「教育基本法捏造の怒りを思い出せ!!」…今が闘いのときだ!!

2006.12.15 教育基本法が人間の悪意によって捏造された。
悪意を悪意と感じず、心がない「一部の多数」によって捏造された。
悲鳴と怒号のなか、人間より国家が大切というヤツラの「弱さ」が牙をむいた。
負け犬が、ラストチャンスとばかりに狂ったように暴れた。
オレといえば……、
昨日と同じはずの窓の外の風景が変わったように感じた、とエントリーを書いていた。
怒り…、落胆、のち……、虚ろな目をして窓の外の風景を見つめていたことを思い出す。
色を失い、モノトーンになった街を思い浮かべタメイキをついだ。

あれほどの落胆も実感しないまま、時は流れた。
妄想にまみれた「弱い」壷首相が霧散したこともあるかもしれない。
ただ、壷が割れても、「一部の多数」という民主主義のエゴは霧散していなかった。

記憶から薄れつつあるなか、kuroneko兄さんからコメントをもらった。
新学習指導要領案のパブリックコメントを募集している、らしい。
なんのことだろう、と訪れてみる。
驚いた。あれほどの怒りと落胆を忘れていた自分に驚いた。
多くのものが怒りを忘れ、実感のない間にじわじわと進んでいることに驚いた。
まさに今だった。
そう、あの怒りが、落胆が、虚ろな風景が現実となるかどうかが、まさに今だったのだ。
あの「改悪」教育基本法に毒された新学習指導要領がつくられるか、どうか。
子ども達が「国家」のためのパーツとして教育されるかどうかが、今、まさに進行中なのだ。

あらたなる学習指導要領(案)が発表されている。
その内容について、パブリックコメントを政府が求めている最中だった。

ちらっと読んでみる。

道徳……、

「第1学年及び第2学年」
4-(4)先生を敬愛し、…
「第3学年及び第4学年」
3-(3) 美しいものや気高いものに感動する心をもつ。
4-(6) 我が国の伝統と文化に親しみ,国を愛する心をもつとともに,外国の人々や文化に関心をもつ。
「第5学年及び第6学年」
3-(3) 美しいものに感動する心や人間の力を超えたものに対する畏敬の念をもつ。


もう何度もいってきた。「心」は教育するものではないのだ。
敬愛されたいならば、敬愛されるような先生になるべきだし、なろうとしなくても敬愛されるときには敬愛される。美しいものや気高いものに感動するのも結果として感動するものである。もちろん感動は自然に沸き起こるもので、教えられるものではない。国を愛する心も同じ、親しみ関心をもてる伝統や文化は、教えなくてもそのもの自身の存在で決まるのである。
人間の力を超えたものに対する畏敬の念をもつ……、いったい何がいいたいのだろう?

細かいことをツッコミだせば、いくらでもでてくる。しかし「改悪」教育基本法に対してどうか? 

今まさに闘いのまっただ中だったのだ。
敵は誰だ!? 「美しい日本」に殉じようとする「弱い」日本教育再生機構という、民間組織も自ら提出しただろうパブリックコメントを晒している。
まさに、あの2006.12.15の悪夢、オレたちの危惧をそのまま文言化したコメントである。
教育基本法が殺されたころの怒りを思い出す為にも一度訪れてもいいかもしれない。
ただ、ヤツラにしても不満はあるようだ。つまり逆に、新しい指導要綱は捏造教育基本法に完全には振り回されることなく、出来る限り改悪の色を抑えたという評価はできるかもしれない。現場もあのいい加減な捏造教育基本法には屈しないというのだろうか? ヤツラの不満の「9」。

昨年11月15日に開かれた全国中学校社会科教育研究大会で、学習指導要領を作成する文科省の大倉泰裕・教科調査官は「教育基本法は基本的に変わっておりません」と発言している。文科省の越権行為は明らかで、すでに改正された上位法を下部機構の恣意的な法解釈よって骨抜きにし、空文化するネグレクト(否定・無視行動)である。

ほんとうのところは解らないが、まだ教育基本法が殺されていないと感じさせる。

いずれにせよ、今が闘いのときなのだ。
ヤツラと同様のコメントが多数を占めれば、それが国民の意志と誤解されかねない。
「案」が大きく変わる可能性も否定できない。
2006.12.15の屈辱、怒り、落胆、、、を思い出そう。
一人でも多くの声を結集させよう。
パブリックコメントをおくろう。

街の色がモノトーンに変わらないように……
子どもたちが殺されないように……
心の自由を奪われないために……


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

×第二迷信
2008年03月06日 22:12
「我が国の伝統と文化に親しみ」

「明治以後の歴史」と、「神話」をつないで「伝統」というのが、「美しい国」の歴史ですわ…。
dr.stonefly
2008年03月07日 08:26
「明治以後」から終わりは「戦後」までですか? 「美しい日本の歴史」は非常に短期間ってことですね(爆)。
非戦
2008年03月07日 10:29
怒りを行動に移さなければ、世の中や政治を変えていくことができませんね。たしかに教育基本法改悪のときも国民投票法成立のときも、いちおう全力で反対したつもりでした。でもそのあと無関心になってしまえば、政府の思うまま。その証拠に 国会議員たちが、改憲サークル?を超党派で作ったとか。なに考えているんだー!と思いますが、それに対してどう行動していいかわからないし、皆に知らせて要注意だね、くらいしかまだやってないし。。

>敬愛されたいならば、敬愛されるような先生になるべきだし、なろうとしなくても敬愛されるときには敬愛される。

その通りです!根津先生のような敬愛される先生を排除しようとしている都や国は、神話の世界が真実で、日本の戦争は良かったという考え方が、美しい国の教育のあり方だと思っているのは明らかですね。
dr.stonefly
2008年03月07日 18:24
そうだ、国民投票法案も壷が粉砕したといってなくなったわけじゃない。刻一刻とその時期が近づいてくる。ヤツラはそこにむけて動き出した。
護憲派は何ができる。考え、行動しなければ……。
×第二迷信
2008年03月08日 07:09
>「美しい日本の歴史」は非常に短期間

まったく。「家制度」は明治以後、戦前までで、国歌「君が代」だとか、「靖国」だとか、「天皇陛下万歳」だとか、
戦後60年以上も引きずってどうすんの?
…です。

(「領土」の線引きの歴史も)
2008年03月09日 03:48
 国家を否定しつつ、憲法を肯定する。これって、矛盾していないの?
ごん
2008年03月09日 08:39
「警察なんていらないよね、基本的人権さえ守られていれば」

というのはまったく矛盾しないが、

「基本的人権なんて守られなくていいよね、警察がいれば」

という人は矛盾するかどうかはわかんないけど、ヘンタイ。

日本国憲法は何を守るのか。警察は何を守るのか。国家は何を守るのか。それをわかってないで税金を納めている人はヘンタイ。警察&国家フェチ。制服フェチ。行進フェチ。勲章フェチ。ハーケンクロイツの団体と同じ。
ごん
2008年03月09日 09:09
一応ヘンタイにも人権はあるからそこは尊重されないといけないけど、その変態性向が他に向けられて、他の人権に抵触するようなことになれば、そこで刑法の出番、ということになる。ヘンタイがいるから警察がある。ところがそのヘンタイが警察フェチだから話がややこしくなる。

だから憲法には基本的人権を尊重しましょう、というようなことを書いてあるのだと思うがなあ。人として当然のことなんだけど。

でもヘンタイ趣味でみんなと話そうというのはちょっと「虫」がよすぎる。公開の場でコメント拒否やトラックバック拒否をされたくなかったら、ヘンタイのままではいけない。これは社会常識。くだらない妄想を晒すのは変態趣味の仲間うちだけにしてくれ。
kuroneko
2008年03月09日 09:43
あっ! 武力で海兵隊を沖縄から追い出したいと熱烈に願っている罵愚さんだ。

(国家を否定しているって誰が? などのツッコミは別の方にお任せして)
2008年03月10日 05:06
 やっぱり、国家を否定しつつ、憲法を肯定している。
kuroneko
2008年03月10日 09:23
 やっぱり、海兵隊を武力によって、沖縄から追い出そうとしている。
ごん
2008年03月10日 12:11
>やっぱり、海兵隊を武力によって、沖縄から追い出そうとしている。

本当だ。やっっぱり武力によって海兵隊を追い出そうとしている。
2008年03月10日 16:20
つまり、答えられないのか?
ごん
2008年03月10日 17:17
あんた超国家主義者なのか?

国家の主体たる国民個人の自由や財産権などの諸権利を侵害するようになったものは、特に超国家主義 ultra-nationalism(ファシズムと同義)と呼ばれるようになった。(現在ウィキ先生)

>国家を否定しつつ、憲法を肯定している。

どこの何がそういうふうに読み取れるのかわからんけど、国も憲法も絶対じゃないんだから、何の問題もないよね。「国家を否定しつつ、憲法を肯定」するのは。

人間社会の「よりよいありかた」っていうのをみんなで語り合う気はないのかなあ。
kuroneko
2008年03月11日 01:05
>国家を否定しつつ、憲法を肯定する。これって、矛盾していないの?

 という問いに答えるには、まず、ここでいう「国家」そして「国家を否定する」が何を指すのか説明していただく必要がありますね。
 プラトンの考えていた「国家」なのか、マキャベリの眼前に存在した「国家」なのか。いろいろござんす。
 
2008年03月11日 05:25
 答えられないんだ、やっぱり、
ごん
2008年03月11日 05:50
>答えられないんだ、やっぱり、

何も知らないんだ、やっっぱり
kuroneko
2008年03月11日 09:53
「説明していただく必要がありますね」とお願いしたら、嬉々として説明すると思ったけどなあ。自分の意見の基礎となることなんだから。

 そうなんですか。「答えられないんだ、やっぱり」と告白なさるんですか。
 でも、答えられないではなく説明なんですけど、それでもお返事はありませんか?
kuroneko
2008年03月12日 09:23
他のエントリーでのものも含め、罵愚さんのコメントがだんだん短くなってきたね。何も言うことがなくなったんでしょう。
dr.stonefly
2008年03月12日 12:32
そうですね。すでにだいぶ前から「愚かな罵り」でしかない。「罵る愚かもの」と対話することに意味をなさなくなってると思います。
みなさんに楽しんで頂けたと思ったのですが、そろそろ潮時でしょう。これで終了とさせて頂きますのでよろしく哀愁。
罵愚さん、もう十分でしょ。これ以上、言い足りないことがあれば、ご自分のブログでどうぞ。ちゃんとしたエントリーには読者がつくと思いますよ。
dr.stonefly
2008年03月12日 12:37
kuronekoあんちゃん、師範代、会長、お疲れさまでした。こういうのを徒労というのでしょうか? 
ただ、あんちゃんの(もうひとつのエントリーのほうの)「国家」についてのコメントは勉強になりました。よーく、考えてみたいと思います。これからもよろしくね。

この記事へのトラックバック

  • 改憲にむけ自民、民主が溶け込む。

    Excerpt: 以前に政党の溶解ということについてのべました(参照)。まさに、政党が溶け込んでしまっています。 自民党の国会議員やOBでつくる新憲法制定議員同盟(会長・中曽根康弘元首相)は4日、国会内で.. Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間 racked: 2008-03-06 16:38
  • 働かざる者食わすべし

    Excerpt: ほおう、「ベーシック・インカム」とな。 なんとまあ、太っ腹。まことに結構な考え方じゃござんせんか。 下掲は、先月の毎日新聞書評欄からの切抜です。 吉本隆明曰く「労働は刑罰である」。 大.. Weblog: BLOG BLUES racked: 2008-03-06 16:53
  • 人権擁護法案(7)人権裁判所とまとめ

    Excerpt:  前回の宿題,『ヘイトスピーチ』は放っておいて良いのか,について最後に考え,これを含めてまとめてみたい.  確かにヘイトスピーチは深刻な問題をもたらしている.でもいろんなレベルや対象,カテゴリーがあ.. Weblog: アルバイシンの丘 racked: 2008-03-06 18:22
  • 「年金一律救済」論と年金改革私論

    Excerpt:  天木直人氏のブログ経由で知ったのだが、産経新聞の客員編集委員の花岡信昭氏が年金記録の審査基準緩和による「年金一律救済」を主張している。  やはり「年金一律救済」が必要だ-MSN産経ニュース .. Weblog: 世界の片隅でニュースを読む racked: 2008-03-06 19:39
  • 新学習指導要領案に関するパブリックコメント募集中

    Excerpt: トンデモ教育観やトンデモ教育談義をネタにした陰でこそこそ大喜利大会をお政府様が3月16日まで開催中。 ではなくて(笑)、新学習指導要... Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室 racked: 2008-03-07 01:51
  • 「独占!」「スクープ」にのせられるのかな ~政府寄り「Nスペ」への批評~

    Excerpt:  週刊誌の社内中吊広告などで、むかし流行ったのは「激白」など「激」とつけるもの。変わらずに「!」をつけて強調されるのが「本紙独占」とか「仰天スクープ」とかいうもの。  「独占」「スクープ」で消費者が.. Weblog: みんななかよく racked: 2008-03-07 10:45
  • お洒落なパブで教育談義、その一

    Excerpt: 今回は わたしがいつもお世話になっている こちら、kuroneko教授より 『新学習指導要領』へのパブリックコメントの呼びかけ http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-.. Weblog: そいつは帽子だ! racked: 2008-03-07 17:41
  • 「戦争出来る国づくり」に向けて、洗脳教育プロジェクトが進行

    Excerpt: 文部科学省が学校教育施行規制の一部を改正(改悪だろ!)するにあたって、「新学習指導要領案に関するパブリックコメント」を3/16迄受け付けているとの事。 http://muranoserena.b.. Weblog: 駄文徒然日記 racked: 2008-03-07 18:34
  • 国際金融家の“合理的政策”が19世紀末デフレと英国凋落の原因

    Excerpt: 「 成熟債権国家」への日本の挑戦―19世紀の英国の国際分散投資戦略に学ぶ(参考記事)へのコメントです。 国際分散投資戦略が英国拠点の国際金融家の貨幣的富増大に貢献したことや世界経済を活性化したことは.. Weblog: 晴耕雨読 racked: 2008-03-07 20:57
  • 【3月16日まで】幼稚園、小学校、中学校の学習指導要領案についてのパブコメ募集

    Excerpt: 学習指導要領については12月にパブコメを出したのですが、先日、中教審の案が出て(あれは確定ではなく、案だったのですね・・恥ずかしながら気づいていませんでした)、それについてのパブコメを文科省が募集して.. Weblog: 教育基本法の再改正を求める会 racked: 2008-03-08 00:02
  • 開いた口が塞がらないとはこのことだ

    Excerpt:  久しぶりに、まったく仕事がない完全な休日なのであるが、どうにも腹の虫が治まらない。それというのも、よせばいいのにまたまた下らぬものを見てしまったせいである。 例の花岡なる男、事件から「教訓」を引き出.. Weblog: 遠方からの手紙 racked: 2008-03-08 02:06
  • お笑い産経新聞 利己的遺伝子のフェミニズムを応援

    Excerpt: うちゃ  さんのエントリー で知った、産経新聞の「正論」。 【正論】竹内久美子 京都で共産党が元気なわけ なんかオモロイ生物学もどきギャグを書く人だというのは聞いていましたが、その.. Weblog: みんななかよく racked: 2008-03-08 20:18
  • その48 本格復帰します-つまづいては起きての繰り返し/「少数...

    Excerpt:  こんにちは。伊東です。 本格的な記事制作は、3月になってはじめてになりますね。 2月末で夕方の仕事を終え、次へのスタートラインに立とうとしましたが、色々な事で自己嫌悪を覚え、しばらくは日々の最低限の.. Weblog: 「ちょっと、よってけらっせん。」-伊東勉のページ。 racked: 2008-03-12 10:31
  • 教基法破壊を具現化する学習指導要領案

    Excerpt: 文部科学省が学習指導要領などを改訂するための,法律で定められた意見公募,いわゆる「パブリック・コメント」募集を行っている. 公募公示  http://www.mext.go.jp/b_menu/ho.. Weblog: ペガサス・ブログ版 racked: 2008-03-14 02:09
  • 文部科学省の「パブリック・コメント」募集に5件応募

    Excerpt: 文部科学省の「パブリック・コメント」募集に,メールで5件応募しました.それを以下に転載します. 論点0 そもそも文部科学省にはこのような命令を発する権限がないので,提案自体を撤回すべきである. 論点.. Weblog: ペガサス・ブログ版 racked: 2008-03-16 13:56
  • ちゃんと送ったもんね パブリックコメント

    Excerpt:  集会情報などを横流しすると安心して、自分は行動しないということがままあって、ネットでの運動というのはとかく上滑りするものです。  「文科省へ新学習指導要領案に対するパブリックコメントを」と呼び.. Weblog: みんななかよく racked: 2008-03-16 21:02
  • 文部科学省へ、マジメなメールを送る

    Excerpt: kuronekoさんのところで 文部科学省が新指導要領案への意見を求めていると知ったのが、3/4のこと。 〆切は、3/16。 ・・・今日じゃん(汗) ということで、慌てて送りました。 .. Weblog: かめ? racked: 2008-03-17 08:13
  • 「プロパガンダ活動家」で思い出す96年秋

    Excerpt: 小料理日記 さんの 大阪府民はみんな奴隷なのか  で、橋下知事に文句をいった女性職員を「プロの活動家ですよ」というコメントをつけた人がいて、あれはセクト系だとか話題にしているところのURLを貼って.. Weblog: みんななかよく racked: 2008-03-23 17:18