「チベット『暴動』」…国家のエゴを許すな!!

チベット「暴動」について……。
暴動か? 暴動……、ボウドウ……。
知識もなく、民族への執着も誇りもアイデンティティも……
宗教への依存も信頼もないオレが書けることは少ない。
ただ、国家のエゴに対する怒りは解る。

暴動といえば思い出す。釜暴……。
過去幾度となく、大阪は釜ヶ崎で起きた暴動である。
最後の暴動が1990年だったけ?
もっともオレはこの最後の釜暴しか知らない。
国家により理不尽に抑圧された人々の怒りが暴発する。
たまりにたまった感情を抑えることができずに爆発する。
きっかけなどなんでもいい、そこに至る歴史が問題なのだ。
抑圧され、殺され、踏みつぶされ、虫けら扱いされてきた怒りなのだ。
死をも恐れぬ怒りが人々を震え経たせる。
1990年、オレはまだ運動の中にいた。
如何ともし難い現実に苛ついていた。
釜で暴動の火があがったとき、……やったぜ!! と、思った。
ただ、暴れたかったのかもしれない。
日々のイライラをそこでぶちまけたかった。
すぐにでも釜へ行き、闘うオッサンらと合流したかった。
でも、行けなかった。
行ってどうする。
抑圧され倒されたオッサンらとともに投石をするか?
パトカーをひっくり返し火をつけるか?
オレがそれをすることに何の意味がある?
暴れれば何かが変わるのか?
オレ自身がそこで暴れることは嘘ではないか?
うだうだと考えている間に暴動は鎮火させられた。
絶対的な力をもった国家権力と対峙し、ボロボロに潰された。
オレは真っ白になってテレビを眺めていた。
釜へは行かなかったが、オレにとってリアリティはあった。
真っ白になってテレビをみめていた。
結局、アピールだったのか、ただ感情の爆発だったのか、
抗議だったのか……、わからない。
ただ、国家権力に鎮圧された。
多くのものが心身ともに傷ついたが、
そして、その後もオッサンら状況がよくなることはなかった。

チベットでは少し状況が異なるのかもしれない。
デモに対し国家がエゴを発動させた。
それが暴動に発展した。これを暴動と呼ぶべきか?
国家からの視点では暴動と宣伝するのかもしれないが……、
オレはその視点に立てない。
抑圧された側からしか見る事ができない。
人々は抑圧をしいる国家に抵抗している。
多くの人々を殺しつづける中国という国家に怒りをもって抗議をする。
ふざけるな!!

国家のエゴによって人々が殺される。
今回は中国であるが、日本も同じだ。
どこの国家も同じである。国家はエゴを基盤として成立しているのである。
国家は国家の論で人々を殺す。
どこの国家でも同じである。
許せない。国家そのものも許し難いが、国家の側の視点に立つやつらも許せない。
国家に追従しないものは、殺されて当然だというその国家のエゴが許せない。
こうした国家を操る権力者が許せない。
てめえらの都合で人々の命を殺戮するヤツラが許せない。
国家に縛られ、国家のエゴを当然として疑わないクソガキも許せない。
国家のエゴに擦り寄るクソガキは許せない。
国家などに縛られているクソガキは中国と同じ過ちを犯すだろう、
と、忠告しておく。




国家も……、
そして、民族も、宗教も、争いのための存在なら許せない。


追記

チベットのための緊急行動:村野瀬玲奈の秘書課広報室より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

労働者のありったけ
2008年03月20日 12:38
たまたまニュースを見ていると、偶然現場に居合わせた日本人旅行者が目撃談を語っていた。
うまく編集されてはいるが、聞いていると、デモ隊に若いかーちゃんがいた。
彼女は、ナイフを振りまわして抗議していたと。

ナイフを振りあげて叫ぶ、その女性がどういう暮らしをしているか、ぼくには知るよしもないが、その、切れば血の出るかーちゃんの激越さを思うと、どうかなりそうになった。

うちのしなびたかーちゃんが、テレビに食いついているぼくに「何よ、どうしたの?」と聞くので、「ナイフを握ったかーちゃんが、デモ隊のなかに、いたらしいぜ」といおうとしたら、「ナイフを……」といっただけで、いっしゅん熱くなって、言葉が詰まった。

口を絞めて見ていたら、中国大使館に躍りこんでいく、チベットの人たちの映像が流れた。かれらは、向こう見ずに、むき出しの激情に駆られ怒り狂っていた。
詳しい具体も、ほんとうの真実も、ぼくにはわからない。
ナイフを振りあげて叫ぶ、そのかーちゃんをこの目で見たわけでもない。

それでも、かれらの激越な怒りに、心からなる共感を表明したい。

dr.stonefly
2008年03月21日 08:08
>切れば血の出るかーちゃんの激越さを思うと、どうかなりそうになった。
>そのかーちゃんをこの目で見たわけでもない。 それでも、かれらの激越な怒りに、心からなる共感を表明したい。

ありがとうございます。ワタシがありがとう、なんて言う事ではないし、おこがましいことも解っていて、言わずにいられません。
ワタシも何も解っていない。このかーちゃんの怒りも悲しみも想像しかできませんが、日本の机上の箱の前に座って何を言っていいかわからなかったのですが、それでも『共感を表明したい』と思っています。
BLOG BLUES
2008年03月21日 17:18
こんにちは。おお、ガッツなエントリー、前回のナルなエントリーとは大違い。『オレ自身がそこで暴れることは嘘ではないか?』この自省の一句に、真実を感じました。そして、僕もまた、それでも『共感を表明したい』と思う。
dr.stonefly
2008年03月21日 23:42
兄貴、わかっていただいているとは思うのですが、前のエントリーも今回のものも、ワタシの気持ちであり思いで、兄貴にナルと感じていただいてもガッツと感じていただいても、ワタシにとっては優劣はありません。どちらもほんとうの思いです。(あまりにウエットに嵌っていくのを指摘してもらったのは感謝してますが……)
ただ、今回のもちょっとガッツというのではないと思っています。どちらかというとめちゃブルーです。
釜のオッサンらが、国家権力に発砲されて何十人も殺されていくという連想に重ね合わせて苦しく思っています。
「ナイフを握ったかーちゃん」をみたという上のコメントでさらに言葉を詰まらせました。
とにかく何かを書かずにはいられなかった。

なんにしても「共感の表明」ありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • 中国はどこへ行く

    Excerpt:  数日前に、チベットの首都ラサで起きた「暴動」は世界に衝撃を与えた。チベットは形式的には中華人民共和国内の自治区となっているが、実際にはほとんど自治権などないに等しいと言っていいだろう。これまでにも、.. Weblog: 遠方からの手紙 racked: 2008-03-20 10:25
  • 9・11陰謀論叩きとホロコーストの不思議な関連性

    Excerpt: 『ホロコーストの『否定』論と「9.11陰謀説信奉者」の論理はよく似ている』 、とする陰謀論叩きの例に使われている部分が面白い。 ここでの『否定』とは勿論『ホロコーストと陰謀論』の否定です。 『.. Weblog: 逝きし世の面影 racked: 2008-03-20 11:04
  • チベットのための緊急行動

    Excerpt: 本日(2008年3月20日)午後、アムネスティ・インターナショナル日本が、広くみなさまにたいして、チベットWEBアクションへの協力を呼びかけま... Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室 racked: 2008-03-20 22:22
  • 勝手に送られたメールも違法だったら

    Excerpt: 心配が現実になってしまった。 ビルマ、パレスチナ。そしてコソボ独立で「普通の市民」の心に点いた炎が チベットのデモ行動に燃え広がった。 市民の先頭に立つ僧侶の姿がビルマと二重写しになって不安になる。 .. Weblog: Saudadeな日々 racked: 2008-03-21 01:16
  • 警報発令!ついに年金がファンドの餌食に

    Excerpt: 安倍さんの「年度内に一件残らず年金記録をはっきりさせまちゅ」が 大ウソだって事だけは確定した。 「そんなこと言ったっけ?」って福田さんの方がよっぽど正直だ。 (誉めてるわけじゃないのであしからず) .. Weblog: Saudadeな日々 racked: 2008-03-21 01:17
  • 報道写真 中国軍によるチベット人虐殺

    Excerpt: Tibetan Centre for Human Rights and Democracy http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080318c.html .. Weblog: はっさくと書いて発作や。 racked: 2008-03-21 10:52
  • 天安門事件で命を失った若者の母親たちのアピール 署名

    Excerpt: ? チベット問題で発言したいけど、材料がないというか趣向が思い浮かばない。アムネスティの声明などを紹介するのは誰かがすでにやっているでしょうし。ネットウヨさんが喜んでいるのをからかうなんて暇なこともア.. Weblog: みんななかよく racked: 2008-03-21 11:27
  • 啄木詩集『ココアのひと匙』

    Excerpt: 石川啄木の『啄木詩集』のなかの「ココアのひと匙」から、    はてしなき議論の後の  冷めたるココアのひと匙を啜りて、  そのうすにがき舌触りに  われは知る、テロリストの  かな.. Weblog: 逝きし世の面影 racked: 2008-03-21 14:02
  • ラサで起きたのは「華人(中国人)大虐殺」である!

    Excerpt: チベット騒乱「24人逮捕」発表、170人出頭の情報も(時事通信)について.  あちらこちらのブログで「チベット問題」が過熱しているようなので,へそ曲がりの私はわざと中国側からこの事件を追ってみよう.. Weblog: Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen racked: 2008-03-21 16:14
  • 中国新民党にブログの可能性を見た

    Excerpt: 先ずは、本日付の毎日新聞朝刊をご覧あれ。 おお、流石は水滸伝の国。中国新民党。これはもう、 IT時代の替天行道、電脳梁山泊であろう。ええどええど。 ブログに由る政治運動は、こう来なくっち.. Weblog: BLOG BLUES racked: 2008-03-21 17:20
  • 米下院議長、ダライ・ラマと会談「チベット外部調査を」

    Excerpt: 日本政府も早急に公式な使者を送ることを願います。 日本の正義を見せて欲しいです。 米下院議長、ダライ・ラマと会談「チベット外部調査を」 2008年03月21日20時22分 チベット騒乱、中国が四川省.. Weblog: 政治 racked: 2008-03-21 23:31
  • Black Jokerさまのコメントにお答えします

    Excerpt: 毎度お騒がせしておりますこちらのエントリに http://teagon.seesaa.net/article/90044175.html この度は、Black Jokerさまよりコメントをいただきまし.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2008-03-22 07:06
  • たいへんですよ、尾張の兄さん

    Excerpt: 川に尿を垂れ流し、名古屋市15職員が“私設トイレ”使用 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080320-OYT1T00469.htm 「言語道断。市民.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2008-03-22 15:17
  • 【日記】児童ポルノでFBIがインターネットを利用したおとり捜査

    Excerpt: RSSリーダーがまた壊れてしまって、個々に拝見に行くほど積極的でもないので、しばらくあまりブログを見ずにいました。 Weblog: 散策 racked: 2008-03-22 19:49
  • 日米安全保障体制の虚実

    Excerpt: >安全保障のほぼ全てを米国に依存している日本としては、やはり攻撃支持しか選択肢が無いような・・・。 日米安全保障体制は、「安全保障のほぼ全てを米国に依存している」ものというより、それにより米国から安.. Weblog: 晴耕雨読 racked: 2008-03-22 23:59
  • 再度、Black Jokerさまへ

    Excerpt: こちらのエントリに http://teagon.seesaa.net/article/90378416.html Black Jokerさまより、再度コメントいただきました 「「虐殺」を「共産党」の名.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2008-03-23 21:54
  • チベット関連アクションのお願いと、暴走する植民者の軍隊が牙を剥く先

    Excerpt: 2008.3.22.08:10ころ ブラウザをFirefoxに変えたら、無事、T Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2008-03-23 22:05
  • 日本共産党よ目覚めなさい

    Excerpt: チベット問題で、日本共産党の沈黙が、槍玉に挙がっている。 左派・市民派では数少ない、どうしてだろう、反新自由主義・護憲に立つなら、 民主党支持はあり得ないだろうに。反新自由主義・護憲ってことは.. Weblog: BLOG BLUES racked: 2008-03-25 13:27
  • 真の友人なら、忠告しなければいけない時がある

    Excerpt:  チベットのラサで『暴動』が発生してから、10日以上が経った。  事件が起こってから、ネット、地元紙の「高知新聞」、職場で取っている�... Weblog: コミュニスタ紅星の幡多荘草紙 racked: 2008-03-25 22:56
  • 〔メモ〕チベット亡命政府と米国CIAの関係

    Excerpt: イラクのフセイン政権が軍事独裁政権だったことは誰でも知っている。 しかしイラク亡命政府を名乗って反政府活動をしていた勢力が、果たして正しいことを言っていただろうか。? 『アハマド・チャラビ』 .. Weblog: 逝きし世の面影 racked: 2008-03-28 16:14
  • チベット動乱問題の過去と現代(メモ)

    Excerpt: 「お玉おばさんでもわかる政治のお話」のチベット問題の記事『チベットのこと』のコメント欄で、『反米嫌日戦線「狼」(腹破裂)』のブログ主催者の「死ぬのはやつらだ」 さんの、 他所では滅多に見られない、興.. Weblog: 逝きし世の面影 racked: 2008-04-18 15:55