振り上げた拳を醒めた目で見てしまう自分がいる。

■以下引用■
 
◇妊娠「部屋を借りたい。しんどいよ」
 30代前半の女性は派遣会社に登録し、午前8時から午後5時15分まで働く。時給800円。高校卒業後、彼に「自立しろ」と言われて家を出るまでの10年はさまざまな仕事で母との生活費を稼いだ。ネットカフェは彼に「大阪で一番安い」と紹介されて使い始めたが、熟睡はできない。
 妊娠している。彼が病院に付き添ってくれると思ったが、朝電話したら「22時まで仕事をしていたのでしんどい」と言われ、一人で診察を受けた。彼には「(子どもおろすのに)なんぼ、かかるの?」と言われた。 「ほんというたら、大切な命だから、殺すわけにはいかない。貯金が100万200万あったら……。頑張りたいのに」。4万円あった貯金は彼の借金返済に消えた。職場までの交通費は往復約500円。昼食に1000円。朝、夜はコンビニ店でパンなどを買う。使ったお金をノートに書き彼に見せている。
 「部屋を借りたい。しんどい、しんどい、しんどいよ」。調査の後、何度か相談の電話があったが、連絡は途絶えた。

 ◇食事は1回フリードリンク5リットルだけ
 勘当された実家近くのネットカフェを使う30代前半の男性。山口、香川、岐阜、埼玉県の工場で半年契約で働いた。「(半年を過ぎると)時給が上がるから。安い単価で使えるわけ」。今は派遣で週3、4日、働く。午後10時から午前10時までで7000~9000円。
 ネットカフェなら仕事も探せるし、漫画もある。最近の食事は1日1回、そばか、うどんだけ。ひどいときはフリードリンクで1日5リットルもジュースを飲む。「糖尿病になるのでは」と不安だ。

 ◇睡眠は4時間
 10代後半の男性は東南アジアで生まれ、家族で日本に来た。ホスト時代に知り合った客からもらう金で、主にネットカフェで暮らしている。
 定時制高校に進学。ラーメン店やゲームセンターなどでアルバイトをし、「食費も自分で稼いだ」。父は自動車製造会社でショベルカーを作っていた。家族で食事をとったことも「ないですね」。
 高校を中退し親のつてで工場に就職したが、重労働で辞めた。家に入れてもらえず、近くのコンビニで頼んで働かせてもらった。その時の店長が「一番信頼できる人」と話す。
 ホストクラブでは午後9時には出勤し、閉店は午前8時。睡眠は4時間。初任給は月3万円で、2カ月目は10万円だった。毎日飲む大量のアルコールをトイレで指を使い吐いた。顔色を隠すためファンデーションを塗ったことも。体がしんどくなり2カ月で辞めた。
 野宿はしたことがない。「そこまでは落ちたくない」と話した。
〈以下略〉

■以上引用終わり■



 ワタシが、安全な場所で「異議なし!!」と叫んだ「ルンペン放浪記」のエントリー……、そのデモは、こういう悲惨な現状のうえの怒りのデモ行進だってことだ。その華麗な?デモだけじゃなくて、ここをしっかり見なくちゃ駄目だよな。本当に苦しんでる人々が、それを打破するための、シュプレヒコールなんだよな。解ってるんだよ。わかっているんだが、こういう犠牲を強いている社会の安全な場所にいるワタシは本当に一緒に叫べているのかっ、って、ずっと引っかかっている。前の記事の「ボランティアって厭な響き」の深層心理もここかもしれない。
 昔もよく言われたさ、「お前ら支援は帰る家があるよな」ってさ。でもね、仕方がない。気付いたらたまたま安全な場所にいたんだから。(かろうじてだけど)安全な場所にいることが叫ばない理由にはならない。だから引っかかりながらも叫ぶ。ワタシは「ワタシ自身のこの引っかかり」をも引き受けなければならない、と思っている。引き受けたうえで叫ばなければならない、というのが一程の答え。
 「安全な場所で叫びやがって」と、批判するならば批判すればいい。その批判も引き受けたうえで叫んでやるさ。
 これはプレカリや青カンの問題だけじゃないな。辺野古も、岩国も、六ヶ所も、障害者福祉も、老人福祉も、保育園民営化も、学童の一元化も、……狂牛の輸入♪もね。
 逆に安全な場所にいるからといって、叫ばないのは、悪意の側に加担していることになるな。だから叫ばずにはいられないのさ。

 田中洌さんには、声をかけてもらって、ほんと感謝している。
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月26日 18:58
こんにちは。いやー、手柄を横取りしちゃって、申し訳ない。『社会の安全な場所にいるワタシは本当に一緒に叫べているのかっ、って、ずっと引っかかっている。』兄弟は、本当に真面目なんやね。もちろん、一緒に叫べている。だって、あなたも僕も、田中の親方に誉めてもらったでしょ。うれしいよな、こうゆうのは。僕が腹立つのは、その多くは『感動するのを躊躇した人』と重なるだろう、つね日頃、米軍再編に怒りのエントリーを上げ、ワーキングプアに涙のエントリーを上げながら、民主党を支持し、共産党をスルーしつづける左派・市民派ブロガー。再編反対なら安保反対に必ず行き着く。格差是正なら大企業・富裕層増税に必ず行き着く。物事を深くってほどでもない、ちょいと考えりゃね。でも、ブログで共産党支持を打ち出すのさえ、彼らにとっちゃ危険地帯なんだね。で、民主党支持の安全地帯から、反自民。いくらなんでも腰が引けてねえか、物事には程度ってこともあるっしょ。(つづく)
BLOG BLUES
2008年05月26日 18:59
僕も兄弟もそりゃ安全地帯から叫んでいるさ。でも、彼らよりは、危険地帯に近い安全地帯で叫んでいる。いっちゃん偉いのは、危険地帯のど真ん中で叫ぶ田中の親方たちだが、そん次に偉いのは、僕たちだ。ブログを開設し、人に偉そうに「優しさ」なんぞを説きながら、赤旗ひとつ応援できないヘタレとは、五十歩百歩だが、それでも五十歩は違う。
dr.stonefly
2008年05月27日 16:33
 オイラって真面目かな? そうか、真面目なんかもね。そういえば真面目にギャグもドタバタも考えているよ。
 オイラはね、叫ぶのに資格がいるなんて思ってないし、みんな叫ばなければならないと思っているの。ただ、安全なとこから叫んでいるんだよな、って自覚が必要だと思うのさ。こないだうちBLOG BLUESで話題にしていた『「右」も「左」もない「下」だ』って台詞。あれなんかでも、オイラは別に言っても構わないと思うのさ。たださ、自分は「下」だ、って言う覚悟だよね。言ってる意味が違うとか違わないとかじゃなくて、たとえば田中洌さんの前で言えるのか? ミッドナイトの健次郎さんの前で言えるかよ?ってことだと思う。その覚悟があるのかな、ってことだ。オイラは言えないな。この言えない情けなさも引き受けて、それでも叫んでいかなければならない。格好なんてつけてられないぜ。
dr.stonefly
2008年05月27日 16:34
 オイラがこのエントリー書きながら考えていたのは、gonのこと。安全なとこでうだうだやってる井戸端会議につきあってないで、リアルの沖縄を叫んでくれよ、とずっと思っている。gonにとっちゃ日常でも、安全な内地にいるオイラにとっちゃその日常が刃物なんだって。安全地帯でのほほんと叫んでいるオイラたちをエグってくれよ。これでもかって、いうほどね。

 そうそう、解散総選挙もそこまできてるな。また、3人で共産党応援団やりますか、あんときみたいにさ!! こんどは面白いぜ、多分な(笑)。
2008年05月27日 19:10
やあ。「武州無宿・健次郎」読みました。迷子のハムスターを拾って、飼いたいなと念いながらも、諦める話。ああゆうのが優しさだろ。優しさを得々と説くやつが優しいものか。ある程度人間やってりゃ、分かりそうなもんじゃないか。左派・市民派ブロガーってのは、何なんだ一体。ホント、そうだよ、ごんちゃんもそんなのと付き合ってんじゃねえよ。おーい、ごんよ、早く戻って来いよー。
dr.stonefly
2008年05月28日 08:06
ミッドナイトはお気に入りのブログです。やはり地べたに転がりながら人間や社会をみている健次郎は言うことが違う。得ることが多いです。

>左派・市民派ブロガー
 いろいろ言うのが兄貴の優しさかな(笑)。兄貴には叱られるかもしれないが、ワタシは別にどういう形があってもいいと思う。優しさを説こうが、ネタに昇華させようが、お笑いにもってこうが、真面目に解説しようが、怒ろうが、泣こうがね。
 ワタシがそうだったように、人は変われるからね。ただ、そのきっかけは嘲笑や揶揄じゃないことだけは言っておきたい。(誤解しないと思うけど、「嘲笑や揶揄」ってのは兄貴のことじゃないぜ)
dr.stonefly
2008年05月28日 08:09
追記
なんか、コメント読み直してみると
>ネタに昇華させようが、お笑いにもってこうが、真面目に解説しようが
が「変わらなければならないこと」のように誤読できなくもないな。そうじゃないからね(爆)
2008年05月30日 22:36
最初は興味を持ってTBやリンクをもらえるだけでもうれしいことです。現場にいると誰かが一緒に戦ってくれるなんていうのは幻想で自分一人なんじゃないかとときどき思ってしまうから。

>gonのこと。安全なとこでうだうだやっ>てる井戸端会議につきあってないで、

私もそう思っています。ごんさん、これ見てたらまたリアルな沖縄描いてください。
dr.stonefly
2008年05月31日 13:32
さめさん、おつかれさまです。
殺されていく珊瑚のことを知ると、人間というのは勝手な生き物であることを知らされます。
ほんと、謙虚さをもっていかないと駄目ですね。自然に対しても、他者に対しても……。

この記事へのトラックバック

  • 【妊娠】についてブログで検索すると…

    Excerpt: 妊娠 をサーチエンジンでマッシュアップして検索しブログでの口コミ情報を集めてみると… Weblog: 病名・病気・医学のブログリンク集 racked: 2008-05-26 17:36
  • “Vicarious”

    Excerpt:  共感したくなることを歌う。それもロックだが、とてもじゃないが賛成できないことを歌うのもまた、ロックの醍醐味、いや、モラルですらある。そんなことを最近、あらためてジンジンと感じさせてくれた曲があった。.. Weblog: 弱い文明 racked: 2008-05-29 18:17
  • 「下」と「左」は幼なじみなのだ

    Excerpt: たかが言葉づかいの一つ二つ、目くじら立てることもないだろう。 その通りである。たとえば、当ブログイベントの3代目チャンピオンだから 名を挙げるが、『ちろのはねっかえりブログ』。はねっかえりにしちゃ.. Weblog: BLOG BLUES racked: 2008-05-30 15:28